「エレクトリック・ギター革命史」

2018-09-22 17:05:47 | Music Life
ブラッド・トリンスキー、アラン・ディ・ペルナ「エレクトリック・ギター革命史」

ギターに関する本であればとりあえず読んでおこうと思っているので、今回も手に取ってみたわけだが、この本は原題に「Play It Loud」とあるように、ギターが大音量を獲得するためにどのような工夫がなされてきたかをたどるものであり、そうして生まれたエレクトリックギターの歴史を革命の歴史としてとらえ記述していくもの。

この革命の担い手には二つのタイプがある。一つは技術者であり、もう一つはギタリストである。
技術者といっても、もともとはギタリストであった場合も多いのだが、彼らはギターの音を大きくするために、ギターそのものを改良していった存在である。この本の前半はギターにコーンを仕込んだリゾネーターギターやピックアップを搭載することで弦の振動音を拾い、アンプによって増幅させるエレクトリックギターを開発した技術者の歴史が記述されている。ジョージ・ビーチャム、アルフレッド・リッケンバッカー、レス・ポール、ポール・ビグスビー、レオ・フェンダーといった名前を挙げれば、自ずと開発の歴史が紡がれるというものだ。

この著者の立場なのか、一般的なものなのかはさておき、フェンダーのストラトキャスターとギブソンのレスポールの登場によって、エレクトリック・ギターはひとまずの完成を見る。そうだとしたら、それ以降の革命はギターを弾くギタリストが担っていくことになる。開発者の意図を超えて、まったく予想もされなかった使い方によって、エレクトリック・ギターのサウンドに革命が起こる。

ジミ・ヘンドリックスのアームの使い方を見てレオ・フェンダーが激怒したというのは有名な話であるが、ギターを弾くという行為がステージでのパフォーマンスとしてアクロバティックな要素を増していくようになるのが60年代後半くらいからのこと。ギターを破壊したり、背中に回して弾いたり、歯で弾いたり、火をつけたり。こうした革命を経て70年代後半になるとエドワード・ヴァン・ヘイレンが登場し、奏法自体に革命が起きる。そしてスティーヴ・ヴァイによるそうした奏法の発展形が示されて、ギタリスト側からの革命はひとまずの完成を見る。

それ以降の革命は既存のものの再利用であったり、組み合わせの妙を狙ったりだったりとオルタネイティヴなものとして出てくる。技術者の側からはポール・リード・スミスが登場し、ギタリストの側からはジャック・ホワイトやダン・オーバックのような存在が登場する。彼らはそれまでゴミのような扱いしか受けてこなかったようなギターやアンプを敢えて使うことで独自のサウンドを生み出した。

とまあ、大まかにいえば、こういった一連の流れが記述されているということなのだが、この本には目新しい事柄が盛り込まれているわけではないにせよ、その分厚い量を一気に読み終わらせる程度には面白い本になっているということはできるだろう。

さて、「だの研」的には、やはり指摘しておかなければならないことが一つある。それは、この本にはダンエレクトロのような後発メーカーによる「革命」の記述が欠けているということである。
コメント

Gibson BR-9

2018-08-27 13:25:29 | Other Amps


ギブソンのBR-9はラップスチールギターとセットで販売されていた。第二次世界大戦後ハワイアン・ミュージックが流行し、ラップスチールギターを学ぶ人が増加したことから、このモデルは音楽教室を通じて1948年から1955年頃まで販売されたという。文字通りのスチューデント・モデルなのである。

このアンプは出力は10w程度、使用される真空管は5Y3、6SN7、そして6V6が2本である。フィールドコイルの8インチスピーカーを搭載している。
サイズは高さが33センチ、幅が44センチ、奥行きが17センチで小さく、扱いやすいもの。コントロール類は背面にまとめられており、2つのインプット(先生と生徒がセッションするために2つあるのだそうだ)、電源のON/OFFスイッチ、そしてヴォリュームノブが一つだけある。

