平尾台自然の郷野草勉強会

平尾台の自然と野草を見守り観察し
記録するボランティアのグループ。

平尾台自然の郷30年度11回野草勉強会。

2018-09-05 | 野草の観察

最強の台風20号襲来予報に
ビクビクの観察会前日でした。北九州には足音もナシ気温も低めの台風明け。
TVでは中部日本の強風台風の様子がアップされています。
北海道の震度7の地震恐ろしいニュースが点滅しながら流れていきます。
心よりお見舞い申し上げます。
2000年初めよりの記録を調べいる内、念願だった最近姿が見れなくなった野草探しを
実行する事にしました。見れなくなって6年、3年と季節が過ぎていきます。
絶滅なのでしょうか?
「人災」それとも「天災」いずれにしても、諦めないで季節が廻る度に探索
を続けて行きたい「ダイサギソウ・マツバニンジン」絶滅危惧種の野草です。
今回は皆で同じコースを歩いたので吉田さんより
写真を出していただきました。

たぬきまめ




  
ネコハギ      ミズタマソウ   つるまめ




コマツナギ




    
オトコエシ  ゲンオショコ  キンミズヒキ





スズサイコの種子





ガガイモ



撮影:桃坂

ホドイモ



  
ヤブラン     マキエハギ     センニンソウ




ミツバグサ

 

 

  
ヤブラン     タヌキマメ     コミスジ





カンコノキ





サワオトギリ


情報は古い観察日記、古書
車もなく足で歩いて探した古い観察日記
台上の植物について書かれた古書
このような本を読んいると苦労して探し同定
したのだろう。その時期にタイムスリップしたくなる。
今は絶滅の野草が沢山あるのだろうな。
そんな気持ちで山を歩くと疲れも飛んで行く。

 

コメント

平尾台自然の郷野草勉強会第11回下見

2018-09-04 | 野草の観察

8/24日高熱で動けず十数年にわたる野草勉強会を初めてお休みました。
参加された皆様にはご迷惑をおかけしました。桃坂さんの機転により無事散策は
出来たこと心より感謝しております。
30日幾分熱が引き歩けるようになり台上へ恐る恐る下見へ行ってきました。

ヒナノキンチャク
細々と草刈の後に残っているという感じです。





ツユクサ





ノアズキ





ガガイモ



元気大丈夫歩けると9/2を下見とメールを出しどこまで行けるかと
心配でした。


ボタンズル


ヒメオトギリ




ホソバノヤマハハコ





チョウセンヤマニガナ





ネコハギ





ノヒメユリ
時折ノヒメユリの姿も見えます。







ヒメノハギ


暫くぶりの雨に順調に秋の花が開花し始めています。
その後10~8年前の開花状態を調べていると
3年目開花を見ていない花を書き出し、とりあえず明日9/4日一人で
近場の開花状態を調べてみました。昨年はデマの開花情報に振り回されたので
せめて平尾台は他の人の開花情報に振り回されない様にと思います。



 

 

コメント

平尾台自然の郷フォトクラブ華蓮8月講座

2018-08-29 | フォトクラブ

時間の関係で朝の撮影を中止。
写真展の準備と展示
午後から各自持参の写真の評価をしていただきました。
7月の講座撮影より
ドリーネにてギンバイソウ・オオキツネノカミソオリ・周囲の風景を撮影。
講師:撮影

ミツバチとギンバイソウ



降り注ぐ光

撮影:原田  「修正後」



原田:修正前



ギンバイソウ

撮影:吉田



キャベツ畑

撮影:森



ノヒメユリ

撮影:増谷



日帰り撮影旅行
講師:児島 宏

夫婦滝の光芒





撮影:増谷





撮影:渡辺



男池

撮影:児島 宏






撮影:増谷


撮影:原田



男池キツネノカミソリ

撮影:増谷
お花を見る目が変わってきましたネ


鍋ケ滝

講師:児島 宏





撮影:原田





撮影:渡辺



自由撮影
菊池渓谷

撮影:森



白水の滝

撮影:吉田



平尾台

撮影:山中
体調が優れ無い中頑張っています。
撮影旅行へ行けるようになってくださいネ。




平尾台

撮影:森



ミソハギ

撮影:山中




大台ケ原

撮影:吉田
珍しい写真を見せてくれます。
とても楽しみにしています。




若戸大橋

撮影:森


素晴らしい写真を沢山見せて頂きました。
特に講師の写真は圧巻でした。
暑い中お身体に気を付けてお過ごしください。

次回9/26日例会
午前中は観察センター写真展に取り掛かります。
午後から持参された写真を見ていただきます。
お天気が良ければ中秋の名月の撮影が出来ればラッキーです。















