Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

第 70回兵庫県民体育大会 自転車競技大会

2016-05-18 20:14:44 | 自転車競技
お天気の良い 5月15日に兵庫県明石自転車競技場で大会が開催されました
その様子をご案内致します





今回は競技役員の依頼が無かったので観戦と選手のサポートで出掛けました
プログラムの表紙は JCFの強化選手、伊藤歩登(アルト)君







選手受付が午前9時~9時30分 9時50分から開会式が始まりました 前回 4月の記録会から
朝練習が無くなり選手達はいきなり競技を走る事になります 選手達に話を聞くと概ね不評です
選手宣誓はプログラムの表紙にもなっている伊藤選手






DURA-ACE のチェーンホイール チェーンは金色を
配した IZUMI です 綺麗ですね






今回は珍しく競技場のバック側からも観戦してみました
ホームの審判棟と 1コーナー~2コーナーです





1KmTT が始まりました 松岡 亮選手 1分14秒100 7位





伊藤歩登選手 1分8秒299 優勝





伊藤君のクールダウン 絵になりますね





スタート地点に向う小原洋未選手は元競輪選手です 1分10秒367 2位





BOMA のピストフレームのリアエンド付近 ホイールは CAMPAGNOLO GHIBLI 格好良いですね





ホーム側へ帰って来ました 4Km スクラッチ予選 黒いキャップは松元徳泰 元国体選手
少し前からピストに乗り始めていますが まだ昔の勘が戻らない様です ロードは良く
練習していますがやはりピストとは別物の様です





ケイリン予選 白い帽子の 1番車は小原選手 後方から最終バック一気の捲りで快勝
決勝戦も鐘過ぎの 1コーナーから早目の仕掛け 後方から一気に前団を飲み込み
ブッチギリの大差で優勝しています 上がり 12秒390






明石自転車競技場は JR明石駅前の明石公園の
中に有ります






公園内は緑が豊富でとても良い環境です
自転車競技場の隣接には明石城も有ります
お城の石垣です






明石市は日本標準子午線の街です 遠方に見えるのは
明石天文科学館 標準子午線上に建っているそうです
道路に有る消火栓の蓋はその科学館と明石海峡大橋です






明石で有名な魚の棚と 地元名物は明石焼き
たこ焼きのもの凄く柔らかい物ですが 地元では
玉子焼きと呼ばれています だし汁で食べます






こんな感じかな・・ 680円(だったと思う)




明石の紹介もさせて頂きました 来年はスポーツマスターズが
開催されます 明石にお越しになった選手や応援の方々も
是非明石焼きをお召し上がり下さい





KOGA KIMERA TRACK 1974年にオランダで設立されたブランドですね 伊藤選手が
ANCHOR から乗り換えています JCF の強化合宿で初披露するので Kinoさん写真は
それまで待って下さいと言われていました(笑)
久し振りに役員を離れての試合会場 とても楽しい一日を過ごさせて頂きました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第35回タイムトライアル 春季兵庫県記録会

2016-04-30 20:23:18 | 自転車競技
平成28年度 兵庫車連トラック競技の開幕戦が明石自転車競技場で開催されました
快晴の中行われた様子をご覧頂きます




次年度にスポーツマスターズが兵庫県で開催される
事も有り 一旦現役を退いた元選手の顔振れも多く
見れました 今回のプログラムの表紙は女子選手
のスタート姿、彼女は今期、競輪学校へ入校します






快晴と言って良い気持ちの良い天気 選手、役員が
明石自転車競技場へ早朝より集まってきます






GOKISO のハブ これの回転部分は良い手応えです
ただサラサラと軽いシールドベアリングとは違い
手にヌメリ感を感じる感触が有ります
MAVIC マビック・イオ これも高価なホイールです






競技の為の準備を始めます 天候も良いので電子計時を
使います 走路が濡れている時はテープスイッチが設置
出来ません




選手受付が終わり 競技の開始を待つ選手がいます
私が監督をしていた頃の国体選手、濱中君 数年前から
色々な大会に参加しています






BRIDGESTONE ANCHOR TR9 と選択されている
パーツが見事です OGK のエアロヘルメット 走りも
軽くなりますが、お財布も軽くなる様です






さて開会式も終わり競技の開始です 今回の記録会は
選手未登録者や小学生のジュニアも参加しています
まずは 200m タイムトライアルからです






先程の濱中選手 参加申し込みに 200mT.T と
有ったのでエントリーすると ハロンじゃ無く
スタンディングか・・ と驚いていました(笑)






200mTT が続きます 彼も元国体選手でその後
競輪選手になりましたが今は引退し自営で接骨院を
開業している野山明範元選手 走った後、売り切れた
様です




良いお天気で気持ちが良い日です 明石公園内にある
他の施設からの声援がたまに聞こえてきます






私の自転車小屋へもたまに来てくれる松元徳泰君
彼も元国体選手ですが 明石の競技場は 27年振り
だとか 400mTT です 最近はロードに良く乗って
いますが競技場は少し感覚が違う様です






最近良くこのペダルを見ますね クリートに
Wストラップを装着出来るのが人気な様です
VP-R73T TRACK PEDL ルックのクリートが合います






登録のシニア・マスターズ選手によるチームスプリント
混成チームですが今回の目的の一つだった様です






今日の私の仕事は出発合図 まあ電子計時なので
仕事はフライングの判定をするくらいです かと
言って持ち場を離れるわけには行きません 
周回打鐘係が使う、後一周を告げる打鐘用の鐘です
これも慣れないと上手く鳴りません






