一寸の虫に五寸釘

だから一言余計なんだって・・・

『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話 』

2018-08-11 | 乱読日記

ノウハウ本というよりは、養生、生活習慣が大事だという、理屈では分かっていることを心にきざみ込んでくる金言がちりばめられていて、背筋が改まる。(いつまでもつかはわからないけど・・・)

「これを食べれば/飲めば」とか「この器具を使えば」という健康法を一蹴しているのも爽快。

曰く

生活習慣に面白みを追い求めてはいけない。

本書における「健康」は、「死んでしまうまでの間、この世をけっこう楽しんで生きられるココロとカラダの『いい塩梅』の状態を目指すこと。なんとなく選択しつづけた不健康によって、楽しんで生きられるココロとカラダを手放さなければならなくなるのは、たいへん不本意なことではないでしょうか。

物事を継続するときに大切な考え方がありまして、一度中断したからといって、そこで全部やめてしまう必要はないのです。三日坊主を一日あけて続けたら、ずっと続けているのと同じことです。・・・いったん中断しても再度すんなり始められる人のほうが、ただただ実直に続ける人より、実生活では強いと感じます。

 ★3.5

コメント

『となりのイスラム』

2018-08-07 | 乱読日記
イスラム教・イスラム教徒について語るときには、現代西欧社会のものさしで測るか、または事実の羅列になってしまうことが多いが、本書は彼らがどういうものさしを持っているか、を、著者の研究や実体験をもとに平易に書いた本。

こういう本は大事。

★3

コメント

『生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方』

2018-08-04 | 乱読日記

職場が居心地のよい場所だと感じている人は、意外に少ないのではないかと思っています。
だからこそ、仕事は必ずしも楽しいことではないけれど、そこで居心地よく働けることは大事であり、その結果として楽しみがついてくる可能性はある。

以上は本書からの引用。
これは皆思っているけど、「モチベーション」とか「チームワーク」とかいう掛け声や目標にかき消されて言えない人が多いのではないかと思う。
そもそも目標になるということは、自然発生しないからなんだけど、いちど目標に掲げられると、今度は達成度で評価されることになるので、「ふり」をするのが自己目的になってしまう。
逆に、単に「居心地がいい」と感じている人は、制度のスポット的な恩恵に属しているか、開き直っているか、ノーカンな人が多いように思う。

本書は「好きな日に出勤できる」「出退勤時間は自由」「嫌いな作業はやらなくてよい」など型破りな制度でしかも作業効率をあげ、離職率も減らしたことで話題になった、小さな水産加工会社の社長が書いた本だが、この現実を直視する姿勢を貫いた先に現在があるということが大事なのだと思う。

何か原理的・教条的なものからスタートしたわけでも、「○○メソッド」を売り込もうとしているわけでもないところが大事だし、この「制度」がすべての会社にあてはまると主張しているわけでもない。
本書の紹介を見ると、ほかにも東日本大震災で罹災、二重債務などのマスコミが好みそうなところが多いが、一番大事なのは、この現実的な目線だと思う。

経営者が勝手に妄想することで規制をして、従業員を縛るルールを作るのではなく、あくまでも従業員を信頼したうえでルールを作り、問題があれば、自分たちで軌道修正していくということです。はじめから信用されず、疑いの目で見られていては気持ちよい職場にはなりませんし、ルールもうまく機能していきません。
もちろん想像もしない問題が起きたり、トラブルが発生したりすることもあるでしょう。でもそれはその時に考えればいいのです。
そして実際に起きた問題にどう対処するのかを、従業員とともに考えるのです。そうやって成長していくことができるのが人間なのです。

PDCAサイクルの重要性はいたるところで説かれますが、性悪説に立つPDCAサイクルが規制だらけの負のスパイラルになる例は枚挙にいとまがないのに、そのことに注意喚起する人は少ないですね。
それをやると、コンサルや官庁が飯の食い上げになるからでしょうか。

 ★3.5

コメント

『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』

2018-08-01 | 乱読日記
関西の私鉄は関東に比べて面白いと思う。

たぶん、東京の私鉄は開業当初から都市間をつないでいたり、産業用だったりする路線が多く、今やほとんどが通勤路線になってしまっているのに対し、関西の私鉄は近郊の行楽地・名所旧跡をつなぐ路線が今でもたくさん残っている。
これは、明治になって鉄道というものが発達する以前からの行楽地・名所旧跡の蓄積の差によるのではないか。
『鉄道が変えた社寺参詣―初詣は鉄道とともに生まれ育った』に描かれている、明治時代の関西の鉄道間の競争の激しさをみても、当時の勢いがわかる。

今まで関西は出張のとんぼ返りや、旅行にしてもピンポイントで1~2泊程度がせいぜいだったが、ちょっと鉄道を使って足を延ばしてみよう、と思う関西鉄道初心者にとっては、電車と終着駅の魅力を伝える格好のガイドブックになっている。

★3.5

コメント

『今までにない職業をつくる』

2018-07-29 | 乱読日記
甲野善紀さんはすごい。
一度講演会に参加したが、本を読んでも凄さが伝わってくる。
といって、本だけ読んで実践につなげられない自分がいる。

