ジローのヨーロッパ考

デンマークやドイツの農家に長期(?)滞在、体験したり感じたことを綴ります。

デンマーク: パナマ文書を購入

2016-09-30 19:13:05 | 日記
2016年9月30日(Fri.) 9月も今日で終りですが、ぐずつく天候は終わりそうにありません。 また、台風18号の動きも気になります。 さて、デンマークのサイトで、これまた気になるパナマ文書の記事が目に留まりました。 ( ニュースソース: CPH POST ONLINE 9月30日発 )

<原文の一部>
SKAT forks out millions for Panama Papers : SKATはパナマ文書に何百万も支払い (注: fork out 支払う)

Six million kroner paid for useful leaked documents
6百万DKK(通貨: デンマーク・クローネ)が有用な漏洩文書に支払われました。


The hunt continues in the wake of the Panama Papers (photo: ICIJ.org) (パナマ文書をきっかけにした狩は続きます。)


September 30th, 2016 8:49 am| by Christian W
Danish tax authority SKAT is now in possession of hundreds of documents from the massive Panama Paper tax haven leak earlier this year.

SKAT has paid a total of 6 million kroner for the documents – the first time SKAT has ever paid for information leaked from a tax haven.

“We had the opportunity to look through the material before we paid and we’ve received what we were promised,” Jim Sørensen, a SKAT spokesperson, told DR Nyheder.

“The material contains the number of files regarding Danes that we expected, and the quality measures up with the trial documents we obtained beforehand. The next step is to dig deeper and find the people and look into their tax history.”

(抜粋)デンマーク税務当局SKATは、今年(2016年)の初めに租税回避に関わる漏洩した大量のパナマ文書を入手しました。 最初は支払うつもりはなかったSKATですが、合計で6百万DKK(注: 日本円換算は ×17円ぐらい)をその文書のために支払いました。 「支払う前に、その中身を確認し、約束したものを受け取りました。」とSKAT報道担当は語ります。 「入手した情報には、我々が期待するデンマーク人に関する多くの情報が含まれており、事前入手したトライアル版よりも中身が濃いものです。 次のステップとしては、深く掘り下げて、当該人物を見つけ、その税務状況を調べることです。」

The hunt is on
According to SKAT, the documents contain a number of situations concerning founding documents, agreements, correspondences and other information needed to identify individuals and evaluate their tax behaviour.

The 6 million kroner was delivered to an anonymous person, said SKAT.

(抜粋)狩は続く:  SKATによると、個人を特定するためや、納税状況を確認するために必要な情報など、文書には様々な情報が含まれていると言います。  6百万DKKは、匿名の人に対して支払われました。


***

パナマ文書は、世界各国に衝撃を与えていましたが、デンマークではおよそ1億円の費用を支払って、当該文書を入手したようです。 上記の報道には含まれていませんが、ドイツが伝える内容によると、デンマーク人の約600人が、この文書に含まれているとしています。

何れにしても、デンマーク当局は、不正への追及の手は緩めていないようです。



翻って、日本はどうなのでしょうか。 これもまた、人々や、マスメディアが忘却して行くのを待っているのでしょうか。 新豊洲市場問題や東京オリンピックの総額費用問題も同様ですが、責任者不在のような状態で、ウヤムヤのままで見過ごされて行くのでしょうか。

原発の廃炉費用についても、元々、電力会社が積み立てているべき費用であり、いまさら、改めて国民から徴収するなどと言う理屈や討議は存在しないのではありませんか。 無責任過ぎます。

不当に脱税・回避している結果、その分の税収不足に陥り、それを国民が消費税増税で負担するなどと言う道理も通らないでしょう。 日本も、パナマ文書に関わる追及は行うべきでしょう(しているのでしょうか?)。

政治・行政への不信感は高まるばかりですね。


*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***

コメント

デンマーク: 警察が暴力犯罪の増加に閉口

2016-09-29 20:56:27 | 日記
2016年9月29日(Thu.) 午後になって、やっと湿度も下がり、過ごし易くなった今日です。 さて、デンマークでも、ドイツと似たような傾向があるのでしょうか?  ( ニュースソース: CPH POST ONLINE 9月28日発 )

<原文の一部>
Police union voices concen as violent crime increases  : 警察は暴力犯罪の増加に閉口(意訳)

Too many officers guarding the borders and the Jewish institutions, claims spokesperson
国境警備とユダヤ人機関の警護のために、かなりの多くの警察官を投入しています。



Danish police are stretched too thin (photo: Politi) (デンマーク警察は、薄く引き伸ばされてしまっています。)


September 28th, 2016 5:00 pm| by Ray W
Violent crime is on the increase as police resources continue to be diverted to the county’s borders and dealing with the terror threat.
増加する暴力犯罪によって、国境警備やテロの脅威への備えをすることに、警察のリソースは引き続き費やすことになっています。


A frustrated force
“We now have a much longer response time to violent cases,” Tom Steffensen from the North Zealand police union told BT.

