on Bass+

~ す き こ そ も の の あ は れ な り け り ~

Fender USA / Mustang Bass '78年製 Antigua

2016年08月21日 12時47分07秒 | BASS Collection
私としたことが…フェンダーヴィンテージ…(^^;;
Fender Mustang Bass '78年製 レアなアンティグアカラーです。

このクリーム色とグレーの微妙なグラデーション色はもともと60年代後期、
コロナドギター、コロナドベースに採用されていた色で、
その後、77〜8年ごろに全シリーズに展開した色。
当時の全シリーズに存在するはずが不人気だったのか短期間で生産終了。
東京のヴィンテージを扱うショップに行けば、
ストラト、テレキャス、ジャズベ、プレべ辺りはちょいちょい見かけることが出来ますが、ムスタングベースはなかなかお目に掛かれません。 (-⊡ω⊡)




2012年にFender MEXがFSR(Factory SpecialRun)で、ストラト、テレキャス、ジャズベ、プレベの4モデルを各30本限定復活させて、その時もかなり興味津々で気になってたのですが、
この度、当時ものしか無いはずの、
ムスタングベースを入手する事が出来ました。(^^)

東京都内の某楽器屋で定期的にメンテされてた個体だそうでコンディションも良好。
多少の小キズ、打痕はあるもののアンティグアの塗装のツヤもまだ残っており、
色焼けも少ない38年前の個体にしてはとても良い綺麗な状態。

オリジナルのペナペナダンボールケースも付いてました。(^^)



ピックガードは黒白黒の3プライの上に塗装されてます。


端の処理を見ると塗装後にカットして、
縁を綺麗にコンパウンドがけとかして処理してる模様。 (-⊡ω⊡)


ピックアップは小さなスプリットタイプ

パワー不足の感は否めませんが小気味良い音を弾き出します。

コントロールはシンプルそのもの
1ボリューム、1トーン。


ブリッジのプレートもツヤツヤ
ミュートスポンジも残っておりまだ柔らかいです。(^^)



フィンガーレストも健在


1ピースメイプルネック


ヘッド


ペグにFenderロゴの刻印があります。 (-⊡ω⊡)

後ろ姿


何か樹脂製のものが長期間触れていたのか一部塗装が変質してますね。(右上) (-⊡ω⊡)


弦は裏通しのみ


ネックプレートはFの刻印入りでプラパーツ挟み





音の方はショートスケールに非力なピックアップて事で、重低音は望めませんがパシッと小気味よい音色で好感触。
コレは…どこかで弾いた感触…と思ったらいつも弾いてるOPBに似てる。。。(目ω目)

とすれば、コレはラウンドワウンド弦よりもフラットワウンド弦の方が良いのでは…
という事で張り替えてみました。
ショートスケールですが、裏通しなのでショートの弦だと長さが足りず、弦はロングスケールの、が必要です。(^^;;


ついでにブリッジとピックアップの高さも調節して…と。 (-⊡ω⊡)
で、弾いてみると…こいつは良いです。(^.^)

フラット弦に替えたことでハイが目立つトゲトゲした音色に丸みが加わり中低域が足された感じ。

ショートスケールで弾きやすい上にOPBの音色…( ̄▽ ̄)
これは今後の出番が増えるかも知れません。ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪




昔もってたウォルナットカラーの76年製はもう手放してしまいましたが、
コレは長く愛せそうな予感がしますです。( ´ ▽ ` )ノ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TEISCO / NB-1

2016年08月11日 17時04分36秒 | BASS Collection
かなり更新をサボってました。
何かと忙しくブログまで気が回らなかったのですが、
さすがにお盆でちょっと余裕が出来たので1本アップします。

前回のK-4Lに続いてもう1本テスコ。
今回はベースのNB-1です。




ずいぶん昔にサンバーストカラーのNB-1をアップしてましたが、
なかなか出てこないブルーメタリック色の個体だったので思わず逝ってしまいました。(^^;;




