ゆるゆる自然食Life

有機野菜、国産食材、アンティーク、レトロ、古民家などをキーワードにカフェ巡りしています。時々無添加食材もご紹介。

カフェ&ブックス ビブリオテーク東京自由が丘

2016年05月16日 | 自由が丘・学芸大学


自由が丘駅北口改札正面、待ち合わせにも便利なビブリオテーク東京自由が丘。
有楽町のお店は、催事の仕事でルミネへ行った時も入ったことがなかったのですが、
自由が丘のお店は職場の近くなので、出勤前や昼休みに時々利用します。



フレッシュフルーツのオープンサンド。
美しい!そして美味しい〜
昼休みにいただいたのですが夕方までおなか、もちませんでした(笑



出勤前のモーニング。
季節のフルーツグラノーラ。「自由が丘グラノーラ」を使用。
ヨーグルトか牛乳か選べます。



こちらはランチ。
遅めのランチで売り切れが多く、ラザニアに。


店内はシンプルで万人ウケ?するインテリア。




このほか、入口の窓際にも席があり、そう広くないながらも沢山のお客さんが座れるように
配置されています。

夜も何度かお茶しましたが、落ち着ける雰囲気です。

5月31日迄、クラシックデザートフェアを開催しています。
昔ながらの喫茶店スイーツやどこか懐かしいクラシカルなデザート、ということですが、
「ティラミス」もそこに入っていました。。。
ティラミスってもうクラシカルなんですね〜^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由が丘にフルーツ専門店♪THE Tokyo Fruitsパーラー

2016年04月27日 | 自由が丘・学芸大学

昨年11月、世田谷区奥沢にオープンしたTHE Tokyo Fruitsへ行ってみました。

自由が丘駅から徒歩6〜7分くらい。
fetecafeさんの隣の隣です。

自由が丘はフルーツ専門cafeがなかったので嬉しい!








珍しく仕事が休みだった日曜日の夕方、しばらくは貸切状態でした。
(18時前には、ほぼ満席に)。

オーナーさんが仲卸業を営んでらして、独自のルートでフルーツを仕入れているのだそう。
主に国産のフルーツが揃っています(中には外国産も少し)。

ケーキやパフェだけでなく、シンプルにカットフルーツを楽しめるのも珍しい。







許可をいただいて撮影したあと、オーナーさんかな?男性の方といろいろお話しました。
都内のフルーツパーラーのこと、かき氷のこと(夏はフルーツかき氷が登場するそうです)、国産フルーツのこと・・

そして、珍しい柑橘の「あすみ」を試食させて下さいました。



甘くて美味しい!
オーダーのジュースは「デコポンとあすみのフレッシュジュース」に決定^^


こちらがその「デコポンとあすみのフレッシュジュース」
濃くて甘くて美味し過ぎる♪
柑橘類のジュースを、こんなに美味しいと思ったの初めてかも。


そして大好きなフルーツサンド!


上からも撮影。
わかる範囲で、苺と何かの柑橘とリンゴとメロンとバナナが入っていました。
パンの塩気が際立って、フルーツの爽やかさと生クリームの甘さがバランス良くて美味しかった!
メニューにあった「デコポンサンド」も気になる〜


それから、「たっぷりフルーツのフレンチトースト」
フルーツに埋もれていますが、薄めのパンのフレトーです。
フルーツはもちろんだけど、フレトーも卵やバターの風味豊かで美味しかった。


生クリームもバニラアイスも美味!


同僚とのおしゃべりが長引くと、、、


キンカンとデコポンを出して下さいました!

最後には、、、

苺が乗ったメレンゲのお菓子も!
何もかもが美味しい^−^
次回はケーキもいただいてみたい。

パティシエールの方もお綺麗で親切でホレボレ(笑)。
オーナーさんとのお話も勉強になったし、実り多いひとときでした。

自由が丘の職場からはちょっと歩くのですが、仕事終わりにまた来ようと思います。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スープとパンのカフェ*ポタージュ(奥沢)

2016年04月22日 | その他東京23区内

ご訪問ありがとうございます。
たくさんの方に見に来ていただいているのに更新できておらず、すみません。

仕事が立て込んでいるのもありますが、
ブログを書くには、なんとなく力が出ませんでした。
それでも祈ることと、いつも通りに精一杯生活することしか出来ないのだけれど。


画像は東急目黒線・奥沢駅近くの
スープとパンのカフェ「ポタージュ」にて。
(訪問は2月頃)

グリンピースのポタージュのセット。
パンもスープもほっとする美味しさ。パンは自家製です。



こういう軽く食べられるカフェが家の近くや、職場の間近に欲しいな。。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

BOWLScafe(新宿三丁目)その3

2016年04月14日 | 丸ノ内線沿線

その3、といっても4年振り!

