大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

2021年度健民少年団、始動!

2021年04月19日 | 健民少年団
大垣市健民少年団も2021年度が始まった。
4日に全支部集まっての入団式、
そして18日、私たちの活動単位である北・星和・東・南・江並支部合同の活動を行なった。
午前は支部入団式、精勤表彰、基礎訓練、団歌と誓いの言葉の練習をした。



あいにくこの日は終日雨降りの天気が確定していたので
午後は新聞紙を使ったペーパークラフトとA4用紙を使った紙ヒコーキ作りをした。



今年度の新入団員は5名。
低学年の子もしっかり自己紹介できたり、お弁当のあとはさっそく先輩団員のお兄さんお姉さんと遊んだり、
これから楽しく活動ができそうな雰囲気が感じられた。

ただ心配なのは、今後のコロナだ。
少しでも早く終息してほしい。

団員の子どもたちと一緒に作って飛ばした自分の紙ヒコーキが何と、畳のすき間に刺さった!



何という偶然!
良いことの前兆だと思いたい。

コメント

当選おめでとうございます

2021年04月19日 | 日記
4月18日
大垣市長選挙が行なわれ石田 仁さんが圧倒的得票数で当選されました。



おめでとうございます!
心からお喜び申し上げます。
頑張ってください!
コメント

フレイル

2021年04月13日 | 日記
11日の中日新聞に興味深い記事が掲載された。



フレイル。
加齢とともに心身の活力が衰える状態をいう。
自分50歳後半。親世代は80代。
他人事ではない。
そこに追い打ちをかける「コロナ」。
今まさに高齢者接種が始まろうとしているワクチンとて万能ではない。
しかしコロナが存在しなくてもフレイルはある。
昔、組合の要職を退いた祖父が、視力が悪くなり、仕事の精度が落ち、仕事が減り、気力が落ち、
下り坂を走るようなスピードで衰えていった様を当時高校生だった自分は見ている。
自然のなりゆきともいえる。
その人自身あるいは周りの人たちがその兆候に早く気づき対処することで、
フレイルの進行を遅らせる、あるいは回復させることが可能だという。
老いは必ずやって来る。避けられない。
でも少しでもみんな明るく元気で居続けてほしい。
ほんとにそう思う。

コメント

当選おめでとうございます

2021年04月12日 | 日記
大垣市議会議員補欠選挙に地元安井校区から
種田昌克さんが立候補し、当選されました。



おめでとうございます!
心からお喜び申し上げます!
頑張ってください!

コメント

進撃の巨人 完結

2021年04月10日 | 日記
進撃の巨人が完結した。
連載期間11年7か月。



ずっとワクワクさせてもらってきた。
おだやかな終わり方だった。
よかった。
ありがとう。
コメント

2021年度になりました

2021年04月08日 | 日記
4月。新年度になってもう一週間が過ぎてしまった。
関西でコロナ感染が急激に増加中。第四波到来かと世間はたいそうざわついている。
ワクチン接種は遅れ、聖火リレーは行なわれ、大垣はもうすぐ市長選挙、そんな今年の4月だ。

4日は健民少年団の入団式が行なわれた。
数は少ないが新入団員が入ってくれた。うれしい。
うちの南・江並支部は新入団員は無かったが多くが継続入団してくれた。「健民少年団が好き」という証だ。
保護者の皆さんのご理解にも心から感謝したい。
この先、予定通り活動ができるのか?いくばくかの不安とともに出航だ。

わが社にも新人が入社した。といっても人ではなくクルマだ。
老齢に加え駆動系の深刻なトラブルの為やむなく与作号が退役し、ピカピカの新人が入った。
もの静かだが足は速いし荷物もたくさん運んでくれる。実に頼もしい。

2月に中古積水ハウスのリノベーション工事を行なった。
依頼主のご新規の設計事務所様から、近い将来契約予定の物件の見積依頼をいただいた。
ありがたい。こないだの工事で及第点をいただけたからだと解釈している。

岐阜市の建築事務所様から古民家リフォームのオファーをいただき現調を行なった。
当社の担当は襖の新調・障子の新調・張り替え。
明治の建物で部屋の境はすべてふすまか障子。だから本数も多い。頑張って受注したい。

この厳しい時代に新たなオファーやリピートをいたけるありがたさ。
もちろん昔からお付き合いのある得意先さんとの良好な関係も続いている。
得意先さんあっての林文香堂である。
引き続き明るくまじめに、従来通り全力で取り組んでいきたい。



コメント

両家顔合わせ

2021年03月30日 | 子どもネタ
28日、雨の日曜日。
2か月延期になっていた、うちの長男と彼女のご両親との初顔合わせが実現した。
名古屋駅近くの和食店の個室。
薄いパープル系のワンピースのまきちゃん、パープル系シャツの息子。
ふむふむ。申し合わせてコーディネートしたな。なかなかいいじゃないの。
まきちゃんめっちゃかわいかった。

