ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

デンマーク: 火の玉の目撃者続発

2016-11-29 21:19:08 | 日記
2016年11月29日(Tue.) 国内外ともに、明るいニュースは実に少ないですね。 しかし、デンマークからの報道は、昨日の夜の明るい(?)ニュースです・・・少し意味が違いますが。 ( ニュースソース: CPH POST ONLINE 11月29日発 )

<原文の一部>
Meteor blazes across sky in Denmark : デンマークの空を、隕石に伴う閃光が横切りました

Many report seeing a fireball light up the dark winter sky
夜空に流れる火の玉に関する多くの目撃が報告されています。


Yet another meteroid has hit the Earth (photo: iStock)

November 29th, 2016 7:58 am| by Lucie Rychla
A meteor blazed across the Danish sky on Monday evening, according to astrophysicist Tina Ibsen from the Tycho Brahe Planetarium in Copenhagen.

People from all over the country have reported seeing a fireball streak through the sky at about 18:30.

“We have received many inquiries from people who saw a fireball,” Ibsen told TV2.

“However, no-one has reported a bang or a sound, which indicates the meteor burnt up before it hit the Earth’s surface.”

Ibsen contends the phenomenon of a ‘shooting star’ is nothing unusual. Each year the Earth is hit by some 100,000 tonnes of meteoroids from outer space, but most of them burn up before they hit the ground.

In February, a meteorite crashed down in northeastern Zealand and the Natural History Museum later examined fragments of the stone, which weighed about one kilogram.

(抜粋)月曜日の夕刻、デンマークの空を火の玉隕石が流れました。 コペンハーゲン(CPH)のチコ・ブラーエ・プラネタリウムの天体物理学者によると、国中の多くの人が、18時30分頃に走る火の玉を目撃しています。 多くの問い合わせがあったようです。 しかし、爆発や音を確認したとする内容は報告されていません。 このことは、地表に衝突する前に隕石は燃え尽きたことを示しています。 この‘shooting star’と言う現象は珍しいものではなく、毎年、地球には宇宙から10万トンもの隕石が衝突していますが、ほとんどの隕石は地表に到達する前に燃え尽きていると説明しています。 今年の2月には、シェラン島北東部に隕石が落下しましたが、その後、関係機関がその石の破片を調査した結果、重さは1kgほどだったそうです。

***

隕石は、無数に落下しているのでしょうが、人の目に触れるようなものは数少ないとも言えるのかも知れません。 ましてや、願い事を唱えるほどに長く輝くことは希なのでしょうね。 天体観測が好きな人は、空気が綺麗で、都会のネオンなどの外乱光が入らない山間部で眺めるのがいいのかも知れません。



ところで、臨時国会の延長が騒がれているようです。年金制度に関わることを成立させることも目的になっているようですが、年金運用での株式投資のウェイトを多くした結果、無視できないほどの年金資金の膨大な損失を出したと報道されています。まさか、そのツケを国民が払わされることになるのではないでしょうね。

数少ない報道からは詳細がわからないのですが、政治や政権の失政のツケを払わされるのは、いつも国民であって、当の、ことを決めた議員・閣僚・首相などは責任が取れるのでしょうか。 「私が責任を持ちますから」とか「私が最高責任者です」とかに類する言葉は、実にむなしい言葉にしか聞こえないのは、私だけでしょうか・・・。

原発についても、フクシマで金額換算が不可能なほどの損害(精神的なもの含む)を出しながらも、未だに決別を宣言しようともせず、逆に再稼動や延命措置まで決め、さらに、海外にまでそれを輸出しようとする考え・・・。 

金さえ儲かればそれでよいと考えているようにしか見えてこないし、それは、自分たちさえ良ければよいとする考えと同じで、損害は、未来をも含む他に押し付けるものではないでしょうか。 疑念は尽きません。

* 

某国で、最高責任者関係者が、権力を乱用して私利私欲に走って、やりたい放題をしたかのような報道がなされていますが、何か、類似のことが、日本国内の一部においても行われていなければいいのですが・・・。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。

 

***
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ発: オランダでの殺処分・鳥インフルで

2016-11-28 21:22:10 | 日記
2016年11月28日(Mon.) 寒気が日本列島を覆う形になっていて、やや寒い日が続きそうです。 さて、オランダでも鳥インフルの影響が出ているようです。 ( ニュースソース: DW-DE 11月27日発 )

