Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ロードバイク スプロケットの交換方法 その2

2016-09-26 20:52:10 | ロード
前回からロードバイクのスプロケットの交換方法をご案内しています 古い方を外したので
今回はスプロケットの取付けを行います、多くの写真を使いその様子をご紹介いたします





前回取外したスプロケットと新たに使う物で双方 Shimano ULTEGRA CS-6700 10速です
最近の用途に合せ歯数の変更を行っています この作業はメーカーやグレードを問わず
する内容は同じです 前回にスプロケットを取り外したので今回は次の物を取付けます




交換する方のスプロケットは事前に洗浄し手入れを
済ませています 12~23T の歯数です






ホイールのフリーに取り付ける前に取り外した後の
汚れを拭き取っておきます






フリー本体の表面にオイルを薄く塗っておきます これは
アルミボディの腐食防止が目的です やや粘度の高い
Super Lube の超耐久潤滑剤を使っています 持ちの良い
潤滑剤です








ロー側に使う厚さ1mmのスペーサーです これは
必要の無い場合も有るので使うスプロケットに従います




ULTEGRA CS-6700 12-23T






スプロケットはローギアから装着して行きます
フリーに装着する中心部には不規則な凹凸が有ります






フリーにも不規則な凸凹が有り 先程のギアの装着部を
これに合せてはめ込みます お互いが合う場所は一ヶ所
だけです






ローギアをはめ込みます この部分は 3枚がセットに
なっていますが この枚数はグレードに依り異なります






ローギアから 4枚目です ここからは入れる方向が有り
ギアに歯数が刻印された面が外側です






4th ギアを入れました
※ ローギア側から 1st(Low) 2nd 3rd 4th と記載します






次は 5thギアですがここからはギアとギアの間に
専用のスペーサーが入ります 段数に依って厚さが
違い互換性は有りません






先程入れたギアの上にスペーサーを入れました






5th ギアを方向を確認して入れます






スペーサーとギアを交互に 8thギアまで入れました
残るギアは後 2枚です








9th ギアはスプロケット自体に厚さが有るので
ここにスペーサーは使いません








10th(Top) ギアも同様にそのままフリーに入れます




これで 10枚のスプロケットが入りました ギアの
裏表だけ気を付けていれば 難しくは無い作業です








最後はロックナットを締め込みますが この根元には
手を切りそうな位に薄いスペーサーが入っています
これは良く千切れたりしますのでその様な物は交換
します 10速12T用は Y11W02000 11T用 Y10Z0400
の品番で用意されています






ロックナットが入るネジ部にオイルを塗っておきます
腐食、固着防止です




ロックナットを取付けます








ロックナット用の締め付け工具を装着します
Shimano 純正 TL-LA15 Park Tool であれば
Shimano用 FR-5G 又は FR-5 
Campagnolo用 BBT-5 等フリーのメーカーに依り
工具が異なります






締め付け工具にモンキーレンチを掛けます 口が
23mm 以上開き 締め付けトルクに応じた大きさの
物が必要です






ロックナットを締め込みます シマノの指定は 30~50N-m
これは結構大きなトルクです ただここのネジは幾らでも
締まるので 30~50N-m と言う手加減は自分で感覚を
掴んでおく必要は有ります






これでスプロケットの取付けが終わりました はみ出した
オイルなどは綺麗に拭き取っておきましょう




これでスプロケットの交換作業は終わりました
次はホイールを自転車に取り付けます




今回取り外したスプロケットはまた後で手入れを
してやります






クイックレリーズをハブに戻します






ホイールを取付けました 今回の 12~25T から
12~23Tへの交換は心臓を悪くしてから心拍数が
上がるので山へ行かなくなりました 
平坦路で使うならクロスレシオの方が使い易いので
ローの 25T を捨てる事にしました 山は好きなんですが
仕方が無いですね






チェーンの状態を見てみます Vipros ヴィプロスの
グレサージュを使っています 洗車後のオイルアップ後
300km 程度です 追加塗布の頃ですが初めて使った
オイルなのでもう少し様子を見てみます






