森のなかまと楽しい10Holes

手のひらにすっぽり隠れてしまう小さい楽器10Holesについてボチボチと

ようこそ

まとめ:ハーモニカのお手入れについて
まとめ:ハーモニカの調整について

みんなニコニコ帰っていく

2016-06-22 23:36:59 | 毛が生えてたり丸いもの
20:47 お月さまの下。大人たちが見守るなか神社の奥では子供達が遊んでいました。

帰りがけ。。小学生の女の子が手のひらに何かを大事そうに抱えてむかってきます。チラッと視線を向けると。。猫じゃらしでした。猫とあそぶんでしょうね。いかがお過ごしでしょうか。

本日は先週土曜日のお散歩の続きであります。お時間ありましたらお付合い頂ければ幸いです。


18:38 ヒコーキ雲が長く続くと上空の水分が多くて天気は下り坂。といいますがブチッ、ブチッと太く短くはこれいかに?たっぷり水分を含んだ空気の層と乾燥した層をウネウネと縫うようになっているのでしょうか。そしたら点線になりそうな気もしますが。いろんな事情があるのでしょうか。


第二山手隧道(だいにやまてずいどう)出口にかかる橋を渡っていきます。麦田町(むぎたちょう)に出た車たちが信号待ちで赤く光っています。


続いて桜道橋を渡ると山手隧道(やまてずいどう)が琥珀色の光りを放ちます。昭和世代としては宇宙戦艦ヤマトの波動砲の類を思い出すのではないでしょうか。


桜道橋ごしに見る山手隧道。一つ一つは細くて小さいツルたちが大量に集まっていたるところを覆います。


「サビだぁーっ」って撮ってみました。後でみてみたら。。鎖がニャー口みたいに見えて。。ポップなフランケンくんみたいに見えてきました(笑)


オレンジ色に光っていない方の第二山手隧道を歩いてみます。てくてく。トンネルを歩くだけで旅行に行った気分になるような気がします。


18:53 出口はニョロロたちのフリフリで飾られています。窓ガラスは夜の青でそまっていきます。


ワイフが見たがっていたキツネさん。ちゃーんと誰かが「にょろろ」たちをかき分けてくれています。それともキツネさんの神通力なのか。


岩壁は緑の鎖帷子で守られています。そういえばワイフが「フェンスの植物―はい回る蔓たち (POINT図鑑)」という本を買ってくれて本日(水曜日)に届きました。きっとこの緑の鎖帷子たちの名前も分かってしまうに違いありません。楽しみなのであります。


トンネルを出てすぐの「ゑびすや」さんの蔵に潜り込みます。板わさを芋焼酎とビールでチビリとやります。低照度で写真を撮っているとなんだか色が濃く出てきてしまうのでカメラ内にある「ほのか」という彩度が低く暗部を持ち上げ軟調な仕上がりになるモードをちょっと弱めて撮ってみました。


ぷりんぷりんの厚揚げ。これ外せないんですよ。。


ワイフの大好物うずら。


いくらの炊き込み御飯。ワーイ。ご飯が見えません(笑)
昆布だしで炊いたご飯にいくらがワーイしていて、まぜまぜするとプチプチが絡み合って濃厚な味わいになります。あまりこういったものを食べたことがなかったので。。

うまっ!

としばらく静かに悶絶するのでありました。


戦後に建てたという蔵を改装したお店。おいしい焼き鳥を頂いたのであります。


20:36 日中は人と車で賑わう元町もこの時間になるとこんなかんじです。


ポムポム。ケパケパ。ネムノキが花を咲かせているのを見つけます。「ネムノキだぁー葉っぱねてるねー」とか言いながら写真をとっていると。。

やっぱり寝るんですか?