猫に小判という意味で★2.5

コメント

『万引き家族』

2018-06-16 | キネマ
「血縁」と「制度」で成立っている普通の家族へ、「つながり」と「場」だけで成立っている家族の側から問いかける映画。
俳優陣の演技はどれも光るが、中でも安藤サクラが圧倒的。

ただ、歳のせいで最近耳が遠くなり、リリー・フランキーのぼそぼそとしたしゃべり、特にラストシーン直前の子供との寝床でのクライマックスの会話が、聞き取りにくいことの方に注意が行ってしまってインパクトが割り引かれてしまった。
翌朝のやり取りで想像ができたが、山場を逃してしまった感があったのは残念だった。

翌日書店でノベライズ本の最後の部分だけ立ち読みして確認したが、このセリフをその場でぶっこまれていたら最後はかなり泣いたと思う。

脚本もセリフにこめられた伏線と回収が後から考えると緻密に計算されているので、「聞き逃し問題」も含めてもう一度観てみようと思う。


(以下ネタバレあり)



冒頭は一家の特殊な構成とそれぞれの「仕事」が描かれるが、誰と誰が血のつながりがあるのか?ないならばなぜ一緒に住んでいるのかについては断片的なヒントだけ提示しながら、話は進んでいく。同時に、家族制度以外の「制度」の厳しさと戦う一家が描かれる。
祖母(樹木希林)の死をきっかけに話は大きく展開する。

なぜ、祖母の死を隠すのか、年金目当てよりはボロ家とはいえ一戸建てを相続して売却したほうがよほど金になるのに、と思いながら、最初の方で祖母が家の売却話を断り続けてきたことを思い出す。つまり、誰も相続できないのではないか。

そして、母信代(安藤サクラ)が祖母の年金を引き出して息子祥太(城桧吏)との帰り道が転換点になる。
祥太の万引き稼業についての質問への信代の「お店がつぶれなければいいんじゃない?」という答えと、万引きを見逃してくれていた駄菓子屋の閉店(実際はオヤジが死んだのだが祥太「つぶれたのかな?」と思う)、そして祥太にとって妹となった冒頭に家族に加わったりん(佐々木みゆ)を守りたい気持ちがひとつになったことで、逆に一家の崩壊が加速してゆく。

崩壊の過程は、「つながり」対「制度」の戦いの場であり、制度側が圧倒的な強さで一家を蹂躙していく。そのなかで、祥太を思う「父母」(信代と治(リリー・フランキー))の愛情とそれを受け止める祥太の関係がクライマックスとなる。

家族が崩壊した後、戸籍上の家族のつながりからはずれてしまった(ここの描かれ方も秀逸)妹亜紀(松岡茉優)が無人となった家を訪ねる。そこで、祖母も「つながり」と「場」を維持するために家を売らなかったことがわかる。

ラストシーンで虐待する両親のもとに戻されたりんの描かれ方が、制度の冷酷さを象徴している。


「制度」の側に首まで浸かっている身としては、作品のエンディングとは別に、信代が制度を利用して虐待を通報する、という後日談があることを期待してしまった。





コメント

『バーフバリ 王の凱旋』

2018-06-10 | キネマ
面白かった。
予告編のコピーにもあるように「映画の面白さ、ここに極まる」という映画。

予習がてら『伝説誕生』の方をビデオで観たが、やはりこれは映画館で観ないといけない。

勧善懲悪+人間の持つ強さと弱さ、を大きなスケールと映像技術で描くという点では『ロード・オブ・ザ・リング』よりも冗長な部分がなく、わかりやすくて楽しかった。

予告編にも出てくるのでネタバレご容赦ではあるが、イギリスの植民地時代に生まれたSwan Carの船版--たぶん発案者や当時見た人はこういうイメージを持っていたのではないかというそのもの--が出てきたのには笑った。


コメント

『犬ヶ島 Isle of Dogs』

2018-06-09 | キネマ
背景や小物のディテールが凝っていて楽しめる。
音楽も効果的。

「近未来の日本」が舞台といいながら、昭和っぽい日本や「クールジャパン」っぽいものが描かれているのは皮肉なんだろうか?


前作『グランド・ブダペスト・ホテル』も歴史的・文化的背景がわかっていると、より楽しめたんだろうなと改めて思った。

コメント

『お世話され上手』

2018-05-06 | 乱読日記
お寺の住職かつ宗教研究者である著者が、自らが営むグループホームの経験から介護する側・される側について、そして「救い」とは何かを語る本。

そう遠くない将来に直面するであろう親の介護の参考に、と思って読み始めたが、実はその先にある「墓をどうする」=墓を建てた後のお寺との付き合いをどうするという問題意識により近い内容だった。

コミュニティの核ではなく葬式・法事だけでつながっているお寺との関係を改めて考えさせられた。

筆者のような問題意識を持った住職がもっと増えるといいのだが。

★3

コメント

『専業主婦は2億円損をする』

2018-05-05 | 乱読日記
橘玲の若い女性向けの雑誌の連載を本にしたもの(なんで買ったのだか覚えていない)

この本は一言でいえば経済的な自由をもつことの大事さを独身女性に説いた本。
タイトルのあおり方に比べると中身はまとも(普通、ともいえるが)

政府の「女性活躍支援」ももっともらしい大義名分をやめて、本書のような「損得」の切り口で議論した方がいいんじゃないかと思う。

★2.5

コメント