コメント

平尾台自然の郷フォトクラブ華蓮7月講座

2018-07-25 | フォトクラブ

例年にない暑い夏です。
今年も3人の県展出展、平尾台作品展選出と暑さと重なりへとへとです。
7/25日講座と午前中の撮影昨年と同じように暑さを避けて涼しい場所へと避難した撮影でした。
平尾台には避難場所が多々あります。
先月の講座撮影より
講師:小島 宏先生の作品

ネムノキをテーマにお勉強しました。
先生のお手本です。






撮影:森(隆)
当日はネムが咲いてなかったので別の日の撮影。





撮影:野見山
別の日に撮影に行かれたようです。
台風の影響で登山道が壊れ通行止め。再度行った時は花付きが悪かったようです。






撮影:桃坂
花がまだだったので岩とオヘラ山。







撮影:森
二度ほど山へ上がりましたがネムは花影が薄く来年に期待しましょう。



講座
(USBで持参した写真をプロゼクターで見ながら講師の意見を聞きます。)

撮影:原田
きれいな夕日になりました。
修正前






撮影:増谷
可愛いお尻の美ですね。
博多山笠の撮影へ行かれました。
修正前






撮影:森(隆)
英彦山へ花散策雨に会いましたが楽しい散策。
修正前







撮影:吉田
長門峡へ行った時の気になる岩。
修正前






撮影:桃坂
白山へ旅行した時の写真です。
修正前

明るさを修正しました。




今週末には夫婦滝、鍋が滝と撮影ツアーがあります。
講師の写真をアップします。

撮影:小島 宏

撮影時の参考にされてください。
暑さにボケが酷くなっています。アップするのを忘れていました。(^_-)-☆
いつまで続くこの暑さほどほどにしてほしいものです。
では、次回は講座よりギンバイソウをアップします。
お身体に気を付けてお過ごしください。体調が悪いと楽しい撮影ツアーにも
行けません。元気で次回お会いいしましょう。森 ふさ恵
















 

コメント

平尾台自然の郷野草勉強会第9回

2018-07-20 | 野草の観察

暑いと言うのが挨拶言葉になってしまう毎日です。
覚悟して来るのですが車から降りると汗が噴き出す。登山道から車の
クーラを止めて体を外気温に順応させて登ってくるのですが、さすが山は
2・3度温度が低く感じる サーア頑張ろう。汗ににじむ顔、かお、(^^)/みんな元気。
今日は開花調査、平尾台の野草を守るための調査です。班に分かれて調査の始まりです。
A班 撮影:渡辺 野村

ハナイカダ

 

 


サルナシ




ヤブコウジ(実)



  




アオツヅラフジ



B班
撮影:吉松
参加者:吉田、森

ワルナスビ



  
ヤブガラシ    ミシマサイコ    コマツナギ




フナバラソウ



  
ヒオウギ     ネジバナ      トコロ

 

  
クルマバナ アキノタムラソウ オトギリソウ



C班
撮影:森(秀)桃坂
参加者:森(隆)服部

ヒナノキンチャク




ミツバ



   
ダイコンソウ     ルリシジミ    ルリタテハ


撮影:桃坂

ヘクソカヅラ




キンミズヒキ



  
ダイコンソウ(花)   ウバユリ   ルリシジミ




D班
撮影:下猶
参加者:鶴田、光永

ヨロイグサ



 
コオニユリ     ホザキミミカキグサ


画像報告は以上です。暑いので朝のみの観察で終わります。
調査ですので 前回調査で開花報告があった花が次には種の報告が上がらねば
なりません。十分注意して種、胞子、などの観察されてください。

