Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

サドルの取替え

2016-07-30 21:32:40 | 自転車整備 その他 
サドルは自転車の中で最も大事な部品だと思います 普段乗りの自転車の
サドルを取り替えます





私が普段の足として使っているお買い物用自転車です 今迄使って来た古い
部品を寄せ集めて組んだ固定ギア車ですが結構重宝しています




これに使っているのが CINELLI UNICANITOR ユニカ
の革張りで、とても多くの選手が使いました 1970年頃の
発売だったと思います






サドルと言うのはそのポジションがとても大切で
1mm の違いを感じる事もあります 交換前に現状の
状態を良く記憶しておきます サドルの前後の傾斜を
見ています




サドルの前後位置の確認です






サドルの先端位置をトップチューブにマーキング
しておきます 水性のポスカはとても便利です






サドルの高さを見ていますが今回はトップチューブから
サドルの天端までの距離が 146mm です






サドルを外す前にスペアタイヤとレンチを取り外しました
車輪にはトラックハブを使っているのでパンクをした時
車輪の脱着に 15mm のレンチが必要です






シートポストは Mighty マイティの 2本締めを使って
います






ヤグラのネジを緩めるのは 10mm のスパナかレンチを
使います 狭いのでとてもやり難い作業です






サドルを外す時は後ろ側のネジを一杯緩めれば
外す事ができます






サドルを外した後のヤグラ部分です 昔の菊座から
任意の場所でサドルの固定が出来る様になった、
優れた構造です 前後のネジの締め具合でサドルの
角度の調整が出来ます




ヤグラ部分の構成部品を全て外しました






滅多に分解する部分じゃ無いのでついでに洗って
やります こんな所にも カンパグリスを使っています






そのまま使っても良いのですが一つ一つこうして
部品を触ってみると何かを感じる事も有ります








シートポストの方もパーツクリーナーとウエスで
汚れと古いグリスを拭いてやります この綺麗に
なって行く工程が好きです






アルミ部品で普段は磨けない所なのでお化粧も
してやります ピカールは適度な油脂分も与え
瑞々しく輝きが復活します








構成部品も綺麗になったので サドルの取付けに
掛りましょう




次に用意したサドルです ロールスに似ていますが
何処のメーカーの物か知らないです 薄くクッションが
入っています




組付けには Super Lube スーパールーブのグリスを
使います これについては自転車の組立てにグリス
なんて要らないよ、と仰る方もいらっしゃる様ですが 
私が長く自転車に親しんで来た経験上、長く自転車や
部品を使うなら 要所 々 には使っておいた方が良い
ですね でもこの様な事は自分が信じた方法でやれば
良いと思います








サドルのベースやヤグラ部品にも薄く塗っておきます
主な目的は錆の防止です 締め付け強度だけを考えると
この辺には潤滑剤は無い方が良いですが グリスを塗っても
固定は出来ます 固定力に不安を感じるなら摩擦増強剤を
使うのも良いでしょう




必要な部分にグリスを塗り終えました ネジに塗るのは
固着や噛り付きを抑える目的も有ります






ヤグラのネジをねじ込む部品です 丸い筒にメネジが
切ってあります






シートポスト本体に挿入しました 筒状のナットが動く事で 
サドルがどの様な角度でも固定用のオスネジが無理をしない
様になっています






レールを受けるパーツを取り付けます ここはサドルの
角度調整をする時には動く様になっています






同じ物を左右に使います レールを受ける巾は
43mm です






ヤグラの上部でこのネジを締める事でレールを
上から押え付けます




これも前後に同じ物を使います






サドルのレールはこの部分に挟まれ固定されます
この前後のネジの締め具合を調整する事でサドルの
前後角の調整を行います






先程用意していた新しいサドルを取付けました
これは自分で色々な事をやりながら取り付けます
狭い空間での作業なのでパズルの様な処も有りますね




この後サドルの位置調整を行います とても大切な作業です 
少し記事が長くなって来ました、続きは次にしましょう・・・





強い陽射しで夏らしいお天気の日 綺麗な写真が撮れました
サドルは使い慣れると中々手放すのが難しく交換するのに勇気が要るパーツですね
次回もお付き合い下さい 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車 バルブの交換

2016-07-26 20:19:39 | 自転車整備 その他 
自転車であればおそらくどの様な物にも付いているチューブのバルブ
これを交換します





何時ものスポーツバイクでは有りません 電動アシスト自転車です
これにはごく一般的なタイヤとチューブが使われています






乗ろうと思ったら空気が抜けていたのでバルブを
外すと虫ゴムが破れていました 一般的にパンクの様に
空気が抜けている原因の半分位は虫ゴムの不具合では
ないでしょうか






随分前に買い置きをしていた スーパーバルブに
交換してみましょう これはバルブ内にシリコンの
駒が入っていて それがチューブの空気圧で押され
バルブの穴を塞ぐ構造です






スーパーバルブを取付けてみました もう少し奥まで
入らないのかな?