<原文の一部>
Dutch officials cull almost 200,000 ducks amid bird flu outbreak
オランダ当局は、鳥インフルエンザの拡大の中、約20万羽ものアヒルを殺処分します。

Hundreds of thousands of ducks at farms in the Netherlands have been killed as part of measures to contain a bird flu outbreak. The disease has been blamed for killing more than a thousand wild birds in the country.
鳥インフルの拡大の対策として、オランダの農場の何十万羽ものアヒルが殺処分されています。 オランダ国内では、1千羽以上の野鳥が、この病気のせいで死に追いやられています。



Some 190,000 ducks have been killed in the central Netherlands after inspectors confirmed that birds at several farms had died from avian flu, officials and local media said on Sunday, confirming an announcement the day before by the Economy Ministry.

Public newscaster NOS said tests had indicated that the dead ducks had been killed by an H5N8 variant of the disease, "which is highly infectious for poultry," but not "very dangerous to humans."

The H5N8 variant kills some 30 percent of infected birds, making it a scourge for poultry farmers.

The overwhelming majority of the ducks were killed at a farm in Biddinghuizen, some 70 kilometers (43 miles) from the Dutch capital, Amsterdam, with another 10,000 birds located within a 1-kilometer radius also put down, the Dutch food and safety watchdog NVWA said.

(抜粋)日曜日の当局発表によると、オランダの中央部で、鳥インフル感染が確認されたことで、19万羽以上のアヒルが殺処分されました。 ウィルスはH5N8変形型で、家禽類にとっては高病原性ですが、人間に危険はないと発表されています。 家禽類の農家にとっては大打撃になっています。 この災禍に襲われている地域は、首都アムステルダムから約70km離れた Biddinghuizen と言う場所にあります。


Authorities have also imposed a ban on poultry and poultry product transport within a 10 kilometer radius of the affected area

It said in a statement that three other poultry farms within a 3-kilometer radius were being monitored for the disease.

(抜粋)当該エリアの半径10km以内では家禽の移動は禁止されています。 そして、他の半径3km以内にある3農場についても監視下に置かれています。

Widespread outbreak
Earlier this month, Dutch authorities closed down petting zoos and banned duck hunting amid an outbreak that has also affected a number of other European countries, including Germany.

About 1,250 wild birds were found dead on the banks of Lake Markermeer, near Amsterdam, earlier this month, according to local news reports.

A 2003 outbreak of the disease in the Netherlands, a major poultry-producing country, saw health authorities putting down some 30 million birds in a bid to control the disease.

(抜粋)急激な拡散:  今月の初め、当局は動物園の閉鎖と、ダック・ハンティングの禁止を出しています。それは、ドイツを含むEU各国で発生していたからです。 また、今月初旬、アムステルダム近くの Lake Markermeer の湖畔では、約1250羽の野鳥の死骸が発見されています。 尚、オランダ(家禽大国ですが)における2003年の大発生の時には、対策として3千万羽が処分されています。



発生場所の農場と、湖について、赤いラインで示しておきました。(出典: Google Earth )
 

***

日増しに、EU各国での鳥インフルに関する被害・対策状況が伝えられていますが、正に、非常事態でしょう。 野鳥が伝搬していることもあって、侵入の阻止も難しいのでしょう。 クリスマス・シーズン突入中でもあり、あらゆる面で打撃は大きいし、まだ、終息の見込みも全く見えてもいないでしょうし・・・。



ウィルスの変異は、起こりうるものと考えるのが妥当と思われますので、私達にも、一定の備えは必要なのではないでしょうか。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。

  

***

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ: it's Advent in Germany

2016-11-27 15:01:41 | 日記
2016年11月27日(Sun.) 昨日に続いて、ドイツのクリスマス関連の話題です。 Advent の意味は、キリストの生誕(到来、再来)を待ち望むクリスマス前の4週間を意味していると言われています(宗派によって、意味合などにも多少の違いはあるかも知れません)。 で、今年は、今日(27日)が、その開始日になっているそうです。 ( ニュースソース: DW-DE 11月25日発 )

<原文の一部>  注: かなり抜粋しています。
8 ways you know it's Advent in Germany

Christmas is around the corner, and the countdown starts weeks ahead of time with Advent. Here's how you can't miss it in Germany.


