Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

自転車整備用 倒立台 作ります

2017-05-18 20:19:40 | メンテ 用品
自転車のメンテナンスに使う整備台の一つ倒立台(とうりつだい) 
これは昔から競輪選手の人達が愛用し少なくとも50年以上前から使われて来ました
ただこれの良い物が中々手に入らない様なので自作します




倒立台も市販されている様ですが 一般の人が手に入る物は
使い勝手の良い物が無いと聞きます だったら自分の使い勝手に
合せ作ってしまいましょう







これも今迄に何個も作っていますが 欲しいと言う人が表れ
私の手元に残りません(笑) これは 25mm のアングル鋼を
切断しています 土台=ベースに使います






ハンドルの受けになる脚の曲げ加工をしています 
13mm 程度の鉄の丸棒を使うのも良いですが 
今回は建築の基礎に使うアンカーボルトを選びました






それを必要な寸法に切り取ります






これはハンドルを受ける部分ですが アンカーボルトを
この様に使い後で溶接します ここで木の角材やビスを
使っているのは溶接をする時に 両手を上手く使いたい
為の工夫です




必要な材料の寸法切りが終わったのでそれらを溶接し
組立てを始めています






溶接をする時には強い光のアークから目を守るために
遮光性の強い保護メガネを使います これを掛けると
何も見えない程、色の濃いレンズが使われています




なるべく両手を自由に使いたいのでこれを買いました
溶接する母材と溶接棒を接触させる時には 素通しにし
アークが発生した瞬間にレンズを下げますがそのタイミングが
難しくて慣れるまで使えないです・・






結局今迄の 面 を使い進めます アングル鋼と
アンカーボルトのこの様な所を溶接して行きます




溶接機の調子が良くなったので凄く楽に仕事が
進みました とは言え結構時間の掛る作業です






形とすればこの様な物です 見た感じでは上手く
出来ていると思います






実際にはこの様に使います 自転車を逆様に
倒立させるので 倒立台と言うのですね
通常は正立の状態で整備をする事が多いので
最初は戸惑いますが、慣れればとても使い易い
整備台です じゃ色を塗って仕上げましょう






何時もならプラサフを使うのですが在庫が切れていました
今回は透明の錆止めを塗ってからシルバーを吹きましょう




合間に・・



折角溶接機も出しているので 塗装の乾燥を待つ間に
薄歯でチェーンレストを作りました 薄歯でこのタイプを
作っておくと使い途が広いですね






さて塗装の方は何度か重ね塗りをし シルバーと一部に
ブルーを使いました、この後クリアを塗って完成です






クリア塗装も施し完成です




昔に作ったものより少し改良しています
脚の曲げを少し大きくしています






実際に使ってみます 最初に作った奴より脚とハンドルの
クリアランスを大きくし ハンドルの奥を支える様にしています
この方が安心感があります





昔から競輪場の検車室には用意されていた倒立台 以前はあまり使わなかったのですが
これに慣れるととても整備台として優秀です これは誰も持って行かないでよ・・(笑)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新しい潤滑剤を降ろします Super Lube

2016-11-20 20:08:35 | メンテ 用品
自転車整備に使うメンテナンス用品も使えば無くなります そんな消耗品は
幾つか在庫は置いています 今回は Super Lube の潤滑剤を降ろしました





メンテナンス用品の中でも良く使う物やお気に入りの物は 幾らかの買い置きをしています
今回はそんな在庫の中から Super Lube の潤滑剤の封を切りました






この潤滑剤は一見オイルなんですが かなり粘度が有り
この容器には HEAVY-DUTY CHAIN LUBRICANT
Semi-Fluid Lubricant (半流動体潤滑剤)
と書かれており オイルとは書かれていません




しかしこの潤滑剤は 超耐久チェーン用潤滑剤と書かれて
いる様に凄く耐久性が有り、何時オイルを注したか忘れる程
効果が長持ちします 街乗り用自転車、一般の自転車には
抜群の相性です また我々が乗る自転車の練習用 雨天時の
レースにもとても良いと思います 






