駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

VIVA!SANTANA!

2009年03月31日 | オールドミュージック
少し前に購入したCD「ビバ!サンタナ!」であります。
いろいろな音源を集めた2枚組みのCDと、レアな映像などを編集したDVDの3枚組みセット。値段はこれで何と3,990円。おっ得だね~♪(「もう中学生」ふうに)

このところ、「WAR」のCDと並んで最もよく聞いているCDなんだな。
PPFに再び参加させてもらってから、遠ざかっていたコンガを叩く機会がめちゃくちゃ増えた。
バンド練習で技術と勘を養うのが一番なんだけど、そうそう機会もない。
とりあえずイメトレをしようと選んだのが、やはり大御所サンタナであります。
コンガ練習には、本場キューバのサルサもいいが、どうしてもドラムとのコンビネーションとなると、「ラテン・ロック」と言われるジャンルになってくる。
そうなりゃ、やはりサンタナですね。

CDはライブ音源が豊富で、実に参考になります。つか、コンガやティンバレスのスーパープレイの連続をめちゃくちゃ楽しめます。
それとあわせて、DVDの凝った作りがすごくいい。
だけど実はやっと観ることができたばかり。
皆さん、DVDって簡単に見ること出来ます?
オレはよほど気合を入れないと観ることができませんね。
だって何かをしながらTVをダラダラ見ることと違い、CMもないので1時間半ぐらいの間TV画面に面と向かうわけですから、気合が入ってないとゼッタイダメです。
いい加減に見たら内容が半分くらい意味がわからなくなって、結局つまらない。
なので一人きりの休日とか、病気で休んだときぐらいしか見ることがないわけです。
ところが今夜、仕事を早く帰ってきてやっと真剣に観ることができました。
う~む。堪能した。

「ブラックマジック・ウーマン」なんて、いくつもの映像を組み合わせて仕上げてあってすごく面白いし、カルロス・サンタナの語りが全編に渡って挿入されていて興味深い。
それにしても、映像も音源もなにがいいって、やはり「ウッド・ストック」のデビューライブは最高だね。
始めて観たときにぶっ飛ぶぐらいの衝撃を受けたけど、今見てもビジュアル的にも演奏も神がかり的で神秘的で美しいしファッションもかっこよすぎるしワンダホーとしか言えない。実に素晴らしすぎて全面降伏だ。
そんな素晴らしい映像がおてんこ盛りのこのアルバム。
お勧めです。
コメント (3)

新教室

2009年03月30日 | ドラム&パーカッション
引越しをして、リニューアルオープンとなった「サウンド・スタッフ」のドラム教室です。
今までより少し広くなり、ドラムセットが二つ並んでいます。
防音設備も完璧になり、生ドラムをガンガン叩きたい生徒さんには遠慮なく叩いてもらえます。
とはいえ今までも全然遠慮なんかしてませんでしたけどね。
2台並んでいるので生徒さんと自分とセッション的に叩いてもらったり、自分がリズムキープをしている中で自由に遊んでもらったり、楽しく遊びながら上達するという楽しみが可能です。
あれもこれも可能性を試しているというのが現在のところかな。
今までも、コンガやティンバレスを持ってきて生徒さんとセッションしたりしてましたが、更に幅が広がりました。
もうこうなりゃなんでもありですね。へへへ。
楽しくやってます。
生徒さん募集中です。

オレ、わりと厳しいって言われますけどね。
コメント

次の週末もまたライブだよ

2009年03月29日 | 駄日記
3月29日(日)
土曜日に歯医者へ行って、歯ぐきの腫れを見てもらったら、傷ついていたりするわけではないのでやはり疲労が蓄積した結果らしかった。
炎症を抑える薬と痛み止をもらって帰宅し、後はのんびりと寝ていればいいんだけど、週末は用事が山ほどあるし、なかなか寝かせてもらえない。
ライブが多忙というのは苦痛に感じないのに、家事が多忙で休めないというのはどうしてこんなに苦痛なんだろう?
というわけで、週末が終わろうとしている今も歯ぐきは痛くて、肩や首は凝り固まって痛いまま。
あまりに辛いので、パートナーに肩や背中をマッサージしてもらいたくて腹ばいになったら、ドンといきなり乗られて肋骨を痛めてしまった。
わき腹がいつまでも痛いので、ひょっとこするとひびが入っているかも。。。
歯ぐきと首と肩と、さらにわき腹って・・・・
泣きっ面に蜂とはこのことだ。
明日の仕事がユウウツなのは言うまでもない。。。

