Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

FIAMME フィアメ チューブラーリム ピスト用 赤ラベル

2016-08-31 20:44:07 | 自転車部品・用品
最近は選択肢が少なくなったチューブラー用のアルミリムですが
以前は多くのリムが存在しました FIAMME フィアメのリムを見てみましょう





私が保管している未使用のリム FIAMME の中空リム ピスト用の赤ラベル 28穴です
チューブラーリムの事を中空リムと言いますが最近はあまり聞かなくなりましたね




アルミや金属部品に埃は大敵です ビニールを巻いて
保管しています






赤ラベルの呼び名は赤色のラベルが貼って有るからですが
この他に 青ラベル 黄ラベル 金色を貼ったイーグルが
有りました 昔は青、赤、黄色は水張りのシールで良い
雰囲気を出していました この細長いシールになったのは
後の事です






ニップル穴は両ハトメでジョイントはスリーブでピン打ちです






表面のジョイント部分と刻印 アルマイト加工はされていません






これらのリムにはロード用も用意がされており その大きな違いは
リムの形状で特に幅が大きく異なっています ピスト用は一見して
解る程、細身です






折角だから少し測ってみます 巾はタイヤの接着側が広く
約 19mm 程度です 内側は狭く台形になっています






リム高は 約 11mm しか有りません




重量は 318g/1本で 今なら軽量の部類です 私は練習や試合で
長く使いましたが全く不安も無く不具合も有りませんでした





ブルーがとても優しい色の花ですね

FIAMME PISTE RED LABEL とても好きなリムです

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

オールドカンパ フロント ディレーラー

2016-08-29 20:15:00 | 自転車部品・用品
オールドカンパと呼ばれている時代のフロントディレーラーです
現在の様にシフトレバーにインデックスが無く自分の手加減で変速をしていた時代です





Campagnolo RECORD Front Derailleur このパンタグラフ式の変速機の登場は
1953年と言う資料が有りますが それが正しいのか私は不案内です




この写真の変速機はフレームにワイヤーリードが
取付けられた時代の物ですが これ以前の物は
変速機にシフト用のアウター受けが付いていました




パンタ構造の三角の部分 そこの一角に突起が有るのを
愛好家はデベソと呼んでいます と言う事はこの写真の
物は 非デベソと言う事になりますが、その様な呼称は
有りません
この羽根に穴の無いのはナメクジと呼び先端に窪みが
有るのをエクボと言います エクボが有るものは下位
グレードのグランスポルトだとは最近知りました 
後に羽根に三つの穴が開きそれにエクボが有る物は
レコードになっています





この頃の変速機は、変速をする時は一瞬踏むのを止め オーバーシフト気味に変速機を移動させ
変速が完了後 チェーンが羽根に擦らない所まで変速機を戻してやります 変速時に力を掛けて
いては絶体に変速はしません 変速の上手下手が幾分問われる時代でした 
カンパニョーロ レコードのフロントディレーラー とても美しいパーツだと思います

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車 ハブ毛 自作物

2016-07-24 20:06:17 | 自転車部品・用品
随分昔から一般自転車に良く使われていた ハブ毛 最近は昔ほど見なくなりましたが
自転車を大切にすると言う気持ちが作らせた商品だったのかも分りません





私が選手時代に長く使っていたホイールですが使わなくなってから
ずっと手入れをしてもらえなかったロード用のホイールです






カンパのラージハブの36穴で組まれたホイールですが 
スポークはどれ位張っていたのでしょう 少し見てみます
テンションメーターのこの数値を換算表に照らしても
スポークテンションが載っていません それ位柔らかな
組み方をしています この頃はそれ程深くは考えて
いませんでしたがスポークを張り過ぎると ホイールの
寿命が短くなる事が感覚として有ったのだと思います




このホイールには自作のハブ毛 とは言えないかな
それを模した物を使っていました






ハブ毛と言うのはこの様な物ですが 何故か殆んどの物が
けばけばしい色をしています 昔は普通の自転車はもちろん
運搬車にも良く使われ ここに油を塗りハブがテカテカに
光っていた物も良く有りました 持ち主のおやっさんが
自転車を大切にしていたのでしょうね






このホイールのリムはもう使えないので分解しました
普通ならスポークを切ってしまうのですが それも
何か可哀想な気がしてニップルを緩めました






この頃のハブやリムはアルマイト加工がされていない
物が多く アルミの素肌は直ぐに錆びてしまいます
だから金属磨きのメリナやピカールは今以上に良く
使っていました 練習用のホイールには先程の
ハブ毛を使っていた事も有ります ウエスを細く
切り、輪にして取り付けている選手も居ましたね






このホイールに使われていたカンパ・レコードの
ハブはまだまだ使えるので磨きとグリスアップを
済ませています






さてこの古いハブに使っていたハブ毛は 足の
固定に使うトウストラップで作っています






私達が使うストラップは革ですが この様に片方は
三角の頭を作り も片方は切込みを入れています






それをハブに巻き 三角の頭を切込みに通します






切込みに通した後、三角のくびれた部分で90°回すと
まず外れる事は有りません






こんな事は誰に教えて貰ったのかなあ・・





昭和46年の写真ですがフロントハブに使っていますね この時のハブは
フランスの Normandy ノルマンディでした 私は 17歳 いきなり今の様な
オヤジになった訳ではありません






当時はとても重宝していました でもこんな事を
していた選手の方が少なかったかな・・





アルマイト加工がされる様になってからの部品には必要の無い物かも分りません
お家に有る普通自転車や奥さんのご婦人用自転車に付けてあげると ご主人の
株が上がるかも解らないですね

