森のなかまと楽しい10Holes

手のひらにすっぽり隠れてしまう小さい楽器10Holesについてボチボチと

ようこそ

まとめ:ハーモニカのお手入れについて
まとめ:ハーモニカの調整について

2016.8.23 朝夕の環天頂アーク

2016-08-23 20:09:08 | 空とか雲とか
6:41 朝からドキューン♪

既に曜日がよくわからなくなっています(笑)いかがお過ごしでしょうか。

夜のあいだに雨が降ったのか路面は濡れていますがそれほど蒸し暑くありません。朝は。。
大気は不安定だということで折りたたみ傘をもってエッチラオッチラ駅までの道を歩きます。

あれ?なんだか変だぞ。。


環天頂アークが出ていました。森のなかまは環天頂アークが大好きなのですがなかなか見られません。なので。。。もう。。。

ヤッホーッ

であります。さっそくワイフに電話をしてiPod Touchで写真をパシャパシャ撮ります。眩しくてよくわかりませんでしたが何とかおさまったようです。
電車は1本逃してしまいましたがあと2−3本は逃しても大丈夫です。


7:29 会社近くの駅から歩きだすと。。。幻日部分的なハロ上部タンジェントアーク
両方でている幻日もなかなか見られないのでこれまたヤッホーッなのであります。ちょっとコワイくらいラッキーです。

仕事はひと段落していて先代が残してくれたモジュールを解析中にいつもと違う警告をコンピュータが吐き出します。あれこれ調べてみるとみんなで検査したはずのコードに問題があるのを発見。あはは。。自分を含めて何を見ていたのやら。。。

そして退社時間。。

「朝はすごかったなぁ。。もうぉ。。うふん」と一人気持ち悪い笑みを浮かべながらいつも通り空を見上げます。


16:50 再び環天頂アーク。薄いですけど。。。運を使い果たしこの先環天頂アークはもう見られないのでしょうか(笑)

なんだかスゴイ日なのであります。


17:36 咲き始めのカラスウリ。夕方から不思議な花を咲かせるので見てみたかったのですが目の前にありました。毎日登り降りする190段階段。自分では細々見ているようで見ていないんですね。


18:11 夕日は綺麗です。そして不安定な天気はまだ続くそうです。

それでは!


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

2016.8.22 台風9号が通り過ぎた後の夕焼け

2016-08-22 19:55:04 | 空とか雲とか
18:18 あれ。。夕焼けだ。。

台風9号がお昼過ぎに館山付近に上陸しました。現在も北上を続けています。北海道が心配であります。いかがお過ごしでしょうか。


通勤では色々ありやれやれ。でも。。悔しいですがやはりキレイであります。


帰りは短い区間ですが電車が止まっても良いようにペットボトルに水を残したり乗り換え駅でトイレにいっておしっこぴーっしておきました。用心しておくにこしたことはありません。


18:49 どらまちーっくな夕日であります。明日も激しい雨や雷雨になるそうです。引き続き増水、交通機関の乱れなどには注意したいものであります。

それでは!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.8.21 台風前のそら

2016-08-21 20:57:28 | 空とか雲とか
18:29 枝豆は昨日たべました♪

夕方からだんだんと湿度が上がってきました。台風9号は首都圏を直撃するそうです。やれやれ。。いかがお過ごしでしょうか。

久しぶりに夕焼けを見ることができたので本日2度目の投稿になります。
オレンジ色ばかりでは何ですので夕焼けがなかったらお蔵入りするはずだった昼間の写真も載せてしまおうかと思います。よろしかったらおつきあい頂ければ幸いであります。


12:29 朝は高い巻雲が出ていたのが徐々に雲が低くなってきました。


高積雲尾流雲はクラゲよろしくユラユラとしています。


12:30 お布団をモコモコに干してしまうお日さまは、積雲もモコモコと作り出します。


12:33 南の鉄塔:川崎火力線3番70。後ろには積雲が海上で成長した雄大雲がモコモコ。


風が強かったのでチリジリしてしまったりと自由気ままであります。


12:35 台風が近づいているのでだんだんと天井が低くなるように厚い雲が立ち込めてくるんだと思います。


12:39 まぁ。。それにしても良くケバだちます。


16:10 やっぱり低く雲が立ち込めてきました。今日も夕日は無理かな?


