大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

早い。2017年の7月も終わり。

2017年07月31日 | 日記
梅雨明けのカーンとした晴天はなく、どんより、蒸し蒸しとした毎日。
非常に疲れる。山下達郎の「BIG WAVE」が似合う夏空が待たれる。

恒例の大垣の花火大会で二尺玉が低空破裂してテレビニュースに流れた。
けが人が無かったのが不幸中の幸い。不名誉な全国区だ。

少年団指導者は教員ではないが、青少年の健全育成という立場では同じだ。
団員の保護者から子どものことで相談を受けた。とても重い問題だった。

普段なかなか団員の家庭の状況にまで立ち入ることはないのだが。
相談があった以上、全力で対応した。精神的にものすごく消耗した。
あらためて学校の教員はすごいな、大変だな、と思った。

予定より二日先行している現場は、やはり「楽勝」とはならなかった。
別の案件、いなべの住宅の手直し、山東町の住宅のリフォーム、が突然入った。
遠い。来週はたぶん名古屋の案件が入ってくるはずだ。
早朝スタートで対応するしかない。

なつかしい人からの久しぶりのメールに心を癒されるのもつかの間。
土日月、次々と押し寄せる難問に四苦八苦。月末。週明け。押し流されそうだ。

が、それらの難問も、あるものは良い方向に向かい、あるものは段取りを組み直し、
あるものは早速今日・明日で対応することを決めた。

時間の余裕は心の余裕。

時間は限られているので朝と夜に時間を前倒し・延長して「余裕」を作るしかない。

ほんわかするのはそのあとにしよう。
コメント (3)

4号地終了、すぐ5号地へ。

2017年07月28日 | 日記
連日現場に出ている。
暑い。

猛暑の日もあり、曇って過ごしやすい日もあり、夕立の日もあり。
自然の前に人間は無力だ。

7時過ぎの日もあり、5時上りの日もあり。
その日の進捗も「キリ」がつくまでなので、不確定。これは仕方ない。

一週間があっというまだった。

頑張ったかいあって当初予定より二日早く終わった。よかった。
しかし、すぐまた次の現場へ。
予定より二日先行している。これは大きい。

しかし、この先まだ何が起こるかわからない。
現場には魔物が棲むからだ。

とにかく頑張りたい。

目下の最優先課題は工事を工期内におさめることだからだ。
コメント

よっちゃんの誕生日2017

2017年07月22日 | 日記
梅雨が明けて、学校が夏休みに入り、
一斉に待ってましたとばかりにアブラゼミがじゃかじゃか鳴きだした。

得意先住宅会社の一方的な予定変更により段取りに四苦八苦している。

現場の赤坂昼飯地区は、うちの会社のある大垣市東部のいなかと違い、
丘陵地にあって住むにはいいところだ。水害とも無縁だ。

海抜がいくぶん高いせいか、セミもちがう。
日中はアブラゼミに混じってミンミンゼミが鳴く。
今日夕方6時すぎにはなんと、ヒグラシまで聞こえた。

朝からよく働いた。
小野のリピーター客さん宅のカーテン取り付け、
安八の医院のカーテン・ブラインド取り付け、
穂積の新築住宅のクロス採寸
美和町のリピーター客さん宅のふすまの納品、お座敷すだれの打ち合わせ、
昼飯の住宅現場に材料搬入、巾木施工、クロス糊の準備

明日はオフにしたいし、月曜からまたよっちゃんと連日現場施工だ。
ひとりのときにできる仕事はひとりのときにまとめてやっておきたい。

夕方ハイエースの窓を全開にして関ヶ原バイパスを走る。
道路の気温表示は29度だった。
日中はくそ暑いが、夕方は自然の風がとても心地よく感じられる。

労働のあとの日暮れの時間はランナーズ・ハイに近いかもしれない。
帰れば(デスクワークのあと)冷えたビールが待っているし。

今日は朝からがぶがぶお茶を飲み、だらだら汗をかき、Tシャツを着替えて、
また、がぶがぶ、だらだら、を繰り返した。
日没ちかくまで頑張れたのは昼に清流亭でロースかつ定食をがっつり食べたからか?