3月初めにナナナ展へ行った日、ランチで立ち寄りました。


過去記事☆
飲み会の前に夜カフェ*BOWLScafe(新宿三丁目)
しあわせスイーツ♪BOWLScafe(新宿三丁目)その2


ナチュラルアンティークなかわいい店内は、この日もほぼ満席!
店内撮影は、こちらが精一杯でした。
一番乗りで来ないと撮れないなぁ・・きっと。





いただいたのは、、、
正式名は失念。牛肉と野菜たっぷりのハヤシライスでした。



食後はボウルズブレンドコーヒーと、


時間があったのでスイーツも。
「豆乳プリンと白玉の和風パフェ〜白甘味〜」。
ごはんもスイーツも珈琲も美味しかった^^

ちなみにボウルズカフェでは、
オープン以来、珈琲はオーダー1杯毎にハンドドリップで淹れているそうです。
スタッフさんは入店後、沢山の練習を重ね、一定のスキルを習得し合格するまでお客様のコーヒーをドリップする事は出来ないのだそう。
スキルアップの為、仕入先である「cafe Fuu」さんにて研修することもあったということです。
(お店のブログより)

新宿御苑・新宿門の目の前、という立地も手伝って、
料理や珈琲の美味しさにこだわる思いが、12年も続いている理由なのかなと思いました。



※営業時間は変更になっています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近江屋洋菓子店(本郷三丁目)

2016年04月13日 | 本郷・谷根千

仕事が立て込み、かなり間があいてしまいましたが前回の続きです

「名曲珈琲 麦」にてモーニング「こころ」でランチ、
「ボンナ」でお茶
、その間本郷5丁目〜6丁目を散歩し、東大の中を歩き、時代と共に変わりゆく風景
打ちのめされながらも古き良きを満喫した1日の最後は、同僚の希望で「近江屋洋菓子店」でしめくくりました。

ここ数年、私が本郷在住だったことを知っている友人や知り合いから「近江屋洋菓子店」を知っているかと、よく聞かれる。
観光本にでも載ったのかな?

知ってるも何も毎日、前を通っていた。
しかし入店は数度しかない(笑)。




近江屋洋菓子店



店員さんの制服と、椅子の配色が同じで面白い。


昔は気付かなかったけど、運搬用の小さなエレベーターがある。
それもレトロでいいなぁ^^






もう2カ月経ってしまって、正式名も忘れたけど、私は生クリームのシュークリームを。
同僚は苺のケーキ。
ドリンクはドリンクバーなので、スープと珈琲をいただきました。
(ここだけちょっと現代的・笑)

散策の最後に、カウンターの椅子で足の疲れを癒すのにちょうどよいなぁ、と思いました!




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

かつてのご近所さん*「ボンナ」と「こころ」(本郷三丁目)その2

2016年03月27日 | 本郷・谷根千

なかなか更新できずに、もう2ヶ月近く経ってしまいましたが、、、

名曲・珈琲 麦にてモーニングのあとは、同僚を本郷菊坂周辺や路地裏案内し、早めのランチで「こころ」さんへ。
こちらはかつての実家のすぐそば、ご近所さんでした。

レトロ喫茶の代表のようなお店です。
以前の記事→眺めのいい2階席あります☆こころ(本郷三丁目)






レジカウンター後ろの、キルティングのような壁の造りが、以前から気になっていました!
開店当時は相当オシャレだったと思います。
今見ても、レトロの一言ではくくれないモダンな雰囲気があります。



二階席に上がらせてもらいました。
写っているのは同僚。
目の前の彫像を見て、ウケています(笑)。







こころさん名物の「ウインナーライス」を2人でシェア。
キャベツがたっぷり添えられ、ウインナーの下にごはんがあります。
お吸い物とお菓子が付いてきました。
そういえば以前も珈琲に焼き菓子が。
ドリンクはミルクセーキ。



おまけのお菓子はエリーゼいちご味。



私にとってはとても懐かしい通りです。
帰りがけにママさんに以前の屋号を言うと、覚えていて下さいました!
嬉しいなぁ〜
また来よう^^


お次は「こころ」から徒歩10歩くらい、
同じ通りにある「ボンナ」へ。

こちらもかつての超ご近所喫茶。
父が毎朝のように珈琲を飲みに来ていました。

実はこの日の4日前にも、ママに会いに来ています。
その時はウインナーコーヒーを。





あの頃は、時を重ねた趣きの良さが、あまりわかっていませんでした。
今ではこの琥珀色の空間に、こんなにも惹かれます。


奥の壁とライトも素敵。

ライトは近くで見ると、その細工の細かさに目を見張ります。



こちらはカウンター脇のライト。

いつも一人で行くと、隣りに座っておしゃべりするママさん。
この日は同僚が一緒だったけど、やっぱり隣りのテーブル席に座りこんでおしゃべり(笑)。

「こころ」でも「ボンナ」でも、同僚はいろいろツッコミを入れながらも古き良き純喫茶を、楽しんでくれました。

ママもマスターも元気で頑張ってほしい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三度目はモーニングで訪問☆名曲・珈琲 麦(本郷三丁目)その3

