Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 組立て調整

2016-09-19 17:25:05 | 自転車整備 ペダル
シマノのビンディングペダル DURA-ACE PD-7810 他のグレードには無い凝った構造をしています
前回から洗浄後のグリスアップをしていますが 今回は組立てを終わらせ玉当りの調整まで行いましょう





前回はペダル本体の奥にスチールボールを並べ シャフトのクランク側にはこの様に
回転部分を組み付けまで行っています、今回はこの続きを行いましょう
※ 前回の作業は末尾にリンクを貼っていますのでそちらからご覧下さい






これはペダルの内部パーツの一つです それ程、高い
精度を感じ無い樹脂製のリングです これはシャフトの
先端から入る所まで入れておきます この時にはシャフト
全体に薄くグリスを塗っています






前もって組んでおいたニードルベアリングです
これにもグリスを良く馴染ませておきます






シャフトの先端にグリスを塗布しここに
ニードルベアリングをセットします








薄い平ワッシャーです これはボルトの一番奥
ロックナットに当るまで入れておきます






奥の回転部分の為にシャフトの先端にグリスを
塗ってからペダル本体にシャフトを差し込みます




ペダル奥に入っている 9個のスチールボール それが
重なっていないか またクランク側に入っている 17個の
ボールが、ボルトの玉受けからこぼれていないか これらを
注意深く感じながらボルトをペダル本体に締め込んで行きます

※ ここは大変需要な処です目視が出来ませんので
  自分の指先の感覚だけが頼りです






指先で軸=シャフトを回転させ 前記の事を感じながら
併せて玉当りの調整を行います






ここで使う工具は 17mm のコーンレンチ 薄いスパナが
必要です これはボルトに使います Park Tool SCW-17








もう一つは 20mm のコーンレンチ こちらはロックナットに
使います Shimano TL-PD77 パークツールなら SCW-20 が
使えます ※ 左側のペダルは正ネジです




自分の納得が出来る回転状態を見付け そこでロックナットを
締め付けシャフトを固定します 17mm のスパナはボルトの共回りを
防ぐ為に使います 玉当りの調整は一回で決まらなければ何度でも
行えば良いです
玉当りはガタが出る一歩手前で一番スムーズに回る一点が理想
ですが そこまでシビアにする必要も無いかも解りません 
このペダルは調整巾が結構広く、ある程度の所で充分スムーズに
回ってくれます






玉当りの調整が終わりました
ギリギリの一点の調整はやはりガタが出るのも早く、日々の
点検が欠かせず、とても使うのに気を使います 普段にも使う
部品ならゴリが出ない範囲で やや渋めの調整でも良いと
思います 試合だけに使うなら又話は別です




大きな写真で少し休憩しましょう グリスアップをしていてもやはり良いペダルだと思います






ペダル本体にステンレスプレートを付けます






プレート下は汚れも良く溜り アルマイトをしていても
腐食が起ります 汚れを呼びますがグリスを塗布して
おきます






取付けにはプラスドライバーを使います ネジの頭が
小さいので先の細い 1番です






ネジの頭が潰れ易いので注意をしながらしっかりと
締め付けます ※ 正ネジです




最後に付着したグリスを拭き取っておきます






左側のペダルのグリスアップは完了です 綺麗になりました






整備前にシャフトが大きく動きガタの大きかった
右側ですが問題無く組み付け調整が出来ました
こちらのボルト、ロックナットは ※ 逆ネジです






今回分解から一連の整備風景をご紹介したのは
DURA-ACE PD-7810 皆さんの何かのお役に立てば
幸いです





DURA-ACE と下位グレードの違いが話題になる事が有りますが このペダルの構造は
他のグレードとは全く別物でその違いがとても良く解る部品です これを自分で体験すると
大きな価格の差にも充分納得させられます





ペダルの分解整備に随分長くお付き合いを頂きました 自転車整備には色々な方法と考え方が有ります 
それが間違った方法でなければ、ご自分が良いと思う方法で進めれば良いですね
近くの空き地に鮮やかブルーの花が咲いていました

前回の作業 【 DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 組立て 】

今回の一連の整備はここから始まっています
【 DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 分解 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 組立て