この様に汚れて来たチェーンは綺麗にしたい処です
これをウエスで擦って汚れを落とす人が居ますが 
確かに外見を見れば綺麗になると思います ただ
チェーンに付着した汚れ、金属粉を同時にチェーンの
内部にも押し込んでいる事にもなります そうなった
チェーンは摺動部でヤスリを掛けている様なものですね 
チェーンの清掃はその様なダストをいかに外へ出すかと
言う事がとても大切です それを考えるとやはり洗浄が
一番だと思います





これで今回の一連の作業が終了しました スプロケットを入れる方向、ロックリングの
締め込み具合そして手指の怪我 これに気を付ければ決して難しい作業では有りません
自分で出来る様になれば自転車がより楽しくなりまよ 是非チャレンジしてみて下さい

前回の作業 【 ロードバイク スプロケットの交換方法 その1 】

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイク スプロケットの交換方法 その1

2016-09-24 20:18:52 | ロード
ロードバイクにはカセットスプロケットと言うギアが使われています 
これは交換する機会も多いかと思います その方法をご紹介致します





カセットスプロケットを交換する為に必要な道具です この作業が必要な時はスプロケットの
摩耗に依る新しい物への交換、自転車で走るコースに合せたギア枚数の変更等 幾つかの
理由が有るかと思います それらの理由の如何に関らず行う工程は一緒です




今回交換するスプロケットは先日、洗浄し手入れは
済ませています Shimano ULTEGRA CS-6700
12-23T の 10速を使います






私が現在乗っているロードバイクの 同じグレードの
12-25T このスプロケットとの交換です 最近の用途に
合せたギア枚数の変更と言う処です








自転車からホイールを外します ここはギアの交換と
関係は無いのですが チェーンでフレームが汚れたので
拭き取っておきます






リアホイールを外しました それでは作業開始です






整備の環境も大切です ホイールやパーツを傷めない様
直接ホイールを地面に置かない等 出来る範囲で気を
付けた方が良いですね クイックレリーズを外しました






現在使っているスプロケットを外します 道具も用意
しています






カセットスプロケットはロックリングで固定されています
それを取り外す為の工具 ロックリングリムバーです
Shimano の純正工具 TL-LA15 社外品の工具でも
OKです Park Tool なら FR-5G 又は FR-5 が使えます

※ この工具はスプロケットのメーカーに依りそれに応じた物を
  使う必要が有ります 例えばカンパなら Park Tool BBT-5
  ご自分が使っているメーカーを良く確認して下さい






工具の突起をハブシャフトの穴に差し込み 
ロックリングに装着します






次にスプロケットが装着されているフリーが空回りを
しない様にスプロケットリムバーを使います 
これは使っているギアの厚さに応じた物が必要ですが
Park Tool SR-11 であれば 5~11速のスプロケットに対応
しています ただ価格が 5000円程度します 
他社から廉価な物も沢山販売されているので、その辺は
ご自身で選択されれば良いでしょう




ロックリングリムバーにはモンキーレンチを使います
23mm 程度の 6角なのでそれ以上開くモンキーが必要です





スプロケットリムバーでギアを押えロックリングを緩めます ※ 正ネジです この写真では
双方の工具を下方向へ力を入れています 最初から目一杯力を入れ急にネジが緩むと
怪我をしますので、初めはゆっくりと力を掛けて行った方が良いですね この場合ネジが
緩むと右手が下方向へ動きます




ロックリングが緩みました






工具を装着する為の凸凹な形状と 裏側にはネジが
切られています




ロックリングを外したスプロケットです 中心の青い
シャフトの外側がフリーですが そこにロックリングを
締める為の内ネジが切って有ります








スプロケットを外して行きます 全てのギアは簡単に
引き抜けます 間にスペーサーが何枚か入っていますが
それも抜きました






最後に 1mm 程度の厚さのワッシャーが入っています
これを使っていないスプロケットも有りますが 使っていれば
再利用すれば良いです 白くアルミ色した部分がフリーです




全てのパーツが外れました ここまではシマノの、他の
グレードやカンパニョーロでも基本的にする事は一緒です




今回取り外したスプロケットはまた後で洗浄し何時でも
使える様に手入れをしてやりましょう





白くて小さな花が咲いていました 近くの空き地です この横で住宅用の造成工事が始まっています
写真を確認するとまだまだ有りますこのまま進めると読むのも疲れますよね 取付けは次回にします
またお付き合い下さい