何と言ってもこのアルミ製縞々ピックガード

よく見るとわかりますが一部腐食させツヤを無くして縞模様を作ってます。

ピックアップはもちろん四角いホールピースのコレ。


コントロールはシンプルに1ボリューム、1トーン


ブリッジカバーも綺麗な状態で残ってます。


外すと貧相なブリッジが出てきます。


カバーの裏にはスポンジが貼り付けられており
弦をミュートさせる仕組み。



フロントのみのピックアップと相まって
サスティン短めのウッディーな古くさい音色。
でも同系統の音色ではありますがGibson EB-0Merody Makar
とは違ってトーンがしっかり効いて、
ハイもそれなりに出てくるのが面白い。

ヘッドも縞々


TEISCOマークのバッヂも残ってます。


ヘッド裏


後ろ姿


ネックプレート下のシリアルナンバープレート


ブルーメタリックがいい具合に日焼けして渋い風合になってます。


今風の音は全く出ないベースですが、
このベースでしか出せないいい音色です。(^^)


サンバーストカラーのNB-1と並べてみました。
2本セッティングしてて気付いたんですが、
今回のブルメタの方がだいぶ軽いです。



ペグが違うのは製造年によるものでしょう。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TEISCO / K-4L

2016年06月23日 21時24分19秒 | Guitar Collection
K-4Lはこれで3本目。
このデザインはメタリック色が似合うと思うんですが、
思いがけず程度の良さそうな渋いサンバーストカラー、
しかも縞々ピックガードの個体が出たので逝ってみました。



K-4L、最大の魅力4ピックアップ。
四角いホールピースが並んだデカいピックアップは、
4つも搭載するとそれだけでもう…かなり重いです。(^^;;


各ピックアップに対応するON/OFFのスライドスイッチ




ダイヤル式のトーンセレクター


まるで70年代のオーディオセットの様なボリューム、トーンノブ。 (-⊡ω⊡)


ブリッジ


トレモロユニットのカバーはよく欠品してるパーツですが、
これは綺麗な状態で残ってます。



指板


ヘッド


後ろ姿


プレート下にシリアルナンバー
K-41に見えますが、K-4L


入手時は金属パーツもボディにも曇りがありましたが、
レモンオイルで磨き倒したらかなり綺麗な状態にもって行けました。




ブルメタのK-4Lとの並び



ピックアップだらけで萌えます。(*´Д` )ハアハア





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ibanez / RB999 初期型

2016年06月22日 19時51分52秒 | BASS Collection
かなりblogの放置プレイが続いてしまいました…(^^;;
ネタが無いわけではないのですが、
ちょっと忙しくしてまして申し訳ない。
またボチボチとアップしていきます。

で、イバニーズ好きの私らしい一本。
RB999 通称ビーンベースです。

以前にスルーネック仕様のMC888をご紹介しましたが、
こちらは廉価モデルのボルトオン版。
これもレアなモデルであまり市場に出回ってないので。
なかなか入手困難なベースです。



ピックアップはMCシリーズ中期によくある、
ホールピースの見えるプラカバー付きピックアップで、
フロント→ハム、リア→シングルといった構成。



コントロールはバランサー、ボリューム、トーンに、
3wayのミニスイッチ、これがどう言った中身のものか不明なのですが、
3つのトーンを切り替えられるようになっています。


中身はこんな感じ。
ギッチギチです。(^^;;



ブリッジはMC888と同じイバニーズオリジナルのコマがヒンジ状態になっているタイプ。
ラウンドしたボディトップを少し削り、埋め込まれる様に固定されてます。


指板はローズウッド、トラスロッドの口はボディ側にあります。


そして超コンパクトなヘッド。



後ろ姿はこんな感じ


シリアルナンバーから84年製造と分かります。

ボディのカットはちょっとカクカクしてます。


小さくて軽く、取り回しも楽々。


MC888と並べてみました。


同じアウトライン…と、思いきや。
MC888は24フレ、RB999は21フレまでしか無いですね〜 (-⊡ω⊡)
そしてフロントピックアップも同じに見えてMC888はハムに見せかけたPタイプ。

サウンドバリエーションはRB999の方が多いです。

あとヘッド。
スルーネックかボルトオンの違いがあるので、
トラスロッドカバーの有無くらいかと思いきや、
RB999はストリングスガイドが付いてる… (-⊡ω⊡)


