Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

Vittoria ビットリア PISTA EVO-CS 19-28 タイヤ

2019-07-16 20:08:47 | 自転車部品・用品
Vittoria ビットリアが製造していたピスト用のチューブラータイヤです
多くの自転車競技者が使いました どの様なタイヤかご覧頂きます





Vittoria PISTA EVO-CS トラックレーサー用のチューブラータイヤです
ビットリアは 1~2年前に新製品を出していますので 現在の web サイトに
このタイヤは載っていません 重量的には現在の PISTA SPEED に類似しています




Vittoria のタイヤはこの様に畳まずに保管するのが
良いでしょう






バルブ付近を見てみましょう 3年程前に PISTA EVO-CS 2
と言うタイヤを使っていましたが そのバルブとは異なります




バルブの長さを測っていますが バルブの筒=ネジの切ってある所までが
約 23mm 昔はこの程度で良かったのでしょうか 最近の物に比べると
随分短く感じます




もう少し良く観察したいので巻いてあるビニールを一部
めくりました






タイヤサイドには色々な情報が書かれています
写真に載っていない部分に使用空気圧が書かれています
PRESS 10-15BAR(140-220PSI) ロードで使うタイヤと比べ
高圧で使いますが 
日本の一流と呼ばれる選手も空気圧は入るだけ入れると言います
国際規格の 250m 走路で空気圧が低いとタイヤが捻れます




EVO-CS のトレッドはヤスリ目です EVO-CL はスリックですね






タイヤサイドとフンドシです セタ(絹)では有りませんが
サイドは凄く繊細で取り扱いには気遣いが必要です
畳んで折り癖は絶対に付けない方が良いですよ




重量は 143g ビニールが幾ら有るのか分かりません






これは以前使っていた PISTA EVO-CS 22-28
重量が 156g 有ります これは太さの違いでしょう






このタイヤは自転車競技場を 150周程度 約60km 走行した後
ホイールに付けたまま保管していました






しかし空気が抜ける様になったのでその原因を探った所
バルブ部分に不具合が有りました






バルブ付近のチューブが溶けたり亀裂が有ったり、穴も有り
パンクの百貨店です




このタイヤは人から譲り受けた物でどの様に保管をしていたのか
不案内ですが タイヤを畳むとバルブ付近に良く出来る折り癖
それが影響している様にも感じます 
ケーシングにこれだけスダレが出来ると空気が抜けなくても危なくて
使えません




そんな事で軽量タイヤの保管はホイールバックに入れておきます
しかしこれは絶えず有る程度の空気が入っていないといけません
その管理も大変ですがそれは仕方がないですね





近くの畑に咲いていました 何の花なんでしょう

何故トラック用のタイヤを用意しているの? ですよね もう一度自転車競技場を走りたくて
その時の為の準備です 気持ちはまだ衰えていません(笑)

コメント

ヘルメットの美装とヘッドライト

2019-07-14 20:12:48 | よもやま話
私達の建設業界ではヘルメットの着用が求められます 仕事に従事している人の数だけ
ヘルメットが有りますが 今回はそんな仕事用のヘルメットの手入れをしてやります





私が仕事で使っているヘルメットですが 市販の物にメタリック塗装をして使っています
仕事ではかなり汗をかきますから臭いがしない様に時間が有れば洗っています




今回も洗ったのですがヘッドライトに水が入り点灯しなくなりました
もう長く使っているし美装に併せこれも交換しましょう






普通はゴムのベルトで止めますが私はビスで直接ヘルメットに
縫い付けています ライトを外しました




折角なのでライトの交換だけではなく艶が無くなって来た塗装にも
艶を与えてやります 内側のパーツも全て外しました




艶を復活させる為にクリア塗装を行います 塗装をする前に
ペイント薄め液でヘルメットに付着した油脂類や汚れを良く
拭き取ります




ヘルメットの塗装は持つ所が無いので結構難しいです
簡単に塗装用スタンドを作りました シールや文字が
書いて有るので影響を与えない様に一度目はクリアを
砂吹きします 