取替え用のスプロケットのお手入れ方法 【 ロード用スプロケット 洗浄とオイルアップ 】

続きの作業はこちら 【 ロードバイク スプロケットの交換方法 その2 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイクの洗車と注油

2016-05-30 20:18:45 | ロード
自分が使っているロードバイクの洗車を行い 新しいオイルの注油まで完了させます
手順は何時もと変わりませんが手早く済ませましょう





私がメインに使っているロードで、マグネシウムフレームのスプートニクです
駆動系は特に問題有りませんが ブレーキシューの当りが少し弱くなってきました
リムとブレーキゴムも綺麗にしてやりましょう




オイルは洗車をしなくても追加塗布していますが
やはりチェーンやスプロケットが黒く汚れて来ます






自転車の備品やスペアタイヤを外します




前後輪を外しメンテスタンドに乗せました






チェーンホイールやチェーンは特に綺麗に
してやりたいですね




洗車道具です この倉庫は水道が無いのでポリタンクに
溜めています 洗車で使うのは 25~30L 程度です






まず油汚れを洗います ワコーズのフィルタークリーナーを
別容器に適量取ります 良く整備された自転車なら 30~40cc
有れば充分です




ボトルの頭を切り落した容器です







フィルタークリーナーを油で汚れた所へ刷毛で塗って
やります 今回はブレーキゴムとその周りにも丁寧に
塗りました 変速機やチェーンにも塗りますが、擦る
必要は有りません






クリーナを塗っただけでチェーンはこの様な状態です




スプロケットも忘れずに・・






さて高圧ポンプの出番です フィルタークリーナーを
洗い流します






変速機の手の入らない所やチェーンも水で流します
クリーナーが白濁しますが 水が透明になれば OK です
でもチェーンにはクリーナーを残さない方が良いですから
ここは丁寧に流しています






油汚れの洗浄が終わったので自転車全体を洗います
洗剤を希釈して使います 台所用洗剤を使っても良い
ですが 私は環境や手にも優しいシンプルグリーンを
使っています








柔らかな大き目のスポンジでサドルやハンドル
その裏側も洗います






フレーム全体も洗い ホイールもタイヤやスポークまで
洗ってやります この時自転車やパーツに問題が無いか
注意しながら進めるのが洗車です





これで洗剤を使っての洗浄は済みました時間を置かずに洗剤を流してしまいましょう










全体を洗い流しています 水の使用量は少ない方が
良いので洗剤を選ぶ時は、泡切れの良い物がいいですね




洗車後は自然乾燥でも良いですが 出来るならなるべく
早く注油をした方が好ましいです 油乗りの悪いチェーン
などは直ぐに錆が出て来ます 待てるのは精々 30分です






エアーブロワ―で水滴を飛ばしてしまいます
電気のブロワ―でも良いですね これで凄く
作業時間の短縮が出来ます






変速機他の駆動部やチェーン 水を押し込むの
では無く、外へ放出するイメージでブロワ―を
使います 特にチェーンは念入りに・・






オイルアップを行います 今回は始めて Vipros
ヴィプロスの Graissage グレサージュを使って
みます これもフッ素系の添加物です、使用前に
容器を良く振って中身を撹拌しています この商品は
どうか分りませんがフッ素は良く底に沈むので 私は
撹拌する様にしています






各部品の駆動部そしてチェーンにスプレーします
このオイルも水置換性が有るので洗車後には良いですね






指にスプレーし感触を確かめています 私がイメージしていた
粘度では無く サラサラとした感じが強いオイルです




はみ出したオイルは直ぐに拭き取ります これは
置いておいても良い事は何も無いですね 汚れを
呼ぶだけです






今回はかなり多い目にスプレーしました 感覚的に
普段の 1.5倍位です かなり吸着力が強いですね
粘度とは又違い 金属にへばりつく力です




塗布直後のチェーン オイルが落ち着くまでに
少し時間が必要でしょう




洗ったフリーホイール=スプロケットにもスプレーを
しておきます






塗装の黒ずみや油汚れを落すのに使うワックスと
水を弾く撥水効果が強いワックスです




注油とワックス掛けも終わりました 洗車前と見比べて
みましょう



before and after



チェーンホイール インナーギアの掃除がし難いですよね






スプロケットも綺麗になっています





仕上りの良いチェーン 自転車の乗り味を左右する最も大切なパーツですね
今回初めて使ったオイルはどの様な走行感なんでしょう ここで使った感じでは
それ程特徴が有るオイルでは有りませんでした 一日オイルを落ち着かせてから
実際に走ってみましょう

