on Bass+

~ す き こ そ も の の あ は れ な り け り ~

Goya / RANGEMASTER 12st.model

2016年12月31日 09時44分55秒 | Guitar Collection
大晦日にビザールなギターをひとつ。(^^)
60年代のイタリア製ゴヤのレンジマスター。
fホールの位置がかなりボディエンド寄りで、
スプリットピックアップが高音弦側と低音弦側とをボタン一つで自由に組み合わせるよう。
仕組まれた特異なセミアコギターです。
コレはその中でも12弦という激レア仕様。╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ



はっきりした年代は分かりませんが、
ざっと50年前のギターにしてはとても良い状態です。(^^)

フロントピックアップ3.4


リアピックアップ1.2←文字が消え掛けてます。


このボタンスイッチで組み合わせを自由に瞬時に切り替え。(目ω目)
でも、個人的に使えると思うのは、FULLかリアの1.2の組み合わせだけかな…(^^;;


マスターボリュームとトーンセレクトスイッチ。
LOのボタンはトーンカットと様な音で低音がブーストされる感じは無い。
MEDとHIはあまり違いが感じられませんでした…(´・ω・`)


この景色だけでご飯3杯いける。(*´Д` )ハアハア


ブリッジ


このテールピースのボディエンド部分、
購入時に弦をチューニングしたら、厚みの薄い部分で固定されていた様で、木ネジがズボッと抜けてしまい、焦りましたがギターショップ中村さんとこで直してもらい部分固定。( ་ − ་ )ུ


セルロイド製のブロックインレイ


ネックの状態も良いです。


ヘッドにはGoyaのロゴと何やら吟遊詩人らしき肖像画。
ゴールドなのが豪華感を演出してますね。 (-⊡ω⊡)


ヘッド全景


この6連ペグはわざわざ12弦用に作られたのだろうか…

裏側も綺麗


実は昔この6弦を入手した事がありしたが、
ボロボロでとうしようもなく手放したことがありました。(´・ω・`)


専用ハードケースのデザインがまたオシャレ!



ぱっつんぱっつんに収まってます。


昨日遊びに来たHERBELLのギタリスト ケンボーもナチュラルなコーラス感にご満悦の様子でした。(^^)


たぶん2度と出て来ない激レアギターと思いますので、
大事にしまい込みます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M.A.S.F. / RAPTIO

2016年12月20日 20時23分06秒 | Effector Collection
先月広島で観たMETAFIVEのライブがあまりに素晴らしく、
感動した帰り...あの小山田が出していたマシンガンのような音は何だったんだろう...と、
帰りのマリンライナー車中でググり小山田圭吾氏の足元を確認。
いちばん端っこにあった白いコレを思わずポチッとしてしまいました。


全然知らなかったのですがM.A.S.F.って日本製のエフェクターなんですね。
そこのRAPTIOってモデル。
大きくはHoldモードとGlitchモード2つの使い方があるのですが、
後者Glitchモード最も極端な使い方が、
このMATAFIVEのPVの2:27~に一瞬出てきます。
 ↓
METAFIVE Chemical -Studio Live Version-
https://www.youtube.com/watch?v=VcNT3jyIehI

センターの大きなツマミはSpeed、
左側に2つある小さなツマミがwet/dryで原音とエフェクト音を個別にレベル調整でき、
Holdモードで永遠のサスティンを確保しつつ原音で音を重ねる。
ルーパー的な使い方も出来たりします。



アイディア次第で、シンセっぽい、DJっぽい音を
バンドアレンジにブチ込むことが可能になり、
アレンジにスパイスを加えるには最適なアイテムかと思います。
センターつまみの下が光るのも新鮮な見せかたですね。

メーカーサイト
http://masf.figity.com/pedals/raptio

ちょっとビックリしたのが裏側。。。
え?何これ?塗装剥げちゃってるじゃん!中古品じゃねぇか?!
と思ったらコレがデフォなんですね。滑り止めのつもりなんだろうか。。。



ムネやんの主催する"effective vol.4"に持ち込んだ際にも非常に好評。
超ド変態なエフェクターですが、
3人は確実にポチると思われます。(^^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CORT/A5 5弦スルーネック→6弦フレットレス改造