2016-09-17 20:09:29 | 自転車整備 ペダル
前回、分解後の洗浄が終わったシマノのペダル PD-7810 今回はグリスアップを行います
凝った作りの DURA-ACE 多くの写真を使い構造も解説しながら丁寧に紹介させて頂きます





洗浄が終わった PD-7810 のパーツ達です 解説を交えながら出来るだけ丁寧に
組立てて行きたいと思います




左側から行いましょう








組立てに最低必要な工具はこれだけです 
17mm 20mm のコーンレンチ、薄手のスパナです
Park Tool で揃えるなら SCW-17 SCW-20 共に1400円
程度です それとスナップリングプライヤー






ペダル本体を手に取ります この本体の一番奥に
クランクと反対側(外側)の回転部分が有ります






内部の様子です 3/32 サイズ のスチールボールと
ニードルベアリングがシャフトと共に入ります






シャフトの先端の形状です 先程の軸受けの突起が
この凹部に収まります そしてボールの当り面の
加工がして有ります 








組立てに掛ります これは分解時にニードルベアリングを
受ける為の金属スリーブを抜こうと、力を加えています 
結局抜けなかったのですが 念のために 12mm 径の
アルミパイプとプラハンマーでスリーブを奥へ叩き込んでおきます






回転部の構成パーツです 今回のグリスは Super Lube
スーパールーブのフッ素系を使う事にします サラサラとした
グリスで大きな力の掛る所には良いと思います








ペダル奥の回転部にグリスを塗布します これは
ソルダーエイドですが先の細い物なら何でも結構です
この後スチールボールを奥へ入れますが、今あまり
多くのグリスを内部に入れるとボールの状態が確認
しずらくなるので、この時点でグリスは薄く塗るだけの
方が良いですね






スチールボールを奥の玉受けに並べます ピンセットが
ギリギリ使えます でもこれより・・








細い針金の先にグリスを塗りそこへボールを引っ付けて
奥へ運んだ方が確実に作業を進める事が出来ました
奥には 3/32 2.3812mm のボールが 9個入ります






次はニードルベアリングを組みます 濃いグレーの
樹脂ケースです エアーダスターで埃を飛ばしておきます






ニードルは 約 1.5mm×7.7mm の小さな物を 8本使います
樹脂ケースの溝に外側から押し込むと簡単に嵌まります





可愛いですね 良くこんな小さなパーツをペダルの中に使ったものだと思います
すでに PD-7400 にも使われていたので充分な耐久性も有るのでしょね
DURA-ACE 以下のグレードには使われていないパーツです






シャフトです そこに黒いシールを入れます
防水、防塵の為にとても大切な部品です








シャフトの装着部にしっかりとグリスを塗ります シールは
シャフトに接触し回転もしますから潤滑剤は大切です






シャフトのクランク側の根元に入れておきます 
このシールには方向が有り、やや鍔(ツバ)の
大きな方がクランク側です これだけを単品で
補修パーツとして用意されていないので大切に
扱って下さい




シマノの展開図ではボルトと記されているパーツです
でも回転部分の重要な役割を持っています






クランク側 外側です 先程の黒いシールがここに当ります






ペダル本体側 組立後はペダル本体の内部に入ります
スチールボールがここに収まります








ロックナットです 最終的にこれを締め込む事で
シャフトを確実にペダル本体へ固定します
ボルトのクランク側一杯迄ねじ込んでおきます








ボルトの回転部や内部にグリスを塗布します
グリスの量は多目で良いと思います 決戦用と位置付けるなら
SPIN などの高性能グリスを薄く塗るのも良いですが 普段の
練習にも使うなら しっかりとグリスを使った方が良いでしょう
ボルトはシャフトの奥まで入れておきます






ボルトの内側の玉受けにスチールボールを並べます
3/32 サイズが 17個です

寄り道
このペダルには 3/32 サイズのボールを 外側に 9個
クランク側に 17個の計 26個を片方のペダルに使い
左右のペダルで 52個を使う事になります シマノの
展開図では CODE No Y-41N98030 で単品で用意
されています その個数が Steell Ball (3/32") 62pcs
となっています 62個は多いのでミスタイプかひょっと
すれば 10個は予備なんでしょうか まさかね・・・




