餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

見てても肩が凝るよ

2019-01-12 22:03:39 | アート・文化

「息を呑む繊細美 切り絵アート展」を見て来ました。

日本を代表する切り絵作家11人による展覧会です。一口に切り絵と言っても技巧が色々あるものだなと。ハサミありカッターあり、従来の民芸調のものもあれば、アールヌーボーあり。線で描けるものは切り絵でもできるのだなと。絵よりも紙という厚みが存在感があります。流麗なカリグラフィーあり、本のように紙を重ねて切って輪郭線が金属のように厚みのあるもの、防水の紙で作った繊細なネックレス。驚いたのは普通の絵のようなのですが両面に絵があり、前から光を当てたものと後ろから光を当てたもので違う絵が浮き出る切り絵がありました。すごかったです。鯉が多かったのが嬉しいけど金魚がなかったのがちょっと寂しい。

ファッション美術館でしていたのですが、常設展の服がかなり変わっていました。最近のデザイナーの人の作品が増えている。楽しかったです。

コメント

結構描き直している

2019-01-07 22:03:40 | アート・文化

「ミラクル エッシャー展」と「おさるのジョージ展」に行って来ました。

「ミラクル-」エッシャーの展覧会ってよく行っているので大体見ていると思うのですが、エッシャーすごい。まだまだ知らない作品があります。聖書の絵を描いていた事もあってバベルの塔がありました。大抵見上げる構図が多いのにエッシャーのは上から。今回展覧会で面白いのはタイトルの下にエッシャーの一生グラフがあって線の中にその作品が描かれた年が点でうってあります。これは若い頃これは晩年の作品とわかるようになっていました。これは便利。

「おさるの-」この間見た映画にそった展覧会でした(2018.12.22参照)。絵がふんわりしているのに的確でもありかわいい。白い壁を見ていたら絵が描きたくなる。まあね。アーティスト魂がうずくのね。

山本弘「君の知らない方程式 BISビブリオバトル部」読了。

この前の終わり方も衝撃的でしたけどこれもまた、大変そうな。今回はライトノベルに焦点があててありました。漫画は市民権を得て来ましたが、ラノベはまだちゃんとした本とは扱われていないと。ハチャメチャなのありますしね。普通のでもあるのに。結局どれがチャンプ本になったのでしょう。

コメント

リンゴかもしれない

2019-01-05 22:38:44 | アート・文化

「MOE 40th Anniversary 5人展」に行って来ました。

MOEで活躍する絵本作家、5人島田ゆか、酒井駒子、ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケ、なかやみわさんの展覧会です。酒井駒子さんの絵、むっちゃ雰囲気があります。女の子がかわいい。ヒグチユウコさんはすごい雰囲気。島田ゆかさんは背景の細かいところが気になる。なかやみわさんは野菜がかわいい。ヨシタケシンスケさんはとにかく面白い。唯一原画が白黒でした。あ、指定なんだと思ったら、色つけたらあまりの下手さにデザイナーさんがつけているとか(本人談)。読んでいたら結構時間がかかりました。最後の読書コーナーがねばれず。それが残念。

コメント

メリークリスマス!

2018-12-24 23:01:46 | アート・文化

「GOOD DESIGN AWERD 神戸展」に行って来ました。東京以外では初めてとなる大規模グッドデザイン賞展だそうです。ロングライフデザインやグッドデザイン・ベスト100などが紹介されています。これは知らなかったから、身近にありすぎてこれグッドデザインだったのかまで。カップヌードルやSuicaのカードなどロングデザインに、今年の受賞作として新生aiboとかありました。それにものだけでなくぬいぐるみ病院や地方芸術祭の取り組みアプリまでありました。範囲は広いのね。あまり意識していませんが日常の色々なところにデザインは生きているみたいです。

注文していたケーキを撮りに行き友人と夕飯を食べてから帰宅。別腹でケーキを食べました。今日は何も考えないぞ。

コメント

祭りじゃ獺祭りじゃ

2018-12-21 22:50:33 | アート・文化

「どうぶつ俳句の森」と「ゴヤ、理性のねむり『ロス・カプリチョス』にみる奇想と創意展」を見て来ました。

「どうぶつ-」俳句に出て来る動物と動物の俳画です。ざっくりした感じが可愛い。日本酒で獺祭というのがあります。カワウソが岩の上に魚を並べている様子とか。まさにその獺祭の絵がありました。前に並べているのはまだいいですが、3匹木にさして万歳しているのがあります。確かに祭りです。可愛いじゃないですか。あとは酒よね。あと芭蕉の涅槃図がありました。真ん中に芭蕉が横になっていて回りを弟子や芭蕉の俳句に詠まれた動物や虫が悲しんでいる図。これおもしろかったです。虫まで泣いて(鳴いて?)います。

「ロス-」ゴヤの銅版画のシリーズですが皮肉が利きすぎていて2日で販売中止になったとか。枚数があるので近づいてみていたら腰が痛くなりました。細かいよ。なかなか嫌な時代を生きていますよね。

コメント