駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

イラつくのお~

2018年08月14日 | TVウォッチング
8月14日(火)
今日も超スキ空きの電車で仕事に出かけました。
で、定時に帰宅。
なんか知らんけど、電車が遅れていていつもより1本あとの時間で帰ってきました。
家に帰ると、早速お風呂とビールの支度。
今夜のおかずは茄子とピーマンの揚げびたしにしました!
ビールを飲みつつ、TVをつけると中日VSDna戦をやっておりました。
4-2で中日が勝っております!
気分よくグビグビやり始めると、アレレ?すぐに同点にされ。福谷~。。。
いつものあるあるで、オレがTVの中継を見たとたんに負けるパターンか?
そこからチャンスに打ち損じ、じりじりとした試合。

でも、ビシエドタイムリーで勝ち越し。
そこで中継が終わる。イライラするのう。。。
あとでネットで確認するが。。。
結局、毎試合のようにホームでリリーフが打たれて逆転されて負けとる。
今年はナゴヤドームに応援に行きたいと思っていたけど、見て損した気にさせられるんじゃなあ~。
やっぱり今年もドベゴンズだわ。

ポール御大の応援だけはじぇったい行くけどね!!
コメント

怪物を見る

2018年07月13日 | TVウォッチング
7月13日(金)
13日の金曜日=怖い日=ジェイソン?って、まだ言われてるのだろうか。
なんてこともなく、フツーに一日が終了して帰宅。
いやあ~、暑かった。
帰ると19時。
プシュッとやりながらセ・パ・オールスターゲームを観戦。
平成の怪物、松坂大輔が先発ということで、やはり観たくなる。
結果はご存じのとおり2ホーマーを浴びて1回5失点と炎上。
普段、野球も見る機会がかなり減ってしまったし、好きだった中日も現在最下位で燃え上がらず。
でも、なぜか松坂だけは観たくなる。
打たれても凌いでも、絵になる男。
今回はパの強打者たちが揃ってフルスイング。「松坂さんと対戦したかった!」なんて言いつつ見事にでかいホームランをポカスカ打ちよる。気持ちいいほど。
打たれてもいい。君がここにいてくれるだけで。
元気よく投げてくれているだけでわたしゃ嬉しい。
なんて、開始早々もう一本飲んじゃったりして。

そのまま最後まで見ちゃった。
そこで酔っぱらって一日を終えたオレでした。。。
コメント (2)

サッカー終わってホッと・・・

2018年07月03日 | TVウォッチング
7月3日(火)
「サッカー見た人~っ?!」なんて聞けば、半分ぐらいの人が手を上げるんじゃないかっていう今朝、TVの早朝ニュースはサッカー&サッカー&歌丸さんって具合で、何も頑張って起きてなくてもつぶさにダイジェストで教えてくれました。
オレはフツーに寝ましたが、いつものように5時過ぎに起きたら試合が終わったばかりでした。
なんだかず~っと話題はサッカーばかりで自分はあまり興味がないので、これでやっと終わったと思うとほっとしたりする。。。
オレは、そこまでサッカーに熱くなれないのでどうしようもないんだけれど、TVは好きです(笑)

朝ドラの「半分青い」が切ないんである。。。

このところ、鈴愛がほぼ毎回泣いておる。痛々しいじゃんね。
このドラマ、コメディーではなかったのか?そんなに泣かせてどうするの?とか言いつつ、面白い。
毎晩、寝る前に録画再生するのが楽しみです。
昨日も「鶴瓶の家族に乾杯」に出演していたけれど、若いね~。まだ18歳だって。きゃわいい。

ドラマは普段見ないんだけど、6月まで録画して見ていた番組があります。
「花のち晴れ」

杉咲花ちゃん、ちっちゃい(笑)
つい先週終わったばかりですが、最終回だけまだ時間がなくてなかなか見られない。
今までも、休日に何本かまとめて見る日々でした。話はたいして面白くもなかったんですがね。。。
ドラマはなかなか見られないので録画しないんだけど、杉咲花ちゃんだけはCMや「とと姉ちゃん」「湯を沸かすほどの熱い愛」が大好きだったのでファンとして見たかった(笑)
それと、もう一つ録画していたドラマが、
「ラブリラン」

これは、とにかく中村アンちゃんが見たかっただけ!共演者はどうでもよくて。。。
美人だよね~!
いつの間にか終わっちゃってました。。。
コメント (2)