真鍮の懐中電灯は連日の湿気にさらされて今はこんな感じです。


17:46 富士山が見える西の空には灰色の天井ができました。


18:23 台所の窓が赤っぽくなったのでまずは南のベランダにいきます。南側はすぐに暗くなってしまうのでまずは南からであります。


西の空。久しぶりの夕焼けです。


18:25 灰色の天井と地平線との間をすり抜け雲底をなめていく夕暮れの光。


18:27 北や東のそらにも赤みを挿していきます。


18:28 本日の横浜の日の入りは18:22。既にお日さまは沈んでいますが水平線の下から上に向けてガンガン光を飛ばします。よくみると上に向かった光芒が出ているようです。


18:30 手すりを光らせているのは水平線に沈んだ太陽の光を浴びた雲に反射した光かと思います。あっちこっちぶつかってきましたが森のなかまの目の前が終端でした。


18:31 そろそろ終わりかと思いましたが富士山の上には赤と黒のグラデーション。


お盆休みの最終日になかなかのプレゼントでありました。


18:39 赤い色は彩度を失ったオレンジ色に。そして青くなっていくのでありました。

それでは!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くもだらけ。近くの鉄塔。近所の花火大会。

2016-08-21 17:34:40 | 空とか雲とか
8/21 19:05 テクテクあるきながら花火に近づきます。

午前中は乾いた南風が吹いていたのでお布団をモコモコに干し上げました。明日は台風が直撃するなかの出勤と帰宅になるようです。いかがお過ごしでしょうか。

お盆休み最後の週末ですが土曜日はぐったり。年々暑さに弱くなっていくことを実感します。そんなんでも空や雲の写真は何気に撮っていたりします。まとめるのが億劫なだけなんですね。。よろしかったらおつきあい頂ければ幸いです。


8/19 8:38 雲が山のように積み上がっていました。


あんぐり口を開けて鉄塔を食べにくるもの


8/19 15:07 積雲はお日さまで温まった空気が上に立ち昇るときに湿った空気を押し上げひえると出来上がります。雲底が真っ平ら。雲頂がモコモコ。大昔から変わりません。


8/19 16:20 かわいい積雲が発達してどんどん大きくどす黒くなってくると怖い雲になります。


もう少しすると雨が降りました。大気不安定であります。


8/20 15:21 再び森のなかまが好きなあやふやな世界


まとわりつく湿気。手のひらでフンフンやっても「あははは」とまとわりつき続けます。ワイフが酔っぱらった時に近いものがあります。


8/20 15:25 まだ青空が見えていたりしますが。。。


8/20 15:26 着々と雨の元は空中に溜まり続けます。


8/20 15:29 北東には急成長中の積雲の雲頂には「頭巾雲」が出ていました。どよーんと湿った空気の層がまったりとしているところにグングン成長する雲が下から突き上げると、湿った空気の層ごと押し上げ、冷やされ薄っすらとした雲になります。ヤングの勢いが強いとそのまんま突き破ってしまったりします。


8/20 15:31 マンガチックな恐竜が何かを食べているのか、親指と人差指でパフパフすると煙が出るおもちゃをやっているのやら。。

気になって調べたら「お化け煙」とか「ようかい煙」というようです。森のなかまは結構すきでした(笑)


8/20 16:00 おぉ。。ゴジラが背を向けてガオーッと吠えています。シン・ゴジラを見てからゴジラ祭りで大ゴジラ特撮王国の初日まで見に行ってしまいました。ショボイ展示なのかと思ったら。。失礼。。。大変面白く楽しませてもらいました。写真を撮っても良いスペースがたくさんなので是非カメラを持ってお出かけください♪


8/20 17:09 お日様は雲で隠されていきます。この日近所の鶴見川では鶴見川花火大会が行われるのでありました。ワイフはムックと起き上がり。。

「花火大会みにいこーっ!」

と宣言。。準備を整えいざ出ようとすると雨が降り始めます。


8/20 18/43 鉄塔の高さを調べようと思ったのですが高さを示すプレートは見つけにくい場所にあるようです。でも名前はわかりました。キャサリンとかではなく「川崎火力線3番70」という恐ろしく事務ちっくな名前でありました。


鶴見川に行くには矢上川沿いに歩きます。


雨はふったり止んだり。でも花火大会を「やるよー」というパンパンはなっていたので鶴見川を目指します。


8/20 18:47 川崎火力線3番70を振り返ります。西の方は少し晴れ間が見えました。


8/20 19:06 鉄塔と花火。この場所で見続けてもよかったのですが以外に空いていましたのでもう少し前進します。この日は多摩川でも花火大会があったので人が分散したのかもしれません。


にこちゃーん♪


アパートのベランダからでも見えるのですが、こうして川岸でワイフとペタンと座り込んでみる花火大会も良いものであります。


8/20 19:44 ズンズンズンとラッシュが続きます。このラッシュがくると終了というのが定番であります。


ひゃっほー♪

「花火大会見たから枝豆茹でて今日は飲もう!」とワイフ
「ヘイッ」と森のなかま。

おうちで「パーチー」であります。


19:52 ワイフの生き物センサーが発動しました。Manker E14という懐中電灯でやんわり照らすとカニさんでした。


早速ゆで始めますおいしいんですよねぇ〜。茹で上がったところウチワでパタパタ粗熱をとります。
ぼくぺんさんの所で気になったセブンのテトラパックおつまみの焼き鳥がなかなかうまかったです。


「パーチー」と聞いて森のなかまたちが勝手にテーブルの前でまっていたようです。ふふ。。

それでは!



