Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

RUNWELL ハブナット カンパ仕様

2021-12-07 20:04:09 | 自転車部品・用品
自転車専用工具で名が知られる RUNWELL ランウェルですが 工具以外の商品も充実しています
今回はピスト用のハブナットを紹介させて頂きます





新潟県三条市の相場産業(株)のブランド RUNWELL さんからハブナットが届きました
現在商品として販売されているのは国産規格の ELITE HUB NUT エリートハブナットで
3色が用意されています その全ての完成度が高く競技者はもちろん街乗り自転車愛好家
の間でも人気が高い商品です






そんな中で今回は先日紹介させて頂いたヘキサゴンレンチと共に
Campagnolo カンパニョーロ仕様のハブナットを送って頂きました
双方共 企画段階のサンプル品です





ハブナットを袋から出してみました RUNWELL さんの商品はこの瞬間が楽しみです 
しっかり角が立ち美しく仕上げられたナットです 組み込まれたワッシャーも綺麗な形をしています






ナット本体の一面に小さな文字で Campagnolo の文字が
印字されています

ここで注意する事が有ります カンパネジは国産のハブシャフトには
使えません 国産とネジ径は同じですがピッチが異なります
一応ナットはシャフトに入りますが 使ってはいけない組み合わせです





現在 RUNWELL さんの H.Pに掲載されているのは 国産用のナットで NJS規格のハブにはもちろん使えます
それを使った競輪選手の方が素晴らしいと言っている声を聞いた事もあります
価格は 2個セット 1672円 サイズは フロント用9mm リア用10mm が有ります
今回のカンパネジのナットが もし商品化されるなら凄く嬉しいですね

RUNWELLさんの H.P ACCESSARY アクセサリーで見る事が出来ます
https://www.runwell.jp/

カンパニョーロと国産ネジの比較を過去記事で詳しく書いた事が有ります
もし興味がお有りでしたらご覧になってみて下さい 2回の記事になっています
過去記事 【 カンパ ピストハブ NJS と RECORD の違い 】

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年度 JCF 公認審判員ライセンス

2021-12-05 20:04:28 | 自転車競技
自転車競技の審判をする為にはその資格と共に JCF に登録する必要が有ります
2022年度の審判員証が届きました





この登録証の有効期限は 1年間で毎年更新手続きが必要です 今年は早い時期に
継続申請をしていたので先日新しい審判証が届きました





表面には私の情報が色々と記載されています 裏面には
審判の種類や級別、資格取得年が書かれています
私は RR TR CX の 2級審判登録で 1978年が初年度です





選手時代から考えると競技連盟との付き合いも長くなりました 公認審判員には定年制度が有ります
私も更新が出来るのはあとわずかです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

RUNWELL の新作工具 ヘキサゴンレンチ

2021-12-03 20:05:36 | 自転車 工具
自転車専用工具で人気がある相場産業(株) RUNWELL ブランド の新しい工具
ストレートタイプのヘキサゴンレンチをご紹介させて頂きます





新潟県三条市で 1935年創業の老舗 相場産業(株)のブランド RUNWELL ランウェル
自転車専用工具で人気を博しています 今回ご紹介するのは 仮称 PENEX34 と言う
まだ未発売の商品です






この工具はストレートタイプのヘキサゴンレンチで
先端が 3mm と 4mm の六角になっています
ピストバイクに使われる六角頭のチェーン引きボルトに
使う事を想定し企画されています






両側にローレット加工が施されているのは滑り止めと工具の
早回しの為でしょう 3mm側には本体に溝が有り Oリングが
装着されています 工具の転がり防止とサイズを分り易く
する為の物だそうです




RUNWELL と PENEX34 の文字が印字されています
このタイプの工具は従来の10mmナットを使うチェーン引きとは違い
最近はアーレンキーを使う長ボルトが主流になっており そこで使う
専用工具がまだ無く、私も色々な工具を工夫しながら使っています

