森のなかまと楽しい10Holes

手のひらにすっぽり隠れてしまう小さい楽器10Holesについてボチボチと

ようこそ

まとめ:ハーモニカのお手入れについて
まとめ:ハーモニカの調整について

NITECORE LR30, LA10 CRI

2016-12-04 17:18:09 | フラッシュライト
エッヘンなトラちゃんです。

早いもので12月であります。でも横浜の日中はポカポカです。いかがお過ごしでしょうか。
本日は懐中電灯というより、どちらかというとランタン。。うーん。どちらかというと電池式照明器具といった方がよいかな?と思うような製品の紹介です。

書いてから見直してみたのですが。。。ごちゃごちゃと文字が多くなってしまいました。すみませんです。写真だけでもササーッと流してみて頂ければ幸いです。

書きながら想定していたのは「テーブルで小物を撮りたいんだけれど。。なんだか」という方向けに書いてみたつもりです。まぁ。。森のなかまも自己流で上手くはありませんが。。。

三脚。。あるといいです。うんうん。なんだかんだであると最終的には手早くより良い結果が得られます。でも。。三脚が使えない、使いたくないときは結構あります。おまけにカメラの高感度性能や手ブレ補正も結構効きます。SNS用とかであれば根性でなんとか乗り切れる事があります(笑)

でも。。魅せたいところが陰で暗くなっていたら。。。ポワッとまんべんなく照らしてくれるような光が欲しいですよね。今回紹介する照明器具は人によってはそんな気持ちに少し応えてくれるかもしれません。


森のなかまの寝床にやってきたとりさん。「ききみみ頭巾」を被っているので色んな話をしてくれます。
奥の南側からお日さまの光が入ってくるので逆光気味でちょっと表情が暗くなってしまっています。


こちらは今回紹介する照明器具を使って撮ってみたものです。ホワイトバランスは太陽光です。人によっては上の写真の方が好みの方もいらっしゃるかと思いますが。。それでは話が進みませんので(笑)


こんな感じに一度ケント紙などを折ったものに光を当てて反射させています。

LED照明にありがちな色が偏ったり、くすんだりしていないのがとってもお気に入りです♪
一般に赤色の再現が苦手なLEDですが高演色LEDと呼ばれるLEDは白熱電球と同様に赤が見た目に近く綺麗に見えます。

が。。そういうったLEDは赤色をしっかり出すために夕暮れよりちょっと前くらいの(色温度が低い)オレンジ色っぽい色になります。こういう時はカメラのホワイトバランスを電球色などにしてあげると「赤っぽい光だから青っぽくしてバランスをとってね」とカメラに伝えてイメージする白にしたりします。

昔アイドルが「ハワイに行って写真集出しました〜」というと、ちょっと大人っぽいメイクをして夜明け前のような深い青い光のなかで白い肌を強調したりするようなカットがありましたが(笑)
背景は日中の光で、アイドルに赤っぽい電球の光をあてて、電球色モード(当時だとタングステンフィルム)で撮影すると昼間の光は青く。赤っぽい電球の光は白くなります。こんな感じです
うまくバランスをとるとアーバンでセクシー。そしてアダルトチックな雰囲気がでる「かも」しれません(笑)

でもですね。。この照明器具はお日さまの色と合わせても違和感があまりないのであります。そうなんです。昼間のお日に近いくらいの色合いでピカーッしてくれるんです。

ちょっと前置きが長くなりましたが。。そんな照明器具を紹介したいと思います。


こちらがNITECORE社のLR30です。ホルキンさんで購入しました
いつも紹介しているような金属製の懐中電灯とは違い、オールプラチック(プラスチックもしくは樹脂)製であります。軽くって親しみやすいです。


裏側には強力な磁石が仕込まれてベッチンベッチン金属に張り付くほか。。シリコンのような伸縮するバンドが引っかかっています。これを外すと。。


「おともだちのペンギンが喰い逃げした分は働いて返すんだよな?」とトラちゃんが労働していますが(笑)フックに引っかけられるようになっています。


横に心もとない爪があるので外側に引っ張るとペチッとカバーが外れます。そしたら爪に力をいれるをやめてカバーをガバーッと外します。


トラちゃんは磁石に映る自分の姿をみて何を思うのか。。磁石が強力なのでカバーを外すと電池まで一緒に外れることもあります。

ちなみにLR30には電池も付いてきませんし充電機構も備えていません。なので初めてこの製品を使おうとすると電池と充電器を買わないといけません。黎明期の頃は怪しい充電器が多かったのですがXTARの製品が知られるころから良い製品が安く手に入るようになっています。電圧を表示できる充電器が便利ですので同じNITECOREのものであればUM10などが良いかもしれません。


電池はプラス側がプクッと出ているニップルトップの18650というリチウムイオン充電池を使用します。プラス端子側が平らなフラットトップは使用できませんでした。バッテリはPLJさんで入手しました
同じ18650でも容量が小さいのにお値段が高いものがありますが間違いでなく(多分)より多くの電流を繰り出すことができるハイドレインタイプのものかと思います。LR30はのんびりとした製品ですので容量がわずかに少ないながらも高性能なハイドレインタイプを選ぶ必要はありません。


トラちゃんがのっても熱くないそうです(笑)

プロは仕上がりを優先することから白熱電球を使うかと思いますが、知識や経験がないと火傷や発熱による火災を犯しかねません。森のなかまのようなシロートが狭いスペースでアクロバチックなことをやっても想定される事故はLR30を落っことして壊すことぐらいでしょうか。。

▪️LR30 操作
スイッチ長押しで点灯、消灯を行います。点灯中にスイッチを押すごとにLow, Mid, Highを繰り返します。
ダブルクリックで点灯すると赤色で点灯します。赤色点灯中にスイッチを押すごとに赤色, 点滅(1秒に1回ペース), SOS, 赤色を繰り返します。

消灯中にスイッチを1回押すと青色点滅で現在の電圧を教えてくれます。例えば3.6Vだと。。。
3回点滅。1秒くらい間をおいて6回点滅します。とてもわかりやすいです♪
3.2Vを切ったらすぐに充電してあげてください。森のなかまはキリがわるいときは3.6Vくらいでも充電してしまいます。

▪️LR30 明るさとランタイム
Low:12Lumens(62H), Mid:85Lumens(8,5H), 205Lumens(3.5H), Red: 45Lumens(8H)

▪️LR30 配光例
  
LR30 正面

   
LR30 上向

柔らかくムラのない光が得られます。Manfrotto LUMIEが前方に光を集中していたのに対してLR30はかなり広角に光を拡散しています。森のなかまスタジオみたいな環境では全体や背景を明るくするのにとっても便利であります。
赤色は。。。気分は潜水艦乗りであります。。

メーカが謳うようにPWMによるチラつきは感じられませんでしたが、Low, Midで僅かにピーという発振音がします。「えっ?聞こえないよぉ?」という方も多いかと思いますが発振音にトラウマのある方にはオススメはしません。ちなみに森のなかまは夜寝るときに読書灯以外に枕の脇にLR30を横向きにして本の陰で暗くなった箇所を照らしています。時々付けっぱなしで寝てしまいます。そのくらいの発振音です。

1点気になる事があって。。。電池が過放電しそうになると自ら放電を止める「プロテクト」が効いて消灯すると。。。新しい電池を入れてもすぐには点灯しませんでした。5分くらい放っておくと何事もなく点灯します。よくわからない仕様ですが故障と思う前にちょっと待ってみてください。

18650というパワフルな電池。高演色LEDでありながら日中のお日さまに近い色合いとで小物の撮影がとってもラクチンになりました。二つあったら色んな事ができそうです♪

ちなみに。。。同僚に見せたら。。。さっそく二つ購入していました。。



さて。。。こちらはLA10 CRIという照明器具であります。こちらはPLJさんで購入しました。高演色ではないものは若干お安く、そして明るくなります。

「18650なんて特殊な電池じゃなくて単三電池がいいの」
「そんなにパワーは要らないから小さくてカッコイイのがいいの」

こんな方に訴求力のある製品でショップの売上ランキングを見ると結構長い事上位に居る製品であります。


冒頭の写真にありましたが電池のキャップ以外にダイヤル状のパーツがあり、クルクルと回すとリップスティックのように白いディフューザがニュルニュルん♪と出てきます。
普通の懐中電灯にもディフューザをつければ同じ事なのですが、付けると大きくなるし、外すと置き場にこまる。。ならば専用機で収納してしまえ!という発想かと思います。なかなかステキです。

高演色版はLR30同様にそれほど赤っぽくない光色でした。ディフューザの色合いでも調節しているのかもしれません。


一応。。。電池蓋と本体です。。左の本体側にダイヤルみたいのがあるのがわかるかと思います。
このダイヤルを持ってスイッチ蓋を開け閉めすると点灯、消灯できます。ツルツルしたところを持ってスイッチ蓋を回すとディフューザが伸縮するだけですので片手で操作するのは難しいかと思います。


ディフューザを一番引っ込めた状態(繰り出しなし)にすると周囲に光をまき散らさない分前方照射が最大になります。Highでのランタイムが短い事からLow, Midでの運用が多くなるかと思いますので自分なりの使い方や工夫をして楽しんでみると良いかもしれません。


ちなみに。。森のなかまは。。SKM-HOODEをかぶせてデスクライトみたいに使うのが好きなようです。


磁石は強力で電池がはいったまま真横に貼り付けても自重を支えられます。


ちなみに貼り付けているのは100均で打っている小ちゃいブックエンドです。LR30の丸っこさも可愛いのですが立てて使えるといいよなぁ。。と思っていたら磁石でいかようにも使えるわけであります。

▪️LA10 操作
電池蓋を締めて点灯。緩めて消灯です。必ずLowから点灯します。消灯して2秒以内に点灯させるを繰り返すとLow, Mid, High, 点滅, Lowの繰り返しになります。

▪️LA10 明るさとランタイム
LA10 CRI: Low:9Lumens(23H), Mid:30Lumens(6H), High:85Lumens(1.5H)
参考:LA10 XP-G2 S3(CW): Low:10Lumens(23H), Mid:40Lumens(6H), High:135Lumens(1.5H)

▪️LA10 配光例
  
LA10 CRI 正面(繰り出しなし)
ゆっくり歩行する分にはLow, Midで均一な光で足元を照らせます。

  
LA10 CRI 上向き(繰り出しなし)
写真では暗くって仕方ないかんじですが天井は均一な光で明るくなります。上から吊るようにすれば小さいテント内くらいのスペースをやんわりと照らせるかと思います。ランタイムを考えるとMidでの運用になるでしょうか。

  
LA10 CRI 上向き(繰り出しあり)
一番「らしい」使い方かと思います。Mid, Highの光が直接目に入ってくると正直ちょっとまぶしいくらいです。特に発行部の先端が。。。

  
LA10 CRI 下向き(繰り出しあり)
というわけでケースによっては先端部を下に向けて使うこともあります。

LR30よりはちょっとクセがありますが、小さい上にディフューザを収納できて更にコンパクト。単3電池1本でどこにも持ち出せるのが魅力だと思います。
チラつきや回路の発振音もなくお一人さまでも。。We are all alone!のお二人さまでもほんのりコンパクトな灯りを楽しめるかと思います。


狭い日本の住居。ドーンと撮影機材を展開できる方も多くはないでしょう。電源コードを引き回したりしなくてもポンポンと並べて試行錯誤をしてみて。。そんな使い方ができるのでLR30は森のなかまにピッタリです。18650という電池を使う初期投資だけが問題ですが、電池を複数そろえて長時間連続して使えるなどメリットはたくさんあります。よろしかったら検討してみてください。

もし。。LR30で撮ってみた写真を見てやっても良いよ、という方はこちらもご覧になってみてください。背景がちょっと赤っぽくなっているのは何だか寒かったので背景に暖色のライトを当てていたからです(笑)

ふわりーず
ポケットのなかの紅葉



それにしても。。とりさんたち。。かわいいです。きれいな色が出てよかった♪

それでは!


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ポケットのなかの紅葉

2016-11-29 21:10:37 | 色変わりする金属たち
同じ真鍮や銅なんですがそれぞれ違いますね♪

本日から日の入りが徐々に早くなり始めるそうですが冬至はまださき。日の出はまだ遅くなるそうです。空気がピキッとしてきました。いかがお過ごしでしょうか。

日曜日に「ふわりーず」たちを照らす新しい灯具の紹介用の写真を撮っていたのですが、いつものクセで銅や真鍮のカタマリたちを撮ってしまいました。今年は紅葉をあまり見られていませんので。。ポケットの中で色変わりしていく金属をながめております(笑)

よろしかったらスクロールしてみて頂ければ幸いであります。


以前紹介したXENO ES1 Cuも随分色づいてきました。まぁ、普通に見れば残念なくらいきったない感じですが。。


理由はよくわかりませんが相変わらず蜜蝋を薄く塗ってからポケットに放り込んでおくと変色が早いようです。


かなり真っ黒になったので凹んだところはそのままに銅磨きのポリマールで軽く表面を撫でて放っておいています。青紫色っぽくなるのが艶やかです。


随分久しぶりのCopper Tool AAAは、一度お酢で深く変色させたのでなんだかオレンジ色っぽいままです。風防にオレンジ色のLeeFilterを入れてトンネル内のナトリウム光っぽいいアンバー光にして楽しんでいます。那須塩原で夜の温泉街をおさんぽしたのを思い出します。


ポケットではないのですが。。2−3ヶ月雨ざらしにしているEigerたち。彩度が低くなって渋いかんじに枯れてきました。

それでは!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ふわりーず

2016-11-27 16:57:55 | 毛が生えてたり丸いもの
さぁ。みんなでたべよう♪

楽しみにしていた週末がやってきました。いかがお過ごしでしょうか。
土曜日は横浜赤レンガ倉庫で行なわれている「手作り・雑貨&クラフトフェア」に行ってきました。去年は「もこもこーず」がうちにやってきました。


撮っているだけでふわふわとした幸せな感じになってきます。

勝手ですが。。。FU・WA・RIさんの作品たちを「ふわりーず」と呼ばせて頂きますね。

アパートが狭くて置く場所を確保できないことからあまり数は増やせないという事情がありまして。。。最初は「仕方ないから行ってあげる」を装うワイフでしたが工房暖簾Galleryさんのブースにくると「ふわりーず」に電波を送られ遠隔操作され始めます。

「これは○△さんへのプレゼント。こっちは⭐︎○さんへのプレゼント」

と言いながら手当たり次第捕食し始めます。工房暖簾の方がカゴを出してくれます(笑)


クリスマスデコレーションされたドーナッツなんです。さわるとふわふわ♪


こっちはイチゴクリームですね。

手のひらにのせていてもチョコレートは溶けてきませんが、心のなかの色んなものを溶かしてくれるかと思います。


だるまさんとだるまさんが転んだをしていたら寝てしまったひよこくんでしょうか。

森のなかま夫婦が略奪の限りを尽くしていると。。とてもテンションの高い外国人女性がかけよってきます。。

Oh! ダァルマさーん ○×△□⭐︎♪〜

とっても嬉しそうな女性。この光景。。去年の森のなかま夫婦のそれであります。(笑)

なんだか盛り上がる女性と森のなかま夫婦。
そして。。後から冷静な娘さんがやってきます。森のなかま夫婦とおかあさんを見て「Oh! Boy」とか言いたげですが。。。そんな君に敢えて言っておこう。。

お嬢ちゃんも大人にったらわかるさ♪


楽しみにしていたKUSUさんのキャンドルです。火を灯さずとも上に向けて立てられる懐中電灯があれば暗がりでフワっとした雰囲気を楽しめるのであります。そうしたくなるようなキャンドルなんです♪



さむいよねー。あったかいお風呂にはいりたいよねー。
ぼくたちとけちゃうよ。
そっか。。あははは。

それでは!

P.S.
今月は私一人で何回風邪のようなものになったのかわかりません。。でも何とかなっているようです。今月も夫婦揃って日本赤十字社を通じて義援金をお送りすることができました。

今月も大きな地震がありましたが、終わっていない事が多いと思います。今現在受け付けている緊急救援・被災者支援は先月と変わらず7つです。この数が減ることはあっても増えるような事がないことを願いたいです。

可能であれば何かの折に検討してみて頂ければ幸いであります。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

デコラシオンのシュークリーム

2016-11-19 20:22:23 | 毛が生えてたり丸いもの
チュウ吉は「ゆーたん」が温めるのに使っているiPodのタイマー音:オープニングで毎晩踊っています。

今週は外出が無理かな?とワイフが「ニマーッ」と買ってきた戦略兵器が食卓に登場です。いかがお過ごしでしょうか。

軽くアイシングされたシューはサクサク、ガツガツと食感があります。てっぺんにはコリンコリンとしたクリスピーな食感も。。そこに甘すぎずない優しい味のカスタードクリームが「これでもかぁ〜」とぽってりと注入されています。食べていると。。

ぴゅるるーん♪

とか出てくるので食べ進むのに楽しい戦略が必要になってきます。
他のケーキも背筋が凍るほど美味しく、しかもお値段もリーズナブル。。

デコラシオンは日吉駅から歩いて5分。綱島街道沿いにあります



あーっ!ボクたべてないのにぃー!

それでは!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

XENO ES1 Cu V2 Brass WW

2016-11-18 20:52:55 | フラッシュライト
懐に忍ばせられるから懐中電灯

ちょっと生死をさまよっていました。いかがお過ごしでしょうか。
止まらぬお尻からのP&J。繁忙期には15分おきに漫画のようピー。ジャー。リバースや高熱もないのですがインフルのような悪寒。。よくわからずじまいでしたが腸炎による風邪ではとの事でした。

よくなってきましたので楽しいことに目を向けます。本日は2−3日前に届いたXENO社のES1 Cu V2 Brass WWを紹介します。Cuと書いてありますが銅は関係ないようです。

XENO(ゼノ)は異生物とかいう意味のようで冒頭のグニャグニャした生き物のようなのはXENO社のマークのようです。

ES1は入手が簡単な単三電池1本で動くスリムな懐中電灯です。単4電池1本よりも大きくなりますが十分コンパクト。10人の子供たちを率いて探検するには力不足ですが市街地に住む人間が懐に忍ばせるには十分な能力を持ち合わせているかと思います。

森のなかまは購入前に「XENO ES1 V2 WW 【CREE XP-G2 電球色 Warm White LED : 2600-3700K】使い方とレビュー」(トップは「あすきん」さん)を読ませて頂きました。詳細に書かれていますので購入を検討される方は是非ご覧ください。


なんだか魔法の文字が書かれたようなのはスイッチ周りです。深堀なのか型押しなのかわかりませんが墨流しされたレリーフは滑り止めの役割のようです。
スイッチは奥まっているのでキャンドル立てといって、懐中電灯を上に向けたまま点灯させることができます。
森のなかまはそうでもないのですが。。ちょっとスイッチが硬いので片手では押しにくいかもしれません。そんなときは片手で懐中電灯を持って、もう片方の手の人差し指でスイッチを押し込むと点灯させやすいかと思います。

もともとこの懐中電灯はアルミ製だったのですが、今回真鍮のほかチタン製も販売になったようです。面白いことにチタンと真鍮製が同じ値段なのです。森のなかまは迷わず真鍮製を選びました(笑)


Low:40Lumens(6H), Ultra Low:1.2Lumens(150H), High:90Lumens(80M)

綺麗で温かい色合いのウォームホワイト(WW)。
より寒色のNW, CWはHighが120Lumens(80M)となるそうです。ランタイムは2600mAHのニッケル水素充電池(エネループプロ等)を使った場合だそうです。
スムースリフレクターというツルツルの反射鏡を使っていますが結構拡散されています。単三電池1本という限られた電源でも実用的な明るさを得られるよう適度に集光されているのでLow,Ultra Lowの使い勝手が良いと思います。

Highは明るいには明るいのですが連続点灯させていると熱くなってきます。この明るさを連続して使用したい方は単三電池2本、いやいや。。18650という充電池を使った懐中電灯の購入を考えた方が幸せかと思います。

ちなみに調光はスイッチをオンにしてから半押しをするごとにLow, Ultra Low, Highの繰り返しになります。1秒以内に3回半押しをするとチカチカモードになります。チカチカモードを止めるには3秒以上消灯してあげてください。消灯後は必ずLowから点灯します。


XENOマークとは違ってこちらはレーザー刻印のようです。メリハリが効いていてステキなデザインだと思います。

真鍮の懐中電灯が好きということもありますが、ES1を選んだのは単三電池1本で電球色のように色温度が低いWWが選べることが大きいです。意外にこのクラスでWWが選べる機種が少ないかと思います。まぁ、それだけマイノリティかと思いますが(笑)森のなかまはとっても気に入ってしまいました。

北風ピープー吹く寒い夜。青白いCWよりも温かみのあるWWの光を懐から出せるというのはちょっとした楽しみであります。

キャンプや夜の犬くんのお散歩はもちろん。クリスマスツリーのある温かいお部屋でキャンドル立てをして部屋を暗く照らして楽しんで頂ければと思います。

それでは!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加