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイク ハンドルの角度調整

2016-01-15 20:03:57 | ロード
現在メインに乗っているロードバイクのスプートニク それのハンドルの
角度調整を行います





少し前の記事で保管している選手時代の自転車と比べ、このスプートニクの
ブレーキブラケットの握り位置が遠くてストレスを感じると書きました 
昔のブレーキレバーと全てを合せると言う事自体、無理が有るのは承知ですが
少しハンドルを突いてブラケットを身体に近付けてみます






最近はハンドルを突く、しゃくる、の意味合いが
凄く曖昧になって来ています これは自転車の
ハンドルのバーエンドを基準に表現します






バーエンドを基準にして自分から遠くなる方へ 突く・送ると言い
自身に近づく方向へ動かす事をしゃくると昔から言ってきました
STI レバーが普及するにつれ、そこを基準にする人が多くなって
いますが そうするとハンドルが逆に動きます これについては
他の自転車も交え改めて記事にしてみます






自転車言葉はおいておき ハンドルの角度調整は
ステムのクランプボルトを緩めて行います ここには
4mm のアーレンキーを使います





ここは割と繊細なネジで、指定された締め付けトルクを守った方が良いでしょう
この DEDA ZERO100 のステムはクランプ部に亀裂が入ると言う事でリコールが
有りましたが ボルトの締め過ぎに依る亀裂も多かったと聞きます 4本のボルトを
均一に締め付けるのも大切な事です




調整量を床からの高さを基準にして確認しています
これには決まりが無いので自分で基準を決めれば
良いですね 角度の調整はクランプ部で少し動かす
だけで結構大きく動きます




before after



ハンドル角を触る事でブラケット位置が 3mm程度
前上がりになりました 目視では判別出来ない位です





近くの道路を少し走ってみると 約3mmブラケットが高くなり併せて、幾らか身体に
近づいたので乗り易くはなりました ただこの方法ではドロップの下の部分の角度も
変りそこに違和感が有ります しかし何処かで自分を納得させ妥協点を見つけないと
いけませんね

次回は今回少し触れたハンドルの角度調整の表現 突く、送る、などについて
書いてみます またお付き合い下さい

上記関連記事 【 自転車用語 ハンドルを突く 送る しゃくる 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイク 新旧ポジションの違い

2016-01-06 20:48:18 | ロード
昨年末から選手時代のロードレーサーに乗っていましたが 新しい方の自転車にも
乗ってやりました、乗り比べるとやはり感覚が違います その原因は何なんでしょう




昨年末から古い方のロードレーサーに乗っていましたが
こちらのスプートニクにも乗ってやらないといけませんね






11月にポジションを見直した時 サドルを3mm 上げています
それを 1mm 下げます






シートクランプのネジには 4mmのアーレンキーを
使います






ここの締め込み加減はクランプもアルミですので
それ程神経質になる必要もありません かと言って
パーツに依っては推奨トルクが記された物も有ります
その様な物は それを守った方が良いですね








1mm サドルを下げました 何か細かな事を言って
いる様ですが サドルはそれくらい大切な部分です




お正月休みの最後の日 スプートニクにも乗って
やりました 古い方の後ろ5速と比べ 10速の恩恵は
凄く感じます







古い National ナショナルのクロモリロードは選手時代のポジションを触っていません
新しい方のスプートニクのポジションは限りなく National を再現しています
フレームのスケルトン(ジオメトリー)に依る自転車の動き方や性格の違いは
有って当然でそれは問題では有りません しかし乗っていて楽なのは National の方







この原因はブレーキブラケットの形状の違いですね サドルとステムのハンドルクランプ部迄の
距離は双方一緒にしているのでハンドルのフラット部も同じです シフトレバーの大きさを考え
ショートリーチのハンドルを使っていますが それでもシフトレバーの大きさを吸収しきれません 
スプートニクのブラケットを持つ部分が遠くストレスを感じています この部分のポジションを
新旧揃えるのはステムを短くすれば良いと言う様な単純なものでは無く 本当に難しいですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加