Advent wreaths light up
Festive Advent wreaths - consisting of fresh greenery and four candles - are very common in Germany. While some people decide to make their own, ready-made varieties are also available at every florist. One candle is lit on each Sunday of Advent leading up to Christmas. With the first Sunday of Advent falling early this year (November 27), the fresh wreaths will have to hold up extra long.

(抜粋)リースと4本のローソクは、ドイツではよく行われることです。 自作もよし、花屋から購入するのもよしで、ローソクには、毎週日曜日に1本づつ点灯させていって(4週で)クリスマスへにつないで行きます。 今年の最初の日曜日は11月27日になっているのです。


Glühwein, anyone?
Mulled wine is certainly a holiday favorite in Germany. It's made from red (or sometimes white) wine, spices like cinnamon and cardamom, sugar and a dash of citrus. While it's a staple at every German Christmas market, it can also be easily made at home. Don't expect to be offered a "Glühwein" in November, but come Advent, it suddenly becomes OK to drink the stuff - at nearly any time of day.

(抜粋)Glühwein は、ドイツでも人気があることは確かなことです。 赤ワイン(時には白ワイン)にシナモンや砂糖などを加えています。 どこのドイツのクリスマス・マーケットでは名物的なものですが、家庭でも簡単に作ることも出来ます。 しかし、11月の間は期待してはいけません。 けれど、Advent がやってくると、突然、飲めるようになります、ほとんど一日中いつでも。


Someone left you an Advent calendar
Advent calendars were first used by Lutherans in 19th-century Germany. Since then, the tradition has spread across the world but remains very popular in Germany. Chocolate is the most common gift behind each of the 24 doors - but you'll also find anything from Legos to sex toys. Has your loved one left you 24 surprises? You'll have to wait until December 1, which is after Advent this year.

(抜粋)誰かが、貴方に Advent calendar を置いて行きます :  このカレンダーは19世紀にルター派によって始められたものです。それ以来、世界中に広がりました。特に、ドイツでは非常に人気のあるものとして残りました。 24個ある窓の中身で、人気はチョコレートですが、その他にもレゴブロックとか、sex toys などのものもあります。 いずれにしても、12月1日までは待って下さい。



Can you smell that? If you've got cinnamon, cardamom and sugar in your nose, then there's a good chance the Advent season is getting underway. Christmas begins early in Germany and Advent - the four Sundays leading up to Christmas Eve - are celebrated with tasty treats, wreaths and calendars, and trips to the holiday markets.  

(抜粋)匂いますか?(Glühwein :グリューワイン) 4回の日曜日が、クリスマス・イブへ導きます。 ・・・



下は、Advent calendar に関する写真で、チョコレートのものとか、ハンドメイドのもの、アダルト向けのものなどがあるようです。(写真のみ転載します。)








***

Advent calendar の実物は見たことがありますが、ドイツでは、子供も大人も楽しみにしているようです。 毎日、日めくりのように、一つづつ窓を開けて行くのも楽しいかもしれません。 これ以外にも、下の写真のようなものもあるそうです・・・。














なかなか、ユニークなものもあるようですね。

***



***
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ: クリスマス・マーケットの賑わい

2016-11-26 21:42:58 | 日記
2016年11月26日(Sat.) ドイツの各地でも、クリスマス・マーケットが賑わっているようです。 ( ニュースソース: DW-DE 11月25日発 )

<原文の一部>
10 reasons to visit the Christkindlesmarkt

Now is the time of Christmas markets. In Germany there are some 2,500 - ranging from trashy to romantic. The Christkindlesmarkt in Nuremberg is very traditional.
正に、クリスマス・マーケットのシーズン突入。 ドイツでは、その数はおよそ2500ヶ所になりますが、やや価値がないようなレベルからロマンティックなものまで様々です。 で、その中でもニュルンベルグのものは、とても伝統的なものです。


Known and loved the world over
Every year more than two million visitors, including many tourists from around the world, stroll across the Christkindlesmarkt - the main Christmas market in the heart of Nuremberg. The gothic Frauenkirche church from the 14th century lends the perfect backdrop to the festive atmosphere. The market opens on November 25th, and remains open to visitors until the December 24th.