バルブのネジでねじ込んでみます
やはりこれで一杯の様です ちょっと気持ち悪いです






大丈夫な気もしますが修理道具や空気入れを携帯しない
一般車での不具合は困ります 今回は実績の有る従来の
虫ゴムを使う事にします (根性なし・・笑)








虫ゴムを適度な長さに切り破れた虫ゴムと入れ替えます
普通はそのまま入らないのでツバを付けると良いですね






虫ゴムの方も考えたらこの辺で止ります
スーパーバルブでも良かったかな?






別に冒険をする必要も無いので今回は何時もの虫ゴムに
しておきます この重い電動自転車の空気が抜けたら
扱いが大変ですから






お昼ご飯を食べていないのに気付きました お昼の時間を
外しているし近くのモスバーガーにします 歩いて来ました





こちら側の席に何時もは座らないので気が付きませんでしたが この様な素敵な物が
壁に飾られています 細い線で自転車も描かれ可愛いですね

スーパーバルブの事はこちらで詳しく書いています
過去記事 【 自転車のバルブ スーパーバルブ 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツバイク 納車前の整備

2016-06-10 20:14:00 | 自転車整備 その他 
前回洗車とオイルアップを済ませた COLNAGO コルナゴのスポーツバイク
自転車を届ける前にもう少し整備を行います







今回この自転車を預かって来たのはハンドルに
バーエンドバーを取り付ける為でしたがその時に
ブレーキワイヤーを交換しています ワイヤーの
先端処理をハンダ付で行ってやりましょう




ステンレスワイヤーの半田付は フラックスと
ヤニ無しハンダを使います






ワイヤーに付いている油や汚れを良く除去し
ステンレス用フラックスを塗ります






ハンダコテでワイヤーを熱し 適温時にハンダを差すと一瞬で
ワイヤーにハンダが回ります 温度が低いとハンダは溶けず、
温度が高過ぎるとハンダは弾きます、自分でやってみてコツを
掴むしかないのかな・・ 前後共ハンダ処理をしました




もう一つの整備 後輪のフリーの回転が重いので分解し
オイルを変えてやります ホイールは MAVIC マビックの
キシリウムです




スプロケットとロックリングのリムバーで、フリーの
ロックリングを緩めます






ロックリングを外しカセットフリーを引き抜きます






マビックのフリーです これの分解は 10mm.5mm の
アーレンキーを使います




フリーの押えボルトを外します






フリーボディは引っ張れば抜けます その内部の
爪が付いている部分が表れます




フリーの爪です小さなスプリングとの組み合わせで
これが 2個付いています これが飛び出したりしない
様に注意します 紛失したら直ぐに手当が出来ずに
きっと泣きます




一番奥に付いているゴム質のシールです これとフリー
ボディが絶えず接触しながら回転します マビックの
フリーの重さはこれの抵抗がほとんどです




使っていたグリスの状態を指先で確認しています とても
柔らかくて良い状態です この時は SPIN スピンのグリスを
使っています






分解したパーツをクリーナーで綺麗に洗浄します




今回はマビック純正のフリーホイールオイルを使います
マビックのフリーにはやはり これが一番合っていると
思います






ハブ側の本体の奥にオイルを使いシールを装着
します




ラチェットの爪を取り付けました ここにもオイルを
塗布します






フリーボディの内部にもオイルを入れます ここには
やや多い目のオイルを使います 逆様にしたら流れる
くらい使っても良いでしょう






ハブ本体にフリーボディを取り付けボルトで
締め付ければ完了です 外したフリーも取付けます 




自転車の美装の仕上げはワックス掛けです これは
特に自転車専用を使う必要は有りません 色々な中
から自分が良いと思うものを使っています




整備をしたホイールも装着しました




良く汚れていた変速機周りも綺麗になっています




なんと言ってもハンガー周りの Campagnolo カンパニョーロの
直付けワイヤーリードが美しいです このパーツの造形は
自転車史に残る名品ではないでしょうか




ヘッドとブレーキ周りも良く汚れが落ちています
これは不思議と良く効くブレーキです 私がブルーに
塗装しましたがこれは黒色でも良かったなと、今でも
思います(笑)





完成した自転車をお届けしました この大きなサイズの自転車はさすがに試走が
出来ません脚が攣りそうになります でも本人が乗れば驚くほど軽くなっていると思います
皆さんには預った処から納車までお付き合い頂きました

この前の作業 【 スポーツバイクの 洗車と注油 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツバイクの 洗車と注油

2016-06-08 20:45:56 | 自転車整備 その他 
ロードバイクの洗車は日常的に行っていますが今回は整備を依頼された
スポーツバイクの洗車を行います綺麗にして持ち主にお返ししましょう




