Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ロードバイク 後輪に違和感

2016-05-13 20:09:28 | ホイール
自転車で走っていると後輪に違和感を感じます 良く観察してみると
その原因が判明、お尻を突き上げる様な感じは何だったのでしょう






ロードバイクで走っていると後輪から何かを
感じます 昨日からかすかに感じていた事が
今日酷くなってきました 




走っている途中で良く観察すると原因はこれですね
タイヤが回ってバルブがいがんでいます こうなると
外では手が付けられないので直ぐに帰って来ました 




ホイールを外します 空気を入れる時には大丈夫
だったので 出掛けてから回ったのでしょう




原因はリムセメントの劣化に依るタイヤの剥離でしょう
ペダルを踏むと進行方向へリムは回ろうとします 
タイヤは地面に踏ん張ろうとし逆の力が掛ります
バルブが曲がるとタイヤの一部が脹らみ それが
規則的にお尻を突き上げる症状を起こします

下り坂などでブレーキを多用した時はこの逆の力が
お互いに掛り結果として同様にバルブが曲がる事が
有ります いずれにしろチューブラータイヤの
接着強度が弱くなると起る事です




空気を抜かなくてもタイヤとリムの縁が切れます
恐い状態です






空気を抜いてタイヤを外しました






リムセメントの状態です 風邪を引き接着力が有りません
タイヤを張り 1年少し パンクもしないのでそのまま使って
いました、反省しないといけません








前輪もタイヤを外しました 状態は後輪と同じです
前回は古いリムセメントを綺麗に剥離し ベッドを
新たに作って 一度目のタイヤ張りでした まだ床も
薄いので早い時期にこんな状態になるのでしょうね




タイヤはバルブの損傷もなくまだ使えます






リムのセメントの状態はまだ完全に死んでいる訳では
有りません 爪で押すと柔らかさが残っています






その様な状態なら リムセメントを塗ってやると
古いセメントも生き返ります ベッドを造る要領で
セメントを塗っておきます






今迄はタイヤにセメントを塗る事はしなかったのですが
私自身、昔の様に自転車を操る技術も落ちています 
タイヤ側にもセメントを塗って しっかりした接着力を
確保します






これで少し放置します タイヤのセメントが濡れた
ままでは、さすがにリムに入れるのが難しいです




リムにセメントを塗っている間に表面は乾きます
10分も有れば充分です




折角タイヤも外したのでホイールの振れ取りも
しました






タイヤを張る準備をします






タイヤを入れる前に少し空気を入れますが このタイヤは
サイドが固いので空気の量はほんの少しで良いですね
この辺りはタイヤに合せて調整しています 上は入れ過ぎ
です






リムセメントを塗ります 良い感じですね 
先程の分と合せ 9グラムのセメントを使っています






タイヤを入れ 8キロまで空気を張りました バルブも
真っ直ぐに入っています(笑)





前後のホイールのタイヤの貼り替えを終えました リムセメントが乾けば使えます
今回の症状は半年に一度程度 タイヤを張り替えると古いセメントも絶えず生きた
状態で使えます 普通ならそれまでにパンクやタイヤの寿命が来ますが、距離を
乗らない自転車は気を付けないといけませんね 何時まで経っても勉強です・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チューブラータイヤ張り Vittoria PISTA EVO CS

2016-04-11 20:16:45 | ホイール
先日古いリムセメントの剥離と床作りを済ませたホイールにタイヤを張ります
今回選んだタイヤは ピスト用、ビットリア PISTA EVO CS です




注文していたタイヤが届きました ロード用と
比べるとやはり繊細な気がします






Vittoria PISTA EVO CS供,海離織ぅ笋砲 19mm 巾と
22mm 巾が有りますが 22mmの方を用意しました
推奨空気圧:145/215psi 換算すると 10.2/15.1kgf/
10.0/14.8bar になりますね






トレッドはダイヤ目です




重量は公表値 160g 実測 154g でした




さてリムセメントで張る前に他のホイールに入れてみます
リムセメントを塗ると写真を写している暇が無いので
タイヤの入れ方をここでご案内致します セメンを塗っても
手順は同じです