“They are made to wait in favour of guarding the borders and the Jewish institutions. It frustrates us and violates our sense of justice.”

(抜粋)イラつく脅威:  シェラン北部の警察当局者は、「現在、暴力事案に対応することがとても多い。」と語っています。 「国境警備やユダヤ人機関の警護を優先するため、待ち時間が生じてしまっています。それは我々をイラつかせるし、私達の正義感も損ねるのです。」

Rapid rise in crime
Nationally, there was a 27 percent increase in violent crime during the first quarter of 2016 compared to the same period last year. There was also a 13 percent increase in burglaries and a 12 percent rise in robberies.

According to Svend Larsen, the head of the national police force Rigspolitiet, 10 percent of the country’s officers have spent time on either border or terror duty.

“It places the entire organisation under pressure,” he said.

(抜粋)犯罪の急増:  全国的に、2016年の第一クォーターにおける暴力犯罪は、前年同期比で27%の増加になっています。 また、家宅侵入事件は13%増加、窃盗は12%の増加になっています。  国家警察の責任者によると、警察官全体の10%が国境管理やテロ対応に時間を費やしていると言います。 「これらの事情によって、組織全体にプレッシャーがかけられた状態になっています。」とも語っています。



(注)原文にある North Zealand ( North Sealand )は、シェラン島の北部のことで、大体、コペンハーゲンから北側を指しているようです。



***

犯罪の増加については、つい最近のドイツでも報じられましたが、よくよく考えれば、原因となっているものは同じと言えないでしょうか。 この2国で、類似現象が見られると言うことは、難民・移民が流入しているEU各国でも同じかも知れません。

紛争地の根本解決が急がれますが、ことは容易ではないのでしょう。

また、EUを含む海外へ出かける時は、その治安や、国家・地域が置かれている状況を知った上で臨むべきでしょうね。



何れの国家を問わず、為政者は人民のためになることを第一に考えてもらいたいものです。 一部の人達や、経済を最優先する人々のための政治であってはならないでしょう。


*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***

コメント

デンマーク: バルト海における鱈の漁獲量削減?

2016-09-28 21:59:03 | 日記
2016年9月28日(Wed.) 秋雨前線の影響はまだ続いているようで、今日は終日の雨模様です。 畑のサツマイモも収穫時期にきているのですが、ハーベストのタイミングを見計らっているところです。 収穫が楽しみなのですが・・・。

さて、ドイツ発の話題が続いていましたので、デンマークの話題を探ってみました。 ( ニュースソース: CPH POST ONLINE 9月28日発 )

<原文の一部>
Danish fishermen fear the prospect of lower cod quotas in the Baltic Sea
デンマークの漁業関係者は、バルト海における鱈の漁獲量削減の見通しに危惧を抱いています。

EU plan to slash catches will spell the end for fisheries warns association
EUの大幅削減の計画は、水産業の終焉をもたらそうとしています。


If the EU has their way, few Baltic cod will wind up here (photo: theimpulsivebuy)
もし、EUが方針を進めるのであれば、僅かなバルト海の鱈は、終わりを告げることになるかも知れません。


September 28th, 2016 8:27 am| by Ray W
The EU says that if cod stocks in the Baltic Sea are to remain viable, the number of fish being caught must be dramatically reduced.

The commission is setting the stage for dramatic reductions in cod quotas for 2017.

According to the EU, quotas in the western Baltic Sea should be cut by 88 percent over the year, while the quota for cod in the eastern Baltic should be cut by 39 percent.

“The scientific advice received earlier this year recommended deep reductions in fishing catches to help these populations to grow from their current very low levels,” wrote the EU Commission on Tuesday.

