秘書にゃんこ*軽井沢 2

2017-04-28 | おでかけ
 雨の朝を迎えた 秘書にゃんこ。


     
     霧に包まれた風景が神秘的な高原の朝に、
     信州産の材料でこしらえた、心尽くしの 「軽井沢ブレックファースト」 
     こんなにゆったりと朝食を味わえるのは、旅先ならではの贅沢。 



     
     日本画家 千住博氏の作品を収蔵する 「軽井沢千住美術館」 
     建物の周囲に植栽、既存の地形に合わせた傾斜ある館内フロアー。
     軽井沢らしい自然との調和を目指したものと思われますが、
     作品を鑑賞しながら後ろ向きに歩いて、緩やかな下り坂に慌てました
     車イスや杖を使う方は大丈夫かしら?



     
     「軽井沢聖パウロカトリック教会」    
     昭和10年、軽井沢在住の外国人カトリック信者たちによって建てられました。



     
     周囲に若者向けのショップなどが建ち並ぶ喧噪の中で、心落ち着く空間。



     
     献金箱。
     上手く写っていないのですが、左から 「願い」 「感謝」 「償い」
     さて、あなたならどこに入れますか?
     きっと箱の中では繋がっているのでしょうけどね。
     もしかすると、「願い」 と 「感謝」 と 「償い」 も、ひと繋がりなのかも。。



     
     さて、信州といえばお蕎麦を忘れてはいけません。

     

     
     素朴でシンプルながら、いえ、それこそがお蕎麦の美味しさです。



     
     シェークスピアの生家をイメージした 「軽井沢珈琲歌劇(カフェ・オペラ)」



     
     少し冷えた体に染み渡るような珈琲の香り。



軽井沢といえば避暑というくらい、暑さを忘れさせてくれる場所ではありますが、

ガイドブックを見ますと、「抜け道」 「迂回路」 など、混雑を思わせる語句が並びます。

もし、ゆったりと寛いで日頃の疲れを癒やしたいとお考えなら、この時期もオススメですよ 


お読みくださいまして、ありがとうございます。
この記事は「予約投稿」で、私と秘書にゃんこはただいま旅行中です
コメントをお寄せいただきましても、お返事が遅くなりますことをお許しくださいませ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秘書にゃんこ*軽井沢 1

2017-04-22 | おでかけ
 都内の桜が満開を迎えた頃、日陰にまだ雪が残る軽井沢に行って参りました。

というわけで、「避暑にゃんこ」 ではなく、やっぱり 「秘書にゃんこ」・・・な~んて


     
     秘書にゃんこ、新幹線は昨年の名古屋以来です


     
     発車と同時に何か食べたくなるのはいつものこと。
     今回の旅の始まりは、東京駅限定の 「どら焼き」


     
     昔は長い時間かけて行ったものですが、東京から1時間あまりで到着。


          
     国の重要文化財 「旧三笠ホテル」
     明治39年(1906年)の開業以来、文化人・政界人が多く宿泊したことから
     「軽井沢の鹿鳴館」 と呼ばれ、昭和45年(1970年)まで営業。


     
     フロントデスクのキーボックス
     西洋式に倣ったため 「13号室」 が有りません。


     
     カーテンボックスの中央には、三笠ホテルの M と H の文字。
     

     
     「万平ホテル」
     明和元年(1764年)旅籠 「亀屋」 開業。
     明治29年(1896年)「亀屋ホテル」 から 「萬平ホテル」 に改名。
     在りし日のジョン・レノンが家族と共に滞在したことでも有名。


     
     カフェテラスでいただいた 「復刻版 レモンタルト」
     このためだけにでも再訪したい と思う美味しさ。
     食器も会計の木札もスズランの絵柄。
     故郷の北海道と気候が似ているからかしらと嬉しくなりました


