大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

健民少年団、久しぶりにJRに乗る

2022年05月23日 | 健民少年団
コロナ禍によりスポーツ少年団も時間や行動の規制を余儀なくされ約2年が過ぎた。
規制が緩和され22日(日)久しぶりに活動でJRに乗った。
行き先は関ヶ原。参加団員8名、引率指導者5名。
メインは新しくなった古戦場記念館の見学だ。自分自身初めてなのでワクワクしてこの日を迎えた。



設備と内装のグレードの高さに驚いた。さすが県の物件(笑)。
8:00JR大垣→JR関ヶ原→古戦場記念館→決戦地→笹尾山石田三成陣跡→エコミュージアム→鍾乳洞→
→島津・小西陣跡そばの公園→JR関ヶ原→JR大垣16:30
JR以外はすべて徒歩だ。よく歩いた。

団員の子どもたちは、ずっと友達とおしゃべりしてる子、黙々と歩く子、集団から遅れ気味になる子、
「来るんじゃなかった~」とゴネる子、参加が少ないながら反応は様々だった。
引率指導者がたくさんいてよかった。
行く先々で「おもしろい!」「もう一回行きたい!」「もっとここにいたい!」「もう帰りたい!」など
いろいろな反応が団員の子どもたちから聞くことができておもしろかった。

健民少年団の魅力のひとつは『活動内容が多彩である』ことだ。単一種目でないところが良さだと思う。
今回のように団員の子どもたちには肉体的にハードなものもある。
しかし根幹には「心身の健全育成」という理念がある。
大人が想像するよりずっと子どもたちはタフである。そしてぐんぐん成長していく。
その様子をライブで見ることができる私たちはそれをうれしく感じ、
同時に指導者としての自己のあり方の重要さを、
あらためて認識するのである。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安井小~東中の竹馬の友の息子が新聞に載る

2022年05月09日 | 安井小
2022年5月8日(日)岐阜新聞。
安井小~東中、健民少年団、社会人サッカーチーム、そして今もずっと仲良くさせてもらっている同級生、
松浦祐一君のご子息がカラーで新聞に掲載された!



素晴らしい!おめでとう!
旧友の子どもの活躍は我が事のようにうれしい。
来年には地元大垣東前で独立開業の予定だとか。
益々のご活躍をお祈りします!

「自己の職業を通じて社会公共に貢献する」

あらためてこの言葉を思い出した。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

町内水路清掃と作業場緑のカーテン大作戦の日

2022年05月08日 | 日記
大型連休最終日の今日。
コロナ禍のため2年連続中止だった水路清掃が町内あげて実施された。
会社南側の水路はコケ・シダ・雑草が繁茂するモサモサの湿地状態だった。

ビフォー


アフター


ここ数年で近所のおやっさんたちが施設入所され、他界され、独居ないし老老世帯ばかりになった三丁目。
自分ひとりで頑張らざるを得ない状況に。
今は亡き隣の小寺のおやっさんから伝授された便利ツール「デッキブラシ」と角スコップの二刀流で頑張った。
(コンクリート製のU字溝の場合、デッキブラシは極めて有効である。不快なガリガリ音もないし。)

水路清掃が終わってから、かねてより計画していた「緑のカーテン大作戦」を実施した。
作業場南側の夏場の暑さを緩和すべく、山芋の葉っぱで緑のカーテンにしようというたくらみだ。
すでにあらかじめ撒いておいたムカゴからツルがニョキニョキのびてきている。
W=1800の窓3カ所にネットをかけた。
あとは山芋のツルが巻き付いて、伸びて、葉を茂らせてくれるのを待つだけだ。





うまくいったらまた後日、当ブログで報告したい。

ちなみに、土地がもともとガレガレなので山芋の収穫は不可能と考えている。。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GW2022

2022年05月05日 | 日記
かの地で始まってしまった戦争は長期化の様相。コロナ新規感染者は全国的に減少傾向。
連日好天。そんな今年のGWだ。

4月は新築物件・リフォーム物件が重なりとても忙しかった。
従業員のよっちゃんの腰は回復傾向だが無理はさせられず、多くの工事物件は外注さんに助けてもらった。
息子の結婚式前は連日早朝出社した。結婚式が平日だったのでその穴を埋めるため翌土日も仕事した。
きっちり段取りしていてもそれを裏切る出来事(他社に起因する)が現場で起こる。
愕然とする。リカバリーに奔走する。その連続だった。

仕事のヤマを越えGWに入ったが今度は娘が引越し。手伝わない訳にはいかない。1日も4日も走った。
そして今日5日。恒例行事と化した事務所の掃除と整理をした。
この時期やっておかないと次はお盆になってしまう。ちょっと腰が痛いが頑張った。
だから今こうして缶ビールを飲みながらキーボードを叩いていられる。

テレビで行楽地のニュースを見る。飲食店やコンビニで若い家族連れを見る。
「ああ、うちもちょっと前までこんなふうやったんやな」 と思う。
息子も娘も共働き夫婦。今のところ子ができたという報せはない。そのうちできるだろう。

近所の「カフェ・オカダ」で先日、岡田君が「タケシちゃん、死ぬまでにやっておきたいことって何?」
と投げかけてきた。言葉に窮した。
「やりたいこと」と「やっておきたいこと」はちょっとニュアンスが違う。
「やっておかねばならないこと」となると、また違う。
あらためて考えると三つ目の事柄が多く、岡田君や隣の席のノリ子さんにそれを語ることはしなかった。
ノリ子さんは笑って「林君は死ぬまで仕事やもんね」と言った。
笑って返したが、あながち間違ってはいない。

まあそういうことになる。

明日から本格的に住宅リノベーション物件の当社担当工事が始まる。
難工事だ。
頑張る。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