(抜粋)EUは、もしバルト海における鱈の種生存を確保しようとするならば、劇的な漁獲量の削減をする必要があると発表しています。 委員会は、2017年の鱈の割当を劇的に削減する予定です。 EU(委員会)によると、バルト海西部の割当を年間で88%カットする必要があります。 一方で、バルト海の東部では39%のカットが必要とされているのですが。 「今年(2016年)の初め、科学者の発言として、かなり低いレベルにある鱈の生息数を改善するためには、相当の漁獲量削減をすることを推奨すると忠告しています。」と、EU委員会は火曜日(27日)に発表しています。

The beginning of the end
Kim Kær Hansen, the vice president of Danmarks Fiskeriforening, said he did not know whether to laugh or cry at the EU’s recommendations.

“It is a disaster in the making,” Hansen told DR Nyheder.

“This will lead to the direct closure of fisheries in a large part of the Baltic Sea. There are very few companies that can withstand an 88 percent reduction in revenue.”

(抜粋)終わりの始まり: 漁業関係会社の副社長は、このEU委員会の発言は、笑えばよいのか、泣けばよいのかわからないと言っています。 売上高の大災害だとも言います。 これはバルト海における、大きな水産業の一つを終焉に導くものになり、88%もの売上高の減少に耐えうる会社は、極僅かだろうとも言っています。


***

漁業における資源の枯渇に関することでしょう。 デンマークに2012年に滞在した時は、お世話になった農場は牧場であって、肉類とポテトが食事の中心であり、魚と言えばサーモンだったと思います。 コペンハーゲンにも都合1週間ほど滞在していますし、ニューハウン界隈も散策しましたが、やはり肉が中心でした(ポークも多い)。 

一方、2013年のドイツ滞在では、ミュンスター(NRW州)辺りでも、「北海」を意味するファースト・フード店で、フィッシュフライ・バーガーをいただいた記憶がありますが、白身でしたし、「鱈」だったと思います。

それはさておき、乱獲の影響が出てきていると言うことでしょうか。 必要な消費量に対応するための漁獲であるのならば、バランスは取り易い(?)のかも知れませんが、金儲けを優先して、我先にと争って漁をする考えでは、乱獲に陥るかも知れません。

日本近海でも、秋刀魚の漁獲量がかなり落ちてきているようですが、資源の枯渇もあるでしょうが、どこかの国による乱獲が影響している懸念があります(報道による)。 魚類の多様性を維持する上でも、地球上の多くの生物(動植物全体)の持続性を担保する上でも、科学者や様々な分野の方々の意見を尊重したいものです。

決して、一部の人々の金儲け優先の手段になってはならないでしょう。


*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***


コメント

ドイツ: 第二のビール祭り・開催中

2016-09-27 21:38:43 | 日記
2016年9月27日(Tue.) ドイツのシュトゥットガルトでもビール祭りが開催されています。 ( ニュースソース: THE LOCAL de 9月27日発 )

<原文の一部>
Stuttgart fest pulls in twice as many boozers as Oktoberfest  Published: 27 Sep 2016 10:48 GMT+02:00
シュトゥットガルトのフェスティバルは、オクトバーフェスト(注: ミュンヘン)の倍の酒飲みを集めています。


Is this Oktoberfest or is this Stuttgart's Cannstatter Volksfest? Can you tell the difference? Well, it's Stuttgart. Photo: DPA.
どちらのフェストか違いがわかりますか? そう、これはシュトゥットガルトなのです。

Apparently Munich is no longer the top place to wear lederhosen and down beer one litre at a time.
どうやら、ミュンヘンはもはや、半ズボン(男性用の民族衣装)を身に着けたり、一度に1リットルのビールを飲み干す場所としてのトップの座ではなさそうです。

Twice as many people attended Stuttgart’s Cannstatter Volksfest on its opening weekend than within the first three days of Munich’s famous Wiesn, also known as Oktoberfest.

Stuttgart saw about one million eager beer-drinkers flood its Wasen festival grounds during its first weekend, which started September 23rd.

“It was an opening better than we could have hoped for,” said event organizer Andreas Kroll.

In comparison, Munich’s Oktoberfest recorded a drop in visitors during its first weekend starting September 17th, with just half a million people flocking to its famed beer tents.

The low numbers in Munich were blamed on security fears as well as the poor weather that weekend.

Stuttgart on the other hand enjoyed bright sunshine and warm temperatures for its first festival weekend.