と子連れのお母さんが近寄ってきます。ノースリーブワンピースでショートカットの快活でなかなか別嬪さんです。

「朝もここ通るんですけど朝も寝てるんですよ」とお母さん。
「昼間もだよ!」とニコニコ小学生。
「うーん。きっと眠ってしまう病気なんだよ」と森のなかま(笑)

「ネムノキっていうんですか。。ねむの木学園の。。」とお母さん。
「おかあさん。。失礼。おねえさん。。歳わかっちゃいますよ」と森のなかま。
「いやいやいやいやぁ〜お母さんなんですよ」とお母さん。

などとネムノキのまわりで10分くらい喋りながら写真を撮ったりする4人組。ネムノキも目が覚めてしまいそうです。
多分仕事帰りのお母さんと子供。子供が「お母さん大好き!」といった感じでとっても嬉しそうに喋るのみていると、こちらまで楽しい気持ちになるのでした。

植物の名前を覚えておくとこんな楽しい出会いもあるんですね。


20:51 夜の神社の石垣。といっても夜は始まったばかりです。


猫のような影。人々が寝静まってから出てくるのを伺っているのかもしれませんが。。そのころには電灯は消えてしまうんだと思います。じゃないと賑やかになって眠れませんから(笑)


街灯に照らされるパイプたち。サンタバルカ号でみた工場夜景を思い出します。人間の作り出す小ちゃい太陽は本物の太陽とは違う光景を魅せてくれるのであります。

さて。。我々もそろそろ帰る時間です。
遅くから出てきましたが「世界ふれあい街歩き」みたいなお散歩で楽しかったです。


21:39 日吉駅のツバメさんたちを見てみました。みんなキュートなお尻をプリッと出していました。

それでは!




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ねことおやこ

2016-06-19 17:52:59 | 毛が生えてたり丸いもの
あそんであげてもいいのニャ

一気に暑くなってきました。寝ていると暑くて起きる日々がやってきました。そろそろ扇風機が必要かもしれません。いかがお過ごしでしょうか。

まぁ、こう暑いとダラダラとしてきます。普通です。正常です。正義です(笑)
平日お散歩をするのを楽しみにしている森のなかま夫婦ですが、あの日差しのなかをランランと出ていくほど自分たちの体力は過信しておりません。4時過ぎくらいまでダラダラと過ごし帽子をかぶってお出かけするのであります。


16:17 駅に行く途中の190段階段。気ままに這い回るニョロロたちはおじさんたちの計画的な粛清にあってしまったのであります。


ここ最近の暑さでアジサイたちもちょっとお疲れ気味。人間もそれ以上にお疲れ気味。


日吉駅にはずいぶん前からツバメくんたち親子が暮らしています。毎年のことなのでつい忘れてしまうのですが子供が指をさしていたので「おぉ」とワイフを連れ戻して撮ってみました。


17:48 冬ならもう真っ暗な時間。土曜日の横浜の日の入りは18:59。明日はとうとう19:00になるそうです。


ポーズだけ情熱的なピアニスト登場です。何を弾いているのかさっぱりわかりません。


ピアニストの下にサビものを見つけ写真を撮っているとなんだか気配を感じます。カエルかと思ったのですがワイフ曰くヤモリではないでしょうか。


肉球を投げ出し「俺の才能を誰も理解しニャいニャー!」とか言っているのかもしれませんが、ぐうたらっぷりっはなかなかの才能であります。


石畳のテクスチャー。広い部屋にいると落ち着かないってことありませんか?隅っこや狭いところを好んでしまう森のなかまは、こういう光景を見ると親しみを感じます。狭いところにタオルケットがあればサイコーですよね(笑)


塗ったり剥げたりを繰り返した壁。明確な意図とかはないのですがそこいらの抽象絵画を寄せ付けぬ雰囲気があります。


少なくとも2つの種族が壁面を支配しています。森のなかまの中では「花をつけない植物」「ツル族」への思いが高まっているのであります。何かよいガイドブックが欲しいものであります。で、それを読みながらウトウトと眠るのであります。もちろんタオルケットに包まれて(笑)


ドクダミたちもそろそろ終盤です。彼らも壁面に顔を出したりするんですね。


先週も通った代官坂トンネルをくぐるのが今週のお散歩のテーマであります。反射板に汚れがついてしまったのか遠くから「クヘッ」とした顔に見えていました。


以前トントゥたちに会いに行った山手68番館の近くに出ました。大きなヒマラヤスギに絡みつくニョロロたち。ヒマラヤスギにしてみれば迷惑な話のようですが、まんざらでもないようです。