     
     今を遡ること60年。
     天皇皇后両陛下が出会い、世紀のロマンスが芽生えたテニスコート


それでは、この続きは後日。
お読みくださいまして、ありがとうございます。

     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お箸*14 天削げ箸

2017-03-30 | お箸の世界
 「割り箸」 には種類があり、それぞれに名前がついていますが、

今日はその中でも高級と言われる 「天削げ箸(てんそげばし)」をご紹介します。

お箸の上部(天)を斜めに削いでいることから、「天削げ」 という名前があり、

削ぎ落として木の断面を見せることで、木目を強調する役目があるようです。

したがって、材質も杉や檜(ひのき)のように木目の美しいものが用いられ、

さらに、なめらかな木肌や香りの良さからも、高級な印象を与える割り箸です。


     
     京つけもの処 「近為(きんため)」
     木目が見えるように、削いだ部分を表(上)に向けて置きます。  

     
     
     うどんすき 「美々卯(みみう)」
     お箸の置き方(裏表)


     
     お箸の置き方(裏表)  
      と言っては申し訳ない気もするのですが、木目を見せる以外にも、
     削いだ部分に絵を描いたり色を塗っている天削げ箸もありますので、
     やはり、削いだ部分を表(上)に向けた方が見栄えが良いようです。


お料理屋さんだけでなく、家にお客様をお招きする際にも使いたい 「天削げ箸」。

手料理の仕上げに、食卓を飾ってみませんか?


お読みくださいましてありがとうございます。
クリックしていただけますと、励みになります

     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お箸*13 割り箸

2017-02-27 | お箸の世界
 毎日の暮らしに すっかりとけ込んでいる 「割り箸」。

てっきり 「割って使うから割り箸」 だと思っていたのですが、

実は、「木や竹を割って作るから割り箸」 というのが名前の由来のようです。

いずれにしても、割らなくては使えませんが、

「最初から割れていれば手間がかからないのに」 という方が少ないのは、

「便利」 より 「未使用新品」 を好む、日本人の衛生観念でしょうか。


 ひとくちに 「割り箸」 と言っても、形によって名前が異なりますし、

割り方や置き方などの何気ない所作にも、人によって違いがあるようです。

身だしなみや表情、言葉遣いが、相手に与える 「第一印象」 ならば、

お箸の使い方など食事の所作は 「第二印象」 であると、私は考えます。

良い第一印象を、第二印象で させてはもったいない

逆に、少し後悔の残る第一印象を、第二印象で させることも可能でしょう。

初対面の方とお食事をする機会が増える春に向けて、

身近な 「割り箸」 を、ちょっと見直してみませんか?


     
     お箸屋さんの前で


お読みくださいまして、ありがとうございます

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秘書にゃんこ*ANA 機体工場

2016-12-30 | おでかけ
 秘書にゃんこと一緒に、ANA 機体工場を見学して参りました

東京モノレールの国際線と国内線の真ん中にある「新整備場駅」から徒歩15分。

一般の乗客が乗降する駅ではないため、道行く人は航空会社の職員かマニアさん(笑)

見学希望者が多く、半年先まで予約が取れないという中、幸運にも当選しました。

(規定により、画像はすべて ANA の承認を頂いた上で掲載しております)



広大な敷地&類い稀なる方向音痴につき、看板を見つけた時にはホッとしました。



ロビーで出迎えてくれたのは ANA × GUNDAM SKY PROJECT のガンダムさん。



方向音痴の秘書にゃんこは機械音痴でもありますが、思わずワクワク



顔ではなく全身を出すのは秘書にゃんこだけ



見学の前に講堂で、校外学習で来ている良い子の皆さんとレクチャーを受けました。
・・・が、ライト兄弟の飛行時間は何秒? 飛行機の重さは象さん何頭分?
という良い子に向けた質問に、片っ端から間違える秘書にゃんこ、、いえ、私



昔と違って搭乗時にタラップを利用することが少ないため、
こうして機体を間近に眺められる機会は貴重です。



文字通り「エンジン全開」です



整備士の姿は無くても、整然と並ぶ工具類を見ただけで心意気が伝わります



機体工場から再びロビーに戻る途中で見つけたヒマワリの花。
いつも(お客様)の方を向くヒマワリのようでありたいと願う ANA の思いから、
気づかずに通り過ぎてしまうような所にも置いたのでしょうか。



見学を終えて、ロビーで飛行機と記念撮影


 皆様、今年もお世話になりました。

お目にかかる機会は少ないのですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

皆様におかれましては、どうぞお元気で良いお年をお迎えくださいませ。

Juliet & 秘書にゃんこ


お読みくださいまして、ありがとうございます。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加