ヤバイです「半分、青い」

2018年05月09日 | TVウォッチング
5月9日(水)
「あさが来た」以来、ここ数年間NHKの朝ドラを毎朝録画して、寝る前に見るのを習慣としています。「とと姉ちゃん」と「ひよっこ」は面白くて楽しみにしていましたが、逆に録画してもつまらなくて早々に見なくなっちゃたのが「べっぴんさん」。
「わろてんか」は可もなく不可もなく、惰性で見てました。。。
今放送中の「半分、青い」がヤバイ。。。
キャストや作りが斬新な感じで、面白い。
それに加えて、オープニングからずっと岐阜の美濃地方という設定で1ヶ月以上引っ張ってきていて、中部地方の我々としては言葉遣いにも何となく親しみもあって、好感が持てた。
で、年のせいか毎日泣ける。。。
鈴愛ちゃんが可愛くてさ。また涙を流すシーンが多いんだけど、どう見ても本物の涙。つい釣られるオジさん。。。

しかし今日、ついに鈴愛ちゃんが上京しましたね。
明日からは東京編が始まるのかな。
楽しみにしているオレ。。。
コメント (4)

CUBAな休日その2

2018年02月12日 | TVウォッチング
2月12日(月)建国記念の日振替休日
昨夜、キューバ関係のTV「木梨文化使節団キューバへ行く!」を観て、バーカス心をおおいに刺激されたオレですが、改めて映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を観た。
と言っても、自宅のTVでDVDを観ただけなんだけど、久しぶりに見てもやっぱしど~いいね!
実は昨日見たTV番組で、フミヤがキューバの歌姫宅にお邪魔するというシーンがありました。

「テレサ・ガルシア・カルトラ」さんというベテランボーカリストで、何とブエナ・ビスタ・ソシアルクラブのアルバムにも参加しているということで、ゴールドディスクが飾ってありました。

そして、80歳でも現役でクラブに出演しておられ、そのライブにフミヤが出演して歌うというくだりになっていた。

そんなわけで、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を観ずにいられなくなってしまったというわけ。
この映画は2000年のアカデミー賞にノミネートされて、一気に世界の話題になりました。
ちょうどそのころ、オレはラテンの世界にはまっていた時期だったので、映画館に足を運びましたが、その時は豊橋ではやってなくて名古屋まで行ったもんです。
内容は地味なドキュメンタリーで、ざっくり言っちゃうと、キューバの街で歌ってきたけど引退したミュージシャンを、米国のギター名人ライ・クーダーが発掘してアルバムを出した。その各ミュージシャンの人となりを、ライブ映像に重ねて紹介するというだけ。
しかし、これがCDの名アルバム(1997年)と並んで絶品。最高の音楽、風景、人間愛に満ちていて感動せずにいられない。何が凄いかと言うと、出演者のメンバーは皆さん高齢で、しかもずっとプロとしてやってきた実力と誇り高き姿勢が感動ものであります。
オレ、当時この映画を観て涙腺が緩むのを止められなかった記憶があります。


あれから20年近く経って、出演者の皆さんは鬼籍に入られた方たちばかり。ご高齢ですから仕方のないことではありますがさみしい。映画封切後、毎年何らかの情報で訃報を目にしていたので、改めて映画を見るとやはり再び涙腺が緩んでしまうオレでした。
コメント

CUBAな休日

2018年02月11日 | TVウォッチング
2月11日(日)
予定もなく家にいると何故だかやたら眠たくなる。お年なのね。。。
TVを付けるとオリンピックばかりでつまらないので、録画していた番組を流しながらウトウトして観ることにした。
先月録画していた番組にキューバに関するものが二つあったのですよ。
料理家の土井善晴と野村周平という若手俳優が短期間キューバで住むという番組と、木梨憲武とフミヤと二人でキューバを旅するという番組。
キューバがなんで気になるかといえば勿論サルサ。じぇったいに演奏シーンが否が応にもふんだんに出てくるのかなと思って観てみた。
すると、土居さんの方の番組はさほどでもなく、若者との心の触れ合いを中心に進んでいて、キューバでの映像は素晴らしいけれど音楽はBGM程度。
木梨とフミヤの方は、さすがミュージシャンだけにサルサに絡まないわけがなくて、ゴキゲンなミュージックが流れてた。

サルサには、かならずパーカスが付いてくる。
規模が大きければティンバレスやドラムセットなども使うけれど、小規模な場合はコンガだけだったりボンゴだけだったりもする。
個人的にサルサの演奏を直に見ることができる機会がないので、その映像がものすごく勉強になるわけであります。

この場面もボンゴを巧みに操ってサイコーなノリを出している。
さすが上手い。じっくり観ていたい。
そういう場所へ行きゃいいんだけど、出不精なんで。。。
そんなわけで、目を皿のようにして見てたので眠気など吹き飛んだオレでありました。
その後、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」を観ることにしたのは言うまでもない(笑)
コメント