テニス発祥記念館の窓の枠部分には七色に光りを反射する素材がついているようでした。


東屋で休む二人はアベックかと思ったら。おばあちゃんと娘さんの親子の模様。そして犬くんが夕暮れ時を過ごしていました。


18:23 夕日を浴びるためにあるのではないかと思うような白い壁の家。


海沿いと違い西側に開けているので夕暮れ時の空を楽しめます。なんだか良い場所をみつけてしまいました。


錆びたトタンに大きな木。マイペースのねこ。望まなくても夕日が差し込んでくるのであります。

それでは!



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

にょろろ

2016-06-16 23:36:41 | デフォ
車でなければ矢印以外にもいけちゃいます。

帰りは傘は差しましたがザンザン降りには会わずに済みました。ムシムシしていましたが北風が吹きだすと少しヒンヤリしたかんじになってきました。でも。。明日は暑いそうです。いかがお過ごしでしょうか。

前々回は先週の土曜日に出会ったヒョロロたちの写真を並べてみましたが、本日は後半のニョロロたちの写真を並べてみたいと思います。なんだかオノマトペに頼り切った歯切れの悪い企画のようですが(笑)もともと冴えたものお求めになる方はご覧にならないかと思います。。
お時間ありましたらお付合い頂ければ幸いであります。


なんか飛んでます。というか浮いています。咲き終わったペラペラヨメナさんです。


最初に見たときは「楽しく歩き回る小人さんの足あと」みたいに見えてシャッターを切った覚えがあります。今日の主役のニョロロさんの一人です。花もそうなんですがツタの類の名前はよくからなかったりします。少しずつ勉強中ですが。。あはは。


金網のフェンスなんかにグルグルと楽しそうに巻きついて勢い余った先端だけが「あれ?」とフラフラしています。フェンスの持ち主ではない森のなかまにとってはとってもラブリーな光景であります。


表側は葉っぱしかなくても内側には「しこたま」弾丸を隠し持っているのであります。生命力旺盛であります。これを煎じて飲めば。。。やめておきましょう(笑)


17:34 この日はヒコーキ雲から派生したと思われる面白い雲たちがたくさん出ていました。人間が作り出したものと一緒に見ていても面白いと思います。


大きく育ったこの子。まだ言うことを聞いてくれてくれているのですが、そのうち「どこまで?」なのかわからなくなるのかと思います。


元町を歩いていたら出てきたトンネル。トンネルの近くにはニョロロたちがたくさん生息しています。


見方を変えれば貪欲に這い回り領土を広げる恐ろしいニョロロたちですが新天地を求めて「ぼくこっち」「わたしはこっち」と試行錯誤しながら最前線を進んで行くすがたは愛おしいものがあります。


こんな何にもない壁。といってもなかなかステキな壁でありますが。。


ニョロロたちのネックレス。重力に逆らわずプラーンとしてそこから足場を見つけるとどんどん葉っぱを出すのかもしれません。


空が面白かったので首都高をくぐり抜け関内方面にテクテク歩き始めます。道沿いにはイチョウが植えられていてアウトスタンディングなヤングたちがニョキニョキと生えているのであります。


関内にある横浜球場にまでやってきました。


ルリマツリに似ていますが誰なんでしょう。クシャクシャに丸められた花をポワッと振りほどいて開いています。手品師がポンポン咲かせる花をゆっくり見るとこんなかんじなのかもしれません。


18:35 街灯がつき始めましたが高い雲はまだ白かったりします。車がバンバン通り看板のネオンがポッポとつくような町でもひとしく青い空気が降りてきます。


何でもかんでもニコニコと照らし出してしまう日中のお日さまの光とは違って、夕方の光は闇との綱引きであります。


18:45 闇の中には大きな羽でできたミノをきたボウズくんたちが森のなかまが立ち去るのを待っています。早く動きたそうなので早めに立ち去ります。というと優しい人のように思えるかもしれませんが。。。単に。。。お腹が空いていたのであります(笑)


