Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ペダルキャップの 取付け カンパニョーロ

2016-07-18 20:28:21 | 自転車整備 ペダル
自転車のペダルに取り付けられているキャップ これには様々な形状と種類が有ります
今回は三ヶ島の商品を Campagnolo のスーパーレゲロに取り付けてみます





私が整備し保管しているクロモリのロードレーサーは 1974年製造の NATIONAL
この自転車には Campagnolo のペダル Super Leggeri スーパーレゲロを使っています
それのキャップが保管中に行方不明になってしまいました 何時までもそのまま置いておくと
回転部に埃が入り良く有りません 純正の手持ちが無いので違う物で間に合せます








Campagnolo Super Leggeri 超軽量ペダルと言う
意味でしょうか この自転車は天井に吊っています
或る日カチャンと言う音が床でしたのですが 後日
それがこのペダルキャップが落ちた音だと気付きました
探してもそれが出て来ません 何処へ行ったのでしょうね






反対側です 樹脂にメッキがされています これを今
探すと何処かには有るでしょう でも恐ろしいお値段で
取引がされていると思います






純正に拘りたいのはやまやまですが 今回は三ヶ島製作所の
ペダルキャップを用意しました キャップには色々な種類が
有るのですが アルミ製でシルバンと言うシリーズ用のパーツ
です






これを取付けてみると 事前に調べた通りカンパの
ネジに合います これで行きましょう






ただキャップの MKS と言う文字が気になります
メーカーさんには申し訳ないですが見えない様に
させて頂きます






試しにヤスリで擦ると直ぐに削れます 凸文字を
削り落しました 事前に少し磨きアルマイトも
されていない事は確認しています








ヤスリ目を残したままはさすがにバックを踏みます
1000番の耐水ペーパーで表面を均してやりましょう
コンパネで小さなブロックを作りそれにペーパーを
巻き付けると使い易くなります








ヤスリ目が無くなる程度に研磨しました 耐水ペーパーを
使うと真っ黒に汚れるので洗っておきましょう




表面仕上げはコンパウンドかピカールの練りタイプで
磨く事にします






ピカールの容器はセンスが良いですね




磨き始めはここからです 全体が艶消しになっています






今回はコンパウンドを使いました ウエスの汚い汚れは
ご勘弁下さい






コンパウンドの番手は変えていません 布に取った時は
粗い状態ですが 布が光るくらい擦るとコンパウンド自体の
粒子が細かくなります そこまで擦ってやると細目を使わなくても
有る程度の磨きは出来ます








ちょっと穴を開けます 2mm の鉄キリです






素材がアルミだし簡単に開きます




どうして開けるかと言うとカンパの純正には
穴が開いています その理由まで知らないのですが
それに倣いました






もう一度ピカールのチューブタイプで磨き完成です




ではペダルに取付けます






これはこのキャップの専用工具でカンパにも合います
キャップスパナと言う名称で 300円程度です






プライヤーでも使えますが この工具は有った方が
良いですね 今迄これが無かった時にプライヤーで
沢山傷を付けてしまいました








ペダルに取付けましょう ネジには防水と錆を防ぐ為に
グリスを塗っておきます カンパの当時物のグリスです








早速ペダルに付けましたが本体と隙間が開きます 
ネジが長い様です




目をつぶっても良いですが ちょっと隙間が大きいです
少し手を加えましょう




作業台に戻って来ました






180番のサンドペーパーで擦ります




アルミなのでそんなに時間は掛りません
ブレーキゴムの面出しもこの様な方法で
行う事も出来ます






ネジの先端がバリで汚くなっているので 先の鋭利な物で
ネジの溝をさらえておきます




ネジが短いのでこれ以上の切削は無理です 
パーツクリーナーで綺麗にします






もう一度カンパグリスを使います もう手に入れる事が出来ない
製造中止になった貴重なグリス どうしてそれをこんな所に
使うのか・・ 相手がカンパニョーロのスーパーレゲロだから
なんすが 自転車に対する思い入れ、自転車はただ動けば
良いと言うだけでは無い、歴史に名を残した名機に対する
敬いの気持ちなど様々です 
回転部分に使う物でもグリスやオイルは市販の廉価な物で
充分だよ と思っていらっしゃる方には理解し難い事かも
分りません