このアンプから得られるサウンドの特徴はウォームなクリーンサウンドであまり歪まないが、ブルージーな雰囲気を醸し出すにはとてもよいアンプ。

コメント

Magnatone Varsity M-197-3-V

2018-08-06 21:49:00 | Other Amps
マグナトーンの歴史は1930年代後半にさかのぼる。
ディッカーソン・ミュージカル・インストルメント・カンパニーがマグナトーンの前身で、アンプやスチール・ギターを製造していた。それをガストン・フェイター・ギター・スタジオが1940年頃に買収し、さらに1946年にアート・デュアメルがその会社を買い取ることとなった。それを機に、社名はマグナ・エレクトロニクス・カンパニーと改められ、ブランド名はマグナトーンとなったのであった。



Magnatone Varsity M-197-3-V
マグナトーンのこのアンプはスチールギター用につくられたアンプで、1948年から1952年頃まで生産された。筐体のサイズは高さ24センチ、幅25センチ、奥行きが13.5センチほどのとても小さいものである。出力は5W程度で、インプットは2つ、電源スイッチを兼ねたヴォリュームコントロールが1つある。真空管はプリ部に6SJ7、パワー部に6V6GT、整流管には5Y3が使用されていて、スピーカーはオックスフォードの8インチが搭載されている。これらの小さいアンプは現在でも比較的安値で購入することができ、そのサウンドは、同時代を代表する小型アンプであるフェンダーのツイード・チャンプに勝るとも劣らないことから、「チャンプ・キラー」と呼ばれたりもする。

コメント

Marshall Mercury

2018-07-14 01:18:31 | Other Amps


マーシャル・マーキュリーは1972年から1973年までメールオーダーのみで販売されたモデルである。

基本的にはイギリス国内だけで販売されたようで、117V仕様のものはない。なので、アメリカや日本で見かけるものは、トランスが交換されているか、ステップダウントランスをかまして使うものかのどちらかになっているはず。私が入手したものはステップダウントランスが付属していたが、邪魔なので、トランスを交換してもらった。

マーシャルはいわゆるスチューデントモデル的なアンプをあまり作ってこなかった。今でこそ、5wクラスのものや1wクラスのものなどを作ったりしていたが、そのカテゴリーに対応するモデルがマーキュリーであり、カプリであると言える。

マーキュリーのサイズは縦47cm、横47cm、奥行き22cmの手頃なサイズ感であり、ミュージックマンと同様、チューブとトランジスタのハイブリッドアンプである。インプットはLoとHiの2つあるが、ゲインの違いというよりはトーンの違いのように感じられる。また、トレモロが内蔵されているが、回路的な問題があり、他のメーカーのトレモロのようには大きな変化はしない。

このモデルにおいても、歯切れがよく、高音域が強調されたマーシャルらしいサウンドは健在。

赤いトーレックスの筐体と金のパネルに大きく書かれたMarshallの文字とあいまって、かわいらしい雰囲気を醸し出している。

コメント

Full Bell U1

2018-07-10 20:01:47 | Dano Guitars


この赤いU1モデルは、1955年頃に生産されていたものである。カタログによれば、U1(1ピックアップ)とU2(2ピックアップ)に12色のカラーが採用され、ダンエレクトロのオリジナルモデルの中では、極めてカラフルなものになっている。



ヘッドは接ぎヘッドであり、ギブソンのギターのような角度がつけられている。



このギターのヘッドはその鐘のような形状からFull Bell Headと呼ばれている。このヘッドは極く初期のモデルに採用され、1955年の後半にはいわゆるCoke Bottle Headに変更されていく。もう一つの特徴としてはロゴがプレキシ板に印字され、ネジ止めされているところである。



ネックは縦に3層構造となっていて、真ん中はアルミである。触ってみると冷たく感じる。アルミを真ん中に通したのはネックが反らないために施された工夫であるが、これも初期のモデルにしか採用されていない。

サウンドはネックがアルミのせいか、若干硬く、金属質に感じられる。ネックは厚めで角材を握っているようにも感じられるが、慣れてしまえば演奏そのものに支障をきたすほどのものではない。

