自由の森日記

埼玉県飯能市にある自由の森学園の日常を校長をはじめ教員たちが紹介

元少年兵に会ってきた報告会

2005年09月21日 | 自由の森のこんなこと
 先日のニュース23の特集で報道されたアフリカの少年兵に、この夏、NPOの支援をえて、高1の柴田圭が直接会いに行きました。番組では、自由の森の生徒たちとビデオレターの交換までが紹介されていましたが、その後、直接会う企画が進み、英語科の仲本さんとウガンダに行った報告会が持たれました。

相手の少年はチャールズ。誘拐され少年兵として訓練され、はじめに命じられたのは自分の母親を殺すことだったそうです。彼は殺すことはできずに、片手を切り落としたという想像を絶する体験を持っています。圭は彼を訪ね、日本からのお土産を渡し、一日彼と過ごします。
 「チャールズに会って、何て言っていいか迷っていた。でも、向うからよろしくって笑いかけながら握手を求めてきた」「足を悪くしているのに、笑いながらいっしょに坂を登ってくれる。通じ合えるものを感じた」「彼は元子ども兵として支援を受けながら学校に通っているが、いっしょに暮らしている家庭の子どもは学校にも行けず、辛い立場に立っている」「自分がプレゼントしたコマの別れる間際まで回そうとしてついに回せたときに自分のことのようにうれしかった」。通訳を介しながらも、心を通わせていったことが伝わります。

 彼はこれまで、戦争が人間を進歩させてきた、戦争はなくならないと常々考えていました。ウガンダに行くことで変わらなくっちゃという気持ちはあったけれども、変わらなかったらどうしようという気持ちもあったと言います。帰国して原爆のドラマを見たとき、これまでとは違う感情が噴き出しました。「アフリカで人の死に対する見方が変わった気がする。現実を見ていなかったのはむしろ自分だ。自分のなかの正義とか悪とかが崩れた」

 そして彼はこう結びました。「戦争によって人は進歩するのではなく、人が成長するのは人と関わることによってだと思う。今僕が思う平和とは必死に生きること」

おにざわ

人・森・地域 いきいきフォーラム

2005年09月20日 | 自由の森のこんなこと
 18日、自由の森で「人・森・地域 いきいきフォーラム」が開催されました。さいたまグリーン・エコツーリズム協議会からぜひ自由の森で開催したいとの申し入れを受けて実現したものです。
 話はいつのまにか、自由の森の生徒による発表が組まれていて、「林業講座」はちょっとしたパニックになりました。野外での作業はオテノモノですが、人前で話をするのは大の苦手。しかも環境保護活動に関わる大人相手ですから、不安はかなりのものです。とにかく、引き受けるということにし、発表者は後から考えるとして、活動報告をみんなで分担して作成しました。はじめは発表者になるなら講座をやめると言っていたA君がなぜかナレーションは任せろと引き受けたあたりからちょっと流れが変わります。各人の文章をつなぎ、文体を整え、何とかまとめることができました。


 しかし、前日に読んでみると、15分にもなりません。そこで、急きょ全体のまとめの文章を3年生のS君が引き受けます。当日朝までかかって、しっかりB5で2枚を書いてきました。内容もまずまず。
 画像の配置はO君がやってくれました。原稿のどこで変えるのかを詳しく決めています。「林業講座」初のプレゼンテーションはこうして完成したのです。

 さて、フォーラムはじめの発表は「地球市民」講座のドイツ研修旅行の報告。庭園博覧会の内容を詳しく報告しました。さすがに慣れたものです。次は「林業講座」。ほとんど学校外での活動なので、同じ自由の森生でも何をやっていたのか知る人は少なかったようでした。その意味で今回の発表は良かったと思います。3番目は夏ごろから動き始めている「菜の花プロジェクト」。小岩井を菜の花で埋めつくし、その油を使って料理を作り、廃油を使ってカートを走らせるという壮大な計画です。自由の森の環境系の3つの合同発表も初めてでそれぞれがうまくつながっていくと面白くなると感じます。
 
 午後は飯能の森に関わるお二人(吉野勲氏、井上淳治氏)の講演、そして地域の森を再生するプログラムを考えるワークショップを行いました。
 参加者はそんなに多くなかったけども、発表を作りあげたこと、外の世界とつながれたこと、収穫は大きかったと思います。
 来ていただいた地域の方、保護者のみなさんありがとうございました。

おにざわ