逆襲するさらりーまん

ーやっとこさ英検1級、通訳案内士試験合格。しかし英語の道は長い。基本的にやり直し英語+その時々に思うことなど。-

ほんやく検定 結果報告

2019年04月12日 13時18分35秒 | 一般的英語学習

1月の下旬に受けたほんやく検定の結果が郵送されてきました。

結果は、またしても『不合格』です。

今回は試験当日もかなり出来がよかったし、自分の回答を記録に残し、後で読み返してもそれほど変な翻訳ではなかったので、まず合格しているものと結構自信がありましたが、結果は『不合格』。

なにが悪いのか自分でもよく分かりませんが、こなれた日本語になっていないことが原因でしょう。

7月にまた受験します。

コメント

最近の学習状況

2019年03月09日 11時23分36秒 | 一般的英語学習

朝夕はまだ寒いですが、昼間はだいぶ暖かくなり、だんだん春の足音が近づいてきました。とはいえ、来週はまた寒くなるとの予報ですが。

1か月以上ブログの記事が更新出来なかったにも関わらず、たくさんの方々に弊ブログにご訪問頂き、有難うごさいます。

言い訳めいていますが、この1か月間、還暦を過ぎた僕の『就活』で色々と忙しく、ブログを更新する時間がありませんでした。

最近、大抵の大企業は、『政府の指導』によって、60歳の定年を過ぎても、同じ会社に再雇用という形で65歳前後まで働けるようになってきましたが、僕の場合は以前ブログの記事で書きましたように、65歳までの再雇用の道は選ばず、色々と考えましたがスッパリと60歳で大学卒業以来37年間務めていた会社を辞めました。

60歳以上も積極的に雇用を延長しろ、という『政府の指導』や『一億総活躍社会』を目指す、というスローガンは、単に政府の年金政策の失敗を、すり替えて言葉で美化したに過ぎません。僕は政府の言う『一億総活躍社会』とは別の意味で自分のささやかな能力がすこしでも役に立つなら、多少の持病はあっても入院するほどではありませんので、隠居生活を送るのではなく、少しでも社会や多くの人と関わっていたい、と思うだけです。(自分のやりたいことと、出来ることは話が長くなるのでここでは書きませんが、自分で明確に把握しています。)

しかし、前の会社を辞める前にも覚悟はしていましたが、60歳を超えての『就活』は予想通り厳しいですね。年齢だけで書類審査の段階で門前払いがほとんどです。

これは、当たり前のことといえば当たり前で、僕が40歳位の時はこちらが殺人的に忙しいのに、何もしないでぶらぶらしていて、ただ威張っているだけの50歳を過ぎたような人々には早く辞めてもらいたい、と思っていましたし、一時社員の採用も担当させられたことがありましたが、会社として一番欲しいのは、35歳前後の人で(20代ならばまだキャリアが形成されるまでに至っていない)、さらに言えば、特に大企業は人がだぶついていますので、50歳を過ぎて役員あるいは役員候補以外の人は全員辞めてもらいたい、というのが会社の本音です。(僕は役員でもその候補でもありませんでした。)

しかも、厚労省の雇用データの捏造が巷で話題になっているとおり、日本の経済は、安倍政権が『景気は回復している』というほどには回復しておらず、僕が考える実態はむしろ下降しています。(皆さんの実感も同じだと思います。)

そんな厳しい環境の中で、僕の『就活』は忙しく、また長期戦になりそうですが、そのこと自体は予想した上で自分で選んだ道ですし、またあまのじゃくの性格で既存のレールの上を歩くのはあまり面白いとは感ぜず、人と違ったことをやる方が面白さを感じますので、たいしてしんどくは感じていません。ただ英語学習の時間があまりとれていないのが少し悲しい。

英語の学習は以上のような状況なので多くの時間は取れませんが、細々と時間をみて続けています。

さて、1月21日号の『TIME』の表紙は、われらが大坂なおみさんです。(かなり前の号で『TIME』もだいぶ溜まってきています。)表紙だけではなく、カバーストーリーも彼女についてです。日本人(彼女はアメリカの国籍も持っていて、22歳になったらどちらかを選らばなければなりませんが)が『TIME』の表紙もカバーストーリーも飾ることはあまりなく、快挙です。(しかも1月21日号の発行時にはまだ全豪オープン前です。)

『TIME』の記事の論調は彼女の攻撃的なテニススタイルとはうって変わった控えめでむしろシャイな人柄に好意的です。永く女子テニス界に君臨してきたウイリアムス姉妹の後継者と捉えています。

