秘書にゃんこ*フランク・ロイド・ライト

2017-09-07 | おでかけ
 今年は、アメリカの建築家 フランク・ロイド・ライト の生誕150周年。

日本におけるライトの作品の中で、とりわけ有名なのが 「帝国ホテル本館(ライト館)」

ライトは当時の総支配人との縁で設計を手掛けたものの、完成を見ることなく離日。

その後は弟子である日本人の建築家に引き継がれ、着工から4年の歳月を経て竣工。

そして大正12年9月1日、開業セレモニーの準備の真っ只中に関東大震災が発生。

ホテルには大きな被害が無かったため、客室を被災者に無料で開放し、

各国大使館や新聞社には、仮事務所のスペースを提供したそうです。


 そんなライト館も、諸々の事情により 昭和43年に取り壊されました。

今は 中央玄関部分だけではありますが、明治村(愛知県 犬山市)に移築再建され、

当時の面影を湛えながら、第二の人生を送っています。


     
     昨夏に訪れた、明治村 旧帝国ホテル本館(ライト館)

この建物をご覧になって、「どこかで見たことあるような??」 と、お思いになった方、

それは 10円玉の表ではありませんか?

     
     平等院鳳凰堂(京都府 宇治市)
     今から数年前、秘書にゃんこと出会う前に訪れました。

浮世絵の収集家であったライトは、日本の伝統文化に造詣が深かったのでしょう。

帝国ホテルの HP によりますと、ライトはここからインスピレーションを得たそうです。


 ただいま 「帝国ホテル 東京」(東京都 千代田区) では、

「フランク・ロイド・ライト 生誕150周年記念 特別企画」 を開催中と聞き、

秘書にゃんこと行って参りました。

  帝国ホテル 東京 「いにしえの美に、思いをはせて」


     
     現在の帝国ホテル
     ライトを偲ぶ市松模様が、装飾や食器などに施されています。


     
     開業当時の旧帝国ホテル本館(ライト館)


     
     外国からの宿泊客に向けた東京見物のパンフレット
     皇居・明治神宮・増上寺・泉岳寺・浅草などが スポット
     銀座・日本橋でショッピングを楽しみ、東京會舘ですきやきの夕食
     東京タワーなどが名所となる、遙か昔のお話です。


     
     ライト館のイラストをあしらったパッケージのクッキー


さて、こちらもライトの作品。

     
     重要文化財 「自由学園 明日館(みょうにちかん)」(東京都 豊島区)


     
     毎年8月、一夜限りのビアテラスが催されます (昨年訪れた際の写真)


ライトの助手として来日し、帝国ホテルの建築に携わった アントニン・レーモンドの作品。

彼は日本に留まったため、国内に多くの作品を遺しています。   


     
     エリスマン邸(横浜 元町)


     
     エリスマン邸内のカフェでは、名物 「生プリン」 をいただきました。
     黄色い のお腹を押すと、中から卵の黄身が出て来ます。


ライトの記念展示は、帝国ホテルのロビー特設スペースで、来年1月中旬(予定)まで。


お読みくださいまして、ありがとうございます
クリックしていただけますと、励みになります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秘書検定 76*面接試験の準備はお早めに

2017-09-02 | 秘書検定
 第113回 秘書検定の受付が始まりました。

次回 第114回(平成30年 2月) は 2級・3級のみ実施されますので、

1級・準1級を目指していらっしゃる方は、是非この機会に!とお考えでしょう。


 第113回の筆記試験は 11月12日(日) に行なわれます。

筆記試験に合格すれば面接試験を受けることになりますが、

筆記試験の合否が通知されてから筆記試験までは、あまり日数がありません。

ちなみに私が受験した時は、筆記試験が11月10日で、合格通知が12月10日。

そして面接試験が行なわれたのは 1月12日でした。

ただでさえ慌ただしい年末年始に、もちろん毎日の仕事や雑事もあり、

秘書検定の面接準備に時間をかける余裕など、ほとんど無く過ごしたものです。

  第113回 秘書検定 1級・準1級 面接試験日程


 「まだ筆記試験も受けていないのに面接なんて・・・」 と、お考えにならず、

筆記試験勉強の傍ら、是非この時期から面接準備を始められることをお勧めします。

と申しますのも、頭で覚えたり理解したものが点数に反映される筆記試験と異なり、

面接試験の 「審査のポイント」 は、

態度・振る舞い・話し方の調子・言葉遣い・物腰・しぐさ・身なり など であり、

それらのポイントが、

きちんとしている・丁寧である・明るく生き生きしている ことが合格の基準となります。
(秘書検定 HP より)

つまり 審査のポイントを身につける ことが大切です。

そして、身につけるには、やはり 時間が必要 です。


 当ブログでは、この度 秘書検定関連の項目に通し番号を付けました。

「秘書検定1*はじめまして」 から 今回の 「秘書検定76*面接試験・・・」まで、

どうぞお目通しになり、お役立ていただけましたら幸いでございます。


お読みくださいまして、ありがとうございます。
クリックしていただけますと 励みになります

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お箸*17 箸という字

2017-08-22 | お箸の世界
 今年も8月4日の 「箸の日」 に、「箸感謝祭」 に参列いたしました。

日本人にとって、手の一部とも言える 「お箸」。

その存在が当たり前と思ってしまいがちな 「お箸」 に、改めて感謝の意を捧げました。


 さて、少し早めに都内に着いたので、ちょうど見頃を迎えた蓮の花を愛でることに。

早起きの特権とばかりに、散策する人やカメラを向ける人が集う不忍池(しのばずのいけ)