天ぷら&割烹の天吉に到着しました。珍しくガイドブックに載っているお店に入ってみました。


マグロのヌタで瓶のラガーでチビチビ始めます。が。。美味しいのであっという間になくなってしまいます(笑)


来ました!森のなかまは吹寄せ重のご飯大盛り♪そういえば人間ドックの翌日だったので大暴れの巻であります(笑)


ワイフはガイドブックに載っていた濱天丼。天ぷらはどれも美味しいのは当たり前なんですがタレは甘みを控えたもの。確りボリュームのある並盛りでもサラサラと入ってしまいますし、大盛りでもガツガツと入ってしまうのでありました。世の中には美味しいものがたくさんあるんですね♪


19:42 ワイフが見たら必ず撮るだろうなぁと思う大きな木。もう真っ暗なのですがワイフは果敢にレンズを向けて撮っていました


横浜球場の巨大なライトが作り出す光芒。湿度があるほど闇と光の境がはっきりするのかと思います。


仕事を終えて締めるお店もあれば、これから開けるお店とまだ数時間は元気な町です。


19:58 灯りを反射してかろうじて形状がわかる消火栓たち。ピカピカしているものは明るいもの暗いものどちらもよく映し出します。

それでは!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ドラセナがほんとうに咲きました

2016-06-13 23:37:26 | 毛が生えてたり丸いもの
二度目のビックリポンです♪

朝からずぶ濡れ。一週間が始まりました。いかがお過ごしでしょうか。
朝は多少蒸しましたが、夕方は長袖のウインドブレイカーを着たまま帰宅しました。明日は暑いそうですね。


19:06 窓の外が赤くなってきたので玄関を開けて北側を覗いてみます。乳房雲がぷにゅぷにゅ。


前回これまで十数年鳴かず飛ばずで葉っぱをミョンミョンさせて楽しませてくれていたドラセナが花を咲かせたとビックリポンしていたのですが土曜の朝。。おじさんの部屋からおじさんではない匂いに気づきみると。。。ほんとうに花が咲いていることに気づきました。


19:06 ものすごい勢いで流れていく低空の黒い雲の向こうに青空が見えて高空の雲を染め上げているのが見えました。


「随分地味なお花だねぇ」と思っていたのは蕾(つぼみ)だったんですね。大変失礼いたしました。改めてコンニチハ。。いや。。コンバンハ。


コンバンハ。というのもどうやら夕方になってお目々がパッチリ起床するようなのです。
帰宅して玄関を開けると部屋からドラセナの香りがドーンと「ぬりかべーっ!」よろしく壁となって押し寄せてきました。


19:13 ちょっとタイミングを逃してしまいましたが地上に雨が降ろうが時間になれば人間に見えなくても毎日夕焼けは上映しているんだなぁと改めて思うのであります。


小ちゃい花がたくさん咲いて鞠(まり)のようになっています。ぽっかり出ている丸ボケは例によって遠くのアパートの灯りです。夕飯の後に三脚を立ててLumieを直接当ててお手軽照明してみました。一旦反射させて柔らかい光にしてみるべきかと思いますが、あまり頭がまわりません(笑)


一つ一つみると。。結構好きな子かもしれません♪


21:18 せっかく三脚をだしたので南の鉄塔付近を撮ってみます。街明かりとかを反射して赤っぽく色づく夜の雲です。なんで赤いのか理屈を調べても良いのですが夕焼けが残っていると思って寝ることにします。

それでは!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひょろろ

2016-06-13 00:07:59 | デフォ
不思議と下から裏から撮るようになっています。たぶんエッチなんだと思います。

ムシッと。そして暑いですね。いかがお過ごしでしょうか。
ゴロンとしようかと思ったのですが起きているだけで汗だらん。なんだかんだで日頃やりたかった細々したことをやって過ごした日曜日でした。

本日は土曜日におさんぽをして撮った写真を並べてみたいと思います。撮った写真をリサイズしたりしていると今回はなんだか「ひょろろ」としたものが多かったんだなぁと思いました。体がヒョロロを求めているんだと思います。お時間ありましたらニョロロンとスクロールして頂ければ幸です。