先日ハンドルにバーエンドバーを取り付けた COLNAGO
コルナゴの街乗り仕様 スポーツバイクです 少し汚れて
いるので洗車をしましょう






この自転車も以前私が洗っています それから時間も
経ち オイルも固くなって来ています




この様な掃除をし難い所もしっかりと綺麗にしてやります






前後のホイールを外しました 自転車に取り付けている
備品も外します






リア用の小さなランプ これは後方からの視認性が
良くなりとても良いと思います






ハンドル周りの外せる物も外しましょう




今日はこんなお天気です 洗車ですから雨でも構わない
ですが 自転車を届けるのに降る前に終わらせたいですね






洗車の準備が出来ました 後ろのチェーンレストは
自作ですがとても重宝しています






洗浄剤とそれを塗布する刷毛を何時もより多い
種類を用意しました




油汚れを落すフィルタークリーナーもやや多目に
入れています でも 50cc も入っていません






ブレーキ関係にクリーナーを塗ります ブレーキゴムの
周辺も丁寧に塗布しています






フロントディレーラーやリアディレーラー プーリー
にもクリーナーを塗ります




通常はこの様な体勢でクランクを廻しチェーンに
1~2周クリーナーを塗ります






今回は少しオイルが固くなっているので 毛先の硬い
洗車用ブラシでチェーンを擦ってやります フロントギアも
同じ要領です Morgan Blue のブラシです






スプロケットの奥の方まで汚れているので 専用
ブラシを使います Park Tool GSC-1 です






油汚れを落すワコーズのパーツクリーナーを塗り
終えました 直ぐに古いオイルが柔らかくなります






高圧の噴霧器でクリーナーを洗い流します






水を掛けるとクリーナーが白濁して白い水が
落ちます これが透明になれば OK です






フレームや全体を洗う洗剤です 台所用洗剤でも OK です
私は泡切れの良いシンプルグリーンを使っています








スポンジに洗剤を含ませて隅々まで優しく洗って
やります






上から下へと洗ってやれば良いですね




自転車のこの部分が綺麗だと自転車が栄えます






チェーンも洗ってやっても構いません 自分の自転車は
何時も手入れをしているのでチェーンに洗剤は使いませんが
良く汚れている物には効果が有ります






ホイールもタイヤのチェックをしながら洗います
スポークもハブも擦ります




全体の洗浄が終わりました 洗い流しましょう






高圧の噴霧器で洗剤を洗い流します もちろん
水道のホースでも充分です






今日は少し濃い目の洗剤を使ったので メンテスタンドも
洗います これは結構汚れるんですよ




場所を移しました






エアブロワで水を切ります




この赤いテープは水の浸入を防いでいます クロモリの
フレームはシートピンの背割りの部分とシートラグの上
から水が良く入ります 洗車をする前に養生をしておき
ました 洗車が終われば剥します




水切りはブロワ―が良い所とウエスの方が早い所も
有ります 両方使い分けて作業を進めています






水切りが終わったのでチェーンチェッカーで伸びを
見ておきましょう まだ大丈夫です






手早くオイルアップを行います 今回はチェーンも
洗剤を使い洗ったので オイルが乗っていない
チェーンは直ぐに錆びが発生します オイルは
ヴィプロスのグレサージュを選びました 
噴射ノズルの細いパイプを曲げて使い易い様に
しています






チェーンや他の駆動部にもピンポイントでオイルを
注します




もしオイルがブレーキシューなどに飛散した時は
洗剤で拭き取っておきます






チェーンは特に丁寧にオイルを注す様にすれば良いですよ
自転車の乗り味に影響が大きなパーツです 洗車とオイル
アップが終りました 洗車の前後を見てみましょう




before and after



スプロケットです






チェーンです






ハンガーシェル付近





綺麗に仕上がっています 怪しかった空模様も大丈夫な様です
このまま届けたい処ですが、折角なのでもう少し整備をします
預った以上少しでも良くしたいですよね

ここまでの作業 【 自転車にバーエンドバーを 取り付ける 】

次の作業をして納車します 【 スポーツバイク 納車前の整備 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車にバーエンドバーを 取り付ける

2016-06-07 20:19:55 | 自転車整備 その他 
自転車のフラットハンドルの先端に取り付けるバーエンドバーと言うパーツを
取付けたいと言う相談を受けました ボルトオンのポン付けのパーツですが
その様に簡単に出来るのでしょうか 取付け作業の全部をご覧頂きます





これがバーエンドバーと呼ばれるパーツで もしかしたら他の呼称も有るのかも分りません
これはハンドルの端に装着するもので MTB やクロスバイクなどで見掛けた方もいらっしゃる
かと思います 今回はこれの取付け依頼です




