一寸の虫に五寸釘

だから一言余計なんだって・・・

『万引き家族』

2018-06-16 | キネマ
「血縁」と「制度」で成立っている普通の家族へ、「つながり」と「場」だけで成立っている家族の側から問いかける映画。
俳優陣の演技はどれも光るが、中でも安藤サクラが圧倒的。

ただ、歳のせいで最近耳が遠くなり、リリー・フランキーのぼそぼそとしたしゃべり、特にラストシーン直前の子供との寝床でのクライマックスの会話が、聞き取りにくいことの方に注意が行ってしまってインパクトが割り引かれてしまった。
翌朝のやり取りで想像ができたが、山場を逃してしまった感があったのは残念だった。

翌日書店でノベライズ本の最後の部分だけ立ち読みして確認したが、このセリフをその場でぶっこまれていたら最後はかなり泣いたと思う。

脚本もセリフにこめられた伏線と回収が後から考えると緻密に計算されているので、「聞き逃し問題」も含めてもう一度観てみようと思う。


(以下ネタバレあり)



冒頭は一家の特殊な構成とそれぞれの「仕事」が描かれるが、誰と誰が血のつながりがあるのか?ないならばなぜ一緒に住んでいるのかについては断片的なヒントだけ提示しながら、話は進んでいく。同時に、家族制度以外の「制度」の厳しさと戦う一家が描かれる。
祖母(樹木希林)の死をきっかけに話は大きく展開する。

なぜ、祖母の死を隠すのか、年金目当てよりはボロ家とはいえ一戸建てを相続して売却したほうがよほど金になるのに、と思いながら、最初の方で祖母が家の売却話を断り続けてきたことを思い出す。つまり、誰も相続できないのではないか。

そして、母信代(安藤サクラ)が祖母の年金を引き出して息子祥太(城桧吏)との帰り道が転換点になる。
祥太の万引き稼業についての質問への信代の「お店がつぶれなければいいんじゃない?」という答えと、万引きを見逃してくれていた駄菓子屋の閉店(実際はオヤジが死んだのだが祥太「つぶれたのかな?」と思う)、そして祥太にとって妹となった冒頭に家族に加わったりん(佐々木みゆ)を守りたい気持ちがひとつになったことで、逆に一家の崩壊が加速してゆく。

崩壊の過程は、「つながり」対「制度」の戦いの場であり、制度側が圧倒的な強さで一家を蹂躙していく。そのなかで、祥太を思う「父母」(信代と治(リリー・フランキー))の愛情とそれを受け止める祥太の関係がクライマックスとなる。

家族が崩壊した後、戸籍上の家族のつながりからはずれてしまった(ここの描かれ方も秀逸)妹亜紀(松岡茉優)が無人となった家を訪ねる。そこで、祖母も「つながり」と「場」を維持するために家を売らなかったことがわかる。

ラストシーンで虐待する両親のもとに戻されたりんの描かれ方が、制度の冷酷さを象徴している。


「制度」の側に首まで浸かっている身としては、作品のエンディングとは別に、信代が制度を利用して虐待を通報する、という後日談があることを期待してしまった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『バーフバリ 王の凱旋』

2018-06-10 | キネマ
面白かった。
予告編のコピーにもあるように「映画の面白さ、ここに極まる」という映画。

予習がてら『伝説誕生』の方をビデオで観たが、やはりこれは映画館で観ないといけない。

勧善懲悪+人間の持つ強さと弱さ、を大きなスケールと映像技術で描くという点では『ロード・オブ・ザ・リング』よりも冗長な部分がなく、わかりやすくて楽しかった。

予告編にも出てくるのでネタバレご容赦ではあるが、イギリスの植民地時代に生まれたSwan Carの船版--たぶん発案者や当時見た人はこういうイメージを持っていたのではないかというそのもの--が出てきたのには笑った。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『犬ヶ島 Isle of Dogs』

2018-06-09 | キネマ
背景や小物のディテールが凝っていて楽しめる。
音楽も効果的。

「近未来の日本」が舞台といいながら、昭和っぽい日本や「クールジャパン」っぽいものが描かれているのは皮肉なんだろうか?


前作『グランド・ブダペスト・ホテル』も歴史的・文化的背景がわかっていると、より楽しめたんだろうなと改めて思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『お世話され上手』

2018-05-06 | 乱読日記
お寺の住職かつ宗教研究者である著者が、自らが営むグループホームの経験から介護する側・される側について、そして「救い」とは何かを語る本。

そう遠くない将来に直面するであろう親の介護の参考に、と思って読み始めたが、実はその先にある「墓をどうする」=墓を建てた後のお寺との付き合いをどうするという問題意識により近い内容だった。

コミュニティの核ではなく葬式・法事だけでつながっているお寺との関係を改めて考えさせられた。

筆者のような問題意識を持った住職がもっと増えるといいのだが。

★3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『専業主婦は2億円損をする』

2018-05-05 | 乱読日記
橘玲の若い女性向けの雑誌の連載を本にしたもの(なんで買ったのだか覚えていない)