8月前期は夏休みです。
台風も接近中、暑い夏をリフレッシュして8月後半開花調査から
始まります。
8/24日(金曜日)元気でお会いしましょう。 


 



 

コメント

平尾台自然の郷野草勉強会第9回下見

2018-07-14 | 野草の観察

台風・豪雨と災害が続き被災された皆様へお見舞い申し上げます。
平尾台も通行止めが続き解除された翌々日様子見を兼ねて登って見ました。
行橋側通行止めで台上へは登れました。
午前中早くに行き早速観察を続けまずはササバランへ咲いてはいますが風に吹き荒らされ
真ともな花はわずかです。

ホウライカズラ

 


カラタチバナ




ヤブカンゾウ


翌々日皆さんへ下見の連絡をしましたが皆さん都合悪く欠席
6:00より台上へネムの花の撮影をしながら例の行ったことの無い場所を探検に
出かけました。藪が深く全身ずぶ濡れでたどり着き
目当ての花を探すも藪が深く、かき分けると蜂が襲ってきます。
見張りの蜂のようだったので這う這うの体で逃げ帰りました。
少し早めに藪を刈っておく必要がありそうです。


キキョウ



コキンバイザサ

 

 


ヒオウギ




カセンソウ




ヒナノシャクジョウ


暑さの中でしたがいろんな所の開花を確認してきました。
幸い災害を免れ平穏に暮らしていける毎日に感謝しながらこの暑い夏を
野の花と共に頑張って乗り切っていきましょう。
いつまで続くのでしょうかね

コメント

平尾台自然の郷野草勉強会30年度第8回

2018-07-04 | 野草の観察

前日までの大雨予想 郷より開催できるか明日の7時の予報を待つようにTELあり。
予報が嘘のような ぽっかり白い雲と青空。
30分遅れで出発と連絡をする。所が中々揃わない結局50分遅れで出発となる。
下見のコースを1時間の遅れを考慮し、コースを短縮する。
撮影:吉田

カセンソウ




オオニワゼキショウ


歩き始めると「通行止めの立て札とロープ」話はお聞きしていましたが
まさかこんなに所から通行止め あんまりだ~




コガクウツギ




アケビ




フユザンショウ





ヤマキツネノボタン





キバナマツバニンジン
お天気だから開花してると期待知っていましたがまだツボミ。


ランはアップしていません。
まだ開花もしてないササバランを早々にアップしたブログのおかげで
ランを探してウロウロする人の多いこと。困ったことです。


撮影:森(秀)

オオカモメズル




ヒオドシチョウ





コマツナギ


本当にラッキーな一日
雨にも振られず 尾根を歩くと風が心地よく吹き抜ける。帰るころには
暑い位でしたが、美味しいおやつをいただきながらTVの写真を見ながら
ワイイワイと難しかった花や美しかった花の話で盛り上がり良い時間を過ごしました。
このブログを書いている間も
激しい災害の様子が報道されています。
どうか皆さんもお気を付けてお過ごしください。


次回は7/20日(金曜日)
9:30分発です。
駐車場のカギが開いてない場合は、上の有料駐車場へ入れてください。
基本単会申し込みの方は有料駐車料金(300円)必要です。
講座駐車場は通年申し込みの方のみ
の使用可能だそうです。

 

コメント

平尾台自然の郷野草勉強会30年度第8回下見

2018-07-01 | 野草の観察

連日のあめ下見へ行く予定が立たない。
今回どうしても見ておきたい場所が2か所どれも半端な時間では
行けない場所。予定に入っていた7/1日(日曜日)涙をのんで下見を決行。
桃坂、吉田夫妻、森二人の計4名で下見へ。