おやっ?と思いよくよく見てみると、
MC888はヘッド自体に角度が付いてますが、
RB999はヘッドがストレート、弦のテンションが稼げないって事でガイド付けたんですね〜。


並べてみてはじめて分かる小さな違いがたくさんありました。( ̄▽ ̄)


最後にタイトルにあえて「初期型」と書いたのですが、
実は86年頃からミニスイッチが無くなり、
ピックアップがMC2924に搭載されてる、
Ibanezロゴの入ったフルカバータイプに変わります。
↓ネットから拝借した画像。 (-⊡ω⊡)

で、特に希少なのがリアピックアップ。
多分この機種にしか使われてないシングルタイプのフルカバー。
MCシリーズにも無いんですよね〜( ◎⃝⃘∀◎⃝⃘ )≺ ̏ʓ≺ ̏ʓ

いつかこの後期型を手に入れ比較してみたいです。o(ʘ`ωʘ´)o





コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

TAKAMATSU MUSIC BLUE FES 2016

2016年04月20日 22時01分38秒 | バンド活動
「TAKAMATSU MUSIC BLUE FES 2016」
今年もベッドサイドキネマ、RAG ROSEの2バンドで参加。ベース弾きます。(^-^)/

◎ベットサイドキネマ(オリジナルROCK)
瓦町FLAG屋上 カワラパーク
5/4 13:30~14:00

◎RAG ROSE (カントリー)
片原町LOCAL  
5/4 16:30~17:00


昨年お近付きになったフレットレスベーシスト
織原良次さんも再びトリグラフのサポートで来高されます。(^-^)/
そういや今月のベースマガジンから連載スタートしましたね。 (-⊡ω⊡)



GW真っ只中!高松市街地10ヶ所!同時多発的にプロアマ入り乱れ沢山のライブが行われます。
街ブラついでに是非ぜひお立ち寄りくださいませ。(・ω・)ノ

県外の方もうどんツアーとセットでいかがでしょう。(๑•з•)))⋆*♡*⋆~ちゅるん!








詳しくはオフィシャルサイトでご確認ください。

1日で2ステージ!頑張ります!o(ʘ`ωʘ´)o

みんな来てね~(・ω・)ノ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MAESTRO / FUZZ MFZ-1

2016年04月13日 21時00分56秒 | Effector Collection
デザイン大好き70年代MAESTROのタンクシリーズ。
戦車のキャタピラを思わせるデザイン。ボディ側面にある車輪の様な透明ダイヤル、踏むと馬鹿デカいボディごとガシャン!と沈み込み、エグい効き目で効率コスパ完全無視の個性派ペダル。
中でもFUZZとSUSTAINERの複合機FUZZ-TAINは大のお気に入りで、ずっとエフェクトボードの中核に…
そんな訳でタンクシリーズのペダルはほぼ手に入れてあったんですが、
何故か一番玉数の多そうなこのMFZ-1だけ入手出来ていませんでした。
でも、市場では全く人気無いみたいですね…(´Д` )
先日発売されたTHE EFFECTOR BOOKのVINTAGE FUZZ特集には影も形も有りませんでした…^^;





音的には太くて豊かでヴァッ!!!って広がる感じ、
エッジの立つ感じでは無くフルで掛けても何処か丸みのある、うるさく感じないアナログな歪み。
何割か原音がミックスされる様になっているのか、
DRIVEをフルテンにして掛けても音程感を失う事はありません。

時には同デザインのフェイザーを合わせこんな馬鹿なボードを組んだりとか…してました… ^^;



よくこの9V角電池を固定するプラパーツが割れたり欠品したりしてるのですが、
コレはほとんど使われた形跡もなくメッチャ綺麗。
電池駆動のみでACが無いのが残念なところですが、
電源コード丸見えなのでその気になれば取り付けは簡単でしょう。(^人^)



元箱付き


こんな風に開きます。


厚手のビニールでパックし固定されてます。


前のオーナーさん上部に切れ込みを入れてパックを壊さずに出せる様にされてますね。


王蟲の抜け殻…^^;


取説や保証書も… (-⊡ω⊡)


こんな良い状態で出てくる事はまず無いので、
これは永久保存ですね。(^人^)

そう言えばずいぶん前にFUZZ TONEは紹介致しましたが。
年代的にはこちらが後なので進化系…と言えるはず。^^;


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸芸 作品No,44

2016年04月05日 20時53分44秒 | その他
瀬戸内国際芸術祭 作品ナンバー44 に知り合いが多勢関わってるので女木島へ行って来ました。
芸術家ではない「瀬戸内工芸ズ」が盆栽師と組んで瀬戸芸に参加する。。。と聞いた時には、え? マジ? 大丈夫??(´Д` ) と思ったけど、、、デザイナー、カメラマン、映像ディレクター、造園家、建築家ら職業として人に見せる、見てもらう事を仕事にしてる人の集合体である工芸ズが、皆んなで寄ってたかって「盆栽をどう見せるか」に取り組んだ結果。とても居心地の良い空間になっていたと思います。(^人^)







現代アートの作家の人って「個」である場合が多く、その作品に対する思い入れは深くても、出来上がった物をどう見せるか、どう楽しんでもらえるか。の視点が足りてない場合が多い様に思います。作品によっては、え?これが作品??と目がテンになる様なのもあったりしますし…(^^;;

その点 ナンバー44は、門外漢ながら工芸ズの面々が盆栽と言うアートを見せるか、それぞれの視点で出来ることを持ち寄り、重ねて重ねて、そのコラボレーションが、結果として「個」では到達できない厚みと深みを出す事に成功していた思います。




これから瀬戸芸に行く皆さん。44番はお勧めです。春は無理でも、夏も秋もやるそうです。女木島に行く際には是非お立ち寄りくださいませ。(^人^)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第17回 瀬戸内ヨーロッパ車ミーティング

2016年03月29日 20時34分57秒 | Citroen
続いて告知です。
今年もやります瀬戸内ヨーロッパ車ミーティング!
なんと17回目!
よー続いてますな~(^^;;


いつもの4月の第2日曜日
4/10の11時ごろから
与島パーキングエリア第2駐車場にて!(・ω・)ノ
ユルユルやってますので、
ご興味ある方ゆるっとお越しくださいませ!(^-^)/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベッドサイドキネマLIVE告知

2016年03月28日 21時40分29秒 | バンド活動
ベッサイLIVE告知っス。ホトトギス
久しぶりに叫び箱に呼んで頂きました。ホトトギス
対バンたくさんで楽しそうです。ホトトギス



お時間のある方は是非お越しください。(・◇・)/~~~ホトトギス
チケ取り置きしますよ~(^^)/~~~ホトトギス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKAI / SB1 Deep Impact

2016年03月27日 19時05分49秒 | Effector Collection
近ごろ後継機が出るとかで何かと話題…AKAIのDeep Impactです。
ベーマガでも特集されてるシンベの名機です。
このblogでもエフェクトボードの紹介で何度も登場してたんですが、
そう言えば単体で紹介したことなかったので、久々に引っ張り出してみました。


コレが出るまではシンベと言えばミョンミョンした低域の無い飛び道具がほとんどで、
太い低音が出せるのはエレハモのBASS MICRO SYNTHくらい…
でもセッティングが難しくて1音色しかホールド出来ない。
これは9つの使えるプリセットが既にセットされ各々パラメータを変更/保存する事も可能。
追従性も抜群で、数あるベースシンセの中でも出色の出来映えです。

久しぶりに音出ししてみましたが、やっぱり良いですね。(^.^)
シンベはやっぱコレでないと!と思わせます。


入力をワザと大きくして入力インジケータをレッドゾーンに叩き込み、
ピッキング次第でトラッキングエラー起こさせる様にセットするのが僕の好みでした。
ベースが極悪な狂ったコンピュータになるんですよね~ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪



発売を知って直ぐ予約して発売日に入手して以来ずっとお気に入り。
一時期はこの組み合わせでずっとエフェクトボードに入れてました。


元箱もちゃんと残してます。 (-⊡ω⊡)




後継機が気になる今日この頃ですが、
またコレ使ってみたいな…(*´Д` )ハアハア



コメント
この記事をはてなブックマークに追加