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チネリ鉄ハンドル CINELLI MOD CAMPIONE DEL MONDO

2016-06-26 20:13:03 | 自転車部品・用品
CINELLI チネリの鉄ハンドルで見る事がほとんど無い CAMPIONE DEL MONDO
カンピオーネ・デル・モンドと言うハンドルです





CINELLI MOD CAMPIONE DEL MONDO 鉄のマース型ハンドルです
古いと言う言い方は人に依って捕え方は違いますが このハンドルは
私が中京大学の自転車競技部に在籍した当時 1972年 自転車格納庫に
置かれていた物を頂きそれから使っていました それから 44年が経っています






先日これに使っていたステムを外した時にバーテープを
剥しましたがその糊が残っています これを綺麗にして
やりましょう






ハンドルに残った糊の除去は結構厄介で時間が
掛ります 場所を洗面所に移し塗料の剥離剤を
使います




剥離剤をブラシや刷毛を使い全体に塗ってやります
手に付くと結構刺激を感じる薬品です






数分放置してからタワシで擦ってやります 両面テープの
糊程度なら苦労ぜずに綺麗に剥がれます








ハンドルに剥離剤が残らない様 良く水洗いをしてから
水切りをします




鉄は空気に触れると直ぐに錆びが発生します
メッキも剥がれている処が有るので薄くオイルを
塗っておきました






整備場所に帰ってきました CINELLI のハンドルは
ジロドイタリーを代表する様にアルミのマースバーや
鉄であれば深曲りのピスト用は幾らでも目にしましたが
この鉄のマース型は使っている当時から他で見る事が
一度も無かったです




糊も綺麗に取れています このハンドルにしたら
実に 44年振りの素肌です 外気の空気に触れ
気持ちの良い事でしょう・・




ハンドルクランプは 25.4mm ハンドル巾 バーエンド部 385mm
ドロップ部 375mm なので下部で少し開いている様です
ドロップ 139mm リーチ 85mm 程度でした 意外にリーチが
短いですね





CINELLI らしいハンドルクランプ周りの容姿です






CINELL の騎士マークとハンドルのモデル名の刻印です





私の先輩が使っていたハンドルには違いは有りませんが今となってはその詳細も
知る事が出来ません 東京オリンピックの献上車に同じハンドルが使われていた
と言う方もいらっしゃいます 東京オリンピックに出場した先輩もいらしたので案外
本当かも解りません そうだとすれば 1964年の事です 至る所に錆も発生しています

私自身も国体や全日本選手権等、全国大会は全てこのハンドルで走りました
今回思う処が有り この様な古い部品に造詣が深く大切にして下さる方にお譲り
する事に致しました これからも出来るだけ長くこの世に残れば良いですね

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LAZER ヘルメット メンテナンスと調整

2016-05-06 20:04:30 | 自転車部品・用品
自転車に乗っている時には LAZER レーザーのヘルメットを使っています これは
とても優れた調整機能を持っていますが、最近少し調子が悪いのでメンテナンスと
調整を行います




現在使っているヘルメットは LAZER GENESIS
レーザーのジュネシス 今迄使った中でこれが
一番のお気に入りです






ヘルメットの被り具合の調整は 頭頂部に有る赤い
ダイヤルを回す事で頭の外周に有るワイヤーが頭
全体を締め付けてくれます Rollsys と言うこの機能が
素晴らしい使用感を提供してくれます






ところが最近 一旦締め付けたワイヤーが直ぐに緩み
ヘルメットが目の上に下がってきます ちょっと
調整機能の状態を見てみましょう




カバーの中は 赤い螺旋状のネジを切ったオスネジと
それに沿って動く黒い樹脂パーツが入っています






赤いダイヤルを回すと 黒いパーツがこの様に
移動します




そしてその黒いパーツには 2本のワイヤーが取り付けてあり
パーツが移動する事でワイヤーを張ったり緩めたりします
それが甘くなって 張ったワイヤーが勝手に緩んで行く様です




以前はここが軽く動く様にフッ素を塗布したりしましたが
今回は逆に動き難い様にしないといけません 逆はちょっと
難しいですね・・




良く観察すると回転部に E リングが一枚使われています
ここで細工が出来ないでしょうか






Eリングを外しました その E リングの先端を
左右に拡げました






その E リングを元の場所に収めました 
枚数を増やしても良かったですが こちらの方が
スプリングの効果もあり良さそうです 適度な固さに
なりました 大丈夫です






カバーを閉めます 両先端に細いピンが付いていましたが
それは簡単に折れてしまいます 接着剤の力を借ります








カバーの真ん中辺りの爪は大丈夫です 元の場所に
復旧します この接着剤はヘルメットの樹脂と相性が
悪いらしく次に外せる程度に接着します 大助かり(笑)





ヘルメットの寿命、耐久性は大切な事ですね 
ヘルメットに衝撃を与えたものは直ぐに交換を要します これは一度衝撃を受けた
ライナーは元に戻らないので衝撃吸収性が落ちてしまう様です

そして経過年数 紫外線や汗などの影響でライナーが劣化し衝撃吸収性が低下
するそうです 製品安全協会と日本安全帽工業会では、ヘルメットの耐久性を考え
有効期間を 商品購入後 3年と決めている様です 購入後と言うのがなんとも面白い
ですが 業界内部の取り決めですね これらの信憑性は、国産の製造メーカー
オージーケーカブトさんの Webサイト内でこの様に案内されています





最後にワックスで磨いて完成です 私のヘルメットはもうしばらく使わせて頂きます

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加