Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ロードバイクの洗車と注油

2016-05-30 20:18:45 | ロード
自分が使っているロードバイクの洗車を行い 新しいオイルの注油まで完了させます
手順は何時もと変わりませんが手早く済ませましょう





私がメインに使っているロードで、マグネシウムフレームのスプートニクです
駆動系は特に問題有りませんが ブレーキシューの当りが少し弱くなってきました
リムとブレーキゴムも綺麗にしてやりましょう




オイルは洗車をしなくても追加塗布していますが
やはりチェーンやスプロケットが黒く汚れて来ます






自転車の備品やスペアタイヤを外します




前後輪を外しメンテスタンドに乗せました






チェーンホイールやチェーンは特に綺麗に
してやりたいですね




洗車道具です この倉庫は水道が無いのでポリタンクに
溜めています 洗車で使うのは 25〜30L 程度です






まず油汚れを洗います ワコーズのフィルタークリーナーを
別容器に適量取ります 良く整備された自転車なら 30〜40cc
有れば充分です




ボトルの頭を切り落した容器です







フィルタークリーナーを油で汚れた所へ刷毛で塗って
やります 今回はブレーキゴムとその周りにも丁寧に
塗りました 変速機やチェーンにも塗りますが、擦る
必要は有りません






クリーナを塗っただけでチェーンはこの様な状態です




スプロケットも忘れずに・・






さて高圧ポンプの出番です フィルタークリーナーを
洗い流します






変速機の手の入らない所やチェーンも水で流します
クリーナーが白濁しますが 水が透明になれば OK です
でもチェーンにはクリーナーを残さない方が良いですから
ここは丁寧に流しています






油汚れの洗浄が終わったので自転車全体を洗います
洗剤を希釈して使います 台所用洗剤を使っても良い
ですが 私は環境や手にも優しいシンプルグリーンを
使っています








柔らかな大き目のスポンジでサドルやハンドル
その裏側も洗います






フレーム全体も洗い ホイールもタイヤやスポークまで
洗ってやります この時自転車やパーツに問題が無いか
注意しながら進めるのが洗車です





これで洗剤を使っての洗浄は済みました時間を置かずに洗剤を流してしまいましょう










全体を洗い流しています 水の使用量は少ない方が
良いので洗剤を選ぶ時は、泡切れの良い物がいいですね




洗車後は自然乾燥でも良いですが 出来るならなるべく
早く注油をした方が好ましいです 油乗りの悪いチェーン
などは直ぐに錆が出て来ます 待てるのは精々 30分です






エアーブロワ―で水滴を飛ばしてしまいます
電気のブロワ―でも良いですね これで凄く
作業時間の短縮が出来ます






変速機他の駆動部やチェーン 水を押し込むの
では無く、外へ放出するイメージでブロワ―を
使います 特にチェーンは念入りに・・






オイルアップを行います 今回は始めて Vipros
ヴィプロスの Graissage グレサージュを使って
みます これもフッ素系の添加物です、使用前に
容器を良く振って中身を撹拌しています この商品は
どうか分りませんがフッ素は良く底に沈むので 私は
撹拌する様にしています






各部品の駆動部そしてチェーンにスプレーします
このオイルも水置換性が有るので洗車後には良いですね






指にスプレーし感触を確かめています 私がイメージしていた
粘度では無く サラサラとした感じが強いオイルです




はみ出したオイルは直ぐに拭き取ります これは
置いておいても良い事は何も無いですね 汚れを
呼ぶだけです






今回はかなり多い目にスプレーしました 感覚的に
普段の 1.5倍位です かなり吸着力が強いですね
粘度とは又違い 金属にへばりつく力です




塗布直後のチェーン オイルが落ち着くまでに
少し時間が必要でしょう




洗ったフリーホイール=スプロケットにもスプレーを
しておきます






塗装の黒ずみや油汚れを落すのに使うワックスと
水を弾く撥水効果が強いワックスです




注油とワックス掛けも終わりました 洗車前と見比べて
みましょう



before and after



チェーンホイール インナーギアの掃除がし難いですよね






スプロケットも綺麗になっています





仕上りの良いチェーン 自転車の乗り味を左右する最も大切なパーツですね
今回初めて使ったオイルはどの様な走行感なんでしょう ここで使った感じでは
それ程特徴が有るオイルでは有りませんでした 一日オイルを落ち着かせてから
実際に走ってみましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイク ハンドルの角度調整