この潤滑剤には PTFE フッ素樹脂が添加されています
多くのフッ素樹脂はオイルの底に沈殿します この潤滑剤は
比重が重いのでメーカーの担当者の方は大丈夫だと言って
いましたが 撹拌した方が使い易いので容器の中に撹拌用に
ベアリングの玉を入れて使っています








買い置きの中で一番大きな 1/4 サイズの玉を 3~4個
入れておきましょう




今迄使っていた物ですが思いの外長く使えます






最近硬さを感じていましたが 経過時間に依り
この様なグリス状になった物が容器の口に溜まって
います 決して悪い手触りでは無いのでこれはこれで
何かに使えそうです ちょっと Super Lube の多目的
グリスに似ているかな?





Super Lube 超耐久チェーン用潤滑剤 その言葉通りのケミカル商品です
決戦用のオイルとは用途は違いますが とても信頼が出来る良い物だと思います

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パンク修理用 ローラー

2016-10-17 20:17:05 | メンテ 用品
自転車に乗っているとパンクは避ける事が出来ません パンク修理をする時に
チューブとパッチゴムを確実に密着させる為の道具が有ります パンク修理用の
ローラーです





パンクの修理道具は皆さんも幾らかは揃えていらっしゃるかと思います
今回は自転車の部品売り場を見ていたら良さそうな道具が有ったので
買って来ました






私の自宅近くにも何軒かのホームセンターが有ります
お店によって特徴も違うので 行ったついでに自転車
売り場を覗く事も有ります 今回は購買意欲を
そそられる物を見付け それをお持ち帰り(お金は払いました)






パッケージには パンク修理ローラー パンク修理時に最適 
パッチとチューブの圧着作業がラクラクと書かれています 
これと良く似た物を自転車屋さんが使っているのを見て
以前から良いなと思っていました




横から見るとこんなに薄い金属で出来ています






片方の先端にはこの様な回転するローラーが
付いています




反対側は先端に角度を付けた所に ペーパーが
貼り付けてあります チューブをここで擦るのですね






パンクしたチューブの穴の周りをペーパーで良く擦り
パッチゴムを貼った後でローラーで良く圧着します
これをするとしないでは パッチゴムの付き方が
全く違いますね






私は今迄この様な道具を使っていました 壁のクロスを
貼る時に使う道具で 壁紙押えローラーと言う名称です
主にクロスの継ぎ目をこれで押えるので ジョイントローラー
とも言いますね 建築のクロス職人さんはまず持っています




これを使うと当りが凄く優しいですよ ローラーの角も
上手く使うと申し分の無い仕事をしてくれます
ホームセンターでも置いて有ると思います 数百円です




場合に依ってはプラハンマーで殴る事も有ります
これも圧着するのにはとても効果的な方法です




今回買ったパンク修理ローラーも 工具箱の仲間入りです





壁紙ローラーで不満は有りませんが この金属の奴も一度使ってみたかったんです(笑)
今回の贅沢は 398円(税別)でした ホームセンターの価格は類似した物でもお店に依って
全く違いますね 実際、購入する所を間違うと大きく悔やむ位の価格差があります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vipros ヴィプロス グレサージュその他の事例

2016-06-20 21:14:59 | メンテ 用品
先日から始めて使った Vipros ヴィプロスのグレサージュと言うオイルの
使用感を記事に致しましたが 私とは別の試用例をご紹介致します





現在は自転車の潤滑剤は選ぶのに悩む程 多くの種類が有ります 
そんなオイルの一つ Vipros と言う会社のグレサージュです 
テフロン系で水置換の性質が有り 300ml 2376円 と言うお値段です





私の用途としてロードバイクの日常的なメンテナンスに使う目的です
この写真は洗車後(当然チェーンも洗浄)オイルアップをした状態です 綺麗に仕上がっています





その使用感を何度か記事にさせて頂きましたが 音は大変静かで好感が持てます
この写真は 100km 走行時のもので オイルの色が大変黒く変色しています
この様に記事でご紹介した処





兵庫県西宮市のバイクのプロショップ NRS の店主 橋本君が写真を送ってくれました
これは彼の愛車ですが チェーンのオイルはグレサージュを使い続けているとの事です





