34Leftで

チャリオで20分
羽田空港が子供の頃からの秘密基地
ハンバーガーとモンブランが大好きで時々オリーブも

濡れる街角

2016年06月14日 | 恋愛
両家から大反対され、半ば駆け落ちの様にオリーブ(女房殿)と一緒になった街

当時の面影を追ってみやした。

告白を何度も断られ、最後の告白では死ぬほど断られ、カナダ行きを決断。
大桟橋の入り口にある このビルでパスポートを受け取り
移民の様に日本を追われた。

父危篤の知らせに帰国
あの電話がなければ 街ですれ違う事もなかったはず。
家柄が違う 価値観が違う 趣味も違う お互いの親類から反対され
彼女の友達にも大反対され、止めは 占い全てにダメ出しをくらった。
逆に それに腹が立ったのか 急に彼女が その壁を乗り越え始めた。
おいらは彼女の足を肩に乗せ 乗り越えられる様に背伸びをして。

二人で調理師の国家試験を受けて 合格発表を見に行った県庁舎も
初めて森下洋子さんとヌレーエフのバレエを見た県民ホール。

彼女が22で起業し 得意先と飲みに来ていたバー

ここにもコペンハーゲンと言うバーがあった。
お気に入りのカクテルはジャックター

娘が生まれても手綱を緩める事もなく 生き急いで。
主治医から彼女は30半ばまでの寿命と宣告されていることも承知の結婚。

娘が中学生の時 言われなき中傷を受け、学校からも裏切られ
地獄の谷底へ、 明日さえ見えず
握りしめた こぶしで朝陽を待つ日々 どれだけ数えたろう。
心身共に壊れて行った家族

でも今 ココ 2人、 いやっ 3人


どれだけ石畳を濡らして来ただろう



コメント (2)

ラブストーリーは突然に・・・の はずだった その後

2016年03月11日 | 恋愛
オリーブ(女房殿)に 命を賭けてフラれ、数ヵ月後 カナダはエドモントンへ修行の旅に。
しかし 父危篤の報に一時帰国。
3ヶ月ぶりの日本、浦島太郎になった様な感覚。心はカナダへ置いてきちまった。
でも 親父殿の容態が安定するまで日本で働く事に。
そんな ある日 一本の電話が(当時 携帯電話は無かった時代)
その声の持ち主は オリーブ! おいらを気持ち悪い男だとか
同じ空気を吸いたくないだとか、挙げ句の果てに付き合う位なら死んだほうがマシとか。
散々 おいらの事を貶した彼女、どこでどう聞き間違えたのか 風の噂で おいらが死んだと。
安否確認の電話だったのだ。
でも 初めての彼女からの電話に 今までの経緯を機関銃の如く 一方的に話す おいら。
カナダで3日3晩 メシにありつけなかった事
山で熊に遭遇し 日本から持参した桃屋の「江戸むらさき石狩」に命拾いした事
酒に溺れ 自分を見失った事も。
20分位話していたら受話器の向こうから 寝息かイビキの様な声が・・・寝ている。
お~い! 寝ているんかい(怒) おいらが一生懸命話しているのに!

すると あっ アタシにはどうでもイイ事だから、と。
でも おいらが経験した話を聞いてもらいたくて、一度だけ会って話す機会を。
来てくれるまで ずっと待つと言い 一方的に電話を切った。

19の秋 この階段を上がってきたオリーブは あきらかに輝いていた。

横浜駅西口駅前 天理ビル前
がっ 彼女の後方 およそ数メートルに初老のご婦人が
そう 彼女の母上だったのだ。
娘が危ないヤツと会う というので付いてきてしまったのだ。
相鉄ジョイナスのキャロットと言うレストランに入り
話の続きをするも、後ろの席には 興信所の探偵のように耳をそばだてている母上。

別れ際、母上に呼ばれた。我が家は代々続く家柄、アナタとは住む世界が違う、
娘には 幼い頃より重い持病があり、毎年 入退院している事、
30までしか 生きられないと主治医から宣告されている事も。
余生を娘と過ごしたい、だから これ以上 娘に付きまとわないで下さい。