大会は進みます 3Km IP 高校生の 全国大会での
優勝者も輩出する名門校 三田学園の選手です
彼は国体にも出ていましたが短距離選手ですね
末廣君

※ IP とはインディヴィンデュアル・パーシュート
  個人追い抜き競走 と言う種目の事です






こちらは伊藤歩登選手 昨年から JCF の強化指定選手に
選ばれています 昨年のアジア選手権にも出ていました






最近のタイムトライアルでは DHバーと言うハンドルを
使う選手が多いですがドロップハンドルとのセッティングの
違いをカバーする為に可変式のステムが重宝します
これは岐阜県の自転車屋さんのオリジナルステムですね






ホームが強い向かい風のバンクコンデションの中
選手は大変だったと思いますが無事に競技が終了
しました 次は 5月15日の兵庫県民体育大会ですね
またお会いしましょう





今回のお気入りのショット バンクの一番上を流す選手、競技中にこの状態になる種目は
限られていますがとてもトラック競技らしい風景です スタンドの緑色とユニフォームも
上手くマッチしました   ※ これはどの様な状況だと思いますか?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りに走った 明石自転車競技場

2016-04-18 20:11:36 | 自転車競技
兵庫県の明石自転車競技場ここの歴史は古く競輪が開催されていた時期も有りました
今回ここを久し振りに走る機会が有ったのでその仲間に入れて頂きました





明石の競技場は現在は、公益財団法人 兵庫県園芸・公園協会と言う所が管理しており
使用の申し込み手続きをすれば有償で使う事が出来ます 知人の自転車競技愛好家が
練習時間を取ってくれたので一緒に走らせてもらう事にしました そう言う日の為に先日より
タイヤも新しく張り自転車の整備も行っていました






今日は友人の車に同乗させてもらうので
車載のため前輪を外して用意しておきます
携帯用の工具袋も持って行きます




片道1時間弱で競技場に着きます 大会役員では
年間に何度も来ますが自分の自転車を持って来た
のは実に 36年振りです 最後の大会を走ったのが
そんなに前の事です






後輩の自転車は最新機材 練習用のホイールとして
このマビックの ELLIPSE は人気が有りますね
トラック用のクリンチャーホイールです




走路への出入り口前に来ました 大会の時も
この周辺の自転車置き場を使います 普通に
走れるんだろうか・・




各々の選手が走り始めました 私が監督時代の選手
濱中君 今も頑張っています




今回競技場を押えて下さった松岡さん




その松岡さんのお父さんは 70歳の声を聞きますが
スポーツマスターズにも参加されています




一緒の車で来た小原さん 元競輪選手 引退後も
アマチュアで選手登録をして頑張っています






私も少し乗ってみます 初めて競輪場を走った子供の
頃はカントが怖くて最初はバンクの上に上がれなかった・・ 
それがついこの間の事の様です





真っ直ぐに走れるのか心配していましたが前には走れました バンクの上も
恐さを感じず上る事が出来ました 実に気持ちが良かったです まるで初めて
走った子供の頃の様に楽しかったです 最近では一番嬉しい出来事です
ご一緒させて頂いた皆さん、大変有難うございました また行きたくなったら
是非相手をして下さい

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 JCF 公認審判員登録証

2016-04-06 20:03:34 | 自転車競技
毎年継続申請が必要な JCF の公認審判員登録 本年度も申請をしておきましたが
その登録証が届きました





今年は薄い緑色の登録証です 自転車競技の競技規則は選手だけでは無く
公認審判員規定と言う縛りも有ります そして登録の取り消しという規定もあり
審判員としての品位も問われます まあ、これは私が取り消されていないので
殆どの人が大丈夫ですよね






競技規則が変更になる事も多くその辺りは興味を持って
注意しておく必要が有りますね 丁度 4月5日にも早速
2016年度版の規則に追記の案内がされていました





どの様な事でも決まりや約束事のうえで成り立っています 自転車競技登録者だけではなく
ホビーレースと言われるイベントに参加される方も 大会要項に JCFの競技規則に準じると
書かれている事も多いですね 日本自転車競技連盟の競技規則集も発行されています又
JCF の Webサイトでも規則を見る事が出来ます 我々も含め良く勉強した方が良いですね

審判や大会のお手伝いは出来る間はさせて頂きます(以前ほど役にたたない 笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車連盟 公認審判員登録申請 2016年

2016-03-01 21:22:10 | 自転車競技
自転車競技の審判や運営に係る為には日本自転車競技連盟に審判員の登録が必要です
これは毎年継続申請が必要です 今年もそんな時期がやって来ました





毎年この時期になると自分の所属団体から申請用紙が届きます これも勝手に
配送される訳ではなく人の手に依るもので事務局も大変な仕事だと思います




以前は2年に一度の継続申請だったのが毎年の
申請になりました 



登録証

随分昔は写真を添付しラミネートされた物でしたが
年を追うごとに簡素化されてきました そう言えば
選手登録証は昔選手手帳と言っていましたが本当に
固い表紙の手帳でしたね




最初の審判登録が 1978年の3級審判から始まっています 
最初は学生自転車競技連盟の所属にしていましたが
兵庫車連からの強い要望が有り所属団体を変更した
記憶が有ります





手続きは所属団体を通じて行いますが それには登録手数料が必要です
これは団体に依って料金に差が有るのでしょうか 選手は結構高額ですね

最近は大会の度に役員依頼を下さるので、私を必要だと思って頂いている間は
お手伝いをさせて頂きます 最初の登録から38年 飽き性の私が良く続いたものだと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加