私がグレサージュって色の変化が凄いね、と言う自転車談義をしていたのですが
自分のはそうならないですよと言っていましたが 届いた写真がこれです
自転車の洗車、チェーンの洗浄後オイルアップをし 走行 200km 程度の状態です





確かに綺麗ですよね 全く私のチェーンの様に黒くなる兆候も有りません
彼は本職のメカニックなので実践的な洗車を行います
私のチェーンの状態が全てだと思っていましたが 写真を見比べると決して
そうでは無い様です





気持ちの良い枯れ具合ですね 枯れても目を楽しませてくれます
このままでは 商品に対して良く無いイメージを与えてしまいそうで 今回他の事例を
ご紹介致しました NRS の橋本君との違いは 彼はグレサージュを使い続けていますが
私はこの度が初回です 洗車時のチェーンの洗浄にはワコーズのフィルタークリーナーを
使いますが この商品は古いオイルを完全に落さず有る程度油脂分が残ります その辺が
症状に影響を与えている可能性は有ります 
このオイルに関しては引き続き観察して行きたいと思います

過去記事 【 Vipros ヴィプロス グレサージュのその後 】

プロショップ NRS 【 NRS ニュートラル レーシング サービス 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vipros ヴィプロス グレサージュのその後

2016-06-12 20:15:19 | メンテ 用品
前回 Vipros ヴィプロスのグレサージュを使い初回の使用感をご案内しました
それから幾らかの距離を走ったので、その変化を写真で見て頂きましょう





入梅までは良いお天気が続き短い距離ですが良く乗っていました ここは公園の隣接道路で
直線距離が 550m 有り 街中の自転車乗りには少し嬉しい所です




このチェーンの状態は洗車オイルアップ後、約300km 走行した時の状態で
この時のオイルは Wako's ワコーズのチェーンルブを使っています


同時期のスプロケットの状態です






前述から洗車をしここでヴィプロスのグレサージュを
使いオイルアップを行いました





洗車後のオイルアップから数十分経ちオイルが定着した頃です オイルの量はやや多い目です




その時のスプロケット





オイルアップ後から約 30Km 走った状態で この時に感じたのは音がしない静かなオイルで
量が多いのに飛散せず吸着力が強いと感じています




その時のスプロケット





前回からさらに 30Km 走りました 洗車後 60Km です 走行時に特に感じるものは有りませんが
帰宅後チェーンを見るとその色の変化が大きいのに気が付きます 凄く黒くなっています




その時のスプロケット





前回から 20Km 程走りました ここまで登坂は全く無く全て平地での走行です 洗車後 80Km
前回よりさらに色が黒くなっています この時には凄く黒くなるのが早くその色も濃いなと感じて
います




その時のスプロケット





それから 20Km 洗車後 100Km 走行 チェーンの音は相変わらず静かです
オイルの色も前回と変わらず少し落ち着いた様です






オイルの状態を指で確かめています 黒くなって
いますがまだ潤いは有ります




走行 100Km でのスプロケット




ロードレーサーでは前記の距離を走っていますが
それ以外にトラックレーサーで自転車競技場を
走っています 練習前に既存のチェーンに
グレサージュを追加塗布して走行




その日は約 100周回 = 40Km走った後 帰宅後チェーンを
確認すると真っ黒でこれは今迄に経験した事が無いほどの
色をしていました それは余りの黒さで、直ぐにウエスで拭き
取りました これはそれ迄に塗布していたオイルとの相性が
有るのでしょうか





お天気の良い日に鮮やかな色を見せてくれていました 綺麗なブルーです
グレサージュの色の変化、黒くなる時間の速さに少し驚かされました テフロン系のオイルだと
案内されていますが有機モリブデンなどの添加剤も使われているのでしょうか そうであれば
熱と時間の経過に依り黒く変色するのは何となく理解出来ます この辺の事は特に勉強はして
いないので深く考えても仕方が無いですね ヴィプロスのグレサージュこの強い色の変化を
受け入れる事が出来るかが、これから使い続けるかのポイントになりそうです

初回の使用感 【 Vipros ヴィプロス グレサージュを使ってみて 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加