Munich’s Oktoberfest also heightened security measures this year given ongoing terror concerns throughout Europe as well as recent violent attacks in southern Germany. A shooting spree in July in the Bavarian capital left ten people dead. Within that same week, a teen in Würzburg attacked train passengers with an axe and a man blew himself up outside a music festival in Ansbach.

Both the Ansbach and Würzburg attackers reportedly had been in contact with members of terror group Isis.

Oktoberfest in Munich was the site of one of the worst terrorist attacks in German post-war history when a right-wing extremist set off a bomb that killed himself and 11 others in 1980.

(抜粋)シュトゥットガルト・フェストのウィークエンドを含む初日の3日間、オクトーバーフェストとしても知られているミュンヘンのフェストのそれに比して倍の人出になっています。 23日から始まった Wasen festival grounds (シュトゥットガルト)には、約百万人の酒飲みであふれています。 主催者は、期待以上のオープニングだと述べています。 比較すると、17日から始まったミュンヘンのフェストでは約50万人の状況でした。 ミュンヘンでは悪天候の影響と同様に、セキュリティ上の懸念が低調の原因とされています。 一方で、シュトゥットガルトは好天と暖かい気温に恵まれました。 
ミュンヘンのオクトーバーフェストは、いくつか発生したテロや10人の犠牲者を出した銃乱射事件、列車内での斧(オノ)による事件、ミュージック・フェスでの自爆事件などの影響があります。 斧の事件と自爆の事件はISと関連があるとされています。 また、ミュンヘンのフェストは、右翼過激派による爆弾殺傷事件が1980年にあって、犯人と他の11人(計12人)が死亡しています。

While Oktoberfest will come to an end on Monday, Stuttgart’s Cannstatter Volksfest is set to run until October 9th.

Both fests involve large quantities of the golden brew, carnival rides, and lots of singing while standing atop beer hall benches.

The Cannstatter Volksfest is Germany’s second largest folk festival and this year expects up to four million visitors by the end, while Munich's booze-athon usually pulls in about six million visitors each year.

(抜粋)ミュンヘンのフェストは、次の月曜日(10月3日)に終了しますが、シュトゥットガルトの方は、10月9日(Sun.)まで開催されます。 両フェストともに、特別なビールやカーニバル乗り物、さらに、多くのミュージックなどが催されます。 
The Cannstatter Volksfest (シュトゥットガルト・フェスト)は、ドイツで第二の規模のフェストです。 今年は4百万人の来場者が想定されています。 一方、ミュンヘンのそれは、毎年約6百万人をカウントしているのですが。



場所は、下の地図で確認下さい。(出典: Google Earth)



Wasen festival grounds ( Cannstatter Wasen ) : 会場


***

ほぼ同じ時期に、ドイツ南部で大規模なビール・フェスティバルが開かれているのですね。 単純に加算する意味はないかも知れませんが、6百万人と4百万人で合計1千万人。 ドイツ人口は8千7百万人ぐらいとしても、すごい割合です。

飲んだくれて、酔いつぶれて・・・と、非難するよりは、自制心は保ちつつ、人生を楽しむ考えで、これらのフェストに足を運ぶのはいいことでしょう。 ウーム、この2ヶ所をハシゴする手もありますね。

そう言えば、2013年にドイツに滞在した時、お世話になった農場の奥さんはシュトゥットガルト出身でした。この方に尋ねれば、推奨する訪問先などの情報もいただけるかも・・・。

何れにしても、安心して、EUに行ける治安が欲しいです、今は。


*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***

コメント

ドイツ: 公共交通機関での盗難が25%増加

2016-09-26 22:28:51 | 日記
2016年9月26日(Mon.) 秋雨前線が日本付近に停滞しているせいか、湿度も高め目でスッキリしない一日でした。 さて、ドイツの公共交通機関における盗難事件は、著しい増加傾向にあるようです。 ( ニュースソース: DW-DE 9月26日発 )

<原文の一部>
Theft from German public transport up 25 percent : ドイツの公共交通機関での盗難は25%の増加

A German newspaper reports that public transport users reported nearly 45,000 crimes on trains and at stations last year. The 25 percent increase follows a similar rise the previous year.

新聞報道によると、45000件に近い犯罪が、昨年(2015年)、列車内や駅で報告されています。 前年(2014年)の増加に似て25%のUPとなっています。



The figures, published in the national daily "Süddeutsche Zeitung" on Monday showed that 44,800 bags and hand luggage were registered stolen in 2015, a rise of about a quarter on 2014.