と言ったところで、次のライブは金曜日にとあるゴルフ場でのお花見ライブであります。(貸切っすよ)
去年に引き続きCHIPSでのお仕事ということで、とても楽しみ。
このところ冷え込んでいるので、桜の開花がちょうど良くなるのではないかと期待しています。

そして、何と翌日の4月4日(土)に豊橋の大岩町にある「AVATI]で、急遽PPFのライブ参加が決定しました。
出演は、「ぴろみ」「タクロー」「ミルキーバナナ」の皆さんの後、21時半ぐらいからPPFの出番となる予定です。
なぜ21時半かというと、実はオレの責任なんです。ドラムのレッスンを終えてから駆けつけるとどうしてもそんな時間になってしまうので、時間を調整していただいたという次第。
皆さん誠にスミマセンです。
その分、張り切って頑張りますので。
コメント

銀座ライオン CHIPS定期ライブ

2009年03月27日 | ライブレポ
3月27日(金)
日が暮れると3月末とは思えぬ冷え込みに、身も引き締まる思いで向かった先は、2ヶ月ぶりのCHIPSライブ。
会場はいつもの浜松銀座ライオン。
実はねえ、このところ肩こりがひどくて歯ぐきが腫れて痛む日が続いてる。
疲労と寝不足がたまっているのがわかっているので、ライブでお客さんの元気と音楽のパワーで癒されよう、なんちゅう魂胆があったりして。
出掛けに忘れ物はないかと確認したつもりで、シンバルスタンドを忘れたことを気付いたのは家を出て10分後だった。
やはり疲れてるみたい。どうにも頭がボーットして集中力がない。
戻っても可能な距離と時間だったけど、引き返す気力がなくそのまま直行。
そんなわけで今夜のライブは、必需品でもあったスプラッシュと右手のクラッシュ追加を断念したのであった。
こんなに肉体的にボロボロの状態だったけれども、会場入りしてセッテイングをしていると、いい感じに気持ちが盛り上がってきて、体調もよくなってくるような気がした。
ホントに現場のチカラは凄い。音楽のパワーが目に見えない力をどんどん与えてくれるみたいな感じ。
演奏が始まり、いつもより何か「滑舌の悪いドラム」感は否めないにしても、何とか無事にコケることもなく事なきを得た。
ありがとう。音楽のカミサマ


画像は「グンナイベイビー」の最中。
“きょうもまた 歌える余力のある シアワセ”(hey3心の句)
音楽のチカラ以上に、演奏の合間に顔見知りの常連さんから、亡き母のお悔やみの言葉やら励ましをいただいたりして、更に力をいただきました。
そして、自分の目標とする「力あるプレイを貫く」という演奏形態を何とか守ることができた。実に感謝であります。
とか言って自分のこと以外、他に書くことないんか?と突っ込まれそうなぐらい自己中心なレポになっちゃいますがですが、すませんっす。
ついでに、今回のセット。

銀座ライオンの常備キットにスネアとハイハットタンバリンのみのシンプルなセット。(ミッドタムにくっ付いている紙は曲順表)
スネアは今回は、パールの“チャド”モデルにしました。
スチール独特のパワーとヌケがあり、硬いんだけどチューニング次第では甘くも苦くもなるという、値段の割りに優等生なスネアです。
スウィート・スポットにはまると叩き手にはたまらない響きが楽しめます。
お勧めできる名器ですよ。
そんなこんなで、この日は帰宅して風呂に入って一人打ち上げをしてると、朝の4時半でした。
ほぼ徹夜でまた寝不足が加算されてしまった。。。。
ダメじゃん。
コメント