キバナノマツバニンジン
蕾、日が射さないので開花してないと判断。
ササバラン観察し易い場所では見当たらず。



ウツボグサにヒョウモンチョウ。




ウリハダカエデ





ヤマアジサイ
ドリーネの中は川の様に水が流れる。



コチャバネセセリとウツボグサ



 
アケビ
青い実をたくさんつけています。




ウマノミツバ大
花の雄しべが見たくて大幅にトリミング。




ヤマホトトギス
白咲きのヤマホトトギスは終わっていました。
絶滅したと思っていたのに咲き柄を見れただけでもうれしい。



ルリハムシ
昆虫に詳しくないので??です。




オオカモメズル
小さくて見つけにくい花です。
トリミングしてアップにすると可愛い。



サルトリイバラ
まだ青い実が陽に透けて美しい。



ウラジロマタタビ
木が倒れて実がを見ることができました。
いろんな所に身を付けています。



ヒオドシチョウ




ハエドクソウ



オオバノトンボソウ、マイサギソウ、カキランの終わりに近く優しい姿で
花の過渡期を支えています。
あと、一か所を回る時間が雨で回るれない。当日はどのように回るか
思案中です。下見に皆さまお疲れさまでした。

コメント

平尾台自然の郷フォトクラブ華蓮6月講座

2018-06-27 | フォトクラブ

6月華蓮撮影講座
5月撮影講座より
講師:小島 宏撮影







撮影:野見山 補正後







撮影:桃坂





撮影:森(隆)

 


撮影:増谷





撮影:森



課外授業で蛍撮影
講師:小島 宏撮影

平尾台下流の蛍撮影




撮影:増谷




撮影:桃坂
自宅にい近いので何度もチャレンジ良い場面をゲットです。



撮影:野見山




講師:小島 宏撮影

平尾台の桜




オカトラノオ
素晴らしい写真です。


個人で撮影に行かれた作品より

撮影:桃坂
久住ミヤマキリシマ




イチヤクソウ
撮影:森(隆)



ムヨウラン
撮影:森(隆)




平成鉄道と花菖蒲
撮影:野見山



平尾台下流の川(修正後)



修正前
撮影:山中




等覚寺の紫陽花

修正前
撮影:山中
体調の良くない方ですが様子を見て
撮影されています。早く元気になってね。




ニリンソウ(緑花)
撮影:吉田



上高地大正池
撮影:吉田



エゾムラサキ
撮影:吉田




撮影:吉田(修正後)

 


修正前

吉田さんは上高地へ旅行
沢山の良い写真を見せていただきました。




九大の森(修正後)




修正前



オオヤマレンゲ
撮影:森



今月はお休みが多く少し寂しい講座と
なりましたが、熱心な講義に思わず熱くなります。
冷や汗かもしれません。


次回は7月25日撮影、講義となります。

講師:小島 宏

華蓮代表 森 ふさ恵











 








 

 

コメント

平尾台自然の郷野草勉強会30年度第7回

2018-06-22 | 野草の観察

思いがけぬ好天です。
予想に反して暑い一日となりそう。
午前中開花調査。午後からは写真展、写真入れ替え作業の後、
各班ごとの写真を見る予定です。
1班写真報告調査 森・吉田
撮影 吉松 

ツユクサ



  
コヒルガオ    テイカカズラ    クチナシ




トウバナ



  
ハエドクソウ  ミツバツチグリ   ヤブニッケイ



2班調査 桃坂・森(隆)服部
写真報告:森(秀)

ノビル



 
エゾノギシギシ  カラスビシャク

  
クスサン(幼虫)  クシヒゲベニボタル  不明

 


3班調査 光永・広川
写真報告:鶴田

コウゾ



  
スズサイコ   コナスビ    ソクシンラン




ニガキ



  
ヤブヘビイチゴ(花)   (実)   ウマノミツバ



 
カラタチバナ   ニホンカワトンボ




4班調査 渡辺
 写真報告:山崎

ノハナショウブ



  
オカトラノオ    ノアザミ     ヒメケフシグロ




シオデ(雌花)



写真報告:桃坂

ヤブジラミ



  
ヤブジラミ   ムラサキ    ヒメケフシグロ




コキンバイザサ



 
スジグロシロチョウ  カラスビシャク




サイヨウシャジン



各班コースに分かれての調査、暑い中
お疲れさまでした。
花の過渡期で花の種類は少ないようでしたが、
ホウライカズラ(蕾)ツチアケビ、コクラン(蕾)マイズルソウ、などの
ラン科の植物も観察できました。
食後の写真入れ替えでは息の合った作業で手早く済ませることができ
7月27日までの展示が可能になりました。

次回は7月4日(水曜日)
9:30分発です。
お間違いのない様おいでください。


コメント