2016-01-15 20:03:57 | ロード
現在メインに乗っているロードバイクのスプートニク それのハンドルの
角度調整を行います





少し前の記事で保管している選手時代の自転車と比べ、このスプートニクの
ブレーキブラケットの握り位置が遠くてストレスを感じると書きました 
昔のブレーキレバーと全てを合せると言う事自体、無理が有るのは承知ですが
少しハンドルを突いてブラケットを身体に近付けてみます






最近はハンドルを突く、しゃくる、の意味合いが
凄く曖昧になって来ています これは自転車の
ハンドルのバーエンドを基準に表現します






バーエンドを基準にして自分から遠くなる方へ 突く・送ると言い
自身に近づく方向へ動かす事をしゃくると昔から言ってきました
STI レバーが普及するにつれ、そこを基準にする人が多くなって
いますが そうするとハンドルが逆に動きます これについては
他の自転車も交え改めて記事にしてみます






自転車言葉はおいておき ハンドルの角度調整は
ステムのクランプボルトを緩めて行います ここには
4mm のアーレンキーを使います





ここは割と繊細なネジで、指定された締め付けトルクを守った方が良いでしょう
この DEDA ZERO100 のステムはクランプ部に亀裂が入ると言う事でリコールが
有りましたが ボルトの締め過ぎに依る亀裂も多かったと聞きます 4本のボルトを
均一に締め付けるのも大切な事です




調整量を床からの高さを基準にして確認しています
これには決まりが無いので自分で基準を決めれば
良いですね 角度の調整はクランプ部で少し動かす
だけで結構大きく動きます




before after



ハンドル角を触る事でブラケット位置が 3mm程度
前上がりになりました 目視では判別出来ない位です





近くの道路を少し走ってみると 約3mmブラケットが高くなり併せて、幾らか身体に
近づいたので乗り易くはなりました ただこの方法ではドロップの下の部分の角度も
変りそこに違和感が有ります しかし何処かで自分を納得させ妥協点を見つけないと
いけませんね

次回は今回少し触れたハンドルの角度調整の表現 突く、送る、などについて
書いてみます またお付き合い下さい

上記関連記事 【 自転車用語 ハンドルを突く 送る しゃくる 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイク 新旧ポジションの違い

2016-01-06 20:48:18 | ロード
昨年末から選手時代のロードレーサーに乗っていましたが 新しい方の自転車にも
乗ってやりました、乗り比べるとやはり感覚が違います その原因は何なんでしょう




昨年末から古い方のロードレーサーに乗っていましたが
こちらのスプートニクにも乗ってやらないといけませんね






11月にポジションを見直した時 サドルを3mm 上げています
それを 1mm 下げます






シートクランプのネジには 4mmのアーレンキーを
使います






ここの締め込み加減はクランプもアルミですので
それ程神経質になる必要もありません かと言って
パーツに依っては推奨トルクが記された物も有ります
その様な物は それを守った方が良いですね








1mm サドルを下げました 何か細かな事を言って
いる様ですが サドルはそれくらい大切な部分です




お正月休みの最後の日 スプートニクにも乗って
やりました 古い方の後ろ5速と比べ 10速の恩恵は
凄く感じます







古い National ナショナルのクロモリロードは選手時代のポジションを触っていません
新しい方のスプートニクのポジションは限りなく National を再現しています
フレームのスケルトン(ジオメトリー)に依る自転車の動き方や性格の違いは
有って当然でそれは問題では有りません しかし乗っていて楽なのは National の方







この原因はブレーキブラケットの形状の違いですね サドルとステムのハンドルクランプ部迄の
距離は双方一緒にしているのでハンドルのフラット部も同じです シフトレバーの大きさを考え
ショートリーチのハンドルを使っていますが それでもシフトレバーの大きさを吸収しきれません 
スプートニクのブラケットを持つ部分が遠くストレスを感じています この部分のポジションを
新旧揃えるのはステムを短くすれば良いと言う様な単純なものでは無く 本当に難しいですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポジションの変更 結果に驚いた

2015-11-30 20:41:19 | ロード
先日ポジションの変更を行ったロードバイクに早速乗って見ました
その効果は有ったのでしょうか





長く選手時代のポジションを維持して来ましたが 体型が変り
少しハンドルとサドルを上げました






既存の位置から サドルとハンドルを 3mm ずつ
上げました 両方上げたのは尻と上半身の関係は
変えたく無かったからです






選手時代のシューズはトイレのスリッパの様に
底がペラペラでしたが最近の物はかなり厚底です
しかしこれはクランクが 2.5mm 長くなったので
ペダリングの下死点では相殺されます ただ上死点では
逆に太ももの位置がお腹に近くなります 少し前までは
それでも乗れていたのですが みっともなくお腹周りが
大きくなるとお腹に脚が突っかかる様になって来たため
サドルを 3mm上げてそれを解消しようとしました






試しに実走行をしようとしていたら 後輩から電話が有り
西宮のバイクショップ NRS に集まってお昼を食べましょう
とのお誘いが有りました ちょっと出掛けます






NRS まで約 10km程度の距離です
自転車に乗って直ぐに 高い! と感じました
サドルが高いと言うのでは無く何時もより高い所に
自分が居ます メガネの度を強くした時の様な感覚
です
ペダリングは膝から下が上手く使える様になりました 
下死点で詰まり気味だった足首が楽です 
太ももの大きな筋肉が使い難くなりました 走って
直ぐに太ももの表側が張ってきます 
つま先でクルクル回すのにはとても都合が良く 
重い倍数は踏めません






お店に着いてしばらくすると後輩も来たので
少し早いですがお昼にします




最近は多くの人がレーサーシューズで歩いていますが
これは自転車に乗る為の靴です スリッパを持って
来ました




NRS の店長 橋本君が何時もお昼を食べている
らしいお店、美松 お昼の定食が安いらしいです






日替わり定食 メインのおかずの外に小鉢が
2品選べます 少し量は少ないですが 500円
これなら何時でも奢ってやるぞ(笑)




食事を終えお店に帰ってきました 後輩二人が
何か話しています






少し前にここで紹介しましたが NRS の主力商品の
オリジナルホイールのリムが突然生産中止になったので
新しい 3種類のホイールの設計をしている処 そんな
ホイールの話です






後輩の元国体選手、松元君が何かする様です 
彼もスリッパ持参です 私達にはこれが普通の
感覚です






ハンドルバーテープの相談を橋本君にしています
彼も元国体選手 二人とも私が監督をしていた時
現役選手でした






私はそんな風景を眺めています





松元君が選んだテープは Fizik フィジークの
蛍光色のオレンジ 良く目立っていました




皆と別れて脚の感覚を確かめながら帰ってきました





夜には筋肉痛が出て来ました 3mm の事でこれだけ影響が出ます
今回のポジション変更で理屈では、軽いギアで回し易くなる事は想像していました
ただ今の私には 3mm の違いが解るだろうかと思っていましたが まだそれを敏感に
感じる事が出来る事に驚きました サドルを 1mm 下げよう・・・

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイクのポジション ハンドル調整

2015-11-27 20:34:01 | ロード
自分の自転車のポジション調整を行っています前回のサドルに続き
今回はハンドルの高さ調整を行いましょう





自転車のポジションは大切です、長く触らずに乗って来ましたが体型の変化から
少し触る必要が出てきました 今回はハンドルを触ります






前回はサドルを 3mm上げました ハンドルも
3mm 上げる事にします その方法を紹介します
ここの 55と言う数字はサドルとハンドルの落差が
55mm 有ると言う覚書です