ガキ使を見ています

2018年01月15日 | TVウォッチング
1月15日(月)
なにかと、よくない方で話題になっていた去年年末のガキ使「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス」ですが、録画していたものを今頃になってやっと見ていま~す。
子供が見たがるので、自分の部屋のレコーダーで録画しておいたんだけど、正月早々ネットで袋叩きになっていて、気になって仕方がなかったのだ。
しかし6時間は長い。見たくてもそれがネックでなかなか再生ボタンを押せなかった。。。

見たいのは、やはり社会的な問題点2つのシーン。
浜ちゃん扮するエディ・マーフィのパロディと、ベッキーのタイキックシーン。
開始早々、浜ちゃんの黒塗りが登場。
正直言うと「身内のノリでめっちゃ受けてる」とか、「黒塗りの顔が妙にキュートで笑える」としか思えず、人種差別なんて感覚は微塵も感じなかったんだけど、これが国際的に「絶対NG」の烙印を押されたということらしい。
どうやら、「ニッポンのTV業界(今回は日テレ)はこの世界常識を知らない鎖国状態だった」わけで、外国の日本のTVウォッチャーや、海外在住経験のある知識人からフルボッコ状態になっている。
これにはオレも、世界はこうなっているんだと目からウロコでびっくりした。
なぜなら、我々ニッポン人は歴史的に「イエローモンキー」と黄色人種として差別を受けてきており、原爆投下やさきの大戦の原因でもあったわけで、殊更に黒人を差別する感情なんて生まれながらにして持ち得てないからだ。
かつて、「シャネルズ=ラッツ&スター」が黒塗りでデビューした時、俺たちは「その手があったか!」と歓喜してその歌唱力とともにその見た目にも応援したものだ。
それを遠い異国の地から、ニッポン国民のためのパロディに対して「けしからん」と文句を言うのもいかがなもんかと思ったりするけれど、今はもう時代が違うのだろう。
ここは世界の動きに「忖度」するべきなのだろうか、と半分納得はするが個人的に疑問はある。

今、米国の芸能界も大物プロデューサーによるセクハラ問題で大騒ぎになっているし、人権問題でもかなり敏感になってきていて、「黒人差別問題」についても我々ニッポン人が全く鈍感のままでいられる時代ではなくなっているのだろう。
今後、我が国のTV番組で黒塗りのパロディが流れることは金輪際ないだろうと思う。我が国のTV界の自主規制により、この黒塗り浜ちゃんが我が国最後の姿だろうなと思う。

ベッキーのタイキックについては、パワハラだ暴力だいじめだとか相当厳しいクレームが相次いでいるけれど、反論覚悟で言うと「ベッキー頑張ったな」「迫真の演技だ」が正直な感想。
本当に痛そうで、あの苦悶の表情は気の毒ではあるが、だぶん盛っているはずだ。
逆ドッキリの体をしていても本人は納得済みで契約するわけで、全く知らないわけはないし、視聴者が何マジギレしてるんだと思った。
体を張った女芸人の立場で再起に勝負をかけたという姿勢に好感度を得て、個人的には応援したい。いちいち色めき立って非難するばかりというのも世知辛いと思うんだけど。
本人はありがたい仕事だったと後でツイートか何かで言っているようだし。
でも、タイキック自体が暴力だといえばその通りで、さほど面白くないし笑ってもいられない時代なので、次回は厳しいと思うけどな。

気の毒といえば田中の思い切り何度もやられるタイキックと方正のビンタコーナーである。
方正の方はさすがに後半の深夜枠でのコーナーだけど、いくら体を張った芸人でも毎年は嫌だよねぇ。これはいじめだろうって思える作りがダメじゃない?。好きじゃない。
周りもちょっと飽きがきていて、いまいち盛り上がっていないのがより厳しい感じだった。
オレは、バスの中で芸人や俳優が乗ってきてお笑いのパロディをやるコーナーが好きだ。
ケツを叩かないでいいから純粋に笑わして欲しいと思う。
コメント

箱根駅伝で陸王?

2018年01月04日 | TVウォッチング
1月4日(木)
正月休みも終わって仕事始め。電車はガラ空きで楽チンでした!

さてさて、2日と3日の箱根駅伝が毎年楽しみで見るんだけれど、レースが終わると気が抜けちゃうオレです。
毎年、3日の午後2時過ぎに番組終了の壮大なテーマ曲が流れると、「明日から仕事かぁ~」ってなるんだよね。でも今年はその後に特別番組をやってたから楽しめた。不運にも怪我や不調で走ることができなかった選手、舞台裏で頑張った学生達にスポットを当てていて、いたく感動した。
以前は、こういう物語はレースの中でエピソードとして短時間で流していたけれど、今回はじっくりと見られる番組だったので満足度が違う。