取り付ける自転車はこれです COLNAGO の
フレームを使い 2014.7 に私が街乗り用に組んで
います






フレームの全塗装から始めた自転車です 新しいパーツを
バーエンドへ装着する為に ハンドルに付いている部品を
本来は内側へ全て移動しないといけません




ただ今回はライザーバーの曲りの部分にブレーキレバーが
有るのでこれ以上内側へ寄せる事が出来ません ハンドルの
交換も必要です






その辺りは相談を受けた時に簡単には行かないぞ 
と思っていました(笑) 全てのーパーツを外します
まずはバーエンドキャップです








グリップを外します エルゴグリップと呼ばれる物です
これは握っていて楽で良いですね




シフターです このレボシフターと呼ばれるものは
とても使い易くて五重マルだと思います






ブレーキレバーはワイヤーが短いので ハンドルを
先に外しましょう








ハンドルを外してもブレーキレバーは外れません
フロント側のワイヤーを外してしまいましょう
これで左右のレバーが外れました




ハンドルとその周りの部品の取り外しが終わりました





少し休憩をしましょう このヘッドの塗り別けは かなり気合を入れて作業を進めたのを思い出します 
1インチスレッドのフォークに NITTO のコラムコンバーターを使い アヘッドステムが使える様に
しています






仕事に戻ります 相談を受けた時にハンドルの交換は
想像出来たので新しい物を用意しています






新しいハンドルを取り付ける前に古いパーツの
汚れを落しておきましょう 良い機会です






潤滑と錆びの防止の為に使っているグリスも綺麗に
拭き取ってしまいます






さて組み付けに掛りますが今回はネジのカジリ
防止に Park Tool の ASC-1 を使ってみます
古くから有る商品ですが使った事が有りません
処が今、海外で活躍する日本人のメカニックが
使っていますよ、と言ってくれたのでそれじゃ
試してみようと言う気になりました






まずハンドルを取り付けました 今迄グリスを
使っていた所に ASC-1 を使っています とても
良く伸びる材質で、かなりベタベタしています
防錆の効果も有る様です 113g 1290円






外したブレーキレバー そのインナーワイヤーにも
新しくグリスを塗っておきます ブレーキワイヤーの
潤滑剤が切れると音鳴りがする事も有ります これホント






バーエンドバーも取付け ブレーキワイヤーも
復旧させます あれ?・・・






ブレーキワイヤーが短いです ハンドルのライズの
寸法が増えたのと幅がやや広くなったのが原因です 
さすがにここまで想像する頭がありませんでした






ライズ寸法が大きくなった為ハンドルも高くなって
います 少しコンバーターを下げます




それでもブレーキワイヤーの短いのは解消出来ません
先に備品の取付けを終わらせました








ブレーキアウターの買い置きが有るので新しい物に
交換しましょう ワイヤーバンドを外しました






アウターの長さを決めカットします 長さの決定は
ハンドルを目一杯に切った時ワイヤーが引っ張られて
無理をしない長さです






カットしたアウターの切り口は潰れています そこを成形
するのは大切な事です 絶対に必要な事では有りませんが
自転車好きを自称するなら掛けておきたい一手間です






ヤスリで潰れた金属を平らに削り くじりや目打ちなど
先の鋭利なものでインナーライナーの穴を整えてやります




アウターを用意しましたが 試すとインナーも短いです・・
買い置きも沢山有りますがドロップレバー用ばかりで
フラットレバー用が有りません これは買いに行かなくちゃ




ちょっと駅前まで行ってきます これでも聞いて
待っていて下さい COOLIO






時間が有れば自転車屋さんのお世話になるのですが
徒歩圏に有るホームセンターへ来ました 驚きの価格
ブレーキアウターとインナーセット 後ろ用が 198円
色が黒なら 125円って・・ 思わず買いそうになりましたよ(笑)




ここの 2階には アルペングループの SPORTS DEPO
スポーツデポと言うお店もあり そこでは自転車も
扱っています ピンクのパッケージはステンレスの
後部用ワイヤー




さすがにピンクは止めて シマノのステンレスを選び
急いで帰ってきました 続きをやりましょう






新しいワイヤーにもグリスを薄く塗り 後ろに使いました
後ろの奴を前に流用して無駄な出費はなるべく抑えています




これで予定していた作業は完了です この様なバーエンドは
使った事が無いので使用感も分かりません ただ腕が使い易い
だろうなと言う事は想像できます





何かハンドル周りが凄く重く感じますがシンプルさを求めるより
街乗りや通勤に使うものは本人が使い易いのが一番良いのかも分かりません
この自転車の持ち主はディズニーランドへ遊びに行っています まだ時間が有るから
洗車もしてやろうかな・・

この後の作業 【 スポーツバイクの 洗車と注油 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加