大垣市の 親切ていねいな ふすまと内装工事のお店 【創業80余年 林文香堂】 三代目店主の前向きな日記 

明るく朗らかに、人に親切に、素直に、謙虚に、感謝して の五つの基本を胸に、日々の小さなよろこびを綴ります。

一難去ってまた・・

2018年10月20日 | 日記
大垣の老舗料亭のカーペット工事が終わった。
がんばった。やれやれだ。

と思う間もなく、同時進行中だった羽島市内の新築住宅でトラブル発生。
施工中断。

クロスのおさめかたについて元請担当者と我々施工者側との間で
どちらがベターか? で見解が分かれ、施主(設計士)判断に委ねることに。

今日の午後、現地での元請・施主との打ち合わせに同席した。
結果は施主判断が優先され、当方の施工済み区画のやりなおしは回避された。

なんと言ったらいいのか。
とにかく、ほっとした。

来週からこの現場で馬力をかけていく。

休む間もない緊張の連続。

次の大型物件も間近かに控えている。


ちなみに明日は休ませていただきますが。。矛盾しとるか・・
(まあええがね、ゆるしたってちょ)

コメント

元気な70代80代

2018年10月02日 | 日記
このところ元気な70代80代の方々に、仕事でお会いしている。

86歳のご住職。
毎晩芋焼酎をロックで飲んでいらっしゃる。一升瓶を見せていただいた。
伊勢湾台風の話を伺った。
本堂の扉の太いカンヌキがポーンと飛んだと、その様子をリアルに語られた。
話が尽きず、スティックのアイスクリームが、2本目を出してくださった。。

70代の奥様。
元カラオケ教室の先生。めっちゃ元気で明るい。ちゃきちゃき。アバウト。
こちらも肩のちからが抜ける。

70代の奥様。
お父様が剣道柔道の有段者で厳格な家庭に育ったとのこと。
なるほど、言葉遣いと身のこなしが古き良き昭和の雰囲気を放つ。
こちらも背筋がぴんとなる。

私どもの仕事も、こういった元気な高齢の方々にある部分は支えられているのだと
あらためて思った。

「もう次の張り替えはあらへんかもしれへんで」とか言われるので、こちらも

「いやいや、あと30年はお元気でしょうから、あと2回くらいはいけますよ」

と笑って返している。

タイプは全然違うが、皆さんに共通するのは、明るいこと、趣味をもっていること、話好きなこと。

お座敷でお茶とお菓子をいただきながらお客様と会話をするのは
とても楽しく、しあわせを感じる時間だ。




コメント

2018年も10月になり

2018年10月01日 | 日記
台風一過の10月1日。

恐れていた24号はさほどの被害もなく昨夜通過してくれた。当然キャンプは中止。

前回11時間に及ぶ停電を経験しただけに、今回は電池だラジオだロウソクだ水だ、と身構えた。

荒ぶる自然の前に人間は無力だ。と思った。

これから仕事が忙しくなる。

せめて天気くらいは秋らしく、すがすがしく晴れ渡ってほしいものだ。

明日の予報は晴れ。

早朝から頑張る。
コメント

今回の台風24号

2018年09月27日 | 日記


なんと、列島直撃縦断コースではないか!

今度の土日は健民少年団、今年度最後の朝鳥公園キャンプなのに・・!

実施は非常に難しい状況になってきた。

残念でならない。
コメント

世の中は狭い

2018年09月22日 | 日記
先月の話。
ホームページからの問い合わせがきっかけとなり、木製建具の新規製作を
受注させていただいたお客様。メールのやりとりを重ねていくうちに、
高校時代の同級生の女性と判明した!

昨日の話。
キッチンリフォームの打ち合わせでお邪魔した市内のお客様。
いろいろお話をしていくうちに同い年と判明。中学校が不破中とわかり
「ハルヒコ」「ヨシロー」(← 高校の同級生)の名前を出すと、
「知ってる知ってる!保育園幼稚園も一緒!」と。やはり。
友だちの友だちだった!

今日の話。
何年も前からお付き合いのある工務店の監督さん。
現場での雑談の中から、ふと出身地の話題になった。
「え!平田ですか?」
から始まり、なんと、その監督さんの家は私の母親の実家の斜めお向いさんだった!

