キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

熱中症とジャズセッション

2014年07月21日 16時53分44秒 | ジャズセッション


実は、この時期に来ると思い出すのが熱中症のこと。

なぜかというと、

今から10年前の2004年の7月下旬。
この頃、まだサックスは始めてなくてドラムをやっていて、ドラムでジャズのセッションに参加していた。

特に7月は暑かった。
いつものように意気揚々と都内のお店に行って元気よく叩いて、、、と、そこまではよかったのだけど。
なぜか夜、帰り道、電車に乗る頃、急に具合が悪くなってしまい、、。
めまい、吐き気、下痢、体中から力が抜けていくような感覚に見舞われた。
当時、まだ熱中症という言葉があまりポピュラーじゃなかった頃で、私は単に疲れているだろうと思っていた。
その後、帰りの道中、3時間。死ぬ思いで電車を乗り継ぎ、家に辿り着いた。

家に着いた時はもう夜中。
もの凄く喉が渇いて2リットルくらい水を飲んだ。
その後、今度は腹痛がして、うずくまったまま朝を迎えた。

そして次の日から微熱が一週間続き、それでもドラムを練習しないといけなかったので、近所の貸しスタジオに行って個人練習した。けど、微熱が下がらず仕方なく病院に行って解熱剤を処方して、予定していたドラム教室の研修会に出掛けた。
もちろん成績は惨憺たるものだった。

そして、私は思った。

「もうドラムはやめよう。」

それまで15年間、ドラム教室に通い、上達することだけを目標にして、そしてメタルバンドやって、今度はジャズもやりたいと思っていたけど、もう体力の限界だと思った。

そして、その年の秋。
今は無き、「大楽器祭」というイベントで、アルトサックスを触ることになる。
その時、今度は趣味でサックスをやりたい。
サックスで好きなだけ、大好きなジャズの曲を吹きたいー。
そう感じていた。



話がだいぶ逸れたけど、、。

10年経っても、あのセッション後の辛い思いが忘れられない。

それとは別にドラムでジャズをやるのではなく、サックスでジャズをやる。
自分にとって楽器を取るのじゃなくて、ジャズという音楽を選択したのは、今でも間違っていないと思っている。

もちろんその後、サックスを始めてもセッションでドラムを叩いた事もあるけど、やっぱ歴が違うのか、サックスよりもドラムの方が上手いって何度も言われたことはある。
それでもやっぱり自分にとってはサックスでジャズを吹くっていうこと、好きかもしれない。
そんな思いが、今日、ふと湧き上がってきた。

昨日のセッションも楽しかった。
けど、ふと終わった直後、軽いめまいが、、、って、やっぱ、今の時期、熱中症に気を付けないといけないかもしれないと思った。


アルトの新しい発見

2014年07月20日 21時38分18秒 | アルトサックス
今年の春辺りから、またお店のジャズセッションに通っている。

持っていく楽器は主にアルトサックス。

そして行く度にマウスピースとか、ちょっとづつセッティングを変えたりして。

あの白いマウスピースや新しい選定品のレイキーとか。

で、今月からなぜかメイヤー5MMに戻ってしまったー。(笑)

家で練習の度に録音しては聴いて、セッションも行く度に一応録音して聴いて、、。
日々、自分の音色についてや演奏の内容とかチェックしてたのだけど、なぜ、どうして、下手に聴こえるのかいまいち決め手がなくて。(汗)

そんな折、ふと先週のフルートのレッスンで先生に指摘された事を思い出した。
それは、基本のフォームと咥える角度の問題とか。
自分では楽器をまっすぐ構えているつもりだったけど、どうやら角度が曲がっていた。
そして息を吹き込む歌口に対しての口の角度もなんか曲がっている。
言われるまで気づかなかった。

そして、言われるまま修正したら、あら不思議ー。
少し音がスムーズに出やすくなった。
これにはびっくり。

そんな事があって、、、。

その後、アルトでもちょっとアンブシュアを鏡でしつこく確認したら、、、。

おー。咥えている口の中。
特に前歯の当たる位置が極端にずれているではないかー。
原因は、どうやら前歯の長さが違うのが問題みたいで。(ほんのちょっとだけだけど。)
で、それのせいか前歯がマウスピースにしっかりと固定してなくて、すぐに外れてしまう。
そして咥える角度がちょっとだけ曲がっているような。
それなので、鏡を見ながらマウスピースに前歯2本とも当たるように確認しながら吹いたら、あら不思議ー。(笑)
すっごい吹きやすくなって、音も自然に出せるようになったような。

それでマウスピースもメイヤー5MMに戻して吹いたら、サブトーン掛かった良い音色。
もうこれでうれしくなって。

早速、セッションで吹いてみた。

結果は、うーん。

なんか音色だけ良いような。(爆)

肝心の演奏の内容というか、テーマの吹き方とかアドリブとか。
あまりに即興過ぎて、、、我ながら困ったー。

ということで、また振り出しに戻って練習しないといけないみたい。
でも、もうアルトサックス始めて10年目。
続けていてよかった。

これからはもっと大好きなジャズが楽しめるよう努力したい。

近況

2014年07月08日 16時51分51秒 | アルトサックス


早いもので7月。

最近はジャズのセッションに行くのが主な活動みたいなもの。
って、セッションっていってもお店のアフタヌーンセッションばかりだけど。(笑)

持っていく楽器は主にアルトサックス。

で、セッティングなんだけど、うーん、例の白いマウスピースで吹いたけど、あまり良くなかった。
ついでにメイヤー5MMでも吹いたけど、いまいち。

三ヶ月で5回くらいセッションで吹いて、結局、お気に入りの音色に近ったのが、クラウドレイキーのマウスピースだった。
それも4*3で、リードはフォレストーン21/2。

ちなみにレイキーのマウスピースは、某F先生の選定品。
最初は、鳴るポイントがつかめず、四苦八苦したけど、最近、ようやく鳴らすツボが分かってきて吹きやすくなった感じ。

あれほど白いマウスピースに思い入れしたにもかかわらず、やっぱ、吹いていて吹きずらいと気持ちも変わるもの。
それもセッションという舞台では、単なる自己満足以外に何かか必要なようで。

ということで、これからもジャズのセッションでアルトを吹く予定~。

ちなみにやっと黒本2のEb版を購入~。
ぜひこれでレパートリーを増やしたいと思った。