旅行、ときどき車弄り

MYメモブログです。自分の旅行歴を見るために作成しました。宿の宿泊料は、@とあれば二名様です。

ブログお引越し

2020年02月04日 | 今後のブログ投稿について

色々と試してみましたが、amebaが使いやすいので2019年5月2日より以下に移転しております。
2019年12月より、新しくなった作成ツールをテスト中ですがamebloが本サイトとなります。

https://ameblo.jp/bnrs/

gooブログのnewバージョンはフリーズによる再作成が多く、15分程度で作成できたブログに1時間以上も掛かります。「30,000字以上は駄目」との誤メッセージで長い文面も作れません。別サイトへの移転を決めました。

以下には継続してリンクを貼りますので、当サイトからも2019/5/2以降のブログ御覧いただけます。

コメント

土肥金山・韮山反射炉・富士山本宮浅間大社・白糸の滝・甲斐善光寺/土肥温泉 牧水荘 土肥館、石和温泉 慶山

2020年02月04日 | 甲信越・東海・北陸(内訳)

1/30-2/1(木-土曜)の旧正月真っただ中に出掛けてきました。宿は正月に予約していました。沼津の「浅間神社丸子神社」へ。縁結び・安産の神の他、足腰健康も。足腰健康守と子宝守も御座います。私は足腰にも問題がありますので。

一応、駐車場もあります。カエルは足腰丈夫だものね~

この"ゆるみくじ"は、御籤を引いてから中に入れる御守りが付いています。封をするシールも。良いですね♪

「土肥金山」へ。妻に「ショボイ所だよ」と言っていましたが、大幅にリニューアルされていました。綺麗になって昔の面影は皆無です。

流れ出る水に触ったら暖かいのです。江戸時代は坑道内に温泉風呂があったそうです。

温度計は16℃でした。

お金を掛けましたね~。

金の精製工程がフィギュアで展示されています。足尾銅山と同じですが分かりやすいですね。

延べ棒は滑って掴み難かった。右は250kg15億円とか。

土肥の海を散歩して駐車場で土肥桜を見ました。午前~昼でないと日陰となります。こんな所にも中国人の観光バスが入っていました。夜はライトアップ(土肥桜まつり)するそうです。

以前に見た河津桜と似ています。

宿は土肥温泉「牧水荘 土肥館」@25,410円 新客室オープン記念で割り引かれているとか。通常は3万overの部屋です。部屋「庵-IORI」でした。若山牧水の展示部屋がありました。宿の名称ですし沼津の歌人ですものね。チェックアウトは10時です。

建屋は古いのですが、部屋は広いし綺麗です。ソファからTVが遠いのが惜しい。加湿器も欲しいところです。

ベランダで喫煙できます。源泉掛け流しで少しツルツルします。無色無味無臭。

風呂に入っていると景色は見えません。個室食事処はテーブルのみ明るい演出です。コレは良いですね。色々な宿を見ていると、めずらしい部分には気が付きます。

食事内容は駄目ですね。刺身は手長エビ以外は鮮度が悪いです。スーパーの方が美味いくらい。トコブシと鍋はOKです。

伊勢エビも鮮度が・・・調理後常温で放置?創作も今一歩。

釜飯は美味しかったのですが、総じて先週の四萬館@16,000円と同等以下の評価です。あと付けまつ毛の凄い給仕係が香水臭くてけしからん(苦笑)

西伊豆では土肥が一番の湯量で、土肥館は土肥で一番の湯量だそうです。それでも125L/分です。下賀茂温泉は遠いですが、伊東なら便利で湯量豊富なのでお薦めし易いかな。

翌日は、「韮山反射炉」へ。まずはビデオ鑑賞から。溶けた鉄が流れ出る映像です。

大砲や砲弾を製造していました。✖印の鉄枠は補強のためで、最初は無かったのね。

二枚目は鉄鉱石や石炭の投入口です。

鉄が流れ出る所。下には砲身等の型が埋まっていました。

昔は水車で砲身を加工していました。見終わったら雨が降って来ました。

重文「江川邸」へ。パンフによれば、この一帯の代官で幕末の当主「江川英龍」は蘭学を修め、天然痘の痘種を初めて行政で広範囲に実施した人物とか。反射炉の提案&製造もこの人物だそうです。江川塾で教育も。幕末は有名な思想家や戦争屋も多いのですが、実績は負けていませんね。