ここにもグリスを使います これ位は使っても良いでしょう






ここにスナップリングを使います どうなっているのか
次の写真で見てみましょう








スナップリングの形状と シャフトにはリングが収まる
溝が切って有ります この左側にボルトが入ります




スナップリングプライヤーを使いシャフトの溝に
装着します






シャフトのクランク側に組み込んだ回転部分 ボルトが
これだ動きますが、これが後に行う玉当りの調整代ですね





今の時期は緑色のみかんを良く見ますが これは少し細長いのでレモンでしょうか
記事が長くなって来ました読んで頂く方も大変お疲れになるかと思います
要らぬ解説や寄り道が多くて申し訳有りません この続きは次回にさせて頂きます
どうぞ次回もお付き合い下さい

前回の作業 【 DURA-ACE PD-7810 ペダル 分解後の洗浄 】

この後の作業 【 DURA-ACE D-7810 ペダル グリスアップ 組立て調整 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DURA-ACE PD-7810 ペダル分解後の洗浄

2016-09-15 20:19:05 | 自転車整備 ペダル
前回までに分解したシマノのビンディングペダル PD-7810 とても良く出来たペダルです
今回はグリスアップ前の洗浄を行います これも大切な作業です





分解が済んだ Shimano DURA-ACE PD-7810 少し不具合が有ったペダルですが
各スモールパーツを綺麗に洗ってやりましょう






今回のパーツは細かな物が多く無くさない様に
網目の茶こしに入れパーツクリーナーで洗います




小さなパーツにはそのサイズに応じたブラシを使い
隅々まで洗ってやります オイルアップやグリスアップでは
古い汚れをいかに綺麗に洗ってやるかはとても大切な事です






今回のペダルは内部のアルミを削っていた事も有り
多くのアルミ粉が容器の底に残ります これをそのまま
使うと他のパーツに移す事にもなります マメに洗浄用具を
掃除しながら作業を進めます






パーツクリーナーや洗い油が飛び散っても良い環境とは違い
周りを汚したく無い為にチマチマとやっていますが これにも
慣れました(笑)




ペダルシャフトの奥側(外側)の先端です ここが玉押しになっており
3/32 の小さなボールを受け止めています センターの穴は芯ずれを
起こさない為の穴で、ペダル本体奥の突き当りに突起が有り それが
この穴に入ります 実際に見るとこの部分はとても綺麗な造作です






ペダル取付け用の六角穴(8mm)の内部を掃除しています
実はこのシャフトは中空になっています この辺りも他の
グレードには無い軽量化ですね




玉受けも兼ねたボルトと呼ぶパーツです 
玉受け部分も良好です








スナップリングに黒い防水シール、ロックナットと
ペダル本体の間に入れる平ワッシャーです






ペダル本体の奥に大事な部分が有ります








奥に有る回転部分は小さなボールに加えニードルベアリングの
受けも有ります 小さなスペースなのであの手この手で掃除を
行います






奥にニードルベアリングを受ける為の金属スリーブが
入っているのでそれが抜けないか再度試してみます
PD-7400 では抜けたのですが このペダルは無理ですね




油脂で汚れた部分は綺麗になりました 本体に
付いているステンレスプレートを外します








このネジは結構繊細でドライバーは 1番を使います
頭が直ぐに潰れるので慎重に進めて下さい






プレートの裏は汚れが溜まり放題 これは仕方が無いですね




ペダル側も腐食が始まっていますウエスで汚れを
拭き取ります






ウエスで拭き取る前後ですが アルマイトの腐食までは
綺麗になりません ここは組立てる時にグリスを塗るなり
して、これ以上悪くならない様にしないといけません






ステンレスのプレートの掃除もしました こちらは
錆も発生していません






これで全ての掃除、洗浄が終わりました 特に
悪い処も無く良い状態を保っていたパーツ達です






最後に使った道具も綺麗にして完了です





分解整備を行う時の洗浄作業 ここで綺麗にしながら色々な事を観察し
各パーツの状態を良く見ておきます 併せて部品の役割を考えるのも
良い事です 汚れた物が綺麗になって行く行程は結構好きな作業です
次回はグリスアップを行いましょう