タイヤに空気が入っていないと綺麗に入れるのが難しく
少しだけ空気を入れます






空気の量はタイヤが何となく丸くなる程度 指で押すと
この様に凹みます これ以上空気を入れるとそれもまた
作業を難しくします




まずバルブをリムのバルブ穴へ真っ直ぐに入れます






バルブの両サイドを下へ押し下げ タイヤを伸ばしながら
リムに入れて行きます バルブが曲がらない様に注意








バルブの反対方向へ来るとそれ以上リムを床に付けたまま
ではタイヤが入らなくなります そこまで来るとホイールを
持ち上げタイヤの最後の部分をリムに入れてしまいます

ここが一番難しい部分です リムセメントでタイヤのサイドを
汚すのもここです 適量の空気を入れる事とタイヤを充分伸ばし
ながら作業を進めるのがポイントです






タイヤが入ったらリムと良く馴染ませます




空気を 3kgf/崢度入れ タイヤのセンターを出します
ホイールを回転させトレッドが左右に振れない様にします






タイヤのセンター出しはクリンチャーではしない行程です
少し時間を掛けてでも丁寧に行って下さい






リムセメントを塗っていたらセンターが出た後で
使用圧まで空気を入れ一晩置きリムセメンが
乾けばホイールが使えます 
このタイヤも以前の様に空気が抜けても困ります
5キロ程度空気を張って一晩様子を見る事にします
タイヤ張りは明日ですね




一晩経ちました






タイヤの空気も抜けていませんでした、大丈夫です






二度塗りしたセメントの下地、床も上手く出来ています
これから新たにリムセメントを塗ってタイヤを張りましょう








仮に入れていたタイヤを外します 今回は空気漏れの
確認の為にこの様な事をしましたが、入れるのが固い
タイヤもこの様にすればこの後が楽ですね






タイヤに少し空気をいれ準備をして置きます






リムセメントを塗るのは小屋の中で行いましょう
この倉庫の前は風通しが良くリムセメントに風が
当ると表面が直ぐに乾いてしまいます それは少し
不安が残り、あまり良い事ではありません






パナレーサーの速乾性のリムセメントです






リムの横にはみ出さない様に丁寧に塗りましょう
今回は何時もよりやや多目に塗りました 普段は
あまり厚く塗らないのでこれで普通なのかな?






慌てる必要は有りませんがセメントが乾かないうちに
タイヤを張ります ホイールの下には板などを敷いて
リムセメントがゴミを拾わない様にします 新聞や
段ボールはリムにひっつき始末が悪いですよ・・






先にご紹介した様にタイヤを入れました セメントが
柔らかい間にタイヤをリムに馴染ませ トレッドの
センター出しと振れの修正を行います 曲がっている
所があれば少しタイヤを動かし調整します 






タイヤのセンター出しが終われば空気を8kgf/崢度
入れ一晩置きます リム等にセメントが付いていたら
シンナーで拭き取っておきましょう

※ リムセメントの使用量は使用前後に重量を測ると
  7g 程度でした 意外に少ないのに驚きました
  ベッド(床)作りの 2回塗りで 10g 程使っています





タイヤ張りが終わりました、これくらいしなやかなタイヤは特に難しい事は有りませんが
丁寧に作業を進めました 
トラック用でリムテープ(両面テープ)を使う事は無いので この様な一連の作業は
出来る様にならないといけませんね 是非ご自身で覚え、なさってみて下さい

前回の作業 【 チューブラーホイール リムセメントの除去と床作り 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チューブラーホイール リムセメントの除去と床作り

2016-04-08 20:18:08 | ホイール
チューブラーホイールでリムセメントを使っていると古いセメンを剥す時期が来ます
少し時間の掛る作業ですが セメンの剥離と新たな床作りまでご紹介します




私のトラックレーサーですがこれの前輪の整備を
行います






前輪を外します ここは15mm のスパナを使います






現在付いているタイヤを外します まずはエアーを
抜きます そしてバルブの反対側からタイヤを外します
このタイヤはリムセメントを塗らずに仮に入れています 






このホイールにはピスト用の新しいタイヤを貼っていたのですが
何故か空気が抜けて使えなくなっていました それを外して先程の
TUFOのタイヤを仮に入れていました
タイヤを貼る時に使ったのは SOYO の金リム用の白セメントです