イチローの気持ちが分かったような気がする

2009年03月26日 | 駄日記
3月26日(木)
今日も寒かったなあ。
家を出るのが朝早いこともあって、コートなしではいられないほどの寒気だった。
今さら真冬に戻るなんて勘弁してよって感じ。

今日は、寒かった割りに冷や汗をたっぷりかかされた一日だった。
朝仕事が始まると同時に電話があって、何と自分が発注した工事が、手違いが生じて予定日には間に合わなくなったと言う。
自分のミスではなかったけれど、様々なネガティブな要因が重なって1ヶ月以上工期を伸ばさなければならないという。
寝耳に水の話だったが、駄目なものはダメである。
げんなりしながら注文先に電話をして報告すると、案の定「既にこちらは手配済みだ。賠償問題だ」と予想どおりの怒りのメッセージ。
朝一番で八方ふさがりのとんでもない難題を抱えてしまった。
あちこちに手を廻してもらって情報を収集する中、時間ばかりが刻々と過ぎていく。
そんな時、何度も電話で平身低頭、冷や汗バリバリでやりとりをする中、お客さんのある言葉にピンときたオレは「なんだかいけそうな気がする~」と思わず吟じつつ、最後の手段とそちらのルートから手を回してもらうことにしてみると、見事ビンゴ。
設備担当者から、「何とかいけそう」との言葉を聞いたときには手が震えるような感動を覚えた。
あきらめないでよかった。万事休すの状況から、何とか活路を見出すことができた。
世間的にはほんの些事だけど、自分にとっては天と地の差だった。

レベルが違いすぎて申し訳ないけど、イチローの気持ちが良く分かった。
WBC開幕当初から不振にあえぎ、「心が折れかかった」というとおり、イチローの精神状態は凡人のオレ等には想像もできないほどの重圧に押し潰されかかっていたはずだ。
試合の都度、苦渋の顔つきでインタビューに臨んでいたが、結果が出なかった試合後は言葉を選びつつも、悔しさを自分自身へぶつけていた感があった。
しかし彼は絶対あきらめなかった。
そして、最後のあの場面でのあの一打。
ニッポン全国民と敵国の何万トンという視線の重圧を背中に負いつつ、試合に臨み、しかし結果が出ない。
そして最後になって結果を出して、その重圧から解き放たれたイチローは、シャンパン掛けの祝賀開場では、完全に壊れていた。
あの壊れ方が、実感として理解できた気がした。
最後の最後まであきらめなければ、いいこともあるかもしれない。
或いは、死刑を宣告されてもなおあきらめなければ、助かる可能性はある。
ちょっと極限的過ぎるかも知れんけど。
あると思います。
コメント

今夜もまた夜更かし

2009年03月25日 | バンド
3月25日(水)
今夜はCHIPSの練習日。
27日の銀座ライオンライブに向けての大切なリハなので、何としても遅刻せずに行きたいと願っているにもかかわらず、仕事が定時で終われなかった。
仕事は仕事で年度末のためそれなりに多忙で、仕事が終わってから会議があって抜けることは許されない。
でも、会議が終わってからはオレの根性の見せ所だ。足も見えないエイトマンのスピードで名駅へ向かい、電車の中でも超スピードで走って自宅に一旦帰宅。着替えを1分で済ませて浜松までスーパージェッター号でぶっ飛んでいった。
そして、練習開始時間より3分こそ遅れてしまったが、自分としては到達時間新記録達成の快挙だった。
そんなこんなでリハはいい感じで終了し、明後日のライブが楽しみだ。
いいライブを提供したいものです。
CHIPSではその後「お花見」営業ライブも予定されていて、そちらも楽しみ。
何と言っても、演奏者としてライブ予定が続くということは嬉しいものです。
頑張っちゃおっと。へへへ。
とか言っているうちに、時間は0時を回っているではないか。
ヤバイ。
明日も起きられないかも?
こんな万年寝不足のオレであります。。。
とりあえず今夜は寝ることとしましょう。
コメント

