餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

最後のチャンスです

2018-09-20 23:28:23 | アート・文化

「横尾忠則 在庫一掃大放出」を見て来ました。横尾忠則現代美術館は2012年に開館しました。今回の展覧会はデーマなし。出品作の基準はまだこの美術館で1度も展示されていないものだそうです。面白い。まず入ると赤い壁に白地でSALEの文字がいっぱい。受胎告知の様な絵にやはりSELEの文字がわらわらと書いてありました。それにスタッフが赤い法被、裾に白の市松。どこの電機量販店に来たかと思いましたよ。展示のしかたも一掃セールです。まっすぐに展示していなかったり壁に立てかけたままだったり。タイトルもコピーがテープで適当に貼ってあるし。展示壁の骨組みがむき出しのところも。業務スーパー感が。面白い。横尾忠則さんの油絵って文化祭っぽいと思いましたが、ますます文化祭っぽい感じが。いい感じです。「展示作品を販売するものではありません」の字がやけに小さかったです。

コメント

水が豊過ぎる山水画

2018-09-09 22:14:04 | アート・文化

「目からウロコミュージアム」「181枚の記憶 -高松市美術館特別展の歩み-」「和とモダン -金工家・北原千鹿-」「シルクロード新世紀 ヒトが動き、モノが動く」「生きている山水 -盧山をのぞむ古今のまなざし-」に行って来ました。

弾丸ミュージアムツアー。高松に行き、香川ミュージアム、高松市美術館を見て岡山に戻り岡山市立オリエント美術館、岡山県立美術館を見て来ました。

「目から-」魚型のポーチがあって、各色に関する美術品のコーナーでその色のウロコを1枚づつもらうようになっていました。魚が可愛い。悪い夢を食べてくれるという貘型の枕があって頭を置くと口がカパッと開くようになっていました。しかし牙がリアルで顔が怖い。寝せると子どもが泣いたとありました。さもあらん。

「181枚-」今までの特別展の歩みを作品を並べて紹介してありました。リキテンシュタインがあったのか。行きたかった。蜷川実花さん一番人気。

「和と-」この方のカエルが好きです。今回は1点だけありました。かわいい。

「シルクロード-」正倉院に納められているガラス器などどこのいつの物かが追われていました。高級品ほど遠くに行くというのに納得。いい物でないと遠くに運ぶ意味がないものね。

「生きている-」盧山って古代中国の理想郷なんでしょうか。中国の古い山水画と山部泰司さんが描いた現代の山水がかわりばんこに展示してありました。山部さんのは割合ザクザクと赤一色か青一色で描いてあるのですが、どうも生々しい気が。よく考えたら最近よく見た光景だからです。水量が多すぎて根元や葉っぱが埋まっているよ。これ決壊した川の光景じゃないですか。水が木の間をドウドウと流れていました。なんだか迫って来て怖い絵です。

コメント

ねこバスの大きいの

2018-09-08 23:20:49 | アート・文化

「2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」に行って来ました。

毎年開催されているのですが、毎回凝ったイラストが集まります。緻密だったり、落書きのようだったり、ド派手だったり。可愛いのも可愛くないのも不気味なのも。今年は何だかカラスが多かったです。日本人の入選作には猫が多かったような。家ねこと言う作品があり、飼い猫かと思ったら家型の猫でした。なるほど。売店に海外の絵本があって女の子と金魚の本が。ううう、洋書は高い。すごく高い。でも翻訳されるかどうかわからないし、文字ほとんどないし。えいやっ(飛び降りた音)。ふー。おやつは軽くしよう(無くしなさい)。

コメント

仮面ライダー プレミアムアート展 1

2018-08-28 23:30:43 | アート・文化

8/25放送の「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」を見ていてそう言えば仮面ライダー プレミアムアート展に行った時写真を撮っていて、アップしていない事に気づきました。初代仮面ライダーです。

コメント

仮面ライダー プレミアムアート展 2

2018-08-28 23:28:59 | アート・文化

平成ライダーからフォーゼ。出たときは何だと思ったけど意外と整っています。

コメント