前回の記事 【 DUR-ACE PD-7810 不思議な不具合 分解 】

次の作業 【 DURA-ACE PD7810 ペダル グリスアップ 組立て 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DURA-ACE PD-7810 不思議な不具合 分解

2016-09-13 20:35:44 | 自転車整備 ペダル
前回シマノのデュラエース PD-7810 の左側のペダルを分解しました
この片方のペダルがかなり大きく左右に軸が動きます さてその不具合の
原因は何なんでしょう 分解し観察してみましょう





Shimano DURA-ACE PD-7810 ビンディングペダルです 前回左側を分解しましたが
これは右側です 知人が使っていた物ですが、ガタが有るので整備をしようとしたが
上手く行かなかったと言っています 実際ペダルシャフトが左右に大きく動きボールの
ゴリを感じる状態です






分解の仕方は前回に詳しく案内させて頂いています
もし必要なら是非そちらをご覧下さい
ペダル軸のナットを 20mm のスパナで緩めます ネジが少し
柔らかいと感じましたが大きな問題が有る程では有りません
※ 右側は逆ネジです






ボルトを抜きました 何なんだこれは・・・ アルミが
削れた時の独特な色と、真っ先に一個のボールが
目に飛び込んで来ます まず無い事です




指先でグリスを取ってみると グリスとアルミ粉が混ざった
シルバー色をしています かなりの量のアルミ粉です




ペダル本体奥に入っているニードルベアリング
こちらにも幾らかアルミが回っていますが 奥に
原因が有る訳ではなさそうです 3/32 の小さな
ベアリングも取り出しました






クランク側の回転部分を分解します スナップリング
プライヤーを使いスナップリングを外します このリングが
中のボールのこぼれ止めをしてますが それは完全では無く
状況次第でボールを取り出す事は出来ます






ボールを全部取り出し ボルトと呼ばれるパーツを
シャフトから抜きます 最後は黒いゴム質のシールです






シャフトのグリスを取ると 玉押し部分に傷は無く
ここはこのまま使えそうです






一番問題が有りそうなペダル本体のネジの部分を
確認してみましょう 分解した時の様子ではボールが
一個外れ、ここで回っていた事になります




ネジの一番奥 そしてネジの奥が傷んでいる様に見えます






ボルトの方は玉受け、ネジ共に問題は無さそうです






ボルトを本体にねじ込んでみます ここで玉当りの調整を
行うので奥まで締め込む事が出来なければガタが出る事も
考えられます 少し入りきらないですね






タップも無いし有ったとしても使える構造では有りません
オイルを使いボルトを何度も出し入れして ネジの線きり
を修正してみます




薄いコンスパナでは工具、ネジの双方を傷めそうです
モンキーレンチに替え作業を進めます






ネジの修正は幾らか綺麗になった程度ですがこれ以上
無理をすると他の物を傷めそうです ネジの奥も深く
傷が付いています そこはルーターで整えておきましょう




その部分は見れる程度になりました 回転性能と直接
関係のない所なので程々にしておきます 私の腕と
根気では、大した事は出来ません



今回の症状は推測ですが 知人がペダルの調整をしようとした時
一旦ロックナットと共にボルトを緩めた際にボールが一個玉受けから
こぼれたのだと思います それが解らずに再度ボルトを締め込み
その状態で使ってしまったのでしょう




コスモスのつぼみでしょうか 周りではオレンジ色の花が咲いていました 
とても精巧に作られた一味違う DUR-ACE のペダル その複雑な構造ゆえに
こんな事も起るのですね 私もこれから気を付けないといけません、良い勉強になりました

前回の記事 【 DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 分解 】

この後の作業 【 DUR-ACE PD-7810 ペダル 分解後の洗浄 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DURA-ACE PD-7810 ペダル グリスアップ 分解

2016-09-11 20:34:49 | 自転車整備 ペダル
Shimano シマノの最高峰グレードの DURA-ACE そのペダルのグリスアップを行います
PD-7810 とても精巧に作られたパーツです





SHIMANO DURA-ACE PD-7810 他のグレードと外見はそう変わらないのですが
内部構造は全く別物です それは凄い!と、きっと感動を与えてくれるでしょう