う~ん。
世の中は狭い。

大垣あたりの話だから、なお狭い。(笑)
コメント

2018年9月近況

2018年09月18日 | 日記
台風。長雨。
やっと今日、秋晴れの一日が訪れた。
夕方、現場で蚊に刺されまくったが、まあ良しとしよう。進捗は順調だ。



台風被害は、会社の小さい看板が一枚飛んだのと、プラスチック製の雨どいが割れて落ちたこと。
屋根が壊れたり雨漏れとかいった深刻な被害がなかったことは幸いだった。
ただ、かつてない11時間に及ぶ停電を体験した。この不便さからは多くの教訓を得た。

知り合いの瓦屋さんと電話で話した。
台風の直後から電話が続き、受注が300件を超えたとのことだった。
過去に例のない、強風による被害が多かった台風だったと言える。

母親の知人のお宅の障子の張り替えを承った。
お伺いしてご夫婦とお話をしていくうちに、息子さんが中学校時代の同級生とわかった。
私も、お客様もびっくり。世の中は狭い。

親戚の法事に行った。といっても自分は亡き父親の代役的位置だから、
いちばん近い人が父のいとこ。この70代の方々とDNAを共有しているのだなあと思った。
ご当家はぐいぐい繁栄している。当主の実力、強い家運の上昇を感じた。

地元の中小企業の研修団体OJBを卒業して5年が経つ。
近年中心的役割を担ってきた平野宏司さんが今年卒業され、慰労を兼ねた食事会が開催された。
自分も30代の頃は積極的に携わった。その会も早や53年度を迎えている。
自分は30年度入会だった。時の流れを実感する。

8場所連続休場した横綱稀勢の里がこの9月場所から出場し今日勝ち越しを決めた。
連日厳しい土俵と言っていい。だがひたむきなその姿勢には心を打たれる。
優勝は望まない。ただケガをせず、いい相撲で15日間を取りきってほしい。
心の底から応援している。


コメント

2018年台風21号

2018年09月04日 | 日記
25年ぶりといわれる非常に強い台風21号。

今日は午前中に打ち合わせを2件すませ、11時に従業員を帰宅させて閉店した。

朝9時過ぎの西の空。嵐の予感。



そして現在。



大垣はいま赤いゾーンの中にある。

夕方まで静かにバケモノの通過を待つとしよう。。
コメント

9年ぶりのお客様

2018年08月21日 | 日記
「前にふすまを張り替えてもらって・・・名刺を探したら出てきて・・・またお願いできますか?」

と、かかった電話のお客様は9年前のご新規さんだった。

今でもよく覚えている。

たまたま本巣市の住宅で仕事をしていたら、ご主人が車で通りかかり、声を掛けられて名刺をお渡ししたのが最初だ。

「前にきちんとやってもらって、今も全然なんともなくて、今回も頼もうと思って」

感激だった。

懐かしい話から始まり、打ち合わせはサクサクと進み、お見積額もOKで即受注となった。

几帳面なご主人と、明るく優しい奥様。

お二人でクリーニング店を経営してみえる。9年前も今も。作業場には東海ラジオが流れていた。9年前も今日も。

車が新しいスバルになっていて、キッチンはリフォームされていた。堅実に歩んでみえることがわかる。

リピーター客さんについて考えた。

ふすまや畳は数年数十年に一度。庭師さんは毎年。美容院は毎月。クリーニング屋さんは毎週か。

地元に密着して固定客さんを多く作れば回転が上がる。

今回のお客様の地域は岐阜市の郊外。9年前は田んぼや柿畑が多かったが今は完全に住宅地。道を間違えたほど。

きっとまじめなご夫婦がこつこつとお客さんを増やしていったに違いない。

ご夫婦の人柄に接すれば「ああ、この人に頼めば安心だな」と思うはず。

きっと品質や納期もきちんとしているはずだ。

「まじめにこつこつ」って死語かもしれない。でも大切な基本のひとつだと思う。

人柄ってそれ以前の基本だ、とも思った。

9年ぶりのリピーター客さんは、いろんなことを考えるヒントを与えてくださった。。




コメント

盆休み終わり。後半戦開始。

2018年08月17日 | 日記
今朝は秋を思わせるようなすがすがしい朝だった。

年末までまたあっというまなのだろう。

盆休みが終わり、また日常が始まった。

一発目の工事はマンションの一室の全面リフォームだ。

なんと、事故物件だった。

ううっ。

気にせず普通にやるのみだ。

コメント

あわただしく2018年の7月が終わる

2018年07月31日 | 日記
猛暑・酷暑の7月があっというまに終わった。

各務原のリノベーション物件に始まり、揖斐川町の新築平屋物件、岐阜の紹介物件。

その間、外注さんにもずっと動いてもらい、ほぼ予定通り終えることができた。

建築系の新規のつながりができた記念すべき月でもあった。これは大きい。これはうれしい。

ユーザーさん直接の受注もリピーターあり、新規あり、ご近所さん複数あり。ありがたかった。

今年は11日から盆休みに入る。

もうあと10日しかない。

その前に市営住宅2件のリフォーム工事と得意先建設会社の会長さん宅のリフォーム工事と、
安八町の住宅のリフォーム工事がある。

終わると同時に5年ぶりの大垣市立東中学校の同窓会があり、盆休みになだれ込む。

うまくいくか。

同窓会までにきれいに終えたい。

がんばろう8月。





コメント