ばばちゃんのおっちゃんの日本語の先生への道

日本語の先生になろうと一念発起いたしました。

教授法ガイダンス

2016-09-08 15:21:07 | 3.日本語先生として
教授法ガイダンス

 学習者のご希望によってどういう教え方をしていけば良いか、何となく頭にありますが、受験勉強をしていて、まとめて表示できるだろうということに思いつきました。
 結局は複合的に採用していかなければなりませんが、ぼやっと考えるより、視覚に訴える方が分かり易いのではないでしょうか。
 ◎は最重要項目、〇はそれなりに必要な項目、→は、◎、〇を実行するために必要であり、実行すれば自ずと備わって来るものと考えます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« その5 | トップ | 日本語の発音について »