キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

クラリネットのレッスン

2013年09月25日 14時53分30秒 | クラリネット
2013年秋、この度、新しくクラリネットを習うことにした。

きっかけは、近所のカルチャー教室で、新規でクラリネット教室が開設したこと。

夏に素敵なクラリネット奏者のライブ演奏を観て感動したこと。

やっぱり安い楽器とはいえ、楽器がある以上、吹けるようになりたいと思ったこと。

、、、など。

そして、8月に体験レッスンを受けて9月から習い始めた。
30分の個人レッスンで月に3回の受講。
レッスン代もリーズナブルで、、、。
なによりも家から近く徒歩7分くらい。
なので、今までのレッスンのように電車で一時間も揺られて、さらに交通費も、、、という心配もない。
肝心の先生は、自分よりも25歳年下のちょいイケメンの男性。

で、問題は私は、ろくに音の出ない超初心者。(笑)
興味本位で中古で楽器を買ったものの、、、いくら家で吹いてもまったく上達しない。
教則本とかDVDとかみてもまるでダメ。
はっきりいって諦めの境地だったので、もう最後の手段ということで、、。

とりあえず習って見込みなければ、、、それでやめてもいいかも?!

そしてレッスンを受けて、一ヶ月。

やっぱ、ジャズのサックスのレッスンに比べるとクラリネットのレッスンで、幾分、ストイックのように感じる。
たぶん楽器の性格上かもしれない。

とにかく超初心者の難関、「シ」の出音、詳しくは運指についての練習だけで時間が過ぎていく。

そして同じ練習がレッスン中、ずっと続く。

でも「シ」は思うように出てくれない。


そんなレッスンが続く現在。


ただ、ふと気付くと、、、そんなレッスンでも、心境の変化があることに気付き、ずっと数年、サックスの練習でのやる気無さが消えていることに気付き、、。

ふと気付くと、楽器の練習自体に凄いやる気が出てきた。

引っ越して、新しい練習スタジオができて、良い環境で練習できるにも関わらず、やる気だけが消えていたのに。

それが復活した思いがした。

クラリネットの地味な運指の練習と根気が、それが楽器への練習へのモチベーション復活につながるなんて。

楽器の練習の肝はやっぱり集中した根気。
それが分かった今回のクラのレッスン。
受けてよかったとつくづく。

とういことで、これからもクラのレッスンも、サックスのレッスンも、、、他の楽器の練習も頑張りたいと思った。