Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

SUNTOUR サンツアー スプロケットリムーバー ウルトラ6

2017-02-16 20:11:34 | 自転車 工具
自転車愛好家に惜しまれながらその歴史を閉じた SUNTOUR サンツアー
そんな前田鉄工所が出していた工具 スプロケットリムーバーを見てみましょう





新品を買ったまま使わずに保管していた工具です CHAIN TYPE SPROCKET REMOVER と
タグには書かれています おそらく 1970年初期の物だと思います






そのタグと工具本体に刻まれた刻印です
白、赤、青の取り合わせは サンツアーの
他の工具袋にも使われています






私はこの工具で興味深いのは この使われているチェーンで
これには ULTRA-6 HKK の刻印が有ります
HKK は報国チェーンのマークですが ウルトラ 6 と言うのは
当時ロードレーサーを含むスポーツ車のバックエンド巾は全て
120mm 巾でフリーは 5速のボスフリーが使われていました
それをサンツアーは 120mm 巾のままで 6速のフリーを
使える様にしたのがウルトラ 6 でした 




ウルトラ 6 は スプロケットの間隔を狭くしそれを可能に
したのですが それに対応する為のチェーンがこれです 
実際にはインナーリンクの内寸は 実測 2.4mm 有るので
従来の 3/32 規格のチェーンと変りません  しかしピンの頭が
アウタープレートから出ていません 最近のチェーンを見慣れた
人達にはこれが普通に見える事かと思いますが従来のチェーンは
こうでは有りません





これは薄歯用では有りませんが従来のチェーンは多段用もこの様にアウタープレートから
チェーンのピンが飛び出しています これを無くすことで間隔の狭いスプロケットに
対応したのですね 当時の技術からすればかなりの冒険だったのかも分りません






実はこのウルトラ 6 のチェーンは 前期と後期が有ります
上の写真が前期ですが 外見上ではピンの頭にプラスが刻まれ
アウタープレートとピンの面が同一です 下の後期型のピンには
マイナス(一本溝)が刻まれ ピンの頭がややプレートから出ています
当時の設計意図はもう解りませんが プレートと同面(ドウズラ)と言うのは
何かと不安が有ったのかも解りません ただこの初期型の写真を提供して
くれた友人は、本人も含め周りでも不具合が起きた事はないと言っています






その様なチェーンが使われたスプロケットリムーバーですが
このウルトラ 6 を経て バックエンドが 126mm になり
他社も 6速フリーを出します そうするとサンツアーは
ウルトラ 7 と言う 126mm 巾で使える 7速フリーを発売しました
この様にエンド巾とフリーの多段化が進み現在は 130mm 巾の
バックエンドに落ち着いています





この NATIONAL のフレームをオーダーしたのは 1974年で バックは 120mm で
作っていますが 丁度バック巾 126mm への移行期で多くの選手が 6速フリーを
使い始めていました 自転車には今回の様な流れが有る事を知って頂ければ幸いです

今回ウルトラ 6 初期型の写真は友人からお借りしました 自転車の造詣が深い関東の
五味 実さん 競輪選手を引退され現在は千葉県松戸市で自転車屋さんをされています
そんな五味さんの豊富な知識一杯なブログは 【 サイタロウの自転車日記 】 このブログから
お店の HP トライサイクル にも行けます 是非覗いてみて下さい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HOZAN S形ヘッドまわし

2016-06-30 20:04:45 | 自転車 工具
自転車の工具で有名な HOZAN ホーザンから発売されている S形ヘッドまわしを
購入致しました どの様な物か見てみましょう





HOZAN C-205 S形ヘッドまわし、とカタログで紹介されています
英語名は LOCK RING WRENCH ロックリングレンチ 定価2160円の商品です






袋に入りこの様な状態で届きました この形がどうして
S形なのか昔から不思議で仕方が有りません これが何故
ヘッドまわしなのか 合点が行かない方もいらっしゃるでしょうね






これはかなり古いピストフレームですが ヘッド小物は
TANGE LEVIN が使われています ただこれは袋ナット
だけがレビンで本体はグレースじゃないかと仰る方も
居ます






これなんかは上部の玉押しがこの様な形をしています
その他ヘッド小物のスペーサーにロックリングの様な
形をした物が多く有り そこにこの工具を使いました






私もこの工具は長く使っていますが 実際に使うのは
ハンガー小物のロックリング






固定ギアのロックリングに使うのがほとんどです
ですから フックレンチと呼ぶ事が多かったですね






この工具の肝はここですね このフックの角が傷むと
使えなくなります






手持ちの随分長く使っているフックレンチです
工具を潰さない様に労りながら使ってやると傷む事が
有りません 46~7年経っていますがまだ充分使えます
メーカーが違いますがこれだけ本体の厚さも違います
ホーザンの方は薄い分、工具にしなりを感じます





手前のホーザンが大きく写っていますが大きさは一緒です この工具は自転車関連で
調べるとかなり限られた種類しかヒットしませんが フックレンチで調べると実に様々な
物が有ります サイズを変える事の出来る面白い物も有りますが 固定ギアのロックリング
などは工具の厚さが制約されます 自転車に使うにはこのシンプルな工具が過不足なくて
良いのかも解りません

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車用 チェーン切り 398円 

2016-05-07 20:24:20 | 自転車 工具
自転車整備をするうえでは必ず必要なチェーン切り この工具も最近はとても
高価なものになりました でも従来のチェーンには今回ご紹介する物で充分
使えます