リムにはこの様に古いリムセメントが残っています
白セメントなのに茶色くなっているのは TUFO に
使っていた速乾性のセメントの色を吸ったのでしょうね






古いセメントの除去の方法に決まりは有りません
状況を見ながら進めます 今回は始めに彫刻刀を
使います






彫刻刀で古いセメントを削ります でもこれで全てが
取れる訳では有りません 次の作業の下準備と考えて
良いでしょう 1本で 1時間弱の仕事です




場所を自転車小屋から変えました






ここでは塗装用の剥離剤を使います 今迄に色々な
物を使いましたが金リムにはこれが一番効果が有ります
カーボンは築層に使っている接着剤に影響が有りそうで
使わない方が良い気がします 
アルミに対しても影響を与える物も有るそうですが 私が
ここで使っている物は、今迄に不具合は起こっていません






容器に移した剥離剤を刷毛で塗って行きます 
この時シールに付くと色が剥げたりシールが
剥がれる事が有るので注意して下さい




剥離剤はタップリと塗った方が良いですね
このまま時間を置きます




今回は 20分放置しました これから柔らかくなった
リムセメントを剥します この様なバターナイフや
ヘラ、後はスプーンなどを使うと便利です
※ 次の 2枚の写真はリムセメントを剥す場面ですが
  あまり綺麗な風景でも無いのでお断りしておきます






剥離剤で柔らかくなったリムセメントをバターナイフで
剥ぎ取っています そのセメンは古新聞で処理すれば
良いと思います






バターナイフで全周のセメントを擦り取っても全てが
綺麗になりません 歯ブラシを使って擦ってやります
歯ブラシが動きにくい所は剥離剤を追加塗布すれば
やり易くなります




歯ブラシで擦った後です、概ね綺麗にセメントが
剥がれています 








セメント剥離の最後は水で良く洗い流します
剥離剤は残さない方が良いです 乳化したセメントが
多少リムに残る事が有りますがこの後の作業で取れば
結構です ここまで2時間、延べ3時間です




さてもう一度自転車小屋に帰って来ました これから
タイヤの接着面に下地を作ります それを床と言います



その前にリムを磨いてやります






国産随一のチューブラーリム ARAYA GOLD
アルマイトはされていません 磨けば光ります






ハブにはワックスを掛けておきます こんな事は
自転車の性能に影響しませんが綺麗な方が気持ち良い
でしょ?(笑)






これから床に掛ります タイヤの接着面の汚れと
油膜を拭き取ります






ウエスにシンナーを染ませリムセメントを塗る
部分を拭き取ります この時に乳化したセメントが
付着していれば一緒に綺麗にすれば良いですね




この後薄くリムセメントをタイヤの接着面全体に
塗ります これはタイヤを貼る時に本来の接着強度を
確保する為に行います 新しいリムや今回の様に古い
リムセメントを剥離した時に必要な作業です
ロード、ピストの区別は有りません






薄くリムセメントを塗っています これはボンド G17を
使う事も有りますが乾燥すれば床作りは完了です この
作業を2度、3度と繰り返す事も有ります、絶対に正しいと
言う方法は無いので自分の考え方次第ですね






床を作ったホイールを一晩置きました 今回はピスト用の
フロントでも有りますし、もう一回重ね塗りをしておきます






床にどの程度のリムセメントを使っているのか重量を
測ってみましたが 一回に5g 程度でした、これでもう
一度乾燥するまで置いておきます





公園に咲いていた赤い花 街の彩りも綺麗になって来ましたね
注文しているピスト用のタイヤが届けばタイヤを張りましょう
今年は一度、自転車競技場か競輪場のバンクを走ってみるつもりでいます

タイヤを張る方法はこちら 【 チューブラータイヤ張り Vittoria PISTA EVO CS 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホイールのソルダリング その方法

2015-08-03 20:37:45 | ホイール
ホイールのスポークの交差部を針金で結線し 半田付をするソルダリング
その方法を写真を参考にしながら解説します





先日ニップルの交換をしたホイールですが一ヶ所ソルダリングが外れている所が有ります
それの補修を行いましょう
ホイールの剛性を高める為にスポークが交差した部分を結線しその針金をハンダ付する事を
ソルダリングと呼んでいます




何かの理由でスポークが強く張れなく 柔らかく感じる
ホイールにはその効果が有る方法ですが スポークが
カンカンに張られ基より 高剛性のホイールにはあまり
する意味が無い様に感じます
そしてソルダリングの方法も人に依り色々ですが
今回ご紹介するのは そんな中の一つの方法だと
ご理解下さい






ソルダリングに必要な道具を用意しています
その道具は使いながら見て行きましょう






ホイールのタンジェント組みではスポークが交差
している部分が何ヵ所か有りますが 結線するのは
ハブから一番遠くリムに近い交差部です




これは以前からこのホイールにしてある結線部分です
ハンダが酸化して変色しています




私の場合 結線には鉄の針金を使いハンダも一般用を
使います 針金の太さは 0.3mm これは太くても 0.35mm
迄が仕上りのバランスが良いと思います






針金をニッパーで切り二つ折りにします その長さは
5〜6cm 有った方がこの後の作業がやり易いです 
余った分は後で切り捨てます






二つ折りにした針金をスポークの交差部に巻き付けます
2回巻けば良いでしょう ただこれに決まりは有りません
見た目も大切なので、ご自分の好みで決めれば良いと
思います






針金を巻いた後はペンチで先を捩じり固定します






ここは遊びが無い程度に締めておけば良いと思います
どうしても強く縛りたい時は針金をたすき掛けにして巻く
などご自分で工夫されると良いでしょう





針金を巻き終わったので次は半田をしますが その前に少しソルダリングについて
書いておきます 今迄に針金の選択から巻く処までご案内しましたが、スポークの
交点を針金で縛る事で スポーク同士のたわみが少なくなりホイールに掛った力が
逃げ難くなりそれに依ってホイールにしっかり感が出ます  確かに太い針金を使い
巻き数を増やすとより強固な結線が出来ます ただスポークに遊びが無くなった分
ハブとリムに負担が掛ります

これは軽量リムであればホイールの寿命を短くします それを避ける為に私は結線部分にも
有る程度の遊びを作る様にしています この辺は人に依っても考え方が違うので何が正しい
と言う事は有りません もっと強固な結線をするのならステンレスの針金とハンダを使い
スポークも同時に半田付をしてしまいます、これも一つの方法です






休憩のつもりで書いた話が長くなってしまいました
半田付けを行いましょう 半田はごく一般的な物を
使います そして普通の半田コテです




半田コテの容量ですが あまり小さいと時間が掛ったり
気温の低い時には使えない事も有ります 私は手早く
出来る様に 80W の物を使っています






半田こてのコテ先 ここが黒く色が変わっていたり
汚れていると 半田が溶けなかったり付かなかったり
不思議な事が起ります コテ先は綺麗にし銅の地肌が
見えている物にはコテを熱して半田を乗せておきます
これを半田メッキなどと言っています




いよいよスポークの結線に半田をします 一般用のハンダには
フラックスが入っているので フラックスを使う必要は有りません
ヤニ入り、と書いて有る半田がそうです
まず温めたコテで半田をする部分を加熱します 半田を注すのは
この後です




結線部分が半田の溶解温度まで上がってから 半田を当てます
温度が上がっていないと半田は溶けません 温度が高過ぎると
半田が溶けても弾きます 丁度良い温度だと一瞬で針金部分に
吸い込まれます この感覚は自分で覚えるしか有りません

※ 温度の低い時から 何秒かごとに半田を当ててやり半田の先が
溶ける感覚を覚えると良いですね




半田を終えました 半田に入っているヤニ(フラックス)が
茶色く残っています これを取り省きましょう






ステンレス製の小さなブラシが便利です




半田をした部分をブラシで擦ってやります 
フラックスを取るのが目的です






フラックスが綺麗に取れました






ニッパーでヒゲを切り落します 捩じった部分にも半田を
回しているので根元で切っても針金がばらける事は有りません




これでスポークの結線の半田付 ソルダリングが
終わりました





今迄にソルダリングの方法は何度かご紹介しています 今回は注釈を入れた写真を
使い進めてみました 初めての方でも少し練習すれば半田付けは出来ます 半田の
融点は 180℃ 強なのでそれ以上の温度をスポークにも与えます 出来るだけ手短に
済ませる様に心掛けて下さい
スポークテンションが低くホイールが柔らかく感じている方はきっとその違いを感じる事が
出来るでしょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホイール センター出しの方法

2015-07-30 20:29:53 | ホイール
先日後輪のニップルを替えたロード用のスペアホイール これのフロントも
整備します 振れ取りとセンター出しを行いましょう





Campagnolo NUOVO TIPO スモールハブで組んだロード用ホイールです
ホイール自体は古いのですがそれ程距離は乗っていません






36穴ハブ+ 28穴リムを使い変則的な組み方をした
ホイールです 使用に全く問題は有りませんが
やはり普通のホイールと振れを取ってみると違いが
解かります




今回はセンター出しも目的なので 振れを取る際
リムをどちらへ寄せるかを事前に考えておきます




振れ取りの前にホイールのセンターの状態を
確認します 工具はセンターゲージを使います






まずホイールの片面に工具を当て 工具の先端を
リムの左右に隙間が無くなる様にセットします






それを行うのはこの部分で
一旦 1 のネジを締め込み工具を持ち上げ リムと工具の先端に
隙間を作ります その状態から
1 のネジを緩め工具の先端とリムが接触するまで工具を下げます

リムと工具の先端が触れた時
2 の部分は 工具とハブのロックナットに隙間は作らず軽く触れて
いる状態にします




そしてホイールを裏返し 先程の状態の工具を当てます






その状態で工具の左右に隙間が無いか確認します
ここで隙間が有れば ホイールのセンターは逆側、
写真で言えば 下側に寄っていると言う事です

その状態で有れば振れを取る際にホイールをこの
工具の方向へ寄せる様に調整して行きます もし
隙間が 4mm 有れば 2mm 寄せるとホイールの
センターが出ると言う事ですね

もしリムと工具に隙間が無ければ次の確認を行います




リムと工具の先端に隙間が無ければ

2 の部分に隙間が無いか確認します それを確かめるのは
このカンパの工具の場合 ロックナットの外面が見えないので
1 のネジを締めてみます もし締まる様でしたら隙間が有ると
言う事でやはりセンターが出ていません この場合ホイールは
工具側にセンターが寄っていると言う事です




※ リムを寄せると言う事は ホイールには左右にスポークが有ります
振れ取り台にセットし、リムを右側に寄せたい時は右側のスポークを
張ってやれば(ニップルを締め込む)リムは右に寄ります ただそれ
だけではリムが内側に引っ張られて天振れが出ます 引っ張った隣り、
左側のスポークは右を張った分だけ緩めてやる事で天振れを抑えます

右に 10 寄せたい時は 左側を5 緩め、 右側を5 締める、理屈では
こう言う事です それを根気良く行うのが振れ取りですね






ホイールの振れ取りをする時の リムを寄せる方向も解ったので
振れを取って行きます ニップルとニップルホールに大きな力が
掛っているのが 後輪のニップルを交換した時に良く分ったので
その部分にオイルを注して抵抗を少なくします
このオイルは振れ取りの時だけに必要なものです 乾燥の早い
CRC 556 を使っています






それに加えニップルとスポークのネジも良く食い付いています
そのままスポークレンチを使うとスポークが捩じれます これは
絶対に避けるべきで スポークを保持しながらレンチを使う様に
します
この工具は私が使い易い様に工夫していますが プライヤ―と
薄いゴムを使いスポークを挟んでも構いません スポークに傷
を付けるのも良く有りません






振れを取ってはスポークをしごく事を繰り返します
スポークが捩じれていればこの時に戻りますし
ニップルをスポークのネジやニップルホールに
馴染ませてやる為の行程です 
その方法はこの様にスポークの交差部を強く握って
やったり






左右の交差部を強く握って寄せ合ったり ホイールを
苛めてやります これで振れが出る様なら又振れを
取ってやります




新しいホイールを組む時にはこの様に全体重を
リムに掛けてホイール苛めをします 今回もこの
作業を行いましたが柔らかいリムならホイールが
裏返りそうになりますよ
 






ホイールの振れ取り ホイールの苛め センターの確認
それの調整が完了しました これからするのは整備とは
また別の作業 綺麗に磨いてやります




これは自転車の走行性能に全く寄与しない事ですが
綺麗な方が気持ち良く自転車に乗れますね そんな
事が全く気にならない人はしなくても良い作業です






曇っていたアルミが綺麗になって行きます この
工程が結構好きです ただこの様な事をする事で
部品の不具合を見付ける事も出来るので 試合に
賭けている人こそした方が良いかも分りませんね




ハブも綺麗になりました Campagnolo NUOVO TIPO





このハブは高校生の時自転車屋さんで見掛け欲しくて直ぐに買いました
ただ使うのが勿体無くて長く眺めている時期が有りました そうです
好きな物は最後に食べるタイプです(笑) 組んだのは買ってから 10年が
経っていました   45年前のハブはまだまだ使えます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加