二日ほど前だったか。綿100%の黒いTシャツを朝から着ていたら
昼ごろ塩をふいた。
発汗は身体の塩分も失う、というのを目の当たりにした。
なめてみようかなと思い、やめた。

今日はよっちゃんの誕生日だ。
昨日、彼の今日からの年齢をあらためて知り、ちょっとあせった。
年配の彼を酷使しすぎてはいないか。

実年齢より5歳は若く見えるが、マイナス5しても60過ぎだ。孫は10人いる。

性格が良く、技のデパート。経験値は百科事典だ。
実は彼が林文香堂の金看板だということは20年前から認識している。

でも来週もずっと頑張ってもらわないと。

だから自分も頑張る。

コメント

2017キャンプシーズン到来!

2017年07月18日 | 健民少年団
つたない当ブログを頻繁に見に来てくださっている皆さん、ごめんなさい。
間隔が空いてしまうのは仕事が忙しいからだとご理解ください。

今年も市内の神社の境内で一泊二日のキャンプを実施しました。
梅雨明け前の不安定な天候。加えて蒸し暑さ。

土曜は朝から得意先Y社の仕事で名古屋市錦のビルの地下のトイレ改修。
やむなくキャンプ地合流は夕刻となってしまいました。

出迎えてくれたのは「大人用辛口夏野菜カレー大盛」。



ガッツリいただきました。

昨年は男子3名・女子4名の参加だった恒例のこのキャンプも、
今年は男子5名・女子11名と、ほぼ倍増。





やはり健民少年団活動は班編成できないとね。らしくない。
なにより食事風景がにぎやかなのがいい。



高校1年のカナコが単独ながらフル参加してくれたのもうれしい。
斐田農林高校からいただいたテントを独りで撤収してみせてくれました。



健少を続ける理由を、カナコは「健民ラブ。」と表現した。
う~ん。
うれしかったなあ~。

テント泊が初体験だった新入団員も多かった今回。
暑い中みんな元気に全日程をやりとげてくれたことがうれしい。

彼ら彼女らのこれからの成長を見まもっていきたい。

コメント

GYAOでウルトラマンジード初回を観た

2017年07月10日 | ウルトラセブン
新作ウルトラマンシリーズが放映開始となった。
うれしいのはGYAOで好きなときに観ることができることだ。

感想は・・特にない。
が、よくできている。特撮もたいへんよろしい。文句はない。

ゼロとかべリアスとかわかんない。でもいい。

うれしかったのは初期ウルトラ世代の心を揺さぶる細かい配慮があったことだ。
ペガッサ星人のことではない。

予告編でチラっと写った、ダダのポーズだ。
(それ以前に、ダダ、出るかあ!?であるが)



これにピクっときた人はまぎれもなく初期ウルトラ世代だと断言しよう。

このポーズのダダのブロマイド、あったんだよなあ。
捨てずにとっとけばよかった、いっぱいあったのに・・(涙)

こういう、うれしい細かいことをやってくれると、次も絶対観よう・・!
ってなってしまうんだなあ。。

主人公とペガッサの会話のシーンも背景が昭和で、
ちゃぶ台が丸いし、これ絶対メトロン星人意識してるよね。。

にくいぞ、このぉ、ど根性ガエル!じゃなかった、円谷プロ!
コメント (2)

サンゲツEB脆化事故 現地調査実施

2017年07月08日 | 内装工事
2012年製造のEBクロスを使用した新築住宅物件で脆化事故が発覚した。

ご夫婦と3人の子どもが生活されている。
ご夫婦とも仕事をされている関係で、現地調査は日曜日の午前に実施した。

住宅会社の社長と私。

サンゲツからは、中部支社 お客様相談室の担当者。

製造元の大日本印刷(DNP)からは、
住空間CSセンター 企画推進本部 企画部 工事管理グループの担当者。

4人での現調となった。
あらかじめ問題の商品の品番・出荷数量・ロットナンバーは過去の工事記録を調べ、サンゲツに連絡してある。

あわせて現場の平面図や仕様書・地図などの資料も当然連絡済みだ。

EBクロスの脆化は明らかであった。





が、一応すべての居室についてDNP担当者が弾力検査・脆化の有無を確認する検査を行なった。

検査の結果を持ち帰り、後日サンゲツ・DNPから調査報告書が提出される。

使用した場所により脆化の差はあろうが、使用したすべてのEBクロスを貼り替えることになる。

費用はDNPが負担することになる。

これから工事見積書の作成、工事計画の策定、サンゲツ・DNPの了承を経て工事の実施となる。

住まわれている住宅の、ほぼ全面の貼り替えだ。

気が重い。

幸いなことにご主人は怒りは無く、「仕方ないですね。全部きれいになるんだから良しとしましょう。」
と言ってくださった。たいへんありがたい。

これから計画をして、子どもたちが家にいる時間の多い夏休み期間中を避けて、実施に向かう。

お客様のストレスを最小限に。

新築同様の美しい仕上がりに。

きちんと対応したい。


---------------------------------------------------------------------
~あなたの街の 親切ていねいな 室内建具と内装工事のお店~
(有)林文香堂 http://h-bunkoudou.com
お気軽にメールください⇒こちらからどうぞ<