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

女性らしい想いが詰まった LUMINTOP IYP365

2016-08-19 18:45:54 | フラッシュライト
丁子屋(ちょうじや)さんで見つけた酒袋のポーチに挿してみました。

太陽がさんさんと出ていましたが昨日より湿度も低く、比較的過ごしやすい1日でした。いかがお過ごしでしょうか。
本日は久しぶりに懐中電灯ネタであります。エアコンをつけないとグヘッ。。エアコンをつけると背中から冷風があたり長時間もたないというこの時期の写真撮影。途中でLumieの電池が切れるはと日頃の行いの悪さが響きました(笑)いろいろお見苦しい点はありますがご容赦くださいませ。


IYP365」と変わった名前。。「365日」というのはすぐにわかるのですが「IYP」は何なのだろうと思ってモヤモヤしていました(笑)何気ないペンライトなのですが、ちょっと思い入れがありましたので入荷の連絡を受けてからAoniro Jさんのところで注文しました

「In Your Pocket for 365 days.私が名前を提案しました」とAoniro Jさん。
「なるほど」

Lumintopは基本的には余計な機能の無いストイックで保守的な量産品を作るメーカですがショップさんの意見を取り入れて製品をリリースするのは珍しいと思いました(反面おもっきし筐体で遊んでくることもあり好きです)。

そして意見を求めたのがガチガチのライトマニアではなく若い女性というところに興味を惹かれました。
若い女性がコンセプトに出した「IYP」の「You」は誰を想定しているんだろうということをなんとなしに考える日が続きました。おじさんは結構いやらしいんです(笑)


車内に閉じ込められた時にガラスを割るためのブレイカーとかホイッスルとかそういったものは一切ありません。手触りの良いきめ細かいHA処理と金色にお化粧されたリングでサラッとまとまっています。

HA処理というのは塗装のように塗っているものではありません。非常に硬くて擦れにも強くアルミ製の懐中電灯では当たり前のように処理されていますが中には素人目にみても「うーん」というものもありますがIYP365のそれは老舗らしい仕上がりです。


どこでも入手できる単4電池を2本(2AAAという仕様です)を使います。アルカリ乾電池でも良いですが、使うのが勿体無いので2−3年放っておいたら電池が液漏れしてしまった。。というぐらいならエネループなどの充電池でジャンジャン使ってあげたいです。



スイッチ側にも金色のリングが付いています。ゴテゴテとデコレイチブでもなくなかなかいい感じです。このリングをはめ込むため「本体パーツは分割式になっていて」と考えると手の込んだことをしているんだなぁと思います。

「そんな事するなら値段やすくしてくれよ」

といった声も聞こえそうですが既に十分購入しやすい値段だと思いますし、毎日持っていて欲しいものだからこそ見た目が良いものをといった考えなのかと思います。

懐中電灯に熟知していて実用性と性能のみを求める方には既にそういった製品が多くでています。これらの製品は必然的に男の子チックになるのですが、そういった製品を持ち歩くことに抵抗がある方もかなり多いかと思います。今まで「懐中電灯なんて」と思っていた方が「これなら」と思うような製品は人に勧めやすいしあげやすいので森のなかま的にはウェルカムであります。


スイッチキャップは金属製。多くの懐中電灯は滑りにくいシリコンゴムのような素材が使われるところですが埃を寄せてしまったりします。金属製のスイッチキャプであればポケットやバッグから出しても余計なものを釣り上げないですよね♪
指で押すところの面積が大きく取られていますので力を入れやすいですし指も痛くないかと思います。


そのおかげといいますかIYP365を立てて使う事もできます。「キャンドル立て」というもので屋内であれば天井に光を当てて間接照明として利用するというものです。

今でこそ停電はあまりありませんがキャンドル立てができる懐中電灯が1本あると何かと便利です。懐中電灯に興味がない同僚の出産祝いにあげたところ。。

「ヨメサンが寝ている時にオシメを取り替える時に便利だった♪」

と思いもよらない使い方を教えてくれました(笑)
IYP365は細長いのでそれほど安定が良いわけではありませんが、水平で平らなところであればショックを与えなければ倒れることはありませんでした。


懐中電灯の光を決めるリフレクター(反射板)はオレンジの表面のようにデコボコしたオレンジピールリフレクター(OPといいます)。デコボコが光を拡散して程よく見やすい光を作り出してくれます。近場を照らすのには最適なものの一つであります。