天井が高い。しかし屋敷の保全が・・・

蔵と右の建屋は武器庫だったかな。客も居ないし展示方法も放置気味でした。10分で終了。「旧冨澤家住宅」を思い出しました。

宿にパンフのあった「かんなみ仏の里美術館」へ。重要文化財が見れまする。画像はパンフからです。

展示室の雰囲気も良かったです。

30分も掛からずに「柿田川公園」へ。妻の要望で寄りましたが、30年振りくらいかなー。雨が止みました♪

第一展望台からの湧水です。二枚目は第二展望台から。
 
綺麗です♪ 前回は初夏で水が多くて川の中の水草も綺麗に見えました。

チケットの写真です。少し流れが変わったのかな。まあ、湧水だけは良く見えましたが。


富士宮の「富士山本宮浅間大社」へ。一度は参拝したかったのです。

水も富士山も綺麗です。広いし気持ちの良い神社でした。

随身です。掃除されていますね。




 
今年の交通安全の御守りはコレです。

「お宮横丁」で焼きそばを食べようと思いましたが、客も居ないし鉄板に火も入っていません。横丁の入り口にあるパン屋で食べました。

イートインでコーヒー飲み放題でした。一応、焼きそばパンも食べました(笑)

「白糸の滝」です。私は4回目くらいかな。最後は18年程前に先輩のアルファードで連れて来て貰いました。まずは「音止の滝」の滝を通ります。
 
以前の写真を見たら、前の手摺からで滝が綺麗に撮れていましたが今は入れません。二枚目は「白糸の滝」ですが日陰になっています。冬は午前中の訪問をお薦めします。

できれば木々の綺麗な季節が良いですね。初夏~秋かな。寒いけど雪も良いかも。

ここのトイレに暫く籠りました。食事すると数回の(大)をしないと動けません。前回の四万温泉では「ガトーフェスタ ハラダ」に、軽井沢ではアウトレットのトイレです。動けるウチに観光しないとね。

朝霧高原からの富士山です。本栖湖を通って峠越えで甲府に入りましたが、峠の最低気温は2℃でドライでした。夏タイヤでも走れる路面でした。

宿は、いつもの石和温泉「華やぎの章 慶山」です。数年前は、この季節は@1.6万でしたが、ついに@26,400円まで値上がりました。露天風呂付客室≪昌客殿≫ 和洋室(9畳+2ベッド)  大浴場は塩素臭ですが、部屋風呂は"源泉掛け流し"です。値上がっても"価格相応"でお薦めできます。

詳しくは、以前のブログにて。

甲府にある「甲斐善光寺」です。この辺りの目ぼしい寺社は、既に何回も巡っています。しかしココは初めてです。創建は武田信玄です。山門は明治4年の再建ですが・・・酷いなコレは。

腕や身体の一部です。国の重要文化財なのに。

有料で鳴き龍と戒壇巡り(真っ暗を手探りで歩く)が可能です。善光寺系には戒壇巡りがありますね。また、宝物館もSETになっており、重要文化財の阿弥陀仏も拝観できます。藤原時代の物で見事です。国宝一歩手前な奴ですね、たぶん。
 
本殿は江戸時代の重文です。龍や獅子の目にはガラスが嵌まっています。全体的に要修復です。


善光寺の帰路に目の前を通過します。「梅まつり」が始まった甲府「不老園」へ。

観光バスが入っていましたが、一分咲き程度かな?




テスト的に、大量の写真を貼ってみました。gooブログも改善されてきました。以前は「変なスペースが入って消せなかったり」「誤った字数制限で投稿できなかったり」でした。当面はamabaメインで並行投稿します。

コメント

保渡田古墳群/四万温泉 四萬館

2020年01月26日 | 関東編(内訳)

先週の日光湯元は事前の計画ですが、今回は直前予約です。妻の所用後の昼に出発。まずは群馬郷土料理の「おっきりこみ」を食べに。「与志乃 玉村店」へ。 玉村ETCの近くです。

コシがあって味噌味でした。蕎麦も美味しかったそうです。

どうみてもメニューが蕎麦メインですね。

高崎の「ガトーフェスタ ハラダ」へ。右が店舗で左は工場です。工場見物できますが、梱包ライン以外は見学路から奥のラインで稼働しており、良く見えませんでした。上から見学できないと駄目なのです。撮影は禁止でした。那須の「お菓子の城」に似ているかも。



宿は四万温泉「四萬館」です。老舗旅館の一つです。@16,980円で部屋付き半露天ありです。安い! 全40部屋前後の大型旅館です。建屋は古いですね。堀炬燵が付きます。

源泉掛け流しです。近くから水が出ないので、事前に温度を調べて湯を絞った方が良いです。熱かった。食事処は狭いし隣席が近いです。
 
コスパ的にランク入りしますので、詳しく書きます。茶と白の器は不味いです。銀ヒカリはOK。

器も綺麗です。

画像が無いのですが、舞茸の土瓶蒸しがNG。デザートもNGです。それでも量がありますので満腹になりました。持病的には食べるのが大変でしたが。

食事処の景色は最高です。




風呂が沢山あります。まずは大浴場から。内湯&露天で30人近く入れそうです。自家源泉で750L/分とは驚きの湯量です。

大浴場の露天です。二つあります。

大きめの貸切内湯&露天です。冬は露天が使えません。冬以外なら、この貸切だけで15名程入れそうです。下手な温泉旅館の大浴場より広いです。

更に貸切の半露天と桶風呂です。ともに二人同時に入れる大きさです。

このタイプの貸切が3つあります。旅館の規模的にも充分でしょう。ただ、男湯と女湯が固定なのは疑問です。女湯が狭いのです。しかし川沿いのロケーションは良いですね。四萬館は"お薦め"です。


翌日は、「保渡田古墳群(ほとだ)」へ。保渡田古墳群とは、「二子山古墳」、「八幡塚古墳」及び「薬師塚古墳」の三つの前方後円墳を中心とする古墳群です。「かみつけの里博物館」を含めた「上毛野(かみつけの)はにわの里公園」として総合的史跡となっています。まずは「二子山古墳」です。二枚目の画像は頂上部分の真下にあった石棺の画像です。



「八幡塚古墳」は復元されています。復元された古墳は初めて見ました。埴輪は出土した状態を復元したものです。

けっこうな大きさです。金が掛かってますね。

右寄りの尖った山が榛名山です。この古墳群は榛名山の火砕流で埋まっていました。新幹線の工事で出土したそうです。

石棺に入れます。盗掘された後だったそうです。噴火(500年頃)の前に盗掘されていたのですね。
 
見事に復元されています。


「かみつけの里博物館」です。

二枚目の画像は、馬具や勾玉で重要文化財です。

「保渡田古墳群(ほとだ)」は予想以上の見応えでした。隣の「群馬県立土屋文明記念文学館(つちやぶんめい)」です。土屋文明とは高崎市の明治の歌人です。撮影禁止でしたが「三十六歌人コーナー」のフィギュアと歌の展示は良かったな。

松野自得展。龍の天井画の執筆中の写真もありました。耕三寺の天井画です。しまなみ海道も年内に攻略予定です♪

コメント

1/27以降の観光地は静か?/術後3ヶ月目検診

2020年01月26日 | 病気

「中国当局、海外への団体旅行を27日から禁止」とか。良かった~。でも中国観光客に依存する業種の方は大変です。27以降に出掛けますかね。

但し、「高齢者や基礎疾患がある方、とくに免疫が低下している方、あるいは妊娠している方」は注意とか。

でもソレ以前に中国人が入ってきていますからね。感染が怖いな。"高齢者や基礎疾患がある方、とくに免疫が低下している方"ってほとんど私のことだもの。

昨日(土曜日)は通院でした。土曜日は高崎線の下りが混んでいました。16時前の上野発とか満員です。グリーン車にも乗れない程でした。仕方なく京浜線ですが、事故も無いのにクソ混んでいました。鮨詰めです。

往路は、最寄りの駅と上野駅でトイレに寄りました。帰路は怖いので、上野の次は南浦和と大宮で寄りました。下りっ放しの病人は困りますー。

で、胃食道の術後の検査です。X線? CTじゃないのかよ。レントゲンじゃ何も分からんじゃん。肺炎ぐらいでしょ。疲れる・・・

コメント

病気持ちは絶えず不安なのだ

2020年01月21日 | 病気

特に痛みやシコリが出ると不安になります。再発?転移?原発? と。
年末から頭痛と腹痛と腰痛が酷い。腹痛は先日切った胃の噴門部です。頭痛は後頭部。

毎月通うハートクリニックでは不得意分野です。私はMRIが使えないので動脈瘤等の血管は見れませんが、CTでも"出血"と"腫瘍"は見つけられます。早速行ってきました。


特に問題ありませんでした。1/25は胃の診察です(経過観察の問診)。PET-CTを頼もうかな。

☆ 本当は、胃を切って3ヶ月で暴れる程の進行具合なら、かなり厳しい状況なのです。治療しなくても結果は同じかも知れません。検査の必要もありません。

☆ 不具合があるのに"何もしない"ことが不安なのです。これは14年目の心臓病や、ここ5年間の毎年手術で"病院通いが習慣化"しているからだな。

☆ 常時脈拍を見たって、止まる時は止まるのです。"何か医学的にフォローしていると安心する"だけなのです。

ブログを見ていると、「無治療(手術をしない)」の方には4種類あるようです。

1. 標準治療が終わって、手段が無い。または身体的な事情で治療できない。
2. 最初から(途中から)無治療を選択。「手術が怖い」「抗がん剤が怖い」「もう副作用は嫌」「病院が嫌い」
3. 治療費が無い。
4. 無治療を推奨する書籍やブログを信じている。

高額でエビデンスの無い免疫治療は除いて、無治療でも「検査」と「各種ワクチン程度」は継続しておくと良いかも。"希望"が無いと腐るのです。本人が腐ると家族にも負担ですからね。

無治療ブログを読むと、「私が正論、私は平気」を繰り返す方も多いですね。推して知るべし、です。

コメント