寒いけど「ラ」を入れると熱かったねサムライ

2009年03月24日 | 駄日記
3月24日(火)
今夜のTVニュースはWBC連覇の映像を、これでもかこれでもかと映し出している。
ま、優勝はおめでたい。でもすごく冷めてるオレ。
同じ大会で韓国と5回も対戦するというのが、オレ的には全く気に食わない設定なんだけど、とにかくこの大会が終わったことが嬉しい。
だいいち負けりゃ悔しいし怒れるし、勝っても次には負けて順位が入れ替わるし、わけがわからない。わけがわからなくて腹が立つ。
「韓国のほうが地力はある」としか思えなかったし、この勝負についてはあらゆる場面で紙一重だったと思うし、歯車がほんの少し狂えば、イチローのあの悔しい表情のインタビュー画面ばかりが繰り返されていただろう。
今回、イチローぐらいこの大会で持ち上げられたり下げられたりされた選手もいないだろうね。エレベーターじゃないっての。
でも、シャンパンかけのシーンなんかは、セ・パのリーグ優勝と違って特定の球団でなく、ニッポン人スター選手のドリームチームだけに、贔屓のチームでない選手でも嫌味がなく見ていて楽しかった。
今年のプロ野球は、自分はもう特定球団(中日でしたが)のファンではないので、つまらないことに一喜一憂しなくて済むし、遠くから好きな選手だけ応援しようっと。

さて先週、妙に暖かくなって出勤時に歩くと暑くなったので、コートを脱いで失敗した。
昨日はやたら寒くて、バス停でバスを待つ間の寒風にブルってしまった。
なので今日は、コートの裏地を外してスプリングコート仕様にして羽織って行ったら大正解。
朝の冷え込む時とバス停や駅のホームで待つときには重宝しました。
さて、明日はどうだ?コートを着るか脱ぐか悩むところであります。

と言ったところで、今週金曜日は浜松「銀座ライオン」において、CHIPSの定期ライブであります。そのため、明日は最終リハ。
頑張らねば。
お時間とお金がある人は、銀座ライオンへ美味いビールを飲みに来てちょうだい。(ビヤホールっすよ)
ついでにライブが見れますぜ。おっさん頑張りますんで。へへへ、ってなんなんだ?
コメント

いい仕事とは

2009年03月23日 | 駄日記
3月23日(月)
土曜日のごく軽いJOGにもかかわらず、体のあちこちに筋肉痛が出ていてなまりきった中年のこの肉体に落胆する今日この頃・・・
そんな中、今朝のTVニュースで芸人の松村邦洋が昨日の東京マラソンの途中で倒れ、一時は心肺停止状態だったことを知って驚いた。
今では意識も戻り、無事らしいのでひと安心。
しかしまあ、なんちゅうタイミングでこんなニュース。
まるでなまりきった体のオレに「走ると死ぬぞ」と警告しているようにしか受け取れないじゃん。
そういえば、昨日の朝も外に出ようと思ったら雨が降り出して、走りたいというオレのハヤる気持ちを萎えさせた。
お天道さんは意地悪なのか、慈悲溢れるお方なのか?
ま、とりあえずオレは今も生きていますけどね。感謝しましょう。

今日は連休明けということで仕事量がハンパなく膨大な日でありまして、それを覚悟の上での出社。
そんな時には必ずといっていいほど、突然のトラブルやクレームなど緊急の難題がやってきて時間を取られ、肝心の仕事が回らないというジンクスがあります。
今日も朝一番で電話に呼び出されて、緊急のオーダーがあった。
しかし、それほど時間を取られることもなく、今まで何度も経験したパニクるような事態には至らず、何とか自分の意思と行動が一致した仕事を終始守ることができた。
仕事をし終わり、帰りに考えた。
「今日はいい仕事ができたかな?」
今日はたまたま重大なトラブルやクレームがなかったので落ち着いて仕事ができたが、そうでないときのほうが多い。
そこをいかに乗り切るかが、「いい仕事」といえる要素なのだ。
問題がなければ「いい仕事」ではない。
問題をいかに乗り越えるかということが「いい仕事」なのだ。

