駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

CUBAな休日その2

2018年02月12日 | TVウォッチング
2月12日(月)建国記念の日振替休日
昨夜、キューバ関係のTV「木梨文化使節団キューバへ行く!」を観て、バーカス心をおおいに刺激されたオレですが、改めて映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を観た。
と言っても、自宅のTVでDVDを観ただけなんだけど、久しぶりに見てもやっぱしど~いいね!
実は昨日見たTV番組で、フミヤがキューバの歌姫宅にお邪魔するというシーンがありました。

「テレサ・ガルシア・カルトラ」さんというベテランボーカリストで、何とブエナ・ビスタ・ソシアルクラブのアルバムにも参加しているということで、ゴールドディスクが飾ってありました。

そして、80歳でも現役でクラブに出演しておられ、そのライブにフミヤが出演して歌うというくだりになっていた。

そんなわけで、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を観ずにいられなくなってしまったというわけ。
この映画は2000年のアカデミー賞にノミネートされて、一気に世界の話題になりました。
ちょうどそのころ、オレはラテンの世界にはまっていた時期だったので、映画館に足を運びましたが、その時は豊橋ではやってなくて名古屋まで行ったもんです。
内容は地味なドキュメンタリーで、ざっくり言っちゃうと、キューバの街で歌ってきたけど引退したミュージシャンを、米国のギター名人ライ・クーダーが発掘してアルバムを出した。その各ミュージシャンの人となりを、ライブ映像に重ねて紹介するというだけ。
しかし、これがCDの名アルバム(1997年)と並んで絶品。最高の音楽、風景、人間愛に満ちていて感動せずにいられない。何が凄いかと言うと、出演者のメンバーは皆さん高齢で、しかもずっとプロとしてやってきた実力と誇り高き姿勢が感動ものであります。
オレ、当時この映画を観て涙腺が緩むのを止められなかった記憶があります。


あれから20年近く経って、出演者の皆さんは鬼籍に入られた方たちばかり。ご高齢ですから仕方のないことではありますがさみしい。映画封切後、毎年何らかの情報で訃報を目にしていたので、改めて映画を見るとやはり再び涙腺が緩んでしまうオレでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CUBAな休日

2018年02月11日 | TVウォッチング
2月11日(日)
予定もなく家にいると何故だかやたら眠たくなる。お年なのね。。。
TVを付けるとオリンピックばかりでつまらないので、録画していた番組を流しながらウトウトして観ることにした。
先月録画していた番組にキューバに関するものが二つあったのですよ。
料理家の土井善晴と野村周平という若手俳優が短期間キューバで住むという番組と、木梨憲武とフミヤと二人でキューバを旅するという番組。
キューバがなんで気になるかといえば勿論サルサ。じぇったいに演奏シーンが否が応にもふんだんに出てくるのかなと思って観てみた。
すると、土居さんの方の番組はさほどでもなく、若者との心の触れ合いを中心に進んでいて、キューバでの映像は素晴らしいけれど音楽はBGM程度。
木梨とフミヤの方は、さすがミュージシャンだけにサルサに絡まないわけがなくて、ゴキゲンなミュージックが流れてた。

サルサには、かならずパーカスが付いてくる。
規模が大きければティンバレスやドラムセットなども使うけれど、小規模な場合はコンガだけだったりボンゴだけだったりもする。
個人的にサルサの演奏を直に見ることができる機会がないので、その映像がものすごく勉強になるわけであります。

この場面もボンゴを巧みに操ってサイコーなノリを出している。
さすが上手い。じっくり観ていたい。
そういう場所へ行きゃいいんだけど、出不精なんで。。。
そんなわけで、目を皿のようにして見てたので眠気など吹き飛んだオレでありました。
その後、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」を観ることにしたのは言うまでもない(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガキ使を見ています

2018年01月15日 | TVウォッチング
1月15日(月)
なにかと、よくない方で話題になっていた去年年末のガキ使「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス」ですが、録画していたものを今頃になってやっと見ていま~す。
子供が見たがるので、自分の部屋のレコーダーで録画しておいたんだけど、正月早々ネットで袋叩きになっていて、気になって仕方がなかったのだ。
しかし6時間は長い。見たくてもそれがネックでなかなか再生ボタンを押せなかった。。。

