旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降、新規の主要な記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
で書いています。 

フィル・カンパニー SBIポイント200は必要

2016-11-14 21:21:00 | 株式投資・資産運用
フィル・カンパニー SBIポイント200は必要

フィル・カンパニーですが、SBIポイントでもらうには
やはり200ポイントは必要だったようですね。

190以下では厳しかった模様です。

まあ、ここから先は、保有ポイントについては1銘柄1ポイントずつ
増加をしていきますし、上位の200ポイント以上の保有者は、
ポイントを使うことによって抜けていきますので、
フィル・カンパニーと同程度のパフォーマンスが期待できる銘柄
当選の確率はだんだんと高くはなってきます。

ただ、前評判がかなりよくて、公募価格設定などから、1単位でも
かなりの利益が期待されるような銘柄の場合、かなりのポイントを
温存していた層が参加をしてくる可能性があり、そうなると、
また200程度では取れないという銘柄も出てきそうではありますが。

いいタイミングでポイントを投入し、それを大きな利益につなげられる
かどうかは、偶然、たまたまという要素もかなりはいってきますので、
自分の側だけどうまくコントロールするのはなかなか難しいですね。




コメント

カレンダーの戦い

2016-11-14 21:07:18 | 懸賞
カレンダーの戦い

 そろそろ来年のカレンダーの懸賞が増えてきました。

 毎年、「業務用」に転用する場合も含め、けっこう応募してきました。
現在は「業務用」需要はないですが、とりあえず例年どおり応募はしてみましょう。

 懸賞ではなくて、株主の隠れ優待、優待で届くカレンダーもあります。

 正規の優待にはなっていないけれど毎年届くのが、キヤノンと武田薬品。
 キヤノンは光学メーカーでカメラも世界トップクラスですから、きれいな壁掛けの写真カレンダーが届きます。
 武田薬品は、つながりのあった小磯良平画伯の絵の一枚物です。カレンダー部分はシンプルな数字で月めくり
だったと思うので、ここだけ活用するというのもあります。

 優待として毎年来るのは大和証券グループ。
 ここは吊り下げの6枚もの。絵が上品で、どこにでも合う感じなので、毎年、家で採用されて使っています。

 懸賞の方は、定番で既に実施されているところだと、
 信越化学、ダイキン、クラレ、日本触媒、OKI、日清紡、東洋タイヤなどかあります。
 いずれも、写真や絵はなかなかいいです。

 卓上ものだとUCCとか。

 まだのところだと大和ハウス、パナホームとか。

 さて、今年はいくつ当たりますか。
コメント

知識ゼロでも大丈夫! 基礎から応用までを体系的に学べる! 株式投資の学校[入門編]

2016-11-14 20:39:55 | 株式投資・資産運用
知識ゼロでも大丈夫! 基礎から応用までを体系的に学べる! 株式投資の学校[入門編]
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社


 図書館本。他の自治体から取り寄せてくれました。

 これは入院中に読んだものです。

株式投資の学校 入門編 ファイナンシャルアカデミー編著

ダイヤモンド社の書籍。

一見、個人投資家向けの入門書として、幅広い内容を掲載しており、
よい書籍のように見えるかもしれないが、多くの書籍にも見られる
ある意味致命的な欠点が本書にもあり、すすめがたい。

「多くの書籍にも見られるある意味致命的な欠点」とは、
とりあげられる事例の選択が恣意的であり、後講釈的に自説に合うような事例
を紹介しているにすぎないと思われるという点。

これを言い出すと、極言すると、個別の事例の紹介などできないということ
になってしまいかねないので、なにを適切な事例紹介と判断するかというの
は実は難しい。

誠実なのは、あえて自説にあてはまらないような事例も紹介することにより、
書籍としては、視点、切り口の提示をすることにとどめ、実際の判断は
投資家自身にゆだねるようなスタンスかもしれませんが、
そんな曖昧というか、弱気というか、しょぼい本は、多くの人は読みたくは
ないでしょう。

本書では個人投資家がとるべき投資方法として、中期での小型株への分散投資
といった特定の方法、スタイルをすすめている。

すすめてくれるのはいいのだがが、
そもそも個人投資家とひとくくりにいっても、その投資目標、資金量、
生活条件、性格、好み、耐性等は実に様々であり、
一律にどのようなスタイル、方法が適当かなどと規定することは、ある意味、
不遜であり、かつ傲慢、不適切であるとも考えられます。

定年後の個人投資家がリスク管理のもとでスキャル的なデイトレを行うのは、
ぼけ防止には最適かもしれない(まじで)。

唐突に株価がぶっとぶ小型株よりも、値動きがゆっくりで、ポジジョンを取りやすい
大型株の方が好きだいう個人投資家も少なくないかもしれない。
等々、
結局のところ、自分自身に合った投資方法や投資スタンスは自分で確立していくしか
ないものであり、そういう意味では投資に際しては、投資的な視点で「自分自身
を知る」こが強く求められると言えよう。

本書にはこういう視点で言及された内容はなかったような・・・。

ということで、あれこれ書いてある内容は、分量としては「そりゃそうね」と納得できる
ところが多いけれど、どうも、本の性格というか本質的なところで納得できかねる気がした。
コメント

湯を沸かすほどの熱い愛

2016-11-14 19:13:45 | 映画テレビメディア
湯を沸かすほどの熱い愛


 本日、東映の優待券で観賞。京都駅南のTジョイです。

 宮沢りえさんは、映画もだし、舞台もだし、存在感のある役者さんになりましたね。

 彼女が余命いくばくもない癌であることがわかり、まあ、そこから亡くなるまでの物語。

といえばそうなのですが、作品としては、ややこしくしんどい人間関係をあれこれ盛り込みすぎ
という感じがあり、そこらがやや整理されるとスッキリしたかなと思います。

 この作品を見て思うことは、やはり「人の死に様」ということでした。

 不慮の死などでどうにもならない場合というのはあると思いますが、

 やはり「堂々と」した死は周囲の人にポジティブな影響を残すと思います。

 というのは、自分の母親がそうだったから。

 自分も、まあ、そんなに「下手」な死に方はできないなと思っています。

 そんなことを思い返させてくれた作品でした。

 それと、オダギリ・ジョーさんは、なんというか、しょうがないやっちゃなー的な男の役という
のはよく似合うし、うまいですね。



コメント

6044三機サービス 829円 100株 売

2016-11-14 10:19:51 | 株式投資・資産運用
6044三機サービス 829円 100株 売

2日に780円買いからです。

ま、ぼちぼちと。

また下落すれば買い戻しです。

8876リログループには、IRに株式分割について質問をしています。
何かコメントがあればまたお知らせします。
コメント