最近はチェーン切りの事をチェーンカッターなど
と言い、やたら横文字が多くなっていますそれと
関係は無いですが 1万円を超える物も珍しくは
有りません






でも従来の規格の 1/2×3/32 の薄歯用や 1/2×1/8 の
厚歯用のチェーンには これで充分です、いやこの方が
良いのかも分かりません






使い方も台紙の裏に載っていますが ごく基本的な
使い方をします




8速以上のナロータイプのチェーンに使う
チェーン切りも当然用意はしています






これはやはりピンの先が繊細ですね




この様なシングルギアの自転車には通常 厚歯の
ギアが使われ






チェーンも厚歯用の 1/2×1/8 規格の物を使います




その様なチェーンには従来のチェーン切りの方が
使い易く 私も工具袋の中に入れています




今回ホームセンターでこんなのを見掛けたので
思わず買ってしまいました 今迄ホーザンが
出していた物が 1800円程していました それと
同じでは無いと思いますが 398円なんて・・・(笑)






チェーン切りで要の 矢 の部分 ここのピンは回る
様に出来ているのでオイルを少量注しておきます






矢を本体に取り付ける時にもオイルを塗っています








この持ち手の柄はまず外す事はないですが あまり良い
メッキでは無いので錆びを防ぐ為にネジにグリスを塗って
おきました






小学校の時 持ち物には名前を書きましょうと先生が
言っていたので 名前を書いておきました(良い子)





何かのつぼみですが この後、凄く大きな青い花が咲いていました
私は自転車が好きになったのが早く、子供の頃にはこの様な工具が欲しくても
買えなかったので チェーンは釘とハンマーを使い、切ったり繋いだりしていました

でもおかげで今なら398円なら買えます 今回の工具は矢とピンは本体の芯で動いていたので
問題無く使えると思います 商品棚の中にはピンが芯からずれているものも有ったのでその辺は
注意して見た方が良いですね 一般車の整備をするのなら一つ買っておいても良いと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VAR CH-04900 チェーン ウェアー インジケーター

2016-03-07 20:05:18 | 自転車 工具
海外の自転車工具の老舗 VAR バール そこが出している CHAIN WEAR INDICATOR
チェーンの伸びを確認する工具です どの様なものかご紹介致します





VAR バールはフランスの工具メーカーですが詳細までは不案内です
でも私が使っている古い物では45年以上経っているものも有ります
そんなメーカーのチェーンの伸びを測定する工具です








ステンレス製の工具の真ん中には VAR の文字
左端と右端に刻まれている数字がチェーンの伸びを
表しています 工具を天地逆にして使い分ける事が
出来ます




実際に使ってみましょう




工具の端には真っ直ぐな突起とアールになった
突起が有ります






アールの突起をチェーンのリンク内に差し込み
ローラーに押し付けます その逆の突起がリンク内に
刺さればチェーンが伸びていると言う判断が出来ます
VAR のカタログに依れば 0.075mm伸びていれば 
チェーンの交換時期と書かれています






こちらの方は 0.10mm の伸びを測定出来ます
カタログではチェーン、スプロケットの交換時期
チェーンリングも摩耗とあります

0.075mm 0.10mm が何を基準にしての伸びなのでしょう
測定方法からすれば 工具の両端の突起間、チェーンの
5リンク分 127mmでの伸びを表しているのでしょうね






先日ご紹介したシマノのチェーン伸びチェッカーは
その様な数値は書かれていませんでした





凄く簡単に使える工具です価格はお手頃な1100円程度 一つ用意しておいても良いですね 
ステンレスで作られた綺麗な道具です

シマノ製はこちら 【 シマノ チェーン伸びチェッカー TL-CN42 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ チェーン伸びチェッカー TL-CN42

2016-02-27 20:21:48 | 自転車 工具
Shimano シマノが出しているチェーンの伸びを測り交換時期を判断する工具です
MODEL No TL-CN42 CODE No Y12160000 で案内されています どの様な物か
見てみましょう 使い方も含めご紹介致します




TL-CN42 CHAIN WEAR INDICATOR チェーン摩耗インジケーターと訳せば良いのでしょうか
ステンレスで作られた綺麗な工具です 対応は6.7.8.9.10.11Speed ですが チェーンの
構造から考えると厚歯、薄歯を問わず 1インチピッチのチェーンなら使えるかと思います






簡素なパッケージです ここにチェーンの種類も
書かれています シマノの商品名だけですが
他のメーカーの物でも大丈夫でしょう






パッケージの裏側です品番等が書かれています
注文する時の参考にして下さい




全体を見てみましょう 綺麗に作られています






右側と左側の形状 本体に印字された数字は
使う時の順序です








パッケージの裏には使用方法が書かれています
シマノの Webマニュアルを見てもこれ以上の事は
書かれていませんでした




使用方法

実際に使ってみましょう






右側の先端が割れた方からです






チェーンの駒(リンク)の中に工具を差し込みます
少し固いので指で奥まで押し込みます




そして左側の先端を駒に当てがいます この時チェーンが
伸びていなければ工具はリンク内に刺さる事は有りません
これがリンク内に刺さる時は交換時期です





この様に使い方はごく簡単です 伸びたチェーンをそのまま使うとギアの歯先が変形して
減ります これは変速性能が悪くなりますしリアのスプロケットの場合チェーンが飛ぶ事も
有り、その時はスプロケットとチェーンを同時に交換する必要が有ります 私はその辺の判断は
工具が無くても出来ますが、自分で判断出来ない人はこんな工具が有れば良いですね
この工具のお値段 定価2600円程 少し悩むお値段かな・・(笑)

 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加