その様な自転車競技界や自転車愛好家の要望を形にして、企画して
下さるのは流石の会社だと思います





RUNWELL さんの工具らしく 造形の美しさと仕上げの確かさは今迄の物と同じで
素晴らしい出来栄えです 現在はサンプルの段階で、これから改良を重ねしばらく
してから商品化されるそうです きっと使い勝手の良い工具になると思います

今回は商品化する前のサンプルですが私のブログでご紹介させて頂く事を RUNWELL さんに
承諾を頂いています 

そんな RUNWELL さんの H.P には優れた工具やアイテムが一杯です
https://www.runwell.jp/
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

変速ディスクグラインダー TAKAGI DGR-112SCA

2021-11-29 20:00:44 | 様々な道具
ディスクグラインダー サンダーとも呼びますが変速機能が付いた 高儀 TAKAGI の商品
DGR-112SCA をご紹介させて頂きます





(株)高儀と言う工具メーカーの商品です 廉価な DIY 用を多く製造しているイメージが有りますが
使ってみると充分使える商品も有ります 今回のディスクグラインダーもその一つです






紙箱の中には本体以外にも研磨用ディスクやサイディングペーパー等
直ぐに使えるセットが同梱されています この辺りが DIY を念頭においた
商品だと感じさせてくれます






本体に貼って有る銘板には諸元が書かれています
100V 50/60Hz 消費電力500W 回転数 5500~11000min






胴体に回転調整用のダイヤルが付いています ここで変速
する事が可能です ON-OFF のスイッチは本体後部です
実はこの変速機能がかなり便利です 
10数年前に同じシリーズを買った時には 直ぐに壊れるのじゃないかと
思っていたのですが 思いの他耐久性が有り、それは今も使っています
変速機能付きが他社ではあまり無いので 今回改めて追加購入しました






これが今使っている同仕様のサンダーです 私のブログでも
度々使っていますが結構役にたっています






こちらが本体の頭部分で 歯を取り付ける所です
半円形のパーツは保護カバーです






付属品の切削用ディスクを取り付けてみました 歯を交換する事で
金属の切断やコンクリートの切断を行う事も可能です






本体に取り付けるハンドルでこれは左右に取り付ける事が出来ます
私は使った事は有りませんが ディスクグラインダーを使い慣れない
人には便利かと思います




名前のシールを貼っておきます 仕事で使う時は良く似た
道具を使っている職人さんも居ますから お互い間違う事が
無い様に名前や屋号を書いておくのは大切な事です





道具は人に依り必要な物や機能が色々ですが 自分が望む物に出会うまで結構遠回りをします
やっと出会えた気に入った工具は廃番になる前についつい予備を買ってしまいます
それも価格に依りますが今回の工具は 実勢価格 5000円程度です 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

裸端子圧着工具 IWISS HD-6

2021-11-27 20:00:38 | 様々な道具
電線の端末に取り付ける裸端子を圧着する為の工具を新たに購入しました IWISS アイウイスと言う
メーカーの工具ですどの様なものかご紹介させて頂きます





IWISS Tools は設立後 10数年の中国の会社らしいです 多くの電気工事用の工具を作っていますが
今回は裸端子圧着工具 を購入しました






品番は HD-6 同じ用途の物が他にも有りましたが
写真を見る限り小振りなのでこれを選びました






まず裸端子とはこの様な物で電線の先端に圧着して
取り付けます 種類はこれだけでは無く様々な物が
用意されています






この道具で一番肝心な部分です ここに電線を差し込んだ
端子を挟みカシメてしまいます




今迄は(株)ロブテックスのしっかりした工具を使っていました






見るからに新しく買った工具より造りもしっかりしており
確実に圧着してくれます これも買って20年程度経ちますが
買った時からサイズが少し大きく もう少し小さいのを買えば
良かったと思っていました






新しく買った奴は全長 205mm 程度で 今迄の奴と比べると
かなり小振りです






購入後記事を書くまでにコンセントを増設する事が有ったので
使ってみました サイズ的には使い易かったです





今回 IWISS を選んだのは 以前駄目元で買った工具がしっかり使えたので今回も買う気になりました
私自身、後どれくらいこれを使う機会が有るか分りませんが新しい工具を使うのはワクワクします

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする