34Leftで

チャリオで20分
羽田空港が子供の頃からの秘密基地
ハンバーガーとモンブランが大好きで時々オリーブも

羽田空港美術館で徳川家康の天下泰平の軌跡展 やってます

2015年11月30日 | 羽田空港
国際線ターミナルでは色とりどりな蘭がお出迎え

国内線第2ターミナル ディスカバリーミュージアムでは

徳川ミュージアム所蔵品精選 TOKUGAWA IEYASU企画展が開催され
普段は あまりお客様もおいでにならない(失礼)のに、
今回は大勢さんお越しで 大盛況。

こんな刀や

兜や采配

他にも目を見張る品が

おいらは真田が好きだから 来年の企画展 「六文銭の軌跡」どうでしょう

いつもはココでボーッとしているのに しばらくは第3ニュートラルコーナーで
コメント

泉岳寺にお参りした後は ココのハンバーガーでしょう

2015年11月29日 | ハンバーガー
季節限定のハンバーガーが出来上がったと聞き 伺ってきやした。
京急泉岳寺駅から徒歩2分、ダイニングバー LICOT
ハンバーガーの提供は13時からなので ランチ時間をずらして。
ポパイバーガー
オリーブ! おいらはブルートだけどイイ?

テーブルに運ばれてきたヒトサラに写真を撮っても?に どうぞっ でカシャッ
毎度お馴染みバーガー袋を使わず手掴みで!
粗挽きしてギュッと形成したパティは噛み応えもあり ほのかに肉汁が染み出る
軽くソテーしたホウレン草の食感とベーコンの塩気が絡まり
少量の特製マヨネーズの酸味と濃厚でクリーミーな卵黄の舌触りが包み込む。
シンプルに見えるけど 隠し味のマヨネーズが でしゃばらず
素材の味をよりいっそう美味しくしてるんです。
ご馳走様でした

来月 14日は赤穂浪士祭り、
物心ついた頃 毎年 親父殿に連れられお参りに
帰りに おいらは甘酒で親父殿はぬる燗で 男同士の会話をしてくれたのがイイ思い出に
他界した後も おいらが引き継ぎ お参りに行っているけど
今度から ココでシングルモルトウイスキーにハンバーガーで
大石殿 おのおのがた 御免
コメント

ちょっと控えめなスターウォーズ柄のヒコーキなんです

2015年11月28日 | 羽田空港
来月 公開予定の映画に合わせ国際線仕様の次にデビューした国内線仕様の767

ポートサイドとスターボーサイドで柄が違うんです

来年 春には3番目の柄がデビューする、どんな柄に

Nエリアにステイしてたヒコーキも

常連様の73と

もうひとつ
土日も仕事の おいら カッコイイお写真は専門家の皆様にお任せして
仕事に入りやす。
コメント

日帰りで ちょっと ひとっ風呂

2015年11月27日 | 温泉
オリーブ(女房殿)が突然 「まったりと 温泉に入りたっ!」
「ははっ~ 仰せの通りに」
ナビゲーションで日帰り温泉と入力 幾つかの候補が
選んだのは 御殿場高原の「鬼の栖」!女房殿の家ではありません(^^;
ハンドルを握り東名高速へ

広大な土地に温泉施設が2つ

選んだのは18才以上限定の「茶目湯」

山奥にある温泉宿のような雰囲気

お風呂は撮影禁止なんですが

誰もいらっしゃらないので係の方に許可を頂きカシャッ

晴れていれば正面に富士山が見れるはずだったのに(T-T)
でも草木の匂いと湯の温かさに 肩の力が ス~ッと。

浴衣に着替え羽織を羽織って食事処へ
オリーブは御殿場高原ビール おいらはノンアルコールビールで乾杯
熱々の天ぷらに 喉越しのイイ冷たい蕎麦 手前の乱切り海苔の食感 最高です

食後に濃厚なソフトクリーム コーンがラング・ド・シャーで出来ているんです、美味い!

少しは気分転換出来たでしょうか

お疲れ様でした
コメント

ストーリーは突然に

2015年11月26日 | 食・レシピ
昨晩 もう一人の娘が帰ってきた。
そう 今から5年前 トマト(娘)が通っていた音大を受験するお嬢さんが
都内の有名な先生(盲目のピアニストを世界に認めさせた)に師事し
毎週末 福島から上京し 受験の実技指導を受け
カプセルホテルやビジネスホテルに宿泊し日曜の終電で帰る生活をおくっていた。
ある日 遠慮気味な彼女をトマトが突然 家に連れてきて晩メシを囲んだ時、
そんな経緯を聞き 福島の御両親に連絡 最初は拒んでいたけど 同じ娘を持つもの同士
何だかんだと話が進み 週末 我が家でお嬢さんをお預かりする事に。
無事 合格し それからも 何かあると 晩メシを食べにきていた。

前置きが長くなってしまった。
プロの演奏家になるのが夢と言っていた もう一人の娘なんです。

お陰でオリーブ(女房殿)が彼女のお気に入りのロールキャベツを仕度して

クズ野菜と炙ったベーコン ホールトマトをブイヨンで整え赤ワインをドボドボ入れる
合挽きをキャベツで包み旨味の海へ、コトコト煮込み味を染み込ませる。
野菜の甘味をワインの酸味が引き締め 肉の脂のコクを引き立たせる。

残ったロールキャベツを タッパに入れ 娘に持たせる姿
もう一人の娘なんです。
色々な事 全てに ご馳走様でした

コメント (2)