2016年10月16日 16時02分31秒 | BASS Collection
久しぶりに香川のリペアマン林氏から改造ベースをお預かりして来ました。(^^)
スクワイヤ6弦フレットレス
CORTのB5改5弦フレットレスに続いてまたもやフレットレス。

CORTのA5と言う5弦スルーネックモデルをベースに、
6弦フレットレス化されています。( ̄▽ ̄)
弦を強引に増やす手口はもはや林さんの十八番ですね〜〜( ̄▽ ̄)




そして元は2ハムだったのをリア1つに、
ピックアップもBASSLINE6のソープバータイプに換装。
何だか色々木片がくっ付いていますが、
横に叩けばすぐ取れるのだそうです。


コントロールはシンプルに1ボリューム1トーン。
余計な穴はスポンジで埋められています。 (-⊡ω⊡)


ブリッジはピッチの狭いタイプ。
ピッチの広い多弦ベース全盛のこの時代に、
こんなのどこで見つけて来たんでしょ…(^.^)


指板は最後の解説書にもある様に、
一見してライン無しに見える透明ポリカーボネートで埋められます。 (-⊡ω⊡)


サイドのポジションマークも後付けですね。


ヘッドは穴をひとつ移設し、ペグを一個増設。
意外な程普通に収まってます。(^.^)


ナットの溝を5→6へ切り直し。


後ろ姿は得意に手の入ってるところは無いですが、
裏通しの穴はもちろん使えません。(^^;;



僕も弾いてみましたが、スルーネックならではの密度のある音でとても弾きやすい。
弦間の狭いのに慣れてしまえば高速パッセージにはこの方が有利と思います。

最後に林さんの手書き解説です。



気になる希望価格は¥49,800なり!
絶妙にセッティングされた良質な6弦フレットレスをリーズナブルな価格で入手できるチャンスです!

どなたかご興味ある方がいらっしゃいましたら、ご一報くださいませ。♪( ´θ`)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Kalamazoo U.S.A. / KG-2

2016年09月18日 11時55分07秒 | Guitar Collection
ギブソンのいわゆる廉価版的な位置づけのセカンドブランド「カラマズー」のギター。
おそらく1965年頃のものと思われるのですが、
安いスチューデントモデルゆえに残存数も少なく、
たまにSGフォルムのKG-2は見かけますが、これはさらにレアな初期のムスタング形状のもの。
そう。ギブソン傘下なのにムスタング型なんです。(◉///◉)




ピックアップはカバードの2シングル。


リアのみの1PUモデルも存在します。

コントロールは2ボリューム、2トーンにスライド式のピックアップセレクター。
ピックガードに直接十字の目盛りがプリントしてる辺りmerody maker bassと同じ仕様ですね。 (-⊡ω⊡)



ブリッジは質量がありしっかりしたものですが、
オクターブ調整はできません。

本来なら板バネ式のトレモロアームが付いてるはずなんですが、
この個体は外されちゃってて無いです。(´Д` )


指板はひょっとしてハカランダ?ってくらい良さげな木を使っており、
ブ厚いスラブボード貼りでここだけ見るとスゲー贅沢で希少です。(目ω目)



ヘッドには筆記体でKalamazooロゴの彫り込み...焼印…かな? (-⊡ω⊡)


チューナーペグは安っぽくて精度が甘く正直使うには辛い印象。(^^;;

ストラップピンは樹脂製。
よく今まで劣化してボロボロにならずに残ってたな〜〜(^.^)





音は枯れまくっておりシングルPUと相まってシャキシャキとカッティングが気持ちいいタイプ。


正直言って楽器としての精度は甘く、実際使うならいろいろ手を入れないとしんどそうですが、
僕的にはこーゆーの嫌いじゃないです。(^.^)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fender USA / Mustang Bass '78年製 Antigua

2016年08月21日 12時47分07秒 | BASS Collection
私としたことが…フェンダーヴィンテージ…(^^;;
Fender Mustang Bass '78年製 レアなアンティグアカラーです。