最近初めて出会ったか、忘れてしまっていた単語
snail    カタツムリ(基本的な単語だが忘れてしまっていた。)
clumsy    不器用な、ぎこちない
chrysails    さなぎ(この単語は難しい。)
stasis    血行停止
biennium    2年間(この単語も難易度が高い。)
kowtow    叩頭の例(この単語は初見でしたが、読めば確かにコウトウ)
strew    まき散らす、ばらまく
coy about    いやに無口な
foyer    休憩室、ロビー(基本的な単語)
conversant    親しんで、精通して(よく出てくる単語)
hiatus    割れ目、ひび
gamification    ゲームの要素を持ち込むマーケティング手法の一種
sci-fi    空想科学小説の(よく出てくる単語)
brainteaser    難問、クイズ(難易度の高い単語。brain + teaser で何となく想像出来る。)
shortlist    候補者名簿(short がつくからといって『すでに人数が絞られたリスト』ではない。)
archetypal    原型的な
perpetrate    犯す、しでかす(英検1級頻出単語)
stun    気を失わさせる(基本的な単語)
vertriloquism    腹話術(一見難しそうな単語だが腹話術のこと)
crumudgeonly    不愛想、不機嫌(難易度の高い単語)

等々。まだまだいっぱいありますが、今回はこの辺にしておきましょう。







 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ほんやく検定 受験記録

2019年01月27日 20時10分26秒 | 一般的英語学習

昨日、ほんやく検定を受験しました。

この試験は時間になったらネットで問題が配信され、回答をアップするというネット試験です。

昨年の今頃も受験しましたが、不合格でした。

今年も昨年と同じく、英文和訳で、カテゴリーは政治経済です。

英文はThe Japan Times から採ったもので、それほど難しくはなく、アメリカの下院選挙についてでした。今回は画像を150%に設定していましたので、前回のように問題文が小さくてよく読めない、ということもなく、時間も相当余りました。

文章は難しくなくてもこなれた日本語になっているかというとまた別問題で、今回も3級にも引っかからないかもしれない。(1級から3級は回答の出来で決められます。)

ほんやく検定に合格するのは今年の目標の一つでしたので、合格するまで受け続けます。

コメント

2019年(第72回)ライスボウル観戦記

2019年01月05日 21時32分40秒 | その他

一昨日のことになりますが、東京ドームまでライスボウルを観戦に行ってきました。

対戦は一昨年と同じ関西学院と富士通の対戦です。昨年は日大と富士通の対戦だったので、僕は見に行きませんでした。

一塁側の関西学院サイドはいつものように青色基調。

一方3塁側の富士通はいつものように赤基調です。



国家斉唱は新妻聖子さんでした。


さてチアガールの応援とともに、決戦の雰囲気はいやがおうでも盛り上がります。


しかし、試合の方は、富士通が圧倒的に優位に進みました。


一昨年活躍したキャメロンやゴードンという選手は引退しましたが、代わりにLBのニクソン・トラ―ション(186cm、106kg)は4人がかりでタックルしても中々倒れない。またQBのバードソン・マイケル(家の写真の右端の選手)も超大型(195cm、110kg)で、これも簡単には倒れない。富士通はこの2人でだいぶヤードを稼ぎました。


一方の関西学院も例の悪質タックルで負傷したQBの奥野君(上の写真の右から2人目)が一時負傷で退場した時間帯もありましたが、元気で活躍していたのは少しの救いです。彼はまだ2年生なのでまだまだチャンスはあります。QBは4年生のキャプテンの光藤君が奥野君の素質を見込んで自らは2番手に引っ込み、奥野君が動きやすいようにチームを作ってきました。光藤君も第4Qでは意地のタッチダウンを決めました。

しかし、結果は富士通52 - 関西学院17で富士通の圧勝でした。が家でTVを録画していたものを見てみると点差ほどの違いは感じなかった。大きな外国人相手に密集を早くして、ディフェンスしていた。やはりアメフトは体格差によるギャップは埋まらないのかもしれません。


4年生は頭を丸坊主にして最後の試合に臨みましたが、今日の試合を糧にして、社会人としても頑張ってほしいと思います。

 

コメント

明けましておめでとうございます

2019年01月01日 21時56分00秒 | 一般的英語学習

皆さん、明けましておめでとうございます。

関東地方はよく晴れた暖かい元旦でした。

さて、今年の僕の目標ですが、次の3つに決めました。
1、自分のやりたいこと、生きがいにつながる仕事に就く。NPOでもボランティアのようなことでも構いません。特に高額な年収はもう食べていくのに必要ありませんので、やりたいことが出来るか、中身重視です。
2、ほんやく検定でせめて3級を取る。
3、ゴルフのスコア90を切る。

あまり高い目標を立ててもどうせ挫折するのは目に見えていますので、今年はこの3つです。

本年も宜しくお願いします。



コメント