     
     上野 不忍池 (東京都 台東区 上野恩賜公園内)
     見渡す限りの蓮  彼方に見えるのは 「弁天堂」


     
     とかく画像では花の大きさが伝わりにくいのですが、
     蓮の花の直径は、身長20㎝の秘書にゃんこサイズです。
     葉っぱに乗れば、おやゆび姫に見えるかも


     
     日枝神社 (東京都 千代田区)
     日本人のみならず、この日は外国からのお客様も多く参列。
     古くなったお箸を焼納する儀式を興味深くご覧になっていました。


     
     場所を移して昼食を。
      ANA インターコンチネンタルホテル東京 『雲海』


     
     箸袋を折って箸置き代わりにすることもありますが、
     やはりこうして用意されていますと、なんとも嬉しいものです 


 さて、本日のタイトルである 「箸という字」

「日」 の右上に点が付いている字と、付いていない字があります。

時代と共に漢字も変化し、さらに現代では 「書く」 よりも 「入力」 する機会が増え、

自分の意思と関係なく、設定した字体などによって、点が付いたり付かなかったりします。
(gooブログでは 「点」 が付いています)

ご参考までに 「漢字検定 1級・準1級」 では、点が有る字を 「標準字体」、

無い字を 「許容字体」 としており、どちらも正答として認められているようです。


 難しい事はさておき、私は 「箸」 と手書きする際、「点」 を付けています。

「竹かんむり(お箸)」 と 「者(人間)」 の間に有る 「点」 が、「箸置き」 に見えてしまうので

ちなみに本来の筆順は、竹かんむり → 土 → ノ → → 日 ですが、

「点」 を箸置きと考えますと、筆順は 「点」 を書いてから 「竹かんむり」  

いくら何でもそれはありませんが、お箸への思いが、漢字や箸置きにまで膨らむ今日この頃です


お読みくださいまして、ありがとうございます

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秘書にゃんこ*豪徳寺

2017-08-08 | おでかけ
 「猫の日」 といえば日本では2月22日ですが、今日8月8日は動物愛護団体による「世界 猫の日」

先日、東京 世田谷にある 「豪徳寺」 に参りました。

今 NHK の大河ドラマでは 「直虎」 を放送していますが、こちらは井伊家の御菩提所。

江戸前期、彦根藩主であった井伊直孝が雷雨に見舞われた際、猫に手招きされてお寺に入り、

雨宿りした上に和尚様の説法を聴くことが出来、大層喜んだそうです。

そのご縁から御菩提所となり、幕末の江戸の大老 井伊直弼の墓所としても名高いお寺です。

彦根城のマスコットキャラクター ひこにゃんは、こちらの招き猫がモデルだそうですよ。


     
     東急 世田谷線 宮の坂駅から徒歩5分


     
     東京都内とは思えないほど、ひっそりとした佇まい。


     
     たくさんの絵馬がご覧になれますでしょうか?
     外国語で書かれたお願い事も多く見受けられました。


     
     三重塔
     紅葉の季節にはどんなに美しいことかと想像しながら散策


     
     奉納された招き猫たち
     よく見ると、大きな猫の頭の上に、ミニサイズの猫が居るんですよ。


小判を持たない招き猫。
そんな猫ちゃんたちの素朴な姿に、心がほっこりしました。
「世界 猫の日」に寄せて、世界中のにゃんこ達が幸せになれますように。


お読みくださいまして、ありがとうございます

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秘書にゃんこ*函館

2017-07-27 | おでかけ
 この春、故郷を訪れた女子旅も、いよいよ最終日。

異国情緒漂う港町、幕末の面影を残す歴史の町、函館に行って参りました。


   
   JR 札幌駅
   夜明け前に起床し、テレビ塔を時計代わりに、北海道庁を独り占めしながら駅まで散策。
   辿り着いた札幌駅には人影も無く、そして昔日の面影も無いほど様変わりした駅舎。


   
   函館までスーパー北斗で3時間あまりの旅。
   昔は SL で6時間かけて向かったものですが。。


   
   前日、小樽で見つけた桜模様のドリンクをお供に車窓を眺めながら。。


   
   JR 函館駅
   駅前の赤いオブジェは 「親子」 だそうです。


   
   「市電乗り放題」のチケットを手に最初に向かった先は、「ハリストス正教会」
   青い空と開花したばかりの桜に映える白い教会に、思わずため息。


   
   同じく教会群にある 「カトリック元町教会」
   礼拝堂に入れていただき、しばし静謐な雰囲気に浸りました。


   
   教会群から程近い 「八幡坂」
   ロケ地としても有名な坂道は、映画やテレビでご覧になったことがおありでは?
   このときはウェディングの撮影が行なわれていました


   
   お昼にさしかかる頃、坂の途中で見つけたレストランで食事
   カレーでお馴染みの「五島軒」の建物は、北海道初の登録有形文化財。


   
   「明治洋食セット」
   明治時代の人々にとっては、どんなにハイカラなお料理だったことでしょう。


   
   帰りの飛行機の時間を気にしながら向かった先は 「五稜郭」
   五稜郭タワーに空高く泳ぐ鯉のぼりがご覧になれますでしょうか?
   写真の左側に写っている石垣は、先端が上に迫り出しています。
   これは 「武者返し」 と言って、敵の侵入を防御するための造りだそうです。


   
   マンホールも五稜郭の形。
   秘書にゃんこと一緒に写すため、地面に横になってもらいました
   

       
   五稜郭タワーから眺める桜にうっとり   


   
   名残り惜しいのですが、早くも飛行機の時間。
   

   
   AIR DO のクマちゃんに見送られて、機上の人となりました
   いつかまた、きっと来るからね


北海道 札幌・小樽・函館の旅をお読みくださいまして、ありがとうございます

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加