四色ボールペンを四色とも使い切る

2022年04月30日 | 日記
別にどうでもいいことでもある。が、快挙でもある。
四色ボールペンを四色とも使い切った。



ふつう今までなら落とすか、作業服とともに洗濯機に入ってダメになるか、であった。
人生初である。
なかなか感慨深い。
三菱のジェットストリームシリーズは非常になめらかで使いやすく気に入ってずっと使っている。
四色のほか、黒は0.7・0.5・0.38を用途に応じて使い分けている。

これからも使いつづけていきたい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

息子の結婚式 無事終わる

2022年04月24日 | 子どもネタ
2022年4月22日
前日の雨もあがり好天に恵まれた名古屋。
息子の結婚式を無事に終えることができた。
ほっとしている。



両家親族以外は勤務先・取引先などは呼ばず、
60人を超える招待客のすべては新郎新婦の友人知人という同窓会的パーティーだった。
手づくり感満載の人前結婚式、サプライズいっぱいの披露宴。
楽しませてもらった。
大きな課題であった「親族代表の挨拶」も何とかうまくできたと思う。
仕込んであったネタで会場の爆笑を誘うこともできたし(笑)、合格点を与えてやろう。

たくさんの人たちに祝福をいただいた。ほんとにありがたい。友だちは財産だ。
これで息子も娘も名実ともに新しい人生のスタートを切ったわけだ。
めでたい。



ずっと仲良く健康でしあわせでいてほしい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

室伏広治長官の言葉

2022年04月19日 | いい言葉
室伏広治スポーツ庁長官が今日の定例記者会見で述べた言葉。
全日本柔道連盟が極端な勝利至上主義を懸念して小学生の全国大会を廃止したことについて理解を示した上で、
若年層のスポーツ全国大会について、
「個人的な意見」として前置きした上で「早い段階から全国大会をやる意義はあるのか」
と疑問を投げかけ、さらに、
「子どもの頃はひとつの種目に偏るよりはいろいろなスポーツを体験してほしい。
 その中で将来は本当に好きなスポーツをやればいいと思う。
 強制でなく、健全で楽しめるスポーツ。生涯スポーツとしての取り組みが重要になってくる。」と話された。
まさに我が意を得たり、よく言ってくださった。
少年スポーツ、とりわけ小学生・中学生のスポーツに対する基本的スタンスがここにある。
短い話の中に『少年スポーツのありかた』が集約されている。
上達したい、勝ちたい、上を目指したい、という思いは当然子どもにもある。
重要なのは親と指導者、大人たちの関わり方である。
スポーツが好きな人に悪い人はいない、はずだ。
子どもたちをスポーツ嫌いにさせてはいけない。
大人たちの役割はきわめて重大なのだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アマチュアスポーツに引退という言葉はない

2022年04月12日 | いい言葉
スピードスケート女子平昌500m金メダリストの小平奈緒が今日、
今年10月の「ラストレース」をもって現役生活を退くと表明した。

あえて「引退」という言葉を使っていない。
選ばれた言葉には、重みがあり、深みがあり、含蓄がある。

種目を問わず、性別を問わず、「心・技・体」を極限まで高めたトップアスリートの言葉にはいつも注目している。

小平奈緒の記事には「人生は続く」を見出しがつけられていた。

そう。アスリートへの共感は、自分自身への投げかけでもある。

そして自分は思う。人生は続く。引退はない。と。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アジカンがニューアルバムをリリース

2022年04月06日 | 音楽・グルメ
アジアンカンフージェネレーション
待望のニューアルバムが出た。
「プラネットフォークス」



アマゾンで予約購入し、6月名古屋のコンサートもいち早く単独参戦を決めた。

クルマのオーディオにCDを挿入する緊張感。。
しかし残念ながら、自分の歳のせいなのか何なのか、背中がゾクゾクするかつてのあの感覚は得られなかった。
アーティストが目指す方向性と、自分が好きな「あの感じ」には差が生ずるのは当然ではある。
「あの感じ」を言葉では表現できない。
自分が好きなのはアルバム「君繋ファイブエム」「ソルファ」「ファンクラブ」の『感じ』。

自分がアジカンを好きなのはこれからも変わらない。誰にどうこう言われるものでもない。
彼らも結成25年を迎えたが、メンバーチェンジもなく続いている。これもうれしい。

ローリングストーンズのようにとは言わない。が、長く演ってほしい。
Zepp名古屋でまた演ってほしい。
60を過ぎたのオッサンがZeppで独り「いぇぇ~!」でもいいではないか。

期待しているよ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年3月終わる

2022年03月31日 | 日記
かの地ではついに戦争状態、しかも出口は見えていない。
蔓延防止は解除されたものの新規感染者のグラフは下り勾配が鈍い。
何も知らないように今年も桜は咲き、いま大垣は満開。
そんな3月が終わる。
看板職人のよっちゃんは「のぎのもり接骨院」の先生のおかげでかなり回復している。
でも以前のように自分と二人でガンガン現場をこなしていく、というわけにはいかなくなっている。
3月は協力的な販売代理店の施工支援を受けることにシフトし、なんとか今日まで乗り切った。
まだ4月に難しい案件が複数待ち受けているが、すでに支援を受ける準備はほぼ整っている。
よっちゃんとのツーマンセルは完ぺきなおさまりだと自負するところではあるが、身体的な疲労が確実にともなう。
時間もとられる。並行して他にやるべき仕事もたくさんある。
だから現在の変更体制を維持していくことにする。
明日から仕入が一斉値上げの新しい年度になる。
いろんなことが明日から変わる。
気持ちを新たに、歩を進める。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする