on Bass+

〜 す き こ そ も の の あ は れ な り け り 〜

TAKAMATSU MUSIC BLUE FES 2016

2016年04月20日 22時01分38秒 | バンド活動
「TAKAMATSU MUSIC BLUE FES 2016」
今年もベッドサイドキネマ、RAG ROSEの2バンドで参加。ベース弾きます。(^-^)/

◎ベットサイドキネマ(オリジナルROCK)
瓦町FLAG屋上 カワラパーク
5/4 13:30〜14:00

◎RAG ROSE (カントリー)
片原町LOCAL  
5/4 16:30〜17:00


昨年お近付きになったフレットレスベーシスト
織原良次さんも再びトリグラフのサポートで来高されます。(^-^)/
そういや今月のベースマガジンから連載スタートしましたね。 (-⊡ω⊡)



GW真っ只中!高松市街地10ヶ所!同時多発的にプロアマ入り乱れ沢山のライブが行われます。
街ブラついでに是非ぜひお立ち寄りくださいませ。(・ω・)ノ

県外の方もうどんツアーとセットでいかがでしょう。(๑•з•)))⋆*♡*⋆〜ちゅるん!








詳しくはオフィシャルサイトでご確認ください。

1日で2ステージ!頑張ります!o(ʘ`ωʘ´)o

みんな来てね〜(・ω・)ノ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MAESTRO / FUZZ MFZ-1

2016年04月13日 21時00分56秒 | Effector Collection
デザイン大好き70年代MAESTROのタンクシリーズ。
戦車のキャタピラを思わせるデザイン。ボディ側面にある車輪の様な透明ダイヤル、踏むと馬鹿デカいボディごとガシャン!と沈み込み、エグい効き目で効率コスパ完全無視の個性派ペダル。
中でもFUZZとSUSTAINERの複合機FUZZ-TAINは大のお気に入りで、ずっとエフェクトボードの中核に…
そんな訳でタンクシリーズのペダルはほぼ手に入れてあったんですが、
何故か一番玉数の多そうなこのMFZ-1だけ入手出来ていませんでした。
でも、市場では全く人気無いみたいですね…(´Д` )
先日発売されたTHE EFFECTOR BOOKのVINTAGE FUZZ特集には影も形も有りませんでした…^^;





音的には太くて豊かでヴァッ!!!って広がる感じ、
エッジの立つ感じでは無くフルで掛けても何処か丸みのある、うるさく感じないアナログな歪み。
何割か原音がミックスされる様になっているのか、
DRIVEをフルテンにして掛けても音程感を失う事はありません。

時には同デザインのフェイザーを合わせこんな馬鹿なボードを組んだりとか…してました… ^^;



よくこの9V角電池を固定するプラパーツが割れたり欠品したりしてるのですが、
コレはほとんど使われた形跡もなくメッチャ綺麗。
電池駆動のみでACが無いのが残念なところですが、
電源コード丸見えなのでその気になれば取り付けは簡単でしょう。(^人^)



元箱付き


こんな風に開きます。


厚手のビニールでパックし固定されてます。


前のオーナーさん上部に切れ込みを入れてパックを壊さずに出せる様にされてますね。


王蟲の抜け殻…^^;


取説や保証書も… (-⊡ω⊡)


こんな良い状態で出てくる事はまず無いので、
これは永久保存ですね。(^人^)

そう言えばずいぶん前にFUZZ TONEは紹介致しましたが。
年代的にはこちらが後なので進化系…と言えるはず。^^;


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸芸 作品No,44

2016年04月05日 20時53分44秒 | その他
瀬戸内国際芸術祭 作品ナンバー44 に知り合いが多勢関わってるので女木島へ行って来ました。
芸術家ではない「瀬戸内工芸ズ」が盆栽師と組んで瀬戸芸に参加する。。。と聞いた時には、え? マジ? 大丈夫??(´Д` ) と思ったけど、、、デザイナー、カメラマン、映像ディレクター、造園家、建築家ら職業として人に見せる、見てもらう事を仕事にしてる人の集合体である工芸ズが、皆んなで寄ってたかって「盆栽をどう見せるか」に取り組んだ結果。とても居心地の良い空間になっていたと思います。(^人^)







現代アートの作家の人って「個」である場合が多く、その作品に対する思い入れは深くても、出来上がった物をどう見せるか、どう楽しんでもらえるか。の視点が足りてない場合が多い様に思います。作品によっては、え?これが作品??と目がテンになる様なのもあったりしますし…(^^;;

その点 ナンバー44は、門外漢ながら工芸ズの面々が盆栽と言うアートを見せるか、それぞれの視点で出来ることを持ち寄り、重ねて重ねて、そのコラボレーションが、結果として「個」では到達できない厚みと深みを出す事に成功していた思います。




これから瀬戸芸に行く皆さん。44番はお勧めです。春は無理でも、夏も秋もやるそうです。女木島に行く際には是非お立ち寄りくださいませ。(^人^)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第17回 瀬戸内ヨーロッパ車ミーティング

2016年03月29日 20時34分57秒 | Citroen
続いて告知です。
今年もやります瀬戸内ヨーロッパ車ミーティング!
なんと17回目!
よー続いてますな〜(^^;;


いつもの4月の第2日曜日
4/10の11時ごろから
与島パーキングエリア第2駐車場にて!(・ω・)ノ
ユルユルやってますので、
ご興味ある方ゆるっとお越しくださいませ!(^-^)/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベッドサイドキネマLIVE告知

2016年03月28日 21時40分29秒 | バンド活動
ベッサイLIVE告知っス。ホトトギス
久しぶりに叫び箱に呼んで頂きました。ホトトギス
対バンたくさんで楽しそうです。ホトトギス



お時間のある方は是非お越しください。(・◇・)/~~~ホトトギス
チケ取り置きしますよ〜(^^)/~~~ホトトギス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKAI / SB1 Deep Impact

2016年03月27日 19時05分49秒 | Effector Collection
近ごろ後継機が出るとかで何かと話題…AKAIのDeep Impactです。
ベーマガでも特集されてるシンベの名機です。
このblogでもエフェクトボードの紹介で何度も登場してたんですが、
そう言えば単体で紹介したことなかったので、久々に引っ張り出してみました。


コレが出るまではシンベと言えばミョンミョンした低域の無い飛び道具がほとんどで、
太い低音が出せるのはエレハモのBASS MICRO SYNTHくらい…
でもセッティングが難しくて1音色しかホールド出来ない。
これは9つの使えるプリセットが既にセットされ各々パラメータを変更/保存する事も可能。
追従性も抜群で、数あるベースシンセの中でも出色の出来映えです。

久しぶりに音出ししてみましたが、やっぱり良いですね。(^.^)
シンベはやっぱコレでないと!と思わせます。


入力をワザと大きくして入力インジケータをレッドゾーンに叩き込み、
ピッキング次第でトラッキングエラー起こさせる様にセットするのが僕の好みでした。
ベースが極悪な狂ったコンピュータになるんですよね〜ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪



発売を知って直ぐ予約して発売日に入手して以来ずっとお気に入り。
一時期はこの組み合わせでずっとエフェクトボードに入れてました。


元箱もちゃんと残してます。 (-⊡ω⊡)




後継機が気になる今日この頃ですが、
またコレ使ってみたいな…(*´Д` )ハアハア



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KAY / VALUE LEADER 2PU Model

2016年03月27日 10時28分21秒 | Guitar Collection
久々にビザールなギターをば…(*^^*)
KAYのGuitarはずいぶん前に一本、安っぽいソリッドギターを紹介しましたが、
今回のはずいぶんと使い込まれたボロボロのギターで、
詳しくは分かりませんがどうやら1950後半〜60年代初期の頃のモデルの様です。

バリューリーダーなんて名前の通り廉価版モデルらしいのですが、
廉価版らしからぬ凝った部分もありなかなか面白いギターです。

フォルムはアコギを平べったくした様なオーソドックスな形ですが、
実はフォローボディで中空構造。メチャクチャ軽い。
そこに直線のみで構成された平行四辺形のアルミプレート。
ピックガード兼コントロールパネルが印象的です。
これが無ければ非常に古めかしく感じるところでしょうけど、
良くも悪くも違和感を醸し出してます。( ^ ^ )
チェッカー柄に加工されていてテスコとかに見られるストライプ柄を彷彿させます。




ピックアップはミニハムサイズが二個


コントロールは2ボリューム、2トーンにピックアップセレクター


オリジナルデザインのノブもシンプルで良いですね。


コントロールパネルに完全に乗っかっちゃってるのが木製ブリッジ…Σ(-∀-;)


アルミプレートの厚み分削るくらいすればいいと思うのですが…(^^;;

テールピースは錆び錆び。
エンドピンが無くなってしまってるので、
何とかしないといけません。(´Д` )


指板はメイプルにクリアレッドのポジションマーク
ところどころクリア塗装が剥げて汚れか目立ちます。


これでもクリーニングしたんですけどね。
ネックは太めで弾くにくそうに見えますが、
握ってみると意外にシックリ馴染んで弾きやすいです。 (-⊡ω⊡)

ヘッドに固定されてるアルミプレートのデザインがまた素敵。
'50年代のプロダクトデザインらしい直線的デザインで、
定規に烏口を当て引いた様な線、凹凸のある仕上げが郷愁を誘います。



ペグはかなりの安物ですが…^^;

バックはシンプルそのもの



3点留めです。


塗装は全身ちりめん状のクラックが入っており風格があります。 (-⊡ω⊡)



廉価版ながらオリジナルのハードケース付き

ぴったし収まるジャストサイズ


大切に使われて来たんだな〜と思える一本です。
アメリカでお婆ちゃんとかが弾いてたらカッコ良さそうです。(*^^*)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BOSS / BC-1X

2016年03月12日 00時12分06秒 | Effector Collection
一昨日、東京出張のついでに寄ったBarchie's
特に何か目当てがあった訳じゃないのですが、
ちょうど出たばかりのBOSSの新製品、
ベース用デジタルコンプBC-1Xが入ってたので試してみました。



BOSSのサイトには
--
ベーシストの演奏に応じて自然なコンプレッションを生み出せるよう設計された特別なモデルです。
スタジオ品質のマルチバンド・コンプレッサーをコンパクト・ペダルで実現。
さらに最先端の技術により、どの帯域でもプレイヤーの演奏ニュアンスに応じて、
原音のキャラクターを保ったまま自然なコンプレッションが可能...
--
云々と書いてありますが、
僕が個人的にイイなと思ったのは、
きっとナチュラル系なんだろうと思ってたのに、
それだけでなくかなりパッコンパコンに出来る事と、
その音色が使える…と思ったところ。

そしてこれが凄い。
いくらパッコンパコンにしても全くノイズが乗らない。
これはデジタル技術ならではなんでしょうか。

コンプの圧縮感か増す事で生まれる怖い感じの音色が好きで。
昔よくコンプ掛けまくってましたが、
そんな時問題になるのがやっぱりノイズ。
掛ければ掛けるほどノイズも持ち上がってきて、
しょうがないので直後にゲート入れてカットしてたんですが、
これならそんな必要もない。

ノイズも音色のうち...っていうのが基本僕の信条ですが、
選択肢は多いほうがいい。
コレはコンプの新しい可能性を広げてくれた感じがします。



LEDインジケーターも綺麗。 (-⊡ω⊡)

ここ数年はずっと、Xotic の SP で落ち着いてたんですが、
コレはちょっとボードに入れてみたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TUNE SOMNUS Zi-8FL+5+6

2016年03月08日 21時03分47秒 | BASS Collection
予告どおりSOMNUS Zi 集合写真です。(*´Д` )ハアハア






福眼福眼… (-⊡ω⊡)

オマケ、ネットで拾ったプ◯イヤー記事



(´-`).。oO(こうなりゃ4弦もいるか…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TUNE / SOMNUS Zi-5

2016年03月07日 23時18分09秒 | BASS Collection
ソムナスっす!*\(^o^)/*
TUNEのベースの中で一番好きなベースです。
何が好きって勿論デザイン!
音とか演奏性とかもうどうでもいい。
この直線的なデザインに3ピックアップ、
そのピックアップと揃えて斜めにセットされたブリッジ!
2アクティブ回路って無駄に豪華な仕様によりツマミも大漁!*\(^o^)/*
何故かコントロール類の間にモデル名のプリントされた掘り込み!
せっかくのゴテゴテ仕様なので多弦モデルがいいな〜って事で、
これまて8弦フレットレス6弦モデルを入手。
2本並んだ様子はもう福眼でごさいました。(*´Д` )ハア

で、今回入手は5弦モデル。濃いグリーンメタリックがサイバーな臭いを醸し出しております。



ピックアップはJタイプ×3


コントロールは…

文字で説明すると大変なのでこちらをご覧ください。

2系統のアクティブ回路を使い分けできる上に、フロント側はMID Freqの調整も可能。

謎なのがBのバランサー…センタークリック付きのツマミ1つなのですが、
どうピックアップ3つのバランスをとってるのか…(´Д` )

斜めの鋭角的なデザインのブリッジはかなり質量が大きくて、


ボディに深く組み込まれてます。
本来エンドピンは左角のロック式のみのはずなのでD弦下のは後付と思われます。
アウトプットジャックの位置も独特ですね。(^.^)

指板はフェノリック24フレの一部だけ25フレになってます。


ヘッドはTUNE定番の矢尻型







バックパネルに空いた3つの穴は2系統目の3バンドEQ調整トリム
開けてみるとこんな感じになってます。 (-⊡ω⊡)

複雑な回路ながら全部基盤にセットされて整然としてます。
購入時ショップさんがTUNEにメンテに出してくれガリも無く完ぺきな状態。

スルーネックでヒール部も滑らか



音の方はやや硬めですがとても素直でクリア。
アクティブ回路が充実しているので音作りの幅はかなり広いです。
ネックがやや太めなのと激重なのが難点ですが…デザイン優先なので良しとしましょう。(^^;;

Ziシリーズは今も販売されてますが、
現行モデルはサイバーな雰囲気は無くなり、ウッディで落ち着いた見た目に変わっています。
ピックアップも標準的な2ピックアップ仕様…(´Д` )
ま、これが使いやすいんだろうけどね。(^^;;

個人的にはこのゴテゴテ豪華な仕様がやっぱりすきです。(^.^)



次回エントリーは8弦フレットレス6弦モデルと並べてみます。ニヤリ_φ(≖ω≖。)♪


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加