この本は一言でいえば経済的な自由をもつことの大事さを独身女性に説いた本。
タイトルのあおり方に比べると中身はまとも(普通、ともいえるが)

政府の「女性活躍支援」ももっともらしい大義名分をやめて、本書のような「損得」の切り口で議論した方がいいんじゃないかと思う。

★2.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』

2018-05-04 | 乱読日記
GW恒例の蔵書と積読処分のなかでななめ読み。

何年か前のベストセラー。

アドラーという人の心理学の解説本で、とっつきやすさのための対話形式なのだろうが、小芝居が気になってかえって気が散る。

ものの考え方、という意味では参考になるところが結構ある。

これが「心理学」なんだろうか?という疑問は最後まで残ったが(入門書なので仕方ないかもしれないが)


★2.5







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『シェイプ・オブ・ウォーター』

2018-03-21 | キネマ

(ネタバレあり)

アカデミー賞作品賞受賞効果(自分もその一人)で映画館は満席

突拍子もない設定ではあるが、マイノリティが今以上に差別され、悪役は悪役然としていた1960年代を舞台にすることで、ストーリーに厚みと妙なリアリティが出ている。
伏線の回収もしっかりしていて、派手なストーリー展開がなくても楽しめる。
映画に登場する当時の音楽に詳しければもっと楽しめたと思う。



最後「(逆)蒲田くん」がオチだったとは。

★3.5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』

2018-03-18 | 乱読日記
良書。
女性の労働参加率の低さ、出生率の低下という日本が直面している課題を、スウェーデンとアメリカという「大きな政府」と「小さな政府」という正反対に位置する国が、それぞれ比較的良好なパフォーマンスを示してきたことを過去に遡って分析しながら、日本においてどのような政策が有効であるのかを論じた本。

著者は「労働力と出生力の維持拡大」を目標として政策を選択すべきと説く。

日本では1970年代以降の経済不況を背景に、政府が福祉を「企業と家族」に委託する政策をとったため、企業は無限定な働き方を前提とする安定雇用を通じて男性の所得を維持させ、上の両国と異なり「共働き」社会への移行のチャンスを逃すことになったと分析する。
そして、無限定な働き方を前提としながら導入された均等法が結果的に女性の活用を遠ざけてしまったことなどを指摘する。

それ以外にも、未婚化の原因分析、日本で男女の家事分担の進まない理由、ケアワークなどが大幅な効率化が見込めない理由、家族間の格差の問題など示唆に富む指摘が多い。

★5


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

2018-02-19 | 乱読日記
考えさせられた。

前半ではAIにできること、できないことを、世間の誤解も含めて明快に解説している。
後半では本来AIに対して優位に立つべき「意味を読み取る力」が落ちている現状を大規模に実施したリーディングスキルテストの結果をもとに厳然たる事実として提示している(大人も含めてなので今に始まったことではないのかもしれない)

印象的だったのが、AIは観測も数量化もできないことは無視してサンプルとの差を最少となることを目標とする、すなわち真の世界と確率を意図的に混同しているというところと、「学」から始まる単語を見ると「学級」でも「学年」でも「学業」でも全部「がっこう」と読む生徒になぜか、と訊ねたところ「その方がよく当たるから」と答えた、という話。

ドリルと暗記だけでそこそこの大学までは行けてしまう(のでそこそこの会社には入れてしまう)という現状は「AIに淘汰される仕事」以前に「人間がAIのレベルに下りて行っている」という自殺行為であり、それを止めないとAIが進歩しなかったとしても先がないように思える。

「東ロボ君」プロジェクトを主導し、現在は中高生の読解力をあげるための研究開発をしている著者の、現状へのいらだちが伝わってくる。

★5



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『主権なき平和国家 地位協定の国際比較からみる日本の姿 』

2018-02-12 | 乱読日記

共著者の伊勢崎賢治氏は最近メディアやtwitterなどで盛んに情報発信しているが、本書は日米地位協定と今の日本の主権のありようについて、過去の歴史や他国の事情も含めて詳しく説明している。
憲法改正について考える前に必読の書だと思う。

憲法とは、国家の骨格を決めるものです。しかし、今の日本は、日米地位協定によって、国家から主権が骨抜きにされている状態です。主権を回復せずに改憲を論じても仕方がありません。国論を二分する改憲論議をする前に、まずは政府と国民が一つになって地位協定の根本的な改定に取り組み、主権国家としてアメリカと「対等」な関係をつくりなおすべきではないでしょうか。

 ちなみに、自民党内でも2003年に「日米地位協定の改定を実現し日米の真のパートナーシップを確立する会」という議連が日米地位協定の改定案を出したことがあった。その時の議連の幹事長が現外務大臣の河野太郎衆議院議員であり、当時の発言からも地位協定の問題点は十分認識していると思われる。
憲法改正議論になった時に河野太郎外務大臣の身の処し方に注目したい。

★5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加