こう書いて、胸が痛い。
若い頃、バンドでいい仕事をしたいと思って何十年も経ってる。
いま、音楽でいい仕事してるのかな?などと思う。
もちろん、アマなのでプロとしてのお金にまつわる「仕事」とは違うけれど、「いい仕事してるね~」っていうあの「仕事っぷり」としては気持ちの上ではかなり共通していると思うんだな。
ミュージシャンとしてのいい仕事とは、聴く人観る人を感動させることに尽きるでしょう。
それってできてるのかな、と考えると心許ない。
自分は特に、「ドラマー」というカテゴリーだけに囚われず、「パーカッショニスト」としてできるだけオープンに打楽器全体に関わりたいと言う、かなり欲張りな、我侭な気持ちで関わっている。
その結果、「職人気質」という点で視点というか、許容範囲が曖昧に甘くなっているかもしれないと、自分自身時々思うのであります。
スティックコントロールやフレーズの緻密さよりも、何でもありの即興性が特徴的なパーカッションを楽しめば楽しむほど、やればやるほど気持ちがフラットになっているのは事実です。
ライブの現場では、何よりも聴いて下さるお客さんを、とことん楽しませることが第一。
でも、そんなことより自分の足りないテクニックを磨くことのみに精進することが第一と考えるときもあります。
技術的にあまりにも低レベルでは、人を感動させることはできませんし。
抽象的で堂々巡りになってしまいそうですが、これが本質な気がしてなりません。
けっこうマジに考えつつ、わけがわからなくなってきています。
考えすぎると難しいのが世の中の全て。
だからこそ「楽しんじゃえ」ということかもしれませんね。
コメント

JOGと開店とライブと

2009年03月21日 | バンド
3月21日(土)
朝、起きて窓の外を見ると快晴。
気持ちのいい澄み渡った青い空とヒンヤリした空気に誘われ、「走りたい」とウズウズとした気分になり外に飛び出る。
長い間(多分1年ぐらい)走っていないと思うので、ゆっくりとのんびりと公園を走る。
きっと筋肉痛になることが分かっているので、30分だけ走りストレッチに時間をかけて帰る。
これっぽっちのJOGで、太ももや腕の筋肉にたまった乳酸がだるい。
しかしこの疲労感が本当に気持ちいい。オレ、Mか?自虐嗜好か?
何でこんなに長い間遠ざかっていたのだろうと考えるが、よく分からない。
きっと、時間と心の余裕がなかったのだろうなあ。
切羽詰った状況下では、のんびりと心を無にしてJOGできないよなあ。
そんなことを思いつつ帰宅。

昼間は用事で出かけたり家でのんびりしたりして、あっという間に夕方。
日が暮れて、ドラム教室へ出かける。
レッスンさせていただいている「サウンドスタッフ」が、隣のビルへ移転し終わり、昨日の20日にオープンした。
数日間はオープン記念セールを行っていて、お客さんも賑やかだった。
しかしどういうわけか、今夜は生徒さんが来ない。
何だか偶然なのだけど、それぞれ都合が悪くなったらしく、結局誰も来なかった。
結局、ギター教室のT講師や店長と世間話をして時間が過ぎた。
こんなの何年ぶりだ?
おいおい、ハレの店舗オープン記念すべき日のレッスンなのに縁起でもない。
でも、4月から生徒さんも増えると聞いたしたまにはいいか、み~たいな。

