キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

「ロックベース入門」という教則本

2017年12月17日 16時58分20秒 | 教則本
今日は、久しぶりにブックオフでベースの教則本をゲットしてきました。



今回、買ったのは、「聞いて見て弾ける!ロック・ベース入門」というDVDとCDがセットになっているものと、そして、もう一冊は、「ロック・ベース超入門」というDVD付のはずなんだけど中古なので無しの教則本の2冊。どちらも価格は100円。
、、って、DVDが付いていても、DVDが付いていなくても同じ価格って、、。
以前にも同じようなベース入門書(向かって右側の本)を買ったことがあったけど、その時もDVD付きで100円だった。
やっぱベースの教則本ってあまり売れないのかな?

と、ベースに関しては、もうレッスンに通い始めて2年が経過していた。
なら、特別入門書はいらないのでは?、、と、思うかもしれないけど、実は自分が入門書が「もともと好き!」というのもあり、さらに「入門書こそ!基礎の大切さを知る良い機会」という想いもあったり~。
と、理由はともかく価格が安いのもありゲットした次第~。

で、どちらも教則本も発売されてから6年くらい経っており、中に収録されているレパートリーの課題曲も当時のヒット曲なので新しくはないけど、はっきりいって曲の趣味がガラパゴス化している自分にとっては超新鮮!、、、というか、、、まったく知らない曲ばかり。
曲どころかアーティストの名前も知らないという。(おぃ!)
そんな感じなのでまったく知らない曲というのも新鮮ではあるけど、これもなにかの縁だと思いやってみることにした。

で、よくよく考えると自分の好きなアーティストって、今から30年以上前の人達ばかりで、ジャズに至っては50年以上前の曲ばかり。一応、今でもテレビの歌番組もたまに観たりするけど、単に聞き流しているせいか、まったく耳に残っていない。
そんな感じで、いつの時代も楽器の入門書には、その当時の流行歌(←って死語?笑)が掲載されているので、きっと流行った曲に違いない!と、聴いてみたりしたけど、どこかで聴いた風のメロディであっても知らない曲に変わりはなかった。

ちなみに教則本の内容的には、しっかり基礎的なことが書いてあって、基礎練習の確認に良いみたい。なにしろ基礎練習は、一旦、できたら終わりではなくて、何度も繰り返し練習して、常に正確に演奏できて、さらに次の基礎の土台になるように精度を高めるのが目的なので、忘れないようにしなくてはいけないもの。おまけに教則本に書いてある基礎練習の譜例もいろいろなバリエーションでやってみることで、さらにテクニック向上にも繋がる。
今までは自分の好きな曲やバンドで必要な曲を練習してきたけど、これからはもっといろんな曲のコピーをして、ベースの技術向上を目指してみたい。

そんな思いを思い起こさせる素敵な教則本だった。


にほんブログ村

増えるベース教則本!

2017年08月19日 10時54分33秒 | 教則本
今月に入ってから~またベースの教則本を買ってしまったー。

月に3回もベースレッスンを受けているのに、まだ練習にネタに足りないのか?

自問自答してみたり。

なんか口寂しい何かみたいに教則本を買ってしまうみたい。
というか、もともと教則本コレクターだった、というのは単なる言い訳ですが、、。

ともかく今の課題としては、やっぱベースラインのボキャブラリーを増やす!
というがテーマなので、。



一冊目は、

「水野式 ウォーキング・ベース・ライン辞典」というもので、、。

この本は、ずっと前から存在は知っていた。
さらに水野正敏さんのベースラインに関しては、昔、「ウォーキングベースの常套句」というビデオ(DVDになる前!)を観ていて、ベースラインも練習したことがあるので、ある程度は察しはついていたけど、、。

うーん。実際に掲載されているベースラインをフルコピーするには、かなりレベル的な問題があり、まず初心者は無理。特にウッドベース用の譜面が、特にウッドベース初心者には困難な運指が含まれていて、すぐに弾くは「やっぱ無理かなー?!」と、考えてしまった。

この教則本は、エレキベースとウッドベース用譜面が2段になって載っていて、一週間掛けて、エレキ2本、アップライト、ウッドベースと全部のベースで弾いてみた。けど、まだ初心者もどきの自分なので1弦の離れたポジション移動でどれも引っかかり、アップライトベースのように2フレットから7フレットまで距離感のあるポジションでの瞬間移動は無理な気もした。
そもそもジャズの常套句的な運指とは一味違うメロディと運指が水野さんのウリみたいなので、その辺の個性を受け入れればうまくいくかもしれないと言い聞かせたり~。

自分としては、ひとつボキャブラリーの増やす意味で練習課題に取り入れたいと思っているけど、いかんせん、そのままだと実践で弾けないので、運指の困難なところは後で修正してジャズセッションで弾いてみたい。
とりあえず意味なく開放弦を使えばウッドベース用になるとは言い難いと思った。さらにエレキ用にしてもハイポジションが多く、手の小さな自分にはかなり試練があるのはいうまでもないが、、。
唯一、救いがあるとすればベースラインのメロディの美しいところ?、、、なので、弾いているとちょっと楽しかったり~。