ハンドルの高さ調整はこの青いトップキャップを
外す処から始めます






ここで使う工具は 5mm のアーレンキー
正ネジです






このネジを緩めて抜いてしまいます






トップキャップを外します フォークコラムの中に
見えているのはマルチプレッシャーアンカーです








トップキャップの下にはスペーサーが入っています
それを外します この自転車には 2枚使っています






ステムを外す為に使う工具は 4mmのアーレンキー






ステム取付けボルト 上下 2本を緩めます 
正ネジです






これでステムが自由になり フォークコラムから
抜く事が出来ます ステムを上に持ち上げます
あら・・・




フロントブレーキのワイヤーが一杯で持ち上がりません








こんな時はブレーキワイヤーを開放してやります
ブレーキからワイヤーを外します 使う工具は
5mm のアーレンキーです






これでステムが抜けました 外したハンドル回りは
ワイヤー類に気を付けながらホイールの上に預けて
おきましょう






ステムの下にもスペーサーが入っています これで
ハンドルの高さを決めています スペーサーを外しました








取り外したスペーサーの厚さを測っています
上に使っていた物に 3mmの物が有りました
それを下に回せば丁度ハンドルを予定通り
上げる事が出来ます ステムの下側に3枚の
スペーサーを使いましょう






ネジやスペーサーの掃除をしておきます






フォークコラムとステムの古いグリスも拭き取り
綺麗にしておきましょう




組立てには新しいグリスを使います ここは汚れが
付き難い Super Lube スーパールーブを使います
腐食防止です






先程のスペーサーを入れます 外す前より 3mmが
一枚増えています






ステムを取り付けます 上から差し込むだけです






ステムの上にはスペーサーが一枚になりました






トップキャップにはこの様に当りが付いています
ここにもグリスを塗って置きます 水の浸入を防ぐ
のと腐食防止です 汗が良く付着する所です






トップキャップをスペーサーの上に置きます






グリスを塗った締め付けボルトをキャップの穴に
入れます






ネジを 5mm のアーレンキーで締め込みます
ここは軽くで良いです 後程調整します






ハンドルとヘッド調整の為のネジは今の段階では
取り付けて有るだけです








ハンドルを正面に向けます ハンドルが曲がっていると
表現しますが そんな事の無い様にタイヤを睨みながら
方向を決めます




ハンドルが真っ直ぐになれば ステム取付けボルトを
ハンドルが左右に動かない程度に締めておきましょう








ここでブレーキワイヤーを復旧させます ブレーキの
汚れやフレームの汚れも綺麗にします ポジションや
自転車の性能に関係の無い事ですが ついでですから・・






ブレーキのアジャストボルト、ここは汗と汚れが良く
付着し腐食の多いパーツです グリスは塗っておいた
方が良いですよ ここが動かない自転車を良く見ます




ブレーキ調整を行い 確実にインナーワイヤーを
固定します






ここからヘッドの回転調整です フロントブレーキを
掛けながら自転車を前後にゆすったり ハンドルを持って
前輪を持ち上げ落してみたりして ヘッド小物にガタが
無いか確認します






ヘッドにガタを感じたらステム取付けボルトを一旦緩め
トップキャップのネジを締めて ステムを下へ押し下げます
そこでステムを固定して 再度ガタの有無の確認を行います




ヘッド小物に限らず回転部、駆動部のガタは絶対に
いけません 自転車に乗った時の不快感と部品の
寿命を著しく短くします






ヘッド調整の確認 自転車を持ち上げ自転車を傾けます
その方向へハンドルが切れれば O.K です この時ハンドルが
回らなければヘッド小物の締め過ぎです
この時、ハンドルが固くて柔らかく調整したらガタが出る
こんな症状が出たらヘッドパーツの交換時期ですね






ヘッドの調整が出来たらステムの取付けボルトを
本締めします このステムは MAX 8Nm になって
いますがこのトルクは 4mmのアーレンキーでは
かなり強く締め込む感覚です この時は上下の
ボルトを交互に締め 背割りの隙間が上下で
大きく違わない様に気を付けます




最後にトップキャップのネジも少し増し締めして
おきましょう 緩み難い程度で結構です






これでハンドルの上下調整とヘッドの回転調整が
完了しました





このトゲトゲの植物が多く見られます これも形が整った物は綺麗ですね、嫌いじゃありません
これでポジションの変更を終えました 昔の様に自身でその違いを感じ取れるのでしょうか
一度乗ってみます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加