見たいのは、やはり社会的な問題点2つのシーン。
浜ちゃん扮するエディ・マーフィのパロディと、ベッキーのタイキックシーン。
開始早々、浜ちゃんの黒塗りが登場。
正直言うと「身内のノリでめっちゃ受けてる」とか、「黒塗りの顔が妙にキュートで笑える」としか思えず、人種差別なんて感覚は微塵も感じなかったんだけど、これが国際的に「絶対NG」の烙印を押されたということらしい。
どうやら、「ニッポンのTV業界(今回は日テレ)はこの世界常識を知らない鎖国状態だった」わけで、外国の日本のTVウォッチャーや、海外在住経験のある知識人からフルボッコ状態になっている。
これにはオレも、世界はこうなっているんだと目からウロコでびっくりした。
なぜなら、我々ニッポン人は歴史的に「イエローモンキー」と黄色人種として差別を受けてきており、原爆投下やさきの大戦の原因でもあったわけで、殊更に黒人を差別する感情なんて生まれながらにして持ち得てないからだ。
かつて、「シャネルズ=ラッツ&スター」が黒塗りでデビューした時、俺たちは「その手があったか!」と歓喜してその歌唱力とともにその見た目にも応援したものだ。
それを遠い異国の地から、ニッポン国民のためのパロディに対して「けしからん」と文句を言うのもいかがなもんかと思ったりするけれど、今はもう時代が違うのだろう。
ここは世界の動きに「忖度」するべきなのだろうか、と半分納得はするが個人的に疑問はある。

今、米国の芸能界も大物プロデューサーによるセクハラ問題で大騒ぎになっているし、人権問題でもかなり敏感になってきていて、「黒人差別問題」についても我々ニッポン人が全く鈍感のままでいられる時代ではなくなっているのだろう。
今後、我が国のTV番組で黒塗りのパロディが流れることは金輪際ないだろうと思う。我が国のTV界の自主規制により、この黒塗り浜ちゃんが我が国最後の姿だろうなと思う。

ベッキーのタイキックについては、パワハラだ暴力だいじめだとか相当厳しいクレームが相次いでいるけれど、反論覚悟で言うと「ベッキー頑張ったな」「迫真の演技だ」が正直な感想。
本当に痛そうで、あの苦悶の表情は気の毒ではあるが、だぶん盛っているはずだ。
逆ドッキリの体をしていても本人は納得済みで契約するわけで、全く知らないわけはないし、視聴者が何マジギレしてるんだと思った。
体を張った女芸人の立場で再起に勝負をかけたという姿勢に好感度を得て、個人的には応援したい。いちいち色めき立って非難するばかりというのも世知辛いと思うんだけど。
本人はありがたい仕事だったと後でツイートか何かで言っているようだし。
でも、タイキック自体が暴力だといえばその通りで、さほど面白くないし笑ってもいられない時代なので、次回は厳しいと思うけどな。

気の毒といえば田中の思い切り何度もやられるタイキックと方正のビンタコーナーである。
方正の方はさすがに後半の深夜枠でのコーナーだけど、いくら体を張った芸人でも毎年は嫌だよねぇ。これはいじめだろうって思える作りがダメじゃない?。好きじゃない。
周りもちょっと飽きがきていて、いまいち盛り上がっていないのがより厳しい感じだった。
オレは、バスの中で芸人や俳優が乗ってきてお笑いのパロディをやるコーナーが好きだ。
ケツを叩かないでいいから純粋に笑わして欲しいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱根駅伝で陸王?

2018年01月04日 | TVウォッチング
1月4日(木)
正月休みも終わって仕事始め。電車はガラ空きで楽チンでした!

さてさて、2日と3日の箱根駅伝が毎年楽しみで見るんだけれど、レースが終わると気が抜けちゃうオレです。
毎年、3日の午後2時過ぎに番組終了の壮大なテーマ曲が流れると、「明日から仕事かぁ~」ってなるんだよね。でも今年はその後に特別番組をやってたから楽しめた。不運にも怪我や不調で走ることができなかった選手、舞台裏で頑張った学生達にスポットを当てていて、いたく感動した。
以前は、こういう物語はレースの中でエピソードとして短時間で流していたけれど、今回はじっくりと見られる番組だったので満足度が違う。