で、2冊目は、

「脱初心者ベーシスト必見!ベース力 向上計画!!」というもので、、。

表紙のモヒカンヘアの著者にちょっと違和感があったものの、、。

メニューのサンプル曲に興味が出て、普段、まったく聴かないような音楽というか、いろんなジャンルのベースラインが掲載されていたの買ってみた。
さらに演奏用語辞典とか詳しく載っていたので、こちらも辞典的な使い方もいいかな?と。
具体的にはアニソンとか、ポップスとか、ロックとか、メタルとか、ファンクとか、サンプル曲がなんかどっかで聴いたことがあるようなコード進行ばかりで、ファンクに至っていは、今、練習中のあの曲がモロに載っていたり~。(笑)
普段は、ジャズがメインで、その他にバンドで演歌や歌謡曲、レッスンではフュージョンしか練習していないので、それ以外のベースラインも知りたいというのがテーマ。
教則本の作りはいいと思った。

ちなみに今年になってから3、4冊教則本を買っているけど、どれも目的は違うので重宝している。
おもにジャズ系とスラップ系の教則本。
あとは練習あるのみ。
がんばろう。



にほんブログ村

「青本」と「黒本」

2017年03月16日 08時09分54秒 | 教則本
先日、歌謡曲バンドのリハで、メンバーの方が、「昔、赤本というスタンダードブックを使っていた。」というお話を聞き、「あれ?赤本って知らない。」とか、、、考えていたー。
それでネットで調べたら、いわゆる「赤本」というは、「歌謡曲のスタンダードブック」のことだった。

へぇ~!「スタンダードブック」って、どんなジャンルでもあるんだー。

そんなことを思いつつも、、。

そういえば我が家にも「スタンダードブック」があったなー。

と、思い出し、それもジャズばかりだけど、本棚の肥やしになりつつあったりするけど、。

とりあえず今日は全部出して記念撮影してみたー。(おぃ!)



まず、ジャズの現役スタンダードブックの「黒本」シリーズ。
基準になるKeyになるC調楽器の本の表紙の色が黒色。
そしてアルトサックスで使用されるEb用が薄い青色。ソプラノサックスで使用のBb用は紫色。でもアルト用だけ第1巻だけでなく第2巻も買ったけど、実際はあまり使っていない。



それから、ずっと前からあるいわゆる「青本」。
これはドラム時代に買ったもので、一応、曲のキーの参考程度だったので、実際はセッションに持っていくことはほどんとなかった。
ついでにリアルブックの簡易版もあるけど、これもあくまでキーを確認するため。



それから、こっちの「赤本」「緑本」と呼ばれる10年以上前に起こったサックスブームの時代に発刊された本で、C楽器、Eb楽器、Bb楽器の譜面が全部載っているスタンダードブックで、とても画期的だと思ったけど、、いかんせん!管楽器用の譜面が小さくて見ずらい?
たぶん、、老眼の人には辛い内容~。でも自分はちょうどサックスを始めたばっかりだったので重宝したー。



そして最後は、憧れのバードことチャーリーパーカーのオムニブック!!
はっきりいって黄色い表紙のアルト用しか使っていないような、、、。
で、でもソプラノとかフルートとか、実はアルト以外でバードの曲を吹いた方が吹き易かったりして。
なので、今後はベースでテーマとかアドリブを弾いてみたい気もする。

で、実際に今後使うと思われるのは、「黒本」が中心?!

ベースで使うと考えれば、、。

なら、第2巻も買った方がいいのかな?


にほんブログ村

JAZZ CONCEPTION BASIC VOL.1

2016年01月12日 13時08分50秒 | 教則本
昨日は久しぶりにアルトを練習~。
ビッグバンドのリハの日も近いのでウォーミングアップも含めて。

それで、せっかくなので、新年、初心に帰って初心者の頃、レッスンでやっていた教則本をさらってみた。
がしかし、、、しばらく吹かないせいか忘れているー。

やったメソッドは、ジャズの定番(?!)
レニーニーハウスの「ジャズコンセプションベーシックVol.1」、、、って、あんまりこの本をやったって話は聞かないけど、でも、巷では有名な本らしい。(←ほんとかー。笑)

私は、この本を約10年前にレッスンでやって、一度、修了しているけど、その後も何度も家で練習してきた。最初、レッスンでこのメソッドを練習した時は、本は手元に無く、先生に譜面をコピーしてもらって練習した。で、レッスンで本を終了した後、楽器屋さんでCD付のモノを見つけて購入。以来、家ではCDを聴きながら練習してみたり。

それで肝心の内容だけど、一応、ジャズのアーティキュレーションというかタンギングを覚えるメソッドで、練習曲が12曲と応用曲が10曲。アルトサックス用になっているけど、なぜか応用曲だけ、Ebの他にBbとCの模範演奏付き。つまりこの本一冊で、どんな楽器でも譜面をそのまま見て練習できるようになっている優れもの。ちなみに私はこの本でアルトの他にソプラノとクラリネット、フルートやギターでも練習したこともあった。

でも、私がこの本の本当に好きな理由は、、、実は、各曲のメロディの美しさにある。シンプルなメロディに見え隠れするジャズのらしい音使いがなんとも粋で、ジャズがとても身近に感じる瞬間を演出してくれる。だからエチュードなのにメロディの雰囲気が最高に感じられて吹いていて楽しい。
で、今は練習というより、吹く楽しみを感じるために、この本を吹くことが多いかも。

ただ、難点といえば本がちょっと高いかな?
でもスルメみたいに味わえる教則本なので、自分としては買ってよかったと思ったり。

ということで、昨日は2時間くらい吹いて、とっても楽しかった。
後はチャーリーパーカーのテーマとか、、、吹けたらどんなにいいことか。(おぃ!笑)