まだ少し隙間が出来ますがグリスで収まる程度です
これで行きます






最後に掃除をしておきます アルミの地肌は
直ぐに曇りますがピカールに添加された油脂分が
酸化を随分抑えてくれます






柔らかいネルのウエスで良く磨いてやります






綺麗になりました こちら側だけ見ているとそんなに
違和感は無いですよね キャップに開けた小さな穴が
良く効いています 裏側からグリスで穴は埋めています





カンパニョーロの軽合金プレートのスーパーレゲロ このペダルは元々外環が付いた
ロード用ですがその外環を切って使っています ロードでもピスト用のペダルの方が
ストラップとの一体感が有って良いですね 私はその方が好きでした

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ ペダル アルテグラと 105 の違い

2016-06-05 20:44:43 | 自転車整備 ペダル
シマノのビンディングペダル 最近はビンディング機能を持った物が主流になっています
SPD-SL のアルテグラと 105 の違いは何処に有るのか見てみましょう






ULTEGRA PD-6700 と 105 PD-5700 の二種類です
現行のカーボンコンポジットボディでは無くアルミの
ペダルです 外見を見ると瓜二つと言う表現がピッタリです






ペダル本体の横にシリーズ名とビンディング部の
スプリングケースに品番が書かれています






まずペダルの要、回転部分ですがここは両方の
分解整備をし、目視でも良く観察しました




回転部分は補修パーツとして ベアリングは単体で
用意されていますが この写真の様に他の物は
アッセンで供給されます シマノの展開図で確認
すると アルテグラと 105 は同じ部品が使われています

この部品を組み込むペダル本体の内部に差が無ければ
“回転性能は双方同じ” と言う事になります
実際ペダル本体の内部を観察してもその違いを見つける
事は出来ません




外見はほとんど同じですが ビンディングはどうでしょう




このビンディングを分解する為には ビンディングピン
と言う長いボルトを外す必要が有ります






これがビンディングピンですが 頭の形状が違います
これについては製造原価まで解りませんが アルテグラの
六角頭の方が整備性は良いですね 105 のプラスネジは
頭が潰れやすく、整備には頭を潰さない為の技量が必要です




ビンディング部分はクリートを銜えるビンディングと
それを可動させるスプリングケース部に別れます
ケース内に収められているパーツはこの様な物ですが
互換性が有るのは スプリングと Eリングの二つです






上のビンディングと下のスプリングケースは共に
互換性は有りません






ビンディングの保持力の強弱を調整する為のアジャストネジ
これも B互換ですがその違いはアルテグラはメッキが施工
されています






それに対して 105はメッキでは無く黒い色をしています
性能より価格の差と言う処でしょうか




これらのビンディングペダル回転性能の違いはまず
有りません ビンディング部分も共通部品が有ります
じゃ使い分けるとその使用感はどうなんでしょう




今迄アルテグラのビンディングの保持力を一番
弱くして使っていました ロードレーサーに 105を
取付け、同様にバネは一番緩めて乗ってみました




まず一瞬で感じた事は クリートの保持力が凄く弱い
乗り降りが非常に楽です ただ実際に競技で使うには
さすがに弱く感じます






ビンディングのアジャストネジを 8ノッチ=約 2回転
プラス側に回してやるとアルテグラと同等の強さに
なりました これで使えば全く問題は有りません

クリートとスプリングケースに互換性が無いのが
意図的に関係しているのかも分からないですね






アルテグラと 105 ビンディングの保持力を目一杯強くして
乗る人には 105は少し問題が有るかも分かりませんが
そうでなければその違いはほとんど無いペダルですね

当時の価格差は 2~3000円だったでしょうか 人に依り
求めるもの考え方は様々ですが 私なら 105 で充分です
こんな検証を 5年前にしておけば良かったですね(笑)
※ ただ現在のカーボンコンポジットのプレートになった
  6800 5800系については全く解りません





花が咲き終わり種になっていますね この時期にどんな花だったのでしょう
落ち着いた雰囲気でこんなのも良いと思います

シマノのパーツでデュラエースの素晴らしさは皆が認める処だと思います
しかし下位グレードでもとても良い物が有ります 背伸びせずに自分が
買える範囲で良い物を見つければ良いですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ ペダル 105 ビンディング 洗浄 組立て

2016-05-28 20:26:12 | 自転車整備 ペダル
シマノ 105シリーズ、ペダルのビンディングのメンテナンスを行っています 
特に頻繁にする必要は無いと思いますが時間の有る時に行えば良いと思います 
前回に分解を終わらせていますので、今回は洗浄し組み付けを行いましょう





シマノ 105 シリーズ PD-5700 ですが PD-6700 等のアルテグラも同じ構造をしています 
前回に分解を済ませていますので各パーツの洗浄から始めます






パーツの洗浄は綺麗になればどの様な方法でも
構いません パーツクリーナーも使っていると
自分の好みも出来てきます






ペダル本体も折角なので良く観察しておきまよう




ステンレスプレートの下に隠れていた部分です
全体に腐食が始まっています 水や汚れが溜まる
所なのでこうなってしまうのは有る程度仕方がない
ですね どうしたら防げるのでしょう・・








ビンディングピンを入れて見ました 組付けると
これを中心にビンディングが動きます 奥はペダル
本体に差し込んでいるだけで、手前のネジ込みで
固定されています ※左右共、正ネジです






洗浄が終わったので組み付けて行きます グリスは
フィニッシュラインのテフロングリスを選びました
ビンディングは大きく動くパーツでは無いので
高圧と錆びに強い物が有れば良いですね




基本的にはこのスプリングカバーにほとんどの
パーツを組み付けます




赤い樹脂のパーツと金属のアジャストプレートです






プレートにグリスを塗布し赤いケースに差し込みます








ビンディングの強弱を調整する為のアジャストボルトです
グリスは防錆の為にも塗布しておきまよう






アジャストボルトに取り付ける Eリングです






ケースの中に収めたプレートにボルトをねじ込みます






ここで注意する処が有ります ケースの突起と
Eリングの位置




突起とリングの欠けている部分を合せて装着します
これで Eリングの空回りを防ぎ、アジャストボルトを
回した時のカチカチと言う緩み止めの役割をこなします






アジャストボルトは奥までねじ込みプレートを
一番上まで引き上げておきます






スプリングを装着します これには左右に併せ
装着時の方向が有ります 分解時に覚えておいて
下さい グリスは防錆び、摩擦軽減の両方の為に
必要です






ケースにバネを入れます 方向や左右の物を間違うと
入りません 間違っても心配しなくて大丈夫です




左右のバネを入れました






ビンディング側です これとスプリングケースを
合せます






二つが合う方向も形状も決まっています そこで
お互いを合せます






ペダル本体のピンが刺さる部分やビンディングが
接触する部分にグリスを塗っておきます






ビンディングピンにもグリスを塗っています
分解時にやや錆が出ていました 防錆も大切な
整備の一つです




ビンディング部をペダルに合せ保持しておきます






ビンディングピンをペダルと黒いケースの穴に
入れて行きます 内部のバネの力で入り難い時は
プラハンマー等で軽く叩くと良いでしょう






ビンディングピンをプラスドライバーで確実に
締め込みます 大きさの合ったドライバーを
使って下さい このプラスネジの頭を潰すと
今後のメンテナンスが厄介です




これでビンディングの組付けは終わりました
左右ともする事は同じです






ペダル本体にステンレスプレートを取り付けます
本体に出ていた腐食は 磨き過ぎて表面処理が
取れてしまうとこの後腐食が余計に進む事になります
今回は軽く表面の潮吹きを除去しグリスを塗っておきます






プレートの取付けネジにはロックタイトの緩め止め剤を
使います 222は粘度の低い低強度です








この様な小さなネジが使われています このネジの頭も
直ぐに潰れます ドライバーのサイズには注意して下さい






このネジを締め付ければ予定していた全ての作業が
完了します





左右のメンテナンスが終わりました 構造を見ているとそれ程簡単に壊れる部分では
無い様な気もしますがそれでもこの理屈を知っておく意味でも一度はメンテナンスを
されると良いと思います それなりに色々と感じるものがきっと有るでしょう

前回の作業 【 シマノペダル105 ビンイングのメンテナンス 分解 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ ペダル 105 ビンディングのメンテナンス 分解

2016-05-27 20:10:25 | 自転車整備 ペダル
シマノの SPD-SL ペダルのビンディングのメンテナンスを行います
今回は 105シリーズ PD-5700 です





シマノのビンディングペダル 105シリーズです ビンディングのメンテナンスを行います 
使用パーツにやや違いが有りますがアルテグラも同じ構造です






シマノ 105シリーズ PD-5700 まだ使用頻度の低い
ペダルです




このペダルは先日回転部分のオーバーホールを
行っています ビンディングはそれと並行して
作業を進めました








ビンディングの表から裏側へ 一周見ています






分解する前にビンディングのアジャストネジを
一番緩くしておきます 2.5mm のアーレンキーです






ビンディングの取り外しはペダル内側の
ネジを緩めます






PD-5700 にはプラスの頭のネジが使われています
アルテグラは2.5mm の六角ネジでした ここで使う
ドライバーは頭のサイズに合せた物を使いましょう






ネジにドライバーをしっかりと装着し慎重に緩めます
かなり固く締まっているので中途半端な作業をすると
ネジの頭を舐めてしまいます 押し付けの力 8割
回す力 2割の感覚です








ネジを緩めビンディングピンを引き抜きます
内部のバネの力も加わっているので少し抵抗が
有ります 傷を付けない様、プライヤーなどを
使うと良いでしょう






ビンディング部の樹脂ケースが外れました






裏側の蓋=ケースとビンディングを分離させます








ビンディングはケースだけで何も入っていません






こちらのケースの中にビンディングを作動させる為の
パーツが入っています








左右に2個入っているスプリングを外します
これは左右に加え装着の方向が有るので
良く観察してから外すと良いでしょう






左右のスプリングを外した後 アジャストボルトを
緩めて外します








ネジを取り外しました 頭付近に Eリングが嵌まっています






赤い樹脂と金属のスプリング押えパーツです




これでビンディング部分の分解は完了です






ビンディングが無くなったペダル本体です






ビンディングピンが入っていたボルト穴です






ペダル本体に装着されたステンレスプレートも
外してしまいましょう








かなり頭の小さなプラスネジが使われています 
ここもサイズの合ったドライバーを使わないと頭が
直ぐに潰れます




これでペダル本体に装着された全てのパーツが
分解出来ました





ビンディング部の構造は左右共同じです ステンレスプレートは外して見た方が良いですよ
水などが浸入する部分なので 本体の腐食が始まっている確率が高い所です
洗浄~組付けは次回にご紹介しましょう

このペダルの関連記事 【 シマノ 105 ペダルのオーバーホール/分解 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ ペダル 105 オーバーホール 洗浄、グリスアップ

2016-05-23 20:07:02 | 自転車整備 ペダル
前回分解をしたシマノのビンディングペダル 105 今回は洗浄しグリスアップを
行います 前回に続き解り易い様に写真を多く使い、ご覧頂きます





前回分解した シマノ 105 PD-5700 ビンディングペダルです 今回は
各パーツを洗浄しグリスアップまで行いましょう




パーツクリーナーにも好みが有ると思いますが
私はこの KURE の物を良く使います スプレー後
冷たいだけで乾燥が早く結局汚れが落ちなかった
と言う物も多く有ります KUREのこの商品は
乾燥迄に適度な時間が有るのが良いですね






今回のペダルのパーツはかなり細かな物が使われています
無くすと大変困る物も有るので 茶こしに入れてから洗って
います 各パーツの洗浄が終わりました






これからグリスアップを行います パレットの上では
ボールが何処へ行くのか分からないので ペーパー
タオルを敷いています




今回のグリスはフィニッシュラインのテフロングリスを
使います 特に特徴が有る商品では有りません メーカーは
水に強いと案内しています 私の感覚ではオールマイティに
使えるグリスと言う処でしょか






ペダルのシャフト全体にグリスを塗布します 錆びを防止
する目的も有りますが 他の部品との接触が多いこの軸には
多目のグリスを使った方が良い気がしています






シャフトの一番根元、クランク側に入れるシールです
方向が有るので注意が必要です 繊細な方がペダルの
内部側です






シャフトの奥まで入れ グリスを全体に塗っておきます








黒い樹脂で出来たロックボルト 内部にグリスを塗り
シャフトの奥まで差し込みます






金属で出来たリングです とても大切な役割を
していると思いますが 実際にはペダルの内部で
どの様な動きをしているのでしょう 見れる物なら
見てみたいです






先程のリングをシャフトに差し込みます 平らな方が
ボルト側です 形状から玉受けに見えますがそうでは
有りませんね




このペダルの回転部分はボールが 2ヶ所に使われます
そのうちの奥=クランク側の玉押しはシャフトのこの
部分になります






黒い樹脂製のブッシュをシャフトに差し込みます
これ以上奥まで入らないと言う所まで押し込めば
良いです






グリスを塗布し前出のシャフトの玉押し部に ボールを
12個並べます サイズは 3/32 今迄はあまり使われ
なかった小さなサイズです






回転部のケースで左右対称の形をしています 
両端の内側が玉受けになっています






内側にグリスを塗りシャフトに差し込みます
ボールが外や内側に逃げない様に注意






クランク側のボールが上手く収まっているか
確認を忘れてはいけません 




外側の玉受けにボールを並べます こちらも 12個です








玉押しをねじ込みます こちらもボールが重なったり
逃げたりしない様に注意して下さい






ロックナットを締め込みます




玉押しに 10mm のスパナ ロックナットに 7mm の
メガネレンチを使っています ここで玉当りの調整を
してロックナットを締め込みます 玉当りの調整は
一回で決まる事はあまり無いので、気にする事は
有りません 自分が気に入るまで何度でも行って下さい
※ ガタだけは絶体に駄目です






左右の回転部分のグリスアップと玉当りの調整が
終りました




回転部分をペダル本体に組み付けます






黒い樹脂のロックボルト全体にグリスを塗っています
これはねじ込む時の抵抗を少なくする位の意味しか
無いも分りません ただペダル本体内部のメスネジの
保護と言う事では塗った方が良いと思います






ロックボルト用の専用工具 TL-PD40 を使い
確実に奥まで締め込みます 工具の頭が 36mm
程度有るので大きく口の開く工具も必要です
※ ロックボルトは 左側、正ネジ 右側、逆ネジです





これでシマノ 105シリーズのペダル PD-5700 のオーバーホールが終了しました
このペダルに限らずデュラエース以外は基本的に同じ構造ですので同様に整備を
行えば良いと思います

前回の作業 【 シマノ105 ペダルのオーバーホール/分解 】

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加