さて、今年は何となく選手のシューズが気になっちゃったりしてね。
暮にやっていたドラマ「陸王」の影響なんだよね。

豊橋の大規模なロケを2回も行い、大人気になった竹内涼真君を見に凄い人が集まったもんね、そりゃ気になる。ロケには行ってないけれど、TVでは録画して見てました。基本ミーハーです(笑)

当然、ドラマ「陸王」はフィクションなので、つま先が割れたタビシューズなんて履いてる選手などいない。でもね、なんとなく「やっぱりソールの薄い軽そうなシューズが主流だなあ」なんて思いながら見てた。
当然、中継でも靴にスポットなんて浴びることもないんだけれど、あとでネットで見た記事がすごいことになっていて驚いた。
『箱根駅伝「薄底vs.厚底」靴の知られざる闘い』
という記事だ。これを書いたのは泉美木蘭さんという内容が濃くてもすごく読みやすくてお気に入りのライターで、箱根駅伝以前に書いているのに、まさに往路での東洋大優勝を占っていた。
「陸王」の描く人間模様と並ぶテーマの、「ミッドフット走法」に即した薄く軽いソールのシューズが主流の現在、その常識を覆すナイキの「ヴェイパーフライ4%」というシューズが2017年現実にデビューして話題となったという。

ソールが分厚く、足の前のほうから着地するフォアフット走法を習得し直さないといけないという、「陸王」の足の裏でぺたぺたと着地するミッドフット走法を称賛する物語と真逆のチャレンジが必要なのだそう。
その常識破りの新型シューズを東洋大学が取り入れて、前評判を覆して往路優勝という躍進をしたというのだ。

1区で区間賞を取った東洋大1年生の西山選手。彼のシューズもソールの分厚い「ヴェイパーフライ4%」だとわかる。
なんと我々が知らないだけで、シューズメーカーの戦いは「陸王」のように実際に繰り広げられていたのです。多分、来年の駅伝、いや今年の長距離界は厚底シューズが主流になることは必至であろう。
ドラマ「陸王」は現実だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女芸人にやられた

2017年12月11日 | TVウォッチング
12月11日(月)
仕事を終えて夜8時ごろ帰宅すると、TVで「女芸人№1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)」が始まった。
3時間の生放送ということで、やらなきゃいかんこともあるし晩飯を食いながら見ていたが、面白くて結局最後までがっつり見てしまった。
お笑い番組は好きで録画しているけれど、後で見るつもりがレコーダーに溜まる一方でなかなか真剣に見ることも少なくなっちゃった。
しかし録画じゃなく生で見ていると、真剣に見入っちゃって時間を経つのを忘れるほど。
いやあ、面白かった。女芸人にすっかりやられました。

今回の企画、ノンジャンルでとにかく面白い女芸人を決めるという、面白いけどなかなか難しい人選じゃなかったんだろうなと思った。
決勝の10組は、ベテランと素人が入り乱れてバラエティに富んだというか、なんでもありで面白かったが、好き嫌いも大きく分かれたんだろうなと思った。
「アジアン」や「ニッチェ」のTVでの露出も多いベテラン組は、文句のつけようがないプロの味でさすがの貫録だった。現場で揉まれた経験と技術は疑いようもない本物だ。
しかし、決勝での得票はさほどでもなく、どちらかというとアングラっぽいイメージの「牧野ステテコ」が上回った。オレはなんだか痛々しく感じちゃってあんまり笑えなかったけれど、会場では大うけしていた。初めて見た芸人だけど、これを機にブレイクするんだろうか。そうなればいいな。
優勝はぶっちぎりで「ゆりやんレトリィバァ」だったが、芸はさすがだった。

外国人の物まねはよく見るが、ドラえもんのパロディが笑えた。
面白かったのはいいけれど、月曜から夜更かしだ。結局もう日が変わってしまっている。やばい。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひよロス?

2017年10月03日 | TVウォッチング
10月3日(火)
NHKの朝ドラがずっと好調です。
9月で楽しみだった「ひよっこ」が終了して、新番組「わろてんか」が始まりましたね。

NHKの朝ドラらしい時代劇で、なんとなく「あさが来た」を思い出したりしましたが、子役の新井美羽ちゃんが大河ドラマに続いて好演技で面白くなりそうな予感です。

「あさが来た」が終わった時には「あさロス」でした。「とと姉ちゃん」のときも「ととロス」だったなあ。特に杉咲花ちゃんのファンなんで(笑)
「べっぴんさん」はつまんなくて途中リタイア。。。
「ひよっこ」は今までの朝ドラのイメージと違って、女性の偉人伝記ではなく型破りで面白かった。終盤は無理やり収めちゃいました感がハンパなかったけどね(笑)