通勤中に気になり。人間ドック後では日が傾きすぎてうまく撮れなかったこの子。スイバに似ているんですがスイバはもっと密集して咲いていた気がしますが、この子たちは等間隔に並んでいます。どうやらヒメスイバっぽいです
雄雌があるらしいのですが森のなかまにはさっぱりです。しかもこれが花かと思ったら赤いつぶつぶから更に花がでてくるようです。

そういえば。だれも気にしてはいないかと思いますが先日咲いたとばかり思っていたドラセナが本日真の花を咲かせました。ちゃんと香りもありました♪


色合いも爽やかなツルハナナス。晴れている日は眩しいくらい輝いていたり光を通したりであります。

電車にのっていつも通り元町までいくつもりでしたがワイフが「たまには洋服とか買いたい」というのでみなとみらい駅で降ります。

中略(笑)

「どこにいく?」とワイフ。
「元町公園でアジサイを見に行くのは?」と森のなかま。

ということで元町に行くのでありました。朝もお腹が空いて早く起きたので、それなりにお腹が空いてきます。。


駅の売店に積み上がっているコロッケパンやメンチパンでは不満というワイフ。。。では。。「くまコーヒー」と覚えていて一度は入ってみたかったモカベアーコーヒーさんに入ってみることにします。あと30歩!

出迎えてくれたのは日本語がアルテマ達者な青い目のお兄さん。


ハニーバタートースト。バターがのっかって沁みたこんがりパンってうまいんですよねぇ。人間ドックも終わったので大暴れします(笑)

「パンもおいしいよねー」とワイフ。
「近くだしウチキパンじゃないかな?」と森のなかま
「すみませーん。このパン。。。」とワイフ。
「はーい。ソーデス」と店員さん。

餅は餅屋。なんでもかんでも自分のところではやらず美味しいものをリーズナブルに出すのであります。

クレバーコーヒードリッパーで入れるコーヒーはガシッとしっかりした味。銀色のマシンですっからかんに抽出するより好きな味です。おいしかったです♪希望すれば別料金でネル、サイフォン、マシンなどが選べるそうです。


地面という大海に浮かぶネコ列島たち。暑いですからね。


午後三時の貴公子にして触れられると爆ぜてしまう敏感くん。「ハゼラン」を見つけてしまいました。


花の数は少ないですがニラの花でしょうか。数ヶ月前までのハナニラさんとの思い出が。。


コスモクロック大観覧車が小ちゃくなってこんなところに。。マメ小人さんが乗っているとしたら本当に小ちゃいですね。あんまり小ちゃいと声が聞こえないかもしれません。


ワイフが目ざとく見つけます。暑いのでじっとしていますが時々耳をピクッとさせるのであります。


びにょーーーーーーーーーんと首が伸びるトラ。戦慄の緊張が走ります。そして笑うワイフ。。後日続く予定です。。


いきなりですがオリヅルランです(笑)どうにもこうにもこういう花に弱いのであります。


木漏れ日の丸ボケが花びらを増やしてくれているみたいだなぁ。。とか思いながら撮っていました。改めて見てみると「アジサイがジャグリングしているなぁ」
この時そんなふうに考えていたら。。また別の写真になったのかもしれません。頭の回転は自慢じゃありませんが早くありません。えへん。


ヒイラギナンテンから赤いムカデのようなヒョロロがニョロロンと出ていました。新しい枝になっていくのでしょうか。


元町公園プールには綺麗な水がはられていました。プールが始まりだすとおいそれとカメラを向けるわけにはいかなくなります。色んな掟があるわけであります。


通路にはみ出してくるアジサイたち。暗くジメジメした狭っこいところにボカボカと咲いて通せんぼするイメージがあって小ちゃいころは好きではありませんでした。人の好みなんていうのも随分と変わるものであります。


苔で緑色になった階段にお日さまが差し込んできます。


ヒイラギナンテンのヒョロロの赤だけが浮かび上がります。そして、せっせとニョロロンと這っています。


アジサイたちが通せんぼする場所をくぐり抜け蛇口があるような開けた場所にやってきました。


ここは苔むしていないようですが森のなかまが好きな陽だまりがありました。

それでは
コメント
この記事をはてなブックマークに追加