風防には透明度の高いガラスにちょっとしたコーティングがされています。取り立ててIYP365がスゴイのではなく現代の懐中電灯では当たり前の仕様となっています。

ここから先。。文字が多いです(笑)購入を考える時に改めて読んでみていただければと思います。


Nichia 219B Mid:25Lumens(25H), Low:1.5Lumens(50H), High:125Lumes(35M)
Cree XP-G2(CW): Mid:40Lumens(25H), Low:3Lumens(50H), High:200Lumes(35M)

メーカーが発表している点灯時間(ランタイム)のうち「Mid:25時間」「Low:50時間」は誇張だと思ってください(笑)実際は半分以下くらいの時間になります。
別に性能が悪いのではなく、電池の容量と明るさから考えると妥当な結果だと思います。このあたりはメーカの言い分もあるので一概に「ウソ」とか言えないので何とも言えません。でも。。ちょっと盛りすぎでしょうか(笑)

写真はNichia 219Bのものです。電球色のような暖かい色合いの光す。高演色LEDとよばれるもので一般的なLEDが苦手な肌色や赤の再現性が高く「健康的でベッピンさん」に見えます。森のなかまはこのLEDが大好きでイチオシであります。

CW: CoolWhiteというのは赤みをとった一般的な白色光になります。219Bよりも明るいので、少しでも明るいものを求められるかたはCW版がよいかと思います。

中心に程よいスポットがあるので中距離から近場まで。。つまり身の回りをスムーズに見渡す事ができるかと思います。平均的で優等生な配光であります。

「スポットが強くて真ん中しか見えないのでは?」

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、写真で撮って全体が均一の明るさのライトは近場は良いのですが意外に暗く感じてしまう方が多いです。もっと広く、もっと遠くを具体的な欲求が出てきたらIYP365では力不足です。でも。。。これでも昔の単1電池を4本飲み込む豆球を使う赤いサーチライトより明るいんですよ♪

明るさが3段階ありますが、電源オフからカチンと押し込むと必ず「Mid:中」で点灯します。屋内や夜道を歩く分にはこれで十分かと思います。

カチンと音が鳴らないくらい押すと明かりが消えます。これを「半押し」といいます。
「Mid:中」から半押しすると「Low:弱」になり、さならに半押しすると「High:強」になり次は「Mid:中」に戻ります。

半押しが難しい時はカチンと一旦消灯し、もう一回カチンと点灯すれば良いです。
要は消灯している時間が2秒以上経つと懐中電灯は「本当に消した」と思って「Mid:中」に戻ります。


"In Your Pocket"といういう言葉から最初に思ったのは女性が恋人のポケットに「アタシがあげたペンライト毎日使ってね」と挿すようなシーンでした。逆は思いつきませんでした。

というのも男性が女性にプレゼントするとなるともっと小ちゃい単4電池1本ものになるかなぁと思うのです。男の子は高性能で小ちゃいものが大好き。軽量であれば持ち歩きにも苦にならないだろうと考えるからです。実に合理的。でも。。必ずしも男性が考える合理性が女性に通じるかというとそうでもなかったりします。

ワイフのお母さんは普段出かける時に森のなかまがあげた懐中電灯を持ち歩いてくれます。単4電池1本(1AAA)のものは小さすぎてバッグの中で迷子になりそうだし操作しにくいということで単4電池2本(2AAA)のものを使っています。

女性のバッグというのは男性が考えるそれとは全然違います。懐中電灯に興味のあるような男性のバッグは細かくポケットがあり「あれはココ。これはココ」と入れる場所が決まっているような事が多いです。しかし。。女性のそれは違います。
結構学ぶべき事が多く、最近森のなかまはバッグ内のポケットは使わなくなりました。

先日電池が液漏れして別な2AAAを上げたのですがスイッチが硬くて片手で操作できませんでしたのでワイフが「両手でやるといいよ」と言ってくれました。

IYP365は大きく作られたスイッチキャップで少ない力で押しやすく、バッグの中で迷子にならないちょうど良い大きさ。こんどはIYP365を贈ろうかなぁと思いました。

そっか。。

Aoniro Jさんがこのライトを「IYP365」して欲しいと思った相手は故郷のお母さんだったのかも。

「IYP365」してもらいたい「You」。そのことについて考えてみるのも良い機会なのかもしれません。

これから、こういった懐中電灯が世の中に出てきて色んな人のポケットに色んな想いが詰まったらと思うのであります。
そんな事を考えるのでありました。製品作りに携われるってことはなかなかステキなことですよね。


最初に紹介した丁子屋さんの酒袋。購入する時に奥から同じ柄の袋をたくさん出してくれました。

「何か違うんですか?」と森のなかま。
「内側の柄が違うんです」とご主人。

酒袋は首からぶら下げられるしっかしした紐がついています。寅さんよろしく前にかけて追加ポケットとして使っています。

それでは!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加