塗装の間隔を開けて数度クリア塗料を吹き付けました
仕上げ間近は塗料が垂れる寸前まで吹き 充分な艶が
出る様にします 失敗するのは大体この最後の行程です






全体が均一に深い艶が出る様にうまく塗れました
これ以上欲張るといけません 私の技量ではここまでにしておきます





塗装が乾くまで次の作業が進められません お買い物用自転車に乗って少し出掛けました 




出先の公園で見掛けた花です






数時間出掛けて帰ってくると 整備テーブルの上に置いていた
ヘッドライトが点灯しています・・ 内部が乾燥したのでしょうか






しかしこのライトも壊れずに長く使って来ました もう電池を外し
保管しておきます 新しいライトの買い置きも有るのでヘルメットには
そちらを使う事にします




ヘルメット等の樹脂に塗った塗料は中々乾きません
一晩置きました 昨日の続きを進めます






これは少し前に買っていたヘッドライトです これを使います






通常はセットされたゴムバンドで装着しますが 自分の頭に直接
付ける時は良いのですが ヘルメットはバンドが滑ってライトが
落ち着きません




取り合えず頭頂部に有るバンドを外します






周囲のバンドを利用すると何とか形にはなりますが
この状態で仕事をすると多分落ちますね 現場でも
バンドをテープで止めている人を良く見ます






やはりライトもバッテリーケースもヘルメットに直接取り付ける様に
考えます 以前のライトを付けていた時の穴が一つ使えました








丁度良い長さのネジが無いので飛び出した部分は切り落とし
長さを調整します






3mm ネジ一箇所では持たないので もう 1本ネジを使います
3.2mm のキリを使います




ライトの横側に下穴を開けます




ヘッドライト本体のベースの 2ヶ所にボルト ナットを使い
ライトを固定しました




次はバッテリーケースです これは後部に取り付けます






単三の乾電池を使っているので 電池を交換出来る様に
考えておかないといけません






クッションを持たせる為にも両面テープを使い
貼り付けましたが 当然これでは強度不足です




ケースの蓋は下側から開けるのでそれを可能にする為
取り付けはこの位置になりました 固定はヘルメットに
穴を開けて 4箇所にタイラップを使っています






コードの固定をする前にこの黄色い部材を取り付けます
ペンホルダーです








ヘルメットのこの位置に鉛筆が有るのはとても便利で
現場で墨出しをする時は手が勝手にこの場所に動きます






コードを止めるのはこのケーブルクリップを使います
金属製で自由に形を作れ取り付けは両面テープです
コードは鉛筆から少し離した所が良いですね






ヘルメットの内部パーツと顎紐も取り付けて完成です






ヘルメットにクリア塗装を施しヘッドライトを直付けしました
ヘルメットは気持ちの良い艶が出ています





最近はヘルメットの種類も増え色々なタイプの物を見ます でもこの様な物でも
時間が有る時には洗い、清潔で綺麗な状態で使いたいですね 今回の作業は殆ど
自己満足の世界です(笑)

コメント

チューブラークリンチャー TUFO S33 PRO 

2019-07-12 20:01:17 | 自転車部品・用品
自転車のタイヤ TUFO S33 PRO これはチューブラークリンチャーと案内されています
どの様なタイヤなのか見てみましょう ※ この記事には一部間違いが有ります





自転車のタイヤは何本か在庫を置くようにしています 今回は TUFO ツーフォーの
S33 PRO と言うタイヤを買ってみました




Web サイトの資料では(抜粋)
チューブラークリンチャー
21mm 700c 335g
8-12bar(115-175psi) 
適応クリンチャーリム内幅:13mm~15mmです。

この様に案内されていますが クリンチャー用のリムにも
使えるとは何処が違うのでしょう

※ ここで訂正させて頂きます 私が webサイトの違う商品
C-S33 PRO の説明を閲覧していました

今回のタイヤは チューブラータイヤ S33 PRO です
700c 21mm 260g
8-12bar(115-175psi)

これ以下は訂正する事なくそのまま置いておきます 
書換え、追記が有る時は ※印を付けます 申し訳ありません 2019.7.12 Kino  






袋から出します




今までも TUFO のタイヤは使っていましたが 
このメーカーの廉価なタイヤは 結構サイドが固いタイヤです






バルブです これは通常、何ミリと標記されるのでしょうか
根元からバルブ本体の先端まで 37mm 程度有ります






それぞれの重量を測ってみます 256g と 259g です






手に取ってみるとしなやかさを感じないタイヤです
JET PRO と言う 19mm 巾の物を何本か使いましたが
路面をコロコロ ゴツゴツと拾い快適さを感じない物です
それと同じ感触です