また、夜の楽しみができました。
朝じゃなくて?
そう、いつも録画しておいて夜寝る前に見ているんで(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

奥田民生ブレイク中

2017年09月21日 | TVウォッチング
9月21日(木)
今夜のNHK「SONGS」は奥田民生でした。
いつもは毎週この時間はスターキーの練習で見られないんだけど、今週は練習は休みなのでついつい見ちゃいましたが、やはりかっちょいいね。
ユニコーン時代から一目置いて見ていましたが、ここへきて大ブレイクしています。
何たって、話題の上映中の映画のタイトルが「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」ですからね。現役の1ミュージシャンの名前が映画のタイトルになるって、今まで聞いたことがありませんもんね。すごいことです。
週末あたり観に行きたいと思ってしまうのは、宣伝効果にやられた証拠か?。。。

SONGSでは俳優の桐谷健太と飲み屋で対談というかたちでスタート。雰囲気は普通の酒飲みのオジサンっぽいんですが、飾らずにお喋りも面白くて好感が持てます。
ですがいったんスタジオライブとなると、さすがにロックの申し子。ライブはサイコーです。
パワーがすごい。普通に歌ってますが、力があるね。
オレの勝手なイメージで桑田佳祐と比べてしまうんだけど、桑田さんはエンターテイナー、奥田民生はロッカーだよなあ~って思っちゃうわけです。
でも、ロックだけどへヴィーじゃないじゃん。ロックンロールなんだな。
桑田さんはへヴィーな造りをしていたとしても歌謡曲だし、対象的でどちらも個性的。
まあどっちもファンが多いのも納得です。
今後の活躍がますます楽しみ。
まあ、ガツガツとやるタイプじゃなさそうだし、のんびりとやってくれればいいけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビートルズでドラム教室

2017年07月16日 | TVウォッチング
TV番組「所さんの目がテン!」が好きでよく見ています。
何十年も続くようなご長寿番組ですけど、内容はいつも面白い。
昔からライトな感覚の実験が好感が持てたし、30分枠も軽くていい。NHKの「ガッテン」はCM抜きの45分でへヴィーすぎて毎回見るのは疲れちゃうんですよね。

だいぶ前の番組ですが、内容は全篇じゃなかったけれどドラム教室を取り上げていました。
「ドラムの練習は脳の活性化にいい」ってことを証明していましたが、これはナットク(笑)
誰だって最初は両手両足が思うように動かないもんです。それを自分の意思通りに動かせるように訓練する段階で、脳内が活性化するのは当然。
TVではセンサーで実験していて、いつものように分かりやすくていいなあ。

そして、注目したのが教材としてビートルズの曲を使っていたという点。
まあ、誰もがよく知っているということがあるのでしょう。特にシニアはジャストでビートルズ世代だもんね。

実はオレもドラム教室ではビートルズの曲をよく使います。もちろん指定の曲があればそちらを優先しますが、そうでなければビートルズ。リンゴ・スターに関してはそこそこ研究してるしね。

シニアの方にはすごく喜ばれます。生徒さんが若い子であっても使っちゃう(笑)

「ビートルズでドラム教室」ウチも生徒さん募集中。無料体験レッスンしませんか!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

24時間テレビにがっくり

2016年08月28日 | TVウォッチング
8月28日(日)
何もない日は何もしない。
録画したTV番組を黙って見るのみ。
金曜深夜の朝日TVの「朝生」を録画していたので見る。テーマが天皇陛下の生前退位だったんだけど、パネリストの竹田恒泰(作家、明治天皇玄孫)の異様な高ぶりというようか、現場での違和感がすごかった。
いつも、日テレの「そこまで言って委員会」で上から目線の物言いがキャラとして人気だったんだけど、今回は「それはないわ~」って印象しかなくて後味悪かった。
テーマが「慰安婦」だの「領土問題」だの、中韓の問題なら保守派としての立場で左翼に対して有無を言わせぬ暴論も笑って見てられるけど、今回は陛下の異例のお言葉についてであり、敵VS味方に無理やり持っていくような議論じゃないでしょうって。
しかもしめくくりに入るはずの終盤でのけんか腰の物言いにはうんざりだったなあ。
パネリストの多くが、「天皇ご自身から言わせてしまったのはニッポン政府が何もしないからで、大変申し訳ない。即座に動いて全てが理に適うよう法整備すべきだ」という雰囲気だったのに、竹田氏の言い方は「天皇の言い分は間違っていて、自分の案ならば全部解決する」という陛下より上からの目線。一体お前は何様だって感じた人も多いと思った。
おかげで、結論的に「天皇があんなこと言っちゃうから、譲位を実現するように、間に合わせの特別立法でテキトーに誤魔化しておけばいいんじゃない」みたいな空気のまま時間切れで番組が終わっちゃった。気持ち悪かったなあ。
ここは右でも左でもなく、政党も関係なく、ニッポン国が一つとなって陛下のお気持ちに応えるために何をすべきか、に知恵を絞り合う場面じゃないのかな。