(抜粋)世界的に知られ・愛されている: 毎年、2百万人以上のビジターが訪れる ...ニュルンベルグの中心部でのクリスマス・マーケットです。  14世紀からあるゴシック様式の Frauenkirche 教会が、完璧な雰囲気をかもし出しています。 このマーケットは25日に始まり12月24日まで続きます。


Centuries of festive cheer
Christmas decorations, candies, toys and of course mulled wine: more than 200 traders are represented in the market stalls. Always popular and a big seller are products typical for Nuremberg. The Christkindlesmarkt has been in existence since 1628, as evidenced by an inscription in a wooden gift box where the "Kindles-Markt" is mentioned, making it one of the oldest Christmas markets in Germany.


Master of ceremonies is the 'Christ Child'
Christkindlesmarkt could be translated word for word as "Christ Child Market" – and it is this child, played by a young woman dressed in white and gold, with curly blond hair and a tall golden crown, who opens the market with a prologue speech from the balcony of the Frauenkirche church every year. It is thought this ceremony was created by the National Socialists in 1933.











Nuremberg の場所は、下の地図で確認できます。(出典: Google Earth )


***

かなり翻訳をサボリましたが、原文を読んでいただければ、おおよその様子は掴めるのではないでしょうか。 楽しい文化の一つと言えるのではないでしょうか。  それにしても、鳥インフルの影響は気になります。



ところで、ドイツ東部にあるザクセンの周辺には、クルミ割り人形や、クリスマスの窓辺を飾る木工のキャンドル細工のような民芸品があるようですね。2013年のドイツ滞在中には知りませんでしたが、日本でもそうした商品を輸入しているお店があるようです。 あるデパートでそれを見ましたが、なかなか”本物”と言う感じで、ぬくもりも感じられました。 (ネットでの入手も可能と思われます。 参考: 小さなミュージアム )








*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイルランド発: EU各地の鳥インフルエンザの続報を伝える

2016-11-25 23:43:19 | 日記
2016年11月25日(Fri.) EUで広がっている鳥インフルエンザの続報です。 ( ニュースソース: Independent.ie 11月24日発 )

<原文の一部>
Germany culls almost 20,000 birds as another bird flu case is confirmed
Published  24/11/2016 | 09:06


Germany has had a number of cases of bird flu in recent weeks

Officials in Germany have confirmed that a positive case of bird flu has led to the culling of thousands of birds.

Germany has confirmed a case of H5N8 on a farm in Lower Saxony, a poultry farming region in North Germany.

It comes after a number of cases of bird flu were reported in Germany in recent weeks. Germany's Ministry of Agriculture said the incident is the first positive case of bird flu in the region since the current outbreak of the virus in Europe.

German officials will decide today whether the initial cull of 16,000 birds is enough to contain the virus, or whether a further cull will take place.

The virus has been detected in wild birds across Europe in recent weeks as other cases were detected in Denmark and Switzerland. The first case in Germany was detected in early November. A number of countries have restricted the importation of German poultry. The virus is spread through wild bird migration and has been around since 2014.

This particular strain of bird flu H5N8 does not affect humans and is a evolved strain of the H5N1 virus which has killed over 400 people.

The highly pathogenic avian influenza (HPAI) H5N8 virus has been identified in Hungary, Poland, Croatia, Germany, Austria, Switzerland, Denmark, and the Netherlands, according to the European Food Safety Authority.

It goes on to say that no human cases of the virus have been reported in the EU.

(抜粋)ドイツ当局は、16千羽か、または、それ以上を殺処分するのかを本日(24日)に決定する予定だとしています。 デンマークとスイスで検出されたことを始め、ドイツでも11月初旬には検出されていました。 そして、いくつかの国がドイツからの家禽の輸入を制限しています。 そして、このウィルスは、2014年頃から拡散が続いているものです。 この高病原性のH5N8は、人間には影響しないとされており、且つ、かつて400人以上の死者を出したH5N1には変異しないとしています。 しかし、この高病原性のH5N8は、ハンガリー、ポーランド、クロアチア、ドイツ、オーストリア、スイス、デンマーク、そして、オランダで確認されています。 そして、EU内での人への感染事例はないとしています。

***

先日来、繰り返し報道されている内容に近いとは思いますが、デンマークのサイトからの報道も加えると、確実に広がっている状況に変わりはないようです。 クリスマス・シーズンに入っているだけに、経済的な打撃も大きいと思いますが、ウィルスの変異につながらないよう、つまり、人への感染事例にならないよう、これは祈るしかないのかも知れませんが・・・。

*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***
コメント
この記事をはてなブックマークに追加