今回のこのペダルは知人が分解しようとしたが
上手く行かず 別のペダルを用意したのでどうぞ
お好きな様にお使い下さいと頂いたものです






片方の回転部分に大きくガタも出ています
その辺も良く調べたいと思います




DURA-ACE のペダルの分解整備には 2種類のスパナを
使います






双方厚みの薄い物が必要で一つは 17mm のハブコンレンチ
これは Park Tool SCW-17








こちらはシマノの純正工具で TL-PD77 20mm のスパナです
Park Tool なら SCW-20 が使えます




では始めましょう 回転部分にガタの無い左側から
始めます ペダル本体側から ロックナット ボルト 
ペダル軸(取付けネジ)が見えています この辺は
どんな物か分解して行けば解ると思いますので
しばらくこのままお付き合い下さい






分解にはロックナットに 20mm のスパナを使います
この上のボルトと呼ばれる部分にスパを使う必要は
有りません






スパナでナットを緩めます 右側のペダルは正ネジです
左側は逆ネジになっています それ程大きな力も必要なく
ナットとボルトが緩みます 純正工具の大きさから考えて
それ程大きなトルクで締まっていない部分なんでしょう 
でも一気に緩む事が有るので手や指の怪我には注意が
必要です






ボルトを最後まで緩めるとペダルシャフトを抜く
事が出来ます








これがペダル本体内部に入っているシャフトです





ここは後で分解して行きますがクランク側の回転部分です 先程からボルトと呼んでいるパーツは
この様にスチールボールを受ける、玉受けにもなっている重要な部品です




ペダル本体の奥にも色々な物が入っています
ここが他のグレードと違う処です






ペダル奥の物を取り出す為に ソルダーエイドを使います
この様に先がフック状になった物が必要です 他にこの様な
物が有ればそれを使えば結構です




ペダルの奥へ道具を入れ先に引っ掛かった物を引き出します
さて、何が出てくるでしょう・・・






これは正式なパーツ名称は解りませんが樹脂で出来た小さな
輪っかです




次は小さなニードルベアリングが出て来ました 
これを見ると 凄い、と心のなかでつぶやく事でしょう(笑)






一番奥には まだスチールボールが入っています
3/32 サイズの小さな物が 9個出て来ます もう一度
凄い・・・




ペダル本体の奥に入っている物はこれだけです
実はニードルベアリングを受ける為の金属スリーブが
入っていますが今回それは抜けませんでした シマノの
分解図にも載せていないので外すのが難しいのでしょう






ではクランク側の回転部分を分解します ボルトに一枚
平ワッシャーが入っています 外しておきましょう




ここを分解するのには この黒く見えている丸い
リングを外します これはスナップリングです






その為にここではスナップリングプライヤーを使います
これは無くても出来ますが 有った方が良いですね、価格も
しれていますので デュラエースのペダルを触る時には是非
買って下さい








工具をリングに掛け リングを拡げてシャフトの溝に
嵌まっているスナップリングを外しました




これがスナップリングです 回転性能に寄与している訳では無く
整備性を上げる為に使われているのだと思います






これで内部のスチールボールが取り出せます 先程のリングは
おそらくボールのこぼれ止めですね、あれが無ければ組み付ける
時にかなり難しいと思います




ここには 3/32 のボールが 17個使われています
直径 2.3812mm のとても小さなものです






ボルトを外します 実際には玉受けも兼ねているのですが
シマノの展開図にはボルトとしか書かれていません








シャフトの一番奥に入っているのはゴム質で出来た
黒いシールです これは単体で補修部品として用意
されていないので丁寧に扱った方が良いですよ




これでペダルから外せる物は全部外しました






ニードルベアリングは 1.5×7.7mm 程度の金属棒が
8本、濃いグレーの樹脂ケースに収められています






これで左側の分解が終わりました 右側はちょっと
不具合を感じるので、その辺をチェックしながら
進めたいと思います





青い花が夕日に照らされていました まだ新しい芽が出ています

要らぬ解説などが多くて長い記事になってしまいました次回は逆の右側を分解します
普通ではちょっと考えられない様な不思議な手応えです、どの様になっているのか楽しみです
次回もお付き合い下さい

次の記事 【 DURA-ACE PD-7810 不思議な不具合 分解 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加