2016年03月22日 | 本郷・谷根千

同じ週に3回訪れた「名曲・珈琲 麦」。
最初の2回は仕事帰り、3回目は同僚との本郷散策のスタートに訪問しました。

モーニングタイムもそこそこ先客はいましたが、ランチタイムとは打って変わって静かな店内。
同僚との会話も、自然とヒソヒソ話になりました(笑。
千駄木「結構人ミルクホール」でのことを思い出します。

さて、 モーニングメニュー。

同僚はAセットのい髻∋笋Aセットの△鬟ーダー。
メニューは画像にて。
カフェオレの取っ手付きグラスが素敵!
昭和レトロの中で、こういうのをハイカラというのでしょうか♪



都心の駅近くで、かなり良心的なお値段。
いろいろ食べても500円。
ボイルドエッグ・・2人で少し考えちゃいましたが茹で卵ですな。



シュガーポットはオールステンレスでしたが、別のテーブルはガラス製でした。


地下の隔絶された別世界で名曲をBGMに、のんびりと贅沢に時を過ごす・・・
という余裕はなく、本郷散歩へと繰り出すのでした。
でもまた、仕事帰りに寄れそうです!



※この日の散策記事
本郷散歩〜変わりゆく風景・その2〜
東大の総合図書館が・・


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

名曲・珈琲 麦(本郷三丁目)その2

2016年03月16日 | 本郷・谷根千

今月に入って、私にしては調子よく更新していたのですが、ひな祭り商戦やホワイトデー商戦で忙しくなり
また止まっていました。
今月は近所の珈琲館以外は、まだ1軒しか行っていません!(笑

さて、
もう1ヶ月以上前ですが「名曲・珈琲」、前回の訪問の4日後に再訪しました。
また池袋での仕事後の、ちょっと遅めのランチ。




この時は、階段降りて右側の部屋へ。(前回は左側)

厨房、というよりは「調理場」に面した部屋でした。
左側の部屋のクラシカルな雰囲気と違い、ちょっと家庭的なエッセンスのあるインテリア。


座布団も敷いてあったりして^^

でも、もちろん名曲が流れています。
そして骨董品がところどころに飾ってありました。


この日はナポリタンを。
酸味のない、クリーミーなナポリタン!
クリーム好きな私としては、好みです!美味しい(^▽^)
しかもお肉が多分牛肉だった。

この日もランチタイムは賑やかでした。
名曲喫茶というと静かなイメージで敷居が高そうですが
メニューも豊富だし、普通に軽食や食事として利用できる喫茶店です。


この4日後に、再再訪(笑)。
同僚と散策した日のモーニング記事です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カフェの店名が変わっていました*branch(祐天寺)

2016年03月10日 | 祐天寺・中目黒・代官山

2月上旬の祐天寺カフェめぐり、最後は「レルボラリオ」というカフェを目指したのですが、
なんと店名が変わっていました。
(1ヶ月前はGoogleマップもまだレルボラリオさんだった)





branch」さんになっていました。
でも何やら素敵なので入店!
焼き菓子だけ買って帰ろう!



もうまもなく閉店時間でしたが、とてもフレンドリーにあたたかく迎えていただけました。



店内はフランスの田舎をイメージしたそうです。
撮影は許可をいただきました。

店内に黒板があり、フランスの田舎ごはんも提供しているようです。
お昼に来てみたい!




写っているのは同僚。
勉強のため、ディスプレイを眺めています。


こちらが購入した焼き菓子。

レモンのパウンドケーキと、ガトーショコラ風の焼き菓子。

レモンの方は、素朴な中にバターとレモンの風味しっかりで美味しかった!

ショコラも濃厚過ぎず美味しい♪

 

次回はランチで!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

toile de libertè(トワル ド リベルテ)*祐天寺

2016年03月08日 | 祐天寺・中目黒・代官山

ミタケオアシンでランチの後は、2人の行ってみたいカフェが一致し、駒沢通りを越えて住宅街へ。

戦前から畳屋さんだったという古民家を改装した、一軒家カフェへ行ってみました。


toile de libertè(トワル ド リベルテ)


外観からして素敵!期待も高まります。


日・月がお休みのようです(不定休もあるそう)。


店内はアンティーク家具・調度品・雑貨類で統一され、ワクワクします!

店内の撮影は帰り際、他のお客さんが帰られたあとに。
これだけアンティークが揃っていると、撮影不可かな?と思ったけれど、快諾していただけました。


素敵過ぎる・・(≧∇≦)

















さて、こちらでいただいたのは、パンケーキ。

小ぶりなパンケーキが三段。
ちょっとおコゲが気になりましたが、味も形も家庭的なパンケーキでした。


珈琲カップもアンティークかな?
なにもかもがオシャレ。


二階はアンティークショップになっていました。
日本家屋特有の、急な階段を上ります。
欲しかったアンティークスイッチがあったので購入しました。



今度はご飯を食べに行ってみたいです。

それにしても祐天寺は好きなカフェがいっぱい。
自然食品のお店はあるし、大きいビルもなくチェーン店もほかの駅前よりは少ないし、住んでみたい!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加