The Federal police statistics cited by the paper covered minor crimes committed in German railway stations and on trains, and were released ahead of the police's annual report, which is due to be published shortly.

The paper said last year's increase, follow a nearly 20 percent rise recorded in the previous year.

Police have blamed professional criminals, who they said travel internationally to carry out offenses. Often they work in groups of three to six people and use distraction techniques before stealing purses or wallets.

Good will and the willingness to help are often exploited by asking the victim to help read the train schedule or help with using a machine, the paper said.


(抜粋)月曜日(26日)の新聞報道による数値では、2015年で、44800件のバッグの盗難が届出されていて、2014年に対して25%の増加になっていです。  連邦警察による統計数値は、鉄道関係の犯罪について、年間報告として。まもなく公表される予定です。 また、2015年の増加については、前年2014年の増加が20%であったことに続くものです。  警察は、犯罪のプロ集団を非難しています。 彼ら(犯罪者)は、国境をまたいで犯罪を犯しており、3人から6人のグループで行うことがしばしばあります。 陽動作戦(注意をそらすようなトリック)を用いて盗みを働くようです。  人の善意や好意につけこむこともあり、列車運行表を読む為や、マシン(注: チケット販売機のような)の使い方を尋ねる風を装って、犯罪に及ぶと言うものがあると、新聞が報じています。


Migrant link not highlighted
The report didn't mention whether the increase in thefts was linked to the huge influx of migrants arriving in Germany over the past two years.

(抜粋)移民に関係しているとは報じていません: 報道は、この種の盗難の増加が、過去2年間でのドイツへの大量の移民流入と関連があるかどうかについては言及していません。


Security has been stepped up on public transport recently

But in June, police said migrants were linked to 69,000 attempted or actual crimes in the first quarter of 2016.

More than 1.1 million refugees entered the country in 2015 alone, according to German interior ministry figures.

Police have warned the public to keep cash, credit cards and valuables as close to the body as possible, and not in clothes that are hung up on the backs of chairs on trains. They also warned that rucksacks were particularly vulnerable to theft.

Additional police officers have been stationed at many German railway stations in recent months following the New Years Eve attacks in Cologne, that saw around 1,500 women report being sexually assaulted and robbed by suspects of mainly North African and Arab appearance.

Contrary to the nationwide trend - the increased surveillance was seen as partly responsible for a 20 percent fall in street crime committed in the state of North Rhine Westphalia, where Cologne is located, in the first six months of this year.

(抜粋)しかし、6月、警察によると、2016年の第一クォーターで未遂も含めて69000件の犯罪に移民が関与したとしています。 2015年だけで110万人以上の移民が流入しました。 警察は注意を呼びかけています。現金やカード、高価なものは、出来るだけ身に着けるようにし、衣服に入れたままの状態で、列車内の椅子の背もたれに掛けたりしないこと。 また、ザックは特に狙われ易いものであると注意を呼びかけています。
また、(注: 2015年末の)NYEにおけるケルンでの事件、つまり、約1500人の女性が性犯罪や盗難に巻き込まれ、容疑者の多くは北アフリカやアラブ人と見られている事件、この再発を抑止するために、ここ数ヶ月は駅での警察官監視を増員してきています。
一方では、2016年の前半6ヶ月間において、監視を強化した地域では、部分的ではありますが20%のストリート犯罪の減少になっています。 ケルンのあるノルト・ライン・ヴェストファーレン(NRW)州の状況です。


***

数値的な事実からは、移民・難民の増加と、盗難事件等の増加には因果関係があると見てよいのでしょう。 貧困の問題もあるのかも知れませんし、女性への尊厳に対する考え方の欠落によるものもあるでしょう。 そもそもは、移民・難民を生み出してしまっている彼らの母国に問題があると言うことではありませんか。 さらには、そうした国家形態を作り出してしまった西欧の主要国家にも責任の端があるとも言えるのでしょう。

しかし、過去の責任を追及していても現状の打開には至らないので、調整可能な機関(UN)や国家が調整役として介入できるといいのですが・・・。

何れにしても、時間が必要ですが、武力による解決は、真の解決にはならないので避けたいものです。



ドイツに限らず、EU諸国へ向う方々は、こうした現地の状況も十分に承知した上で行くことが望ましいと思います。


*** 下の写真は、記事内容とは関係ありません。




***

コメント