このクリーム色とグレーの微妙なグラデーション色はもともと60年代後期、
コロナドギター、コロナドベースに採用されていた色で、
その後、77〜8年ごろに全シリーズに展開した色。
当時の全シリーズに存在するはずが不人気だったのか短期間で生産終了。
東京のヴィンテージを扱うショップに行けば、
ストラト、テレキャス、ジャズベ、プレべ辺りはちょいちょい見かけることが出来ますが、ムスタングベースはなかなかお目に掛かれません。 (-⊡ω⊡)




2012年にFender MEXがFSR(Factory SpecialRun)で、ストラト、テレキャス、ジャズベ、プレベの4モデルを各30本限定復活させて、その時もかなり興味津々で気になってたのですが、
この度、当時ものしか無いはずの、
ムスタングベースを入手する事が出来ました。(^^)

東京都内の某楽器屋で定期的にメンテされてた個体だそうでコンディションも良好。
多少の小キズ、打痕はあるもののアンティグアの塗装のツヤもまだ残っており、
色焼けも少ない38年前の個体にしてはとても良い綺麗な状態。

オリジナルのペナペナダンボールケースも付いてました。(^^)



ピックガードは黒白黒の3プライの上に塗装されてます。


端の処理を見ると塗装後にカットして、
縁を綺麗にコンパウンドがけとかして処理してる模様。 (-⊡ω⊡)


ピックアップは小さなスプリットタイプ

パワー不足の感は否めませんが小気味良い音を弾き出します。

コントロールはシンプルそのもの
1ボリューム、1トーン。


ブリッジのプレートもツヤツヤ
ミュートスポンジも残っておりまだ柔らかいです。(^^)



フィンガーレストも健在


1ピースメイプルネック


ヘッド


ペグにFenderロゴの刻印があります。 (-⊡ω⊡)

後ろ姿


何か樹脂製のものが長期間触れていたのか一部塗装が変質してますね。(右上) (-⊡ω⊡)


弦は裏通しのみ


ネックプレートはFの刻印入りでプラパーツ挟み





音の方はショートスケールに非力なピックアップて事で、重低音は望めませんがパシッと小気味よい音色で好感触。
コレは…どこかで弾いた感触…と思ったらいつも弾いてるOPBに似てる。。。(目ω目)

とすれば、コレはラウンドワウンド弦よりもフラットワウンド弦の方が良いのでは…
という事で張り替えてみました。
ショートスケールですが、裏通しなのでショートの弦だと長さが足りず、弦はロングスケールの、が必要です。(^^;;


ついでにブリッジとピックアップの高さも調節して…と。 (-⊡ω⊡)
で、弾いてみると…こいつは良いです。(^.^)

フラット弦に替えたことでハイが目立つトゲトゲした音色に丸みが加わり中低域が足された感じ。

ショートスケールで弾きやすい上にOPBの音色…( ̄▽ ̄)
これは今後の出番が増えるかも知れません。ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪




昔もってたウォルナットカラーの76年製はもう手放してしまいましたが、
コレは長く愛せそうな予感がしますです。( ´ ▽ ` )ノ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TEISCO / NB-1

2016年08月11日 17時04分36秒 | BASS Collection
かなり更新をサボってました。
何かと忙しくブログまで気が回らなかったのですが、
さすがにお盆でちょっと余裕が出来たので1本アップします。

前回のK-4Lに続いてもう1本テスコ。
今回はベースのNB-1です。




ずいぶん昔にサンバーストカラーのNB-1をアップしてましたが、
なかなか出てこないブルーメタリック色の個体だったので思わず逝ってしまいました。(^^;;




何と言ってもこのアルミ製縞々ピックガード

よく見るとわかりますが一部腐食させツヤを無くして縞模様を作ってます。

ピックアップはもちろん四角いホールピースのコレ。


コントロールはシンプルに1ボリューム、1トーン


ブリッジカバーも綺麗な状態で残ってます。


外すと貧相なブリッジが出てきます。


カバーの裏にはスポンジが貼り付けられており
弦をミュートさせる仕組み。



フロントのみのピックアップと相まって
サスティン短めのウッディーな古くさい音色。
でも同系統の音色ではありますがGibson EB-0Merody Makar
とは違ってトーンがしっかり効いて、
ハイもそれなりに出てくるのが面白い。

