餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

この方存在が芸術品

2018-09-23 22:44:33 | 映画

映画「≒草間彌生 わたし大好き」を見て来ました。

空間恐怖症なのかと思うほど隙間があればどんどん描き込んでいます。たけしの誰でもピカソに出ているシーンがありました。あ、これ見てた。10年前の映画だったのね。草間彌生さんとそれを支えるスタッフさんの映画です。しかしインタビューの人が時々失礼。出来た絵の感想を聞かれて「とても晩年の作品には思えません」と。草間さん、わたし晩年なの?これは怒ってもいいレベルよね。勲章をもらえる時肩書きを何にしますかと聞かれて前衛芸術家にしていました。まさに画家ではなく芸術家です。書いているペンがマッキーに見えたけど何だったのでしょう。

コメント

それは大切な話だな

2018-09-19 23:44:30 | 映画

映画「3D彼女 リアルガール」を見て来ました。

すごい美少女とオタクの恋愛。展開は読めるけど楽しめます。中のアニメが出来がいい。本当に1本作ったのかな。オタクの子の台詞がすごい。何となくわかる。独り言のレベルではない(笑)。彼女綺麗だし友達がいいし。青春です。

コメント

縄文にハマる人続出

2018-09-18 21:13:34 | 映画

映画「縄文にハマる人々」を見て来ました。

濃いわ。そう言えば弥生も古墳時代も土器がシンプルなのに縄文って何と言うかはじけています。マヤとかインカとかに近いと思う。アイヌが弥生がなくてそのまま後縄文を保っているというのに何となく納得。文様が近いんです。学術っぽいのからスピリチュアルなのからいっちゃっているのまで、100人いたら100通りの縄文があると。全部並列扱いです。国宝展行った時縄文のヴィーナスの列長かったもんね。いい悪いでなく目が釘付けになるのよ。みなさんズブズブです。でも私は古代にまでははまらんぞ、たぶん。

コメント

大熊猫中熊猫子熊猫

2018-09-17 21:23:14 | 映画

映画「パンダコパンダ」と「西尾維新大辞典 京都編」「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険」を見て来ました。

「パンダ-」特別上映でした。あれ、ど根性ガエルの絵に見える。東京ムービーだからか。でもすでに宮崎さんらしい。トトロの面影やポニョの面影が。3匹のクマ好きですね。でも雨ふりサーカスの方、ヒア・アフターみたいに今は全国上映できないかも。綺麗なんですが。

「西尾-」挿絵とかかなと行ったら膨大な文字情報が。これ無茶苦茶時間かかりますよ。戯言シリーズアニメ化されていたのね。間があいて掟上今日子さんからまた読んでいます。でもイラストの中に金魚が何枚か。はがきあったら買いたい。グッズは無茶苦茶多かったのにはがきなし。うーん。そのうちぼつぼつ読みましょう。台詞が無茶苦茶いいんですよね。

「ピカソ-」ピカソは定型を破壊した人みたいに言われていますが、ものすごく古典を勉強しています。それが版画を見るとよくわかります。元の作品とインスピレーションを受けた作品が比較してありました。言われないとわかりませんけど。何故こうなったの?とは思ってしまいます。

日向夏「なぞとき遺跡発掘部 卑弥呼様はどちらにいますか?」読了。

考古学専攻の田中灯里はとても貧乏。時々タンポポをとって食べています。発掘のバイトは弁当が出るので好き。教授が一緒のときはご飯をたかったりします。勉強は熱心ではないですが感はいい。貴重な物も掘り当てますが不発弾も掘り当てます。で、先輩らと発掘にまつわる謎を解いたりしています。食べ物に意地汚いのが可愛く見えて来るから不思議です。後輩には絶対欲しくないですが。

コメント

小説に作者の分際で

2018-09-16 23:24:23 | 映画

樹木希林さんの訃報にびっくり。未だにジュリー!を思い出します。ご冥福をお祈りいたします。

映画「響 HIBIKI」と「Ainu ひと」を見て来ました。

「響-」うまくつなげているなと思いました。カナちゃんがいない。響の好きな小説家と面白くない小説家への態度の差が面白い。木蓮新人賞同時受賞の彼が褒めているのが意外。そこで終わるのね。妥当かもしれません。リカちゃん可愛いし、響は雰囲気がありました。

「Aine-」今も北海道に暮らすアイヌ民族の文化や暮らしに密着したドキュメンタリー。今年チラシの木彫りに一目惚れして国立民族博物館へ行きました(2018.3.12参照)。リアルなクマが可愛かったですがその彫刻家の方がアイヌ文化を継承している藤戸竹代喜さん。アイヌの映画ということでちょっと気になって見て来ました。監督と出演されたご夫婦の舞台挨拶付きでした。すごい。この文化を消そうとしたなんて日本政府何するんですか。犬が2匹いたのですがこれはひょっとしてお父さん?文化は違うのですが作業の様子とか何か懐かしい古い日本を見る気がしました。言葉はもうまったくわかりません。

コメント