おいらのスイッチが入った瞬間なんです。

お互いの家から猛反対されたからなのか、オリーブも意固地になったのか
なぜか 振り向くと 側に居てくれる関係に。

そして彼女の生きる証を手伝って・・・・

それは また別のお話し







コメント

ラブストーリーは砕かれて

2016年02月29日 | 恋愛
「ラブストーリーは突然に・・・のはずだった」、の続編
あれは30数年前
19の時 オリーブ(女房殿)に命を懸けてフラレ 身も心も砕かれた おいら。

1ヶ月後 何も考えずユースエクスチェンジプログラムからの紹介でカナダへ飛び立った。
カナディアンパシフィック航空B747 香港からの羽田経由ヴァンクーヴァー行き。
乗客は半数近くが移住目的の方々。多種多様な言語が飛び交う機内で上映されてたのが
シルベスタ・スタローン主演の「ロッキー」、吹き替えは無いけど 解りやすいストーリー
気がつけば着陸態勢に。
トランジットで迷っていると、初老のご婦人が おいらの手旗信号の様なジェスチャーに
理解してくれドメスティックカウンターへ案内してくれ無事アルバータ州エドモントンへとうちゃこ。
待っていてくれたのは オーバーアクション気味なママ。
彼女の運転で約一時間、一方的にしゃべり通してくれたドライブ。
数日間は馴染めなかったけど トラックの配車業務の手伝いをするうち
オリーブの事も少し頭から離れて行った。最初のうちは間違った指示を無線で出し
荒くれドライバーからは 東洋人に指図されたくないと脅されたけど、
少しづつ認めてくれるようになり 面白くなって 2ヶ月過ぎ
このまま 移住しても と思っていたら、日本から父危篤の連絡。
帰国することになってしまったのだ。
日本のドラマで時任三郎と陣内・・主演「ライスカレー」の様な珍道中だった
そこからまた ストーリーが突然に。
山崎まさよしの「One more time, One more chance」みたいな
それは また別のお話。
コメント

ラブストリーは突然に・・・・の はずだった

2016年02月13日 | 恋愛
38年前 オリーブ(女房殿)と初めて出会った街。

あれは 前年 おいらがユネスコ協会主催 青少年欧州研修団に半ば強制的に参加させられ
人種や習慣の違いに翻弄し言葉の壁に苦労した思いから帰国後、
語学研修をと 門をくぐったのが 横浜アカデミー外語学校。
40人ほどのECCクラス、で半年ほど経った ある日
一番前の机に物静かに座るオリーブに気がつく、もっと早く気がつけよっ と心の声
その一瞬心の何かが動いた。この人しか居ない!
初めて告白したのは翌日、想定通り 断られる。
3週間後 2度目の告白、アナタの事が気持ち悪いんです。と
よせばイイのに3度目は、同じ空気を吸いたくありません!と

でも忘れる事が出来ず半年後、ココで人生最後の告白を。(大袈裟ではありません)

京急で横須賀の汐入駅へ帰る彼女を待ち伏せ、(完全につきまとい)
人の波から現れた彼女の前に立ちはだかり
君と付き合えないなら 快速特急に飛び込んで死ぬ!と
すると数秒待って・・・アンタと付き合うぐらいなら アタシが飛び込む!
その足が白線を越えて行くのが目に入り、我に帰り 後ろから羽交い締めにして
勢い余って 二人 ホームに倒れ込む。
君に死なれたら 俺の存在の意味が無い!とか
バッカじゃないの!と彼女に怒鳴られ そしてetc・・・・・・お互い 頭に血が昇って。
その様子を囲む様に乗客の皆様が輪を描いて
ドラマか映画の撮影かと間違われていたらしい。
彼女に恥ずかしい思いをさせ、尚且つ命まで絶とうとさせてしまった 。
2度と会うことは無いと約束し その場を後に

その後カナディアンパシフィック便 バンクーバー経由 エドモントンへ
傷心旅行じゃありやせん、 愚かな自分への戒めの・・・・ユースエクスチェンジ

この続きは また いつか


コメント (2)

この街でオリーブ(女房殿)と出会った

2015年05月12日 | 恋愛
横浜ダイヤモンド地下街のドンツキ

この階段を上ると あの日に帰れるような

横浜アカデミービル
10代でカナダへホームステイする為、ココで おっつけ英語を
そしてココでオリーブと出会っちまったから さあ大変
でも付き合うまでは波乱万丈な

それはまた別のお話し
コメント