ヘッドも縞々


TEISCOマークのバッヂも残ってます。


ヘッド裏


後ろ姿


ネックプレート下のシリアルナンバープレート


ブルーメタリックがいい具合に日焼けして渋い風合になってます。


今風の音は全く出ないベースですが、
このベースでしか出せないいい音色です。(^^)


サンバーストカラーのNB-1と並べてみました。
2本セッティングしてて気付いたんですが、
今回のブルメタの方がだいぶ軽いです。



ペグが違うのは製造年によるものでしょう。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TEISCO / K-4L

2016年06月23日 21時24分19秒 | Guitar Collection
K-4Lはこれで3本目。
このデザインはメタリック色が似合うと思うんですが、
思いがけず程度の良さそうな渋いサンバーストカラー、
しかも縞々ピックガードの個体が出たので逝ってみました。



K-4L、最大の魅力4ピックアップ。
四角いホールピースが並んだデカいピックアップは、
4つも搭載するとそれだけでもう…かなり重いです。(^^;;


各ピックアップに対応するON/OFFのスライドスイッチ




ダイヤル式のトーンセレクター


まるで70年代のオーディオセットの様なボリューム、トーンノブ。 (-⊡ω⊡)


ブリッジ


トレモロユニットのカバーはよく欠品してるパーツですが、
これは綺麗な状態で残ってます。



指板


ヘッド


後ろ姿


プレート下にシリアルナンバー
K-41に見えますが、K-4L


入手時は金属パーツもボディにも曇りがありましたが、
レモンオイルで磨き倒したらかなり綺麗な状態にもって行けました。




ブルメタのK-4Lとの並び



ピックアップだらけで萌えます。(*´Д` )ハアハア





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ibanez / RB999 初期型

2016年06月22日 19時51分52秒 | BASS Collection
かなりblogの放置プレイが続いてしまいました…(^^;;
ネタが無いわけではないのですが、
ちょっと忙しくしてまして申し訳ない。
またボチボチとアップしていきます。

で、イバニーズ好きの私らしい一本。
RB999 通称ビーンベースです。

以前にスルーネック仕様のMC888をご紹介しましたが、
こちらは廉価モデルのボルトオン版。
これもレアなモデルであまり市場に出回ってないので。
なかなか入手困難なベースです。



ピックアップはMCシリーズ中期によくある、
ホールピースの見えるプラカバー付きピックアップで、
フロント→ハム、リア→シングルといった構成。



コントロールはバランサー、ボリューム、トーンに、
3wayのミニスイッチ、これがどう言った中身のものか不明なのですが、
3つのトーンを切り替えられるようになっています。


中身はこんな感じ。
ギッチギチです。(^^;;



ブリッジはMC888と同じイバニーズオリジナルのコマがヒンジ状態になっているタイプ。
ラウンドしたボディトップを少し削り、埋め込まれる様に固定されてます。


指板はローズウッド、トラスロッドの口はボディ側にあります。


そして超コンパクトなヘッド。



後ろ姿はこんな感じ


シリアルナンバーから84年製造と分かります。

ボディのカットはちょっとカクカクしてます。


小さくて軽く、取り回しも楽々。


MC888と並べてみました。


同じアウトライン…と、思いきや。
MC888は24フレ、RB999は21フレまでしか無いですね〜 (-⊡ω⊡)
そしてフロントピックアップも同じに見えてMC888はハムに見せかけたPタイプ。

サウンドバリエーションはRB999の方が多いです。

あとヘッド。
スルーネックかボルトオンの違いがあるので、
トラスロッドカバーの有無くらいかと思いきや、
RB999はストリングスガイドが付いてる… (-⊡ω⊡)


おやっ?と思いよくよく見てみると、
MC888はヘッド自体に角度が付いてますが、
RB999はヘッドがストレート、弦のテンションが稼げないって事でガイド付けたんですね〜。


並べてみてはじめて分かる小さな違いがたくさんありました。( ̄▽ ̄)