竹田氏にがっかりして、昼過ぎに日テレの「そこまで言って委員会」を見ようと思ったら、今日は24時間テレビの日なので番組がなかった。
林家たい平さんが苦しそうに走っていたので、あ、そうかと思ったけれどがっかりした。
毎年のことだけど、その都度見たい番組が見られなくてがっかりする(笑)
24時間テレビ。う~む。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑えるNHKに怒れるオレ(笑)

2016年08月10日 | TVウォッチング
8月10日(水)
TV大好きおじさんなので、いろんな番組を録画しては休日に観ては消すことをしております。
しかし、休日が忙しかったりすると観ることもできずに消去してしまうことも。HDがすぐいっぱいになっちゃうのであります。
なぜかというと、このところ息子がアニメや映画を、パートナーが韓国ドラマをせっせと撮り溜めているので、オレの好きな探偵ナイトスクープやらタモリ倶楽部といった深夜番組が予約が実行できなくなってしまったりするのであります(涙)
先日、悲劇がありました。エディオンに行った時にTV用の外付けHDが安売りしているのを見つけて、これはいいと2TBのものを8,900円で買ってきた!もちろん、「崖から飛び降りる気持ちで」by小池さん(笑)
ところが、買ってきて早速取り付けようと思ったらナナント、ウチのパナソニック製DIGAは非対応でした。確認もせず買った自分が大馬鹿なのですが、まさに崖から転落死。まあ、仕方がないのでPC専用にします。。。

さて、そんなわけでバカ丸出しの恥さらし後のはなし。
先々週、7月31日放送分のNHK大河ドラマ真田丸は、第30回「黄昏」でした。
これをまだ観ていなかったので、日本史好きの娘と一緒に観ることにしたわけです。
秀吉が耄碌してしまって木から落ちて寝込んでしまうって回です。
そのなかで、話題になったシーンがあります。
真田信幸の二人の赤ちゃんを抱っこする際に、紙おむつが写り込んでしまうというミスショット。
ネットから拝借しました。

めっちゃ笑える。
しかとこの目で確認しようぞ!と構えて凝視しておりました。
しかし、番組の後半この場面が出てきたので目を凝らして見ていましたが、アレレ?おむつが見えない。
番組が終了してから巻き戻して再確認するも、見えません。
しかも、何だか動きがいびつな感じのシーンでした。
「なんで?」と不思議がっていると、すぐさま現代っ子の娘がネット検索。
どうやら、NHKは即時に修正して、何と再放送ではこのシーンはカットしたとの情報。
あっちゃ~やられた。こいつは再放送を録画していたのだった。。。
さすが天下のNHKである。やることがあざとい。
ミスが発覚すれば即時に修正してなかったことにしちゃう。
う~む。その必死さはくそ真面目なんだか、いらんことなんだか、楽しみを奪われてしまったオレは悔しいのであります。

その時、「ハッ!」と気付いたオレ。
そういえば、寝室のレコーダーで日曜日の正規版を録画しているはず。
寝室でも居間でもどちらでも暇な時に観れたらと思って録画しておりました。
やったぜベイビー。なんちゅうラッキー。念願のシーンが見れるぞと思って満面の笑顔で娘と一緒に2階の寝室で再生。
すると。
録画されていたのは「東京都知事選特番」でありました。
二度目のあちゃ~。。。そうだった、あの日は選挙があったのね。
夜8時から開票だった。
小池さん即時当確で喜びの声、じゃなくてオムツが観たいの。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加