時間になって店を飛び出し、急いでハウクレへ。
そうです、PPFのライブであります。
楽器を持って店にいくと、ナンとPPFの出番待ちで既に準備が整いつつある。
自分の楽器はでかいし重くて運ぶのに時間がかかるし、コンガなどはヘッドを緩めてあってチューニングにも時間がかかる。
うひゃ~。
あせって運び込むとき、カウンターのお酒がひっくり返って自分の上着やら靴がびっしょり。
おちゃ~。
焦ってセッティングすると、チューニングスパナがはずれて何度も落としたり、シンバルスタンドのネジがはまらなかったり。
がちょ~ん。
着替えようと上着を脱ぐとき、シャツも一緒に脱げてしまった。
両腕のシャツのボタンを外さないままひっくり返ってしまい、自分ではなんともならなくなってしまった。
ひでぶ~。
でもね、いつもそうなんだけどPPFのメンバーの皆さんって、何も言わなくても楽器運びを手伝ってくださり、本当に感謝の限り。
観に来てくださったドラマーのIさんも助けてくださり、嬉しかったっす。
まだ息が切れてるような状態で、ライブ開始!
すごく気持ちよくコンガも鳴ってくれて、ついパキンパキンやっちゃいました。
手のひらがすごく痛いんだけどね。後で腫れあがるのは分かっているし、この痛みがなんともいえない。やっぱしM?自虐嗜好?
ティンバルはうるさいんでちょっと抑え気味に。スティックだから軽く叩いてもいいんですよ奥さん。
てなわけでライブは楽しく終了。
手のひらはヒリヒリと気持ちよく帰宅。
ビール飲んで夜更かししちゃった。
コメント (2)

連休

2009年03月20日 | 駄日記
3月20日(金)
春分の日ということで仕事は休み。いろいろと出かけたりしてくたびれたけど、のんびりしました。
昨日も早く帰ってきて、のんびりと晩酌などしつつPCを立ち上げたけれど、ちっとも書けず、そのうち眠くなって寝ちゃった。
そして、今朝の休日早起きして久し振りに公園をJOGしてやろうと思っていた。
ところが、目覚めると「しとしと」と雨音が。
外を見ると雨が降っていて、JOGは断念。せっかくやる気になっていたのに、「う~む、だんねん。。」
さすが雨男。
しばらくして、顔を洗って外を見ると明るくなってきて雨は止んでる。
「やった!」
急いでJOGスタイルに着替えて外に出た瞬間、再び「ザー」ときた。
一瞬で慌てて引き返す。
やっぱし雨男。
仕方がないので朝飯の仕度をしてると雨は上がった模様。
こんどこそ完全に上がったみたいだけど、こんどはもう気持ちがなくなってる。
朝飯を食ったらもう走れないもんね。

昼間、紹介してもらった墓石屋さんへ行ってお墓のことを相談。
母が亡くなった後、いろいろなことを少しずつ片付けてきたんだけど、次はお墓の件で悩んでる。
お金もかかるし親族の感情やら霊的な問題も含むので、できることなら避けて通りたいぐらいの問題なんだけど、そうもいかない。
相談すると、知らない情報やアドバイスをたくさんいただき、とても親身になってくれるのでありがたい。
お金はかかるけど仕方がない。先日購入した仏壇(神具)と合わせると、自分の車を買い替えるつもりの費用がちょうど消えるくらいになりそうだ。やはりいつまで経っても新車には乗れないオレなのだ。(涙)
オレ、例えば50万たまると50万、100万たまると100万という急な出費が必要になるパターンがずうっと続いてて車が買えない。
たぶん、このまま一生新車には乗れないと思う。。。(泣)

そのまま買い物にジャスコへ行くと凄い人。
そうなんだよね、20日は5%オフだから殺到するってわけで、どこのレジも行列で大変。
この不況の時代にこの購買意欲はすごいなどと感心するけど、郊外型の大手量販店だけじゃ経済建て直しはきつい、などと駅前の閑散とした商店街を思い出したりして。
ぐったりして帰宅。
でもって、買ってきた発泡酒を飲んでやっぱり早く寝ちゃった休日。
コメント