いずれにしても、生産された当時はそれほど売れなかったのだろう、今ではほとんど見かけることのないレアなモデルとなっている。
コメント

ダンエレ女子を探せ(18)

2018-07-07 14:23:43 | Dano Girls


(from left to right)

Brandi Sidoryk(Sidney York):DEAD ON 67
Elizabeth Wyld:Dano PRO
Rosella Carmesi:56PRO
Natalie Trueno Negro(Srta Trueno Negro):DC3
Abbie Cardwell:56PRO
Anna Lies(The Vaughns):Dano 63
Sylvia Izabella(Kill to Kill):Danelectro U2
Lizzie Weber:Danelectro U2
Julia Lieby:Hodad
Casey Lou:U3
Anouck bz:Dano PRO
St.Maane:Dano PRO
Chelsea Baab:Danelectro 59DC
白石麻衣(乃木坂46):Danelectro 59DC
Jade Taffe(Heirloom):Danelectro 56 Bass
コメント

tuners

2018-03-15 19:08:26 | Dano Effects


ダンエレクトロのミニペダルシリーズには2タイプのチューナーがある。ひとつはギター・ベース用チューナー(DJ-11)で、もうひとつはクロマティック・チューナー(DJ-25)であり、どちらも青系の筐体である。

一般的にはあまり知られていないことのようであるが、これらのチューナーにももちろんそれなりの名前はつけられていて、DJ-11は「Lemon Pitcher」、DJ-25は「Blueberry Muffin」という。「レモンピッチャー」となったのは、ディスプレイ部の扇形がレモンの輪切りのように見え、しかも筐体全体の形が広口のピッチャーのように見えるからだろうと思われる。とはいえ、今まで食べ物の名前で通してきて、ここにきてレモンピッチャーとはいかがなものか、例えその中に入っているのがレモン水だとしても、かなり厳しい感じがする。それゆえ、この名前は次第にフェイドアウトしていくこととなった。

その後に登場したDJ-25は「ブルーベリーマフィン」と、一応は食べ物の名前になったのだが、これも単純に筐体の色から連想されただけのようなので、この名前もいつのまにかどこかへ消えてしまったのであった。このチューナーの後、ミニシリーズは18・19・23の、3つの欠番を残して終焉してしまった。

名前はともかくとして、これら2つのチューナーは、チューナーとしての精度とは別に致命的な欠陥がある。それは視認性がすこぶる悪いということである。エフェクトボードに組み込んで、ライブの合間にチューニングという状況では、ほとんど見えないのではないかと思われる。大昔なら、サイズが小さいチューナーであるということは大きなアドバンテージとなりえたかもしれないが、現在のように、手軽に扱えるクリップチューナーがあり、しかもその精度がかなり高くなっている状況においては、もはやこれら2つのチューナーの出る幕はなくなってしまったと言うほかないのではなかろうか。
コメント

Black Licorice

2018-03-13 21:28:27 | Dano Effects


ダンエレクトロのメタルディストーションにはBlack Coffeeのほかにもう一つある。それはBlack Licoriceといって、これもまた黒い筐体なのであった。

このペダルにはLEVELとBASS、そしてオクターブ下の音を出すためのミニスイッチがついている。ディストーションペダルであっても歪みを調節できないのは、Grilled Cheeseと同様である。

このペダルをBlack Licoriceと名づけたのはなぜか。その前に、このBlack Licoriceとはいったいどんな食べ物なのかを調べてみると、グミで有名なHARIBOのSCHNECKENと同様の菓子であった。これは漢方薬にも使われる甘草を主な原料とし、ひも状に長く伸ばしたものを渦巻きのようにしたものである。食べるときには渦状のものをびよーんと伸ばしながら少しずつ食べるわけだ。この菓子の歴史は古く、ヨーロッパの子どもたちには親しまれているらしいが、日本人の口には合わないようである。



Black Licoriceの複雑な味わいは「微妙な不味さ」と感じられる。この「微妙な不味さ」が菓子とペダルに共通する属性であるだろう。このペダルの持つオクターブ下の音はいつまでも消えずに口の中に残る不快な後味のようでもある。