さて、今年は何となく選手のシューズが気になっちゃったりしてね。
暮にやっていたドラマ「陸王」の影響なんだよね。

豊橋の大規模なロケを2回も行い、大人気になった竹内涼真君を見に凄い人が集まったもんね、そりゃ気になる。ロケには行ってないけれど、TVでは録画して見てました。基本ミーハーです(笑)

当然、ドラマ「陸王」はフィクションなので、つま先が割れたタビシューズなんて履いてる選手などいない。でもね、なんとなく「やっぱりソールの薄い軽そうなシューズが主流だなあ」なんて思いながら見てた。
当然、中継でも靴にスポットなんて浴びることもないんだけれど、あとでネットで見た記事がすごいことになっていて驚いた。
『箱根駅伝「薄底vs.厚底」靴の知られざる闘い』
という記事だ。これを書いたのは泉美木蘭さんという内容が濃くてもすごく読みやすくてお気に入りのライターで、箱根駅伝以前に書いているのに、まさに往路での東洋大優勝を占っていた。
「陸王」の描く人間模様と並ぶテーマの、「ミッドフット走法」に即した薄く軽いソールのシューズが主流の現在、その常識を覆すナイキの「ヴェイパーフライ4%」というシューズが2017年現実にデビューして話題となったという。

ソールが分厚く、足の前のほうから着地するフォアフット走法を習得し直さないといけないという、「陸王」の足の裏でぺたぺたと着地するミッドフット走法を称賛する物語と真逆のチャレンジが必要なのだそう。
その常識破りの新型シューズを東洋大学が取り入れて、前評判を覆して往路優勝という躍進をしたというのだ。

1区で区間賞を取った東洋大1年生の西山選手。彼のシューズもソールの分厚い「ヴェイパーフライ4%」だとわかる。
なんと我々が知らないだけで、シューズメーカーの戦いは「陸王」のように実際に繰り広げられていたのです。多分、来年の駅伝、いや今年の長距離界は厚底シューズが主流になることは必至であろう。
ドラマ「陸王」は現実だった。
コメント

女芸人にやられた

2017年12月11日 | TVウォッチング
12月11日(月)
仕事を終えて夜8時ごろ帰宅すると、TVで「女芸人№1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)」が始まった。
3時間の生放送ということで、やらなきゃいかんこともあるし晩飯を食いながら見ていたが、面白くて結局最後までがっつり見てしまった。
お笑い番組は好きで録画しているけれど、後で見るつもりがレコーダーに溜まる一方でなかなか真剣に見ることも少なくなっちゃった。
しかし録画じゃなく生で見ていると、真剣に見入っちゃって時間を経つのを忘れるほど。
いやあ、面白かった。女芸人にすっかりやられました。

今回の企画、ノンジャンルでとにかく面白い女芸人を決めるという、面白いけどなかなか難しい人選じゃなかったんだろうなと思った。
決勝の10組は、ベテランと素人が入り乱れてバラエティに富んだというか、なんでもありで面白かったが、好き嫌いも大きく分かれたんだろうなと思った。
「アジアン」や「ニッチェ」のTVでの露出も多いベテラン組は、文句のつけようがないプロの味でさすがの貫録だった。現場で揉まれた経験と技術は疑いようもない本物だ。
しかし、決勝での得票はさほどでもなく、どちらかというとアングラっぽいイメージの「牧野ステテコ」が上回った。オレはなんだか痛々しく感じちゃってあんまり笑えなかったけれど、会場では大うけしていた。初めて見た芸人だけど、これを機にブレイクするんだろうか。そうなればいいな。
優勝はぶっちぎりで「ゆりやんレトリィバァ」だったが、芸はさすがだった。

外国人の物まねはよく見るが、ドラえもんのパロディが笑えた。
面白かったのはいいけれど、月曜から夜更かしだ。結局もう日が変わってしまっている。やばい。。。
コメント

ひよロス?

2017年10月03日 | TVウォッチング
10月3日(火)
NHKの朝ドラがずっと好調です。
9月で楽しみだった「ひよっこ」が終了して、新番組「わろてんか」が始まりましたね。

NHKの朝ドラらしい時代劇で、なんとなく「あさが来た」を思い出したりしましたが、子役の新井美羽ちゃんが大河ドラマに続いて好演技で面白くなりそうな予感です。

「あさが来た」が終わった時には「あさロス」でした。「とと姉ちゃん」のときも「ととロス」だったなあ。特に杉咲花ちゃんのファンなんで(笑)
「べっぴんさん」はつまんなくて途中リタイア。。。
「ひよっこ」は今までの朝ドラのイメージと違って、女性の偉人伝記ではなく型破りで面白かった。終盤は無理やり収めちゃいました感がハンパなかったけどね(笑)

また、夜の楽しみができました。
朝じゃなくて?
そう、いつも録画しておいて夜寝る前に見ているんで(笑)
コメント (2)