コメント

2017年、セミの初鳴きを聞く

2017年07月06日 | 日記
今日、二か所でニイニイゼミの初鳴きを聞いた。

揖斐川の堤防、平野庄橋の北。岐阜経済大学そばの桜並木あたり。

例年通りの、夏のおとずれを感じます。

豪雨災害の九州北部のみなさん大変です。

日本全国、安心安全、健康第一。

自分も含め一般庶民が普通に暮らせる毎日こそがいちばん大事。

季節はそれでも普通にぐいぐい真夏に向かっている。

日本はどんどん亜熱帯気候に向かっているので、夏はほんとにしんどい。

そう感じている日本人は多いのではないかな。。
コメント

2017年7月近況

2017年07月05日 | 日記
2日。夜には台風が接近といわれていたが、健民少年団活動を実施。
例年のように野外活動センターまで往復引率。
今年は団員数の増加により食事の準備も後片付けも時間がかかった。

想定外だったのはトイレの混雑。
「虫がいる」との理由でそのブースは使用可にもかかわらず
使用不可みたいな状況に。
もっと早く言ってくれれば虫なんか即、捕まえてやったのに。

大垣市へお願い
野外活動センターのかまど周辺の劣化が進んでいます。
トイレもあいかわらず「ぽっとん」式でよろしくありません。
予算を立てて改修工事をしてください。

4日。住宅改装工事のクロス工事をよっちゃんと週明けから続行。
台風のせいで午後1時すぎ小中学生が一斉下校。
こちらも工事が終わり、土砂降りの中、撤収。
べったんこになりながら、ハイエースに道具を積み込み中。

傘を差しランドセルを背負った団員のハルナ、セナ、が通りかかった。
「りんり~ん!」と声をかけてくれた。ありがとうな。

5日。5年ぶりのお客様からふすま・障子・カーテンのお仕事の依頼が。
奥様はいつしか60歳を越えていらした。
元気だったお母様は先月94歳でお亡くなりになられたとのことだった。残念。

もうすぐ昼だというのに奥様はパパッとフレンチトーストを焼いてくださり
長く歓談した。
ファン客さんとはこういう方をいうのだなあと、しみじみ思った。

フレンチトーストとコーヒーをいただきながら、
奥様は、お母様の「直腸脱」による糞尿まみれの壮絶(!)な介護生活を笑って
「リアル」に話された。。

ファン客さんとはこういう方をいうのだなあと、ほんとにしみじみ思った。。。
コメント

2017年も、もう7月。

2017年07月01日 | 日記
今年ももう半分過ぎてしまった。
ここのところずっと忙しい。ありがたいことだ。
毎日よっちゃんと現場に出ている。

3月ごろから帰宅後のスクワットと腕立てを続けている。
最初は20回ずつ。徐々に回数を増やしている。
少しずつではあるが筋力強化ができているようだ。

現場の階段の上り下りがしんどくない。
重いものを持って歩くとき、以前より楽に感じる。

トレーニングの主たる目的は、
この秋、健民少年団で伊吹山に登るためだ。
たぶん問題ないだろう。

いびがわマラソンに出る人にはかなわない。
完走できる人は尊敬する。
自分も元長距離ランナーだったが。

そこまで負荷をかけようとは思わない。
たぶん膝が壊れる。と思うから。
仕事に支障をきたしてはいけない。と思うから。

自分50過ぎ。
よっちゃん60過ぎ。

この名物コンビで現場に毎日元気で出られるのは、
あと何年だろうか。

ネガティブなことを考えるのはよそう。

明日は少年団の引率で、大垣駅→美濃赤坂駅から青墓の野外活動センターまで
往復引率だ。

雨が降らない事、蒸し暑くならないことを祈ろう。
コメント