最後にタイトルにあえて「初期型」と書いたのですが、
実は86年頃からミニスイッチが無くなり、
ピックアップがMC2924に搭載されてる、
Ibanezロゴの入ったフルカバータイプに変わります。
↓ネットから拝借した画像。 (-⊡ω⊡)

で、特に希少なのがリアピックアップ。
多分この機種にしか使われてないシングルタイプのフルカバー。
MCシリーズにも無いんですよね〜( ◎⃝⃘∀◎⃝⃘ )≺ ̏ʓ≺ ̏ʓ

いつかこの後期型を手に入れ比較してみたいです。o(ʘ`ωʘ´)o





コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

TAKAMATSU MUSIC BLUE FES 2016

2016年04月20日 22時01分38秒 | バンド活動
「TAKAMATSU MUSIC BLUE FES 2016」
今年もベッドサイドキネマ、RAG ROSEの2バンドで参加。ベース弾きます。(^-^)/

◎ベットサイドキネマ(オリジナルROCK)
瓦町FLAG屋上 カワラパーク
5/4 13:30~14:00

◎RAG ROSE (カントリー)
片原町LOCAL  
5/4 16:30~17:00


昨年お近付きになったフレットレスベーシスト
織原良次さんも再びトリグラフのサポートで来高されます。(^-^)/
そういや今月のベースマガジンから連載スタートしましたね。 (-⊡ω⊡)



GW真っ只中!高松市街地10ヶ所!同時多発的にプロアマ入り乱れ沢山のライブが行われます。
街ブラついでに是非ぜひお立ち寄りくださいませ。(・ω・)ノ

県外の方もうどんツアーとセットでいかがでしょう。(๑•з•)))⋆*♡*⋆~ちゅるん!








詳しくはオフィシャルサイトでご確認ください。

1日で2ステージ!頑張ります!o(ʘ`ωʘ´)o

みんな来てね~(・ω・)ノ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MAESTRO / FUZZ MFZ-1

2016年04月13日 21時00分56秒 | Effector Collection
デザイン大好き70年代MAESTROのタンクシリーズ。
戦車のキャタピラを思わせるデザイン。ボディ側面にある車輪の様な透明ダイヤル、踏むと馬鹿デカいボディごとガシャン!と沈み込み、エグい効き目で効率コスパ完全無視の個性派ペダル。
中でもFUZZとSUSTAINERの複合機FUZZ-TAINは大のお気に入りで、ずっとエフェクトボードの中核に…
そんな訳でタンクシリーズのペダルはほぼ手に入れてあったんですが、
何故か一番玉数の多そうなこのMFZ-1だけ入手出来ていませんでした。
でも、市場では全く人気無いみたいですね…(´Д` )
先日発売されたTHE EFFECTOR BOOKのVINTAGE FUZZ特集には影も形も有りませんでした…^^;





音的には太くて豊かでヴァッ!!!って広がる感じ、
エッジの立つ感じでは無くフルで掛けても何処か丸みのある、うるさく感じないアナログな歪み。
何割か原音がミックスされる様になっているのか、
DRIVEをフルテンにして掛けても音程感を失う事はありません。

時には同デザインのフェイザーを合わせこんな馬鹿なボードを組んだりとか…してました… ^^;



よくこの9V角電池を固定するプラパーツが割れたり欠品したりしてるのですが、
コレはほとんど使われた形跡もなくメッチャ綺麗。
電池駆動のみでACが無いのが残念なところですが、
電源コード丸見えなのでその気になれば取り付けは簡単でしょう。(^人^)



元箱付き


こんな風に開きます。


厚手のビニールでパックし固定されてます。


前のオーナーさん上部に切れ込みを入れてパックを壊さずに出せる様にされてますね。


王蟲の抜け殻…^^;


取説や保証書も… (-⊡ω⊡)


こんな良い状態で出てくる事はまず無いので、
これは永久保存ですね。(^人^)

そう言えばずいぶん前にFUZZ TONEは紹介致しましたが。
年代的にはこちらが後なので進化系…と言えるはず。^^;


コメント
この記事をはてなブックマークに追加