この「微妙な不味さ」はもう一度食べてみようという気持ちを萎えさせるが、このペダルの方ももう一度踏んでみようという気持ちにさせない奇妙なものである。
コメント

Black Coffee

2018-03-06 19:50:08 | Dano Effects


ダンエレクトロはミニシリーズにおける歪みペダルについては、肉を食材とした料理に由来する名前をつけてきた。しかしながらここに紹介するペダルについてはこの限りではなく、「Black Coffee」とネーミングされた。

このペダルはメタルディストーションで筐体も黒い。こうした黒い筐体のメタルディストーションといえば、やはりBOSSのHm-2「Heavy Metal」が最初のものとなるだろうが、メタルと言えば黒というイメージが強いため、さすがのダンエレクトロといえども、そのイメージの呪縛に抗しきれなかったということだろう。であるならば黒い肉ではダメだったのだろうか。黒い肉というと、焼いたというよりは燃え焦げて炭のようになった肉であり、それはもはや料理もなければ食べ物でもないだろう。さすがのダンエレクトロといえどもこうしたネーミングを採用するわけにはいかない。



黒くてもよいものであればブラック・コーヒーあたりは無難なところであろう。しかしブラックコーヒーは苦味であり、それがメタルのイメージには結びつかないところがある。むしろブルースに近いのではないかとも思う。

そしてこのペダルにはLEVEL、BASS、TREBLEの3つのノブがあるのだが、それらの設定によっては意外にもBBキングのようなサウンドを出すことができるのである。このペダルはメタルディストーションとしては中途半端で、ブルージーなディストーションとして、というように、むしろ本来とは違った使われ方で評価されているペダルなのである。

例えば、以下の動画。

Blues Jam 08 + Danelectro Black Coffee Metal Distortion
コメント

PB&J

2018-03-01 19:18:30 | Dano Effects


ダンエレクトロのミニシリーズにはPB&Jと名づけられたペダルがある。



PB&Jとはピーナッツバター・アンド・ジェリー(ジャム)の略称で、パンにピーナッツバターとジャムを塗ったサンドイッチのことである。

ペダルのほうに話を戻すと、これにはMIX、SPEED、REPEATの3つのコントロールノブのついたディレイのペダルである。フットスイッチは2つあり、on/OFFを切り替えるものと、ショート・ディレイとロング・ディレイを切り替えるものとなっている。

ショート・ディレイとはスラップ・エコーのようなものであり、ロング・ディレイは弾いたフレーズが戻ってくるいわゆるディレイである。

ダンエレクトロはスラップエコー専用のペダルをBLTと名づけている。このことからエコー系のペダルにはサンドイッチの名前をつけて統一を図ろうとしたように考えることはできる。BLTとPB&Jはどちらもアメリカ人にとってはなくてはならないものである。

しかし、PB&Jの中心的な食材であるピーナッツは卵や牛乳と並び称される三大アレルゲンの一つである。アレルギーには即時型の反応と遅延型の反応があり、即時型の反応はImmediate Reactionと呼ばれ、数分で反応を開始し、中にはアナフィラキシー・ショックで死に至る場合もある。遅延型の反応はDelay Reactionと呼ばれ、反応の開始が遅く、経過が長くかかるものである。

ショート・ディレイとロング・ディレイの2つの機能をPB&Jによって何らかの形であらわそうとしたと考えるならば、こうした2つのアレルギー反応がイメージされているのかもしれない。また、すりつぶされて原型をとどめていないピーナッツがショート・ディレイ(スラップ・エコー)か、ジャムが原料の果実の原型をとどめているであれば、フレーズを繰り返すロング・ディレイに対応すると類推することはできなくもない。

このペダルの用時の問題はショートとロングを切り替えたとき、どちらにしてもまともな音が出るように設定するところにある。ダンエレクトロのマニュアルでは、MIXを2時、SPEEDを2時、REPEATを11時くらいの位置にしている。
コメント