事前情報により親父さん自分よりタテもヨコもはデカい人だと知らされていた。
なるほど!
元陸上の投擲選手。インターハイにも出ている!すごい!
「ははは!ハンマー・円盤・砲丸・槍、何でも投げます!」明るい。
かの室伏選手(父)にも直接ご教授賜ったという。
飲める明るい体育会系の男に悪い男はいない。
ほかの4人を置き去りにして、二人でたくさん飲んでたくさんしゃべった。楽しかった。
親父さんのほうが年齢が自分より2コ上とわかり、(ガチ昭和先輩後輩世代)
「先輩ちぃーす!」とあらためて言ったらウケた。

子どもたちの未来に幸多かれ。
永く両家のいい関係を保ち続けたい。
自分がしゃべった乾杯の挨拶。ちょっと長かったらしい。
あらかじめ起承転結で短く練ったのに。あとで息子に訊いたら「さっぱりわからん」と。
でも、「父ちゃんらしくて良かった」と言ってくれた。
まあいい。
子どもたちの幸せは自分たちの幸せとイコールだし、
自分たちの幸せは子どもたちの幸せとイコールだ。
またみんなで楽しく飲んで食べて飲んでしゃべりたい。



コメント

健民少年団、今年度最後の活動を実施

2021年03月22日 | 健民少年団
3月21日(日)残念ながら天気予報通り雨の一日となってしまった。
緊急事態宣言解除後の少年団活動再開は、イコール今年度最後の活動となってしまった。
仕方ない。
それでも雨の中、参加してくれたサクヤ・コトネ・ユウカ。
彼女らは来年度も入団継続だ。保護者の方々のご理解あってのこと。
本当にうれしい。
今回の活動は大垣市観光協会が作ったクイズ&市内ウォーク、
「おおがき・謎解き・街歩き」に挑戦した。
これについてあまり多くを語るとネタバレになってしまうので、これ以上言わないでおきます。

朝9時すぎ、奥の細道むすびの地記念館をスタート!


雨の中、傘をさして市街地の7つの問題ポイントをQRコードを頼りに探して歩く


傘さしてゆっくり歩いて2時間半ほどですべてのポイントをまわり、クイズを解き、キーワードもクリアした!
ゴールは奥の細道むすびの地記念館だったのでスタッフの方にお願いして喫茶スペースのテーブルをお借りして
お弁当を食べることができた。ありがとうございました。なんせ外は雨だったもので・・。

午後は奥の細道むすびの地記念館を見学し、参加者特典の「通行手形」を利用して大垣の有名和菓子店をふたつ
歩いてまわって無料の「おもてなし」をいただいた。「柿サブレ」と「大垣せんべい」だ。
さてこの2店舗はどこか?言わずにおこう(笑)。

サクヤもコトネもユウカも、ちょっと見ないうちに背が伸びた。

(健少リーダーに出題。逆光なのでわかりにくい。どれが誰だかわかるかな?)

これからも、心身ともに健全に育ってくれることを心から願う。
タブレット端末不調の市川リーダー、お疲れ様でした!?
(ハラハラさせていただきました!)





コメント

健民少年団の保護者のブログに載る

2021年03月16日 | 健民少年団
3月も半ばになり、年度末そして来年度へ向けた動きが活発になってきました。
健民少年団も来年度の新規・継続の入団希望を多数いただき、
14日に入団説明会を実施しました。
継続2年目となる団員の保護者から、その様子・健民少年団について、
ご本人のブログに掲載をいただきました。

https://oida-masakatsu.jp/blog/20210314234929.html

ありがたいことです。
子どもたちの健全な心身をつくっていくお手伝いを微力ながら少年団活動の中で
またさらに進めていけたらなと思っています。
昨年から世の中がすっかり変わってしまいましたが、子どもは子どもで変わりはありません。
純粋な彼ら彼女らのために
健民少年団としてできることは何かを考え実践していきたいと思っています。


コメント

3月4日はヨシヒトの誕生日

2021年03月04日 | 東中学校
このつたないブログを開設して10年を超えたが、これを書くのは初めて。
ヨシヒトは東中時代最も仲の良かった友人のひとり。同じサッカー部でゴールキーパーをしていて苦楽を共にした。
彼の存在なくして市制60周年記念大会・中体連西濃大会の優勝はなかった。中学以来ずっと仲良くしている大切な友人だ。

なぜか彼とはお互いの誕生日に電話をして長くしゃべるのが恒例になっている。20年以上欠かしたことはない。
毎年必ずメールをくれる旧友は複数いる。しかしヨシヒトはなぜか特別な存在だ。
今年は現場で自分がどハマっているので詫びを兼ねて「近いうちにまたゆっくりと」と電話で伝えた。元気そうだった。
残念なことにヨシヒトはずっと病気と戦っていて外出もままならない。コロナ禍の現在にあってそれはより過敏になっている。

病気と戦っている同級生は他にもいる。
彼らのことを思うと、いくら現場でくそハマろうがヤな思いをしようが、とりあえず健康で仕事ができることに感謝しなければ、
と思う。「感謝して」「謙虚に」と従業員に言いながら日常そうなれていない自分を恥じる。
彼らがいてこそ自分がいると断言できるほど彼らには世話になった。影響を受けた。頼りにした。その思いは今も変わらない。

どうか、身体の不調とうまく付き合いながらずっとずっと元気でいてほしい。

世の中がすこし落ち着いたら直接会って、また長話をしよう。
また泊まってもいいぞ。(おれが君の家に)


コメント