空気を入れてみましょう






トレッドはセンターがヤスリ目 サイドが杉目です
通常使用時で TUFO のタイヤは空気が抜けないですね
本当にそこは驚きます




袋から出したし タイヤは使っていないリムに入れて
保管しておきます






古いホイールやリムなら何でも良いのですが リムセメントは
付いていない方が良いです 古いセメントがタイヤのフンドシを
結構汚しますから・・






リムにタイヤを入れる時はほんの僅か空気を入れます
フンドシを見ると 白い部分はシールが貼ってあるのかと
思っていましたが この部分だけ染めて有りませんでした






相変わらず入れる時に固いタイヤです TUFO は今迄のタイヤでも
サイズを間違ったのか?と思うくらい固い物も有ります

バルブの長さはこんな感じです 仮入れでもバルブは真っ直ぐに
入れておく方が変な癖が付かなくて良いですよ




タイヤのサイドですが 普通のチューブラータイヤと変わりません
クリンチャー用のリムに使うならリブが無ければタイヤが外れると
思いますがこれで大丈夫なんでしょうか・・

※ このタイヤはチューブラーでした 






タイヤを保管しておくのに 何時買った物か書いておきます






タイヤ全周にビニールを被せて メモ書きも貼っておきます





タイヤの保管は可能なら少し空気を入れていた方が折り癖も無くなり良いと思います
保管中に不具合が起こるのは折れている部分のサイドウォールの傷みが有ります
繊細な軽量タイヤではそこがスダレになり捨てるはめになる事も有りますよ





爽やかな水色ですね

以前のタイヤは 20~30年経っても使える奴が多く有りました タイヤは 5年寝かせてから使うと言う
選手もいました ただこの恩恵は何処に有るのだろうと思いますが、最近のタイヤは 10年を超えると
とても不安です それ以下で駄目になる奴も有ります 販売元でどれだけ寝かされていたのかも
解りませんから出来るだけ早く使った方が良い気がしますね

コメント

ラチェットハンドル 2way

2019-07-07 20:16:00 | 自転車 工具
道具の一種でラチェットハンドルと言う物が有ります 先端に任意の工具を取り付ける事が出来る
便利な道具です アルミ製の小型な物をご紹介致します





これはアルミ製で長さが 10cm程度の小型な工具です 2wayと謳われているのは
先端にビット等を装着する部分が 2種類に対応出来る様になっています




現在もう一つ小型のハンドルを持っていますが
こちらはアルミでは有りません






先端は 6.35mm のソケットを使える様になっています






この様な使い方をしますが ソケットボックスだけでは無く
これに使えるボックス型のドライバーやアーレンキーも有ります








先程の奴に比べ今回購入したアルミの方は ビットとソケットの
2種類の工具が装着出来ます 両方サイズは 6.35mm です

PRO-ACT と言うのは関西では有名なコーナンと言うホームセンターの
オリジナルブランドです








こちらがソケット側 このハンドルの寸法は狭い所の作業では
本当に便利です 仕事で多用するのは便器の取り付けボルトです








ビット側にはアーレンキーやドライバーが装着出来ます
これは自転車のボトルケージの中でも工具を振れるので
とても良いですね 後はステム関係のネジでしょうか




実は同じ物を以前に買って仕事用の工具箱に入れています
もう一つ欲しくて探していたのですが 買ったホームセンターで
見掛ける事が無くなりました ところが・・・

今回そのホームセンターでかなり安い価格で並んでいました
私にしたら渡りに舟で、有るだけ買って来ました 
それ位私が気に入っていると言う事でも有ります





買い物の帰りにコーヒーを飲みながらお店で工具を眺めていましたが
周りの人からすれば変な奴に違いありません(笑)

コメント

自転車に ハブ毛を付ける

2019-07-05 20:40:29 | 自転車部品・用品
自転車用品でハブ毛と言う物が有ります それを街乗り用の自転車に付けてみました
昭和の香りがするパーツです





先日友人が不要になったと送って来てくれた自転車部品の中にハブ毛が入っていました
昔から実用車や運搬車にも使われていた用品です






箱の中から出て来たハブ毛です 派手なトリコロールカラーをしています
この用品は何故か昔からケバケバしい色をしていますね どの様な保管を
していたのか 毛が寝てくたびれたネコの様になっています(笑)






今回はこの初期の DURA-ACE のハブに付けてみます
実際昔は競輪選手の人も練習用の車輪に付けているのを
時々見ました






思っていたより少し長く感じます 実測で 25cm 有ります




取り付けはこの鉛で出来た錘に有る輪っかに 片方の
針金を通して固定するだけです しかしこの鉛は重要な
役目を担っています






取り付けてみました やはり少し大きく感じます
直径は後 1cm 程度小さい方が見栄えが良いと思います




ホイールを回すとハブ毛はコロン コロンと回ります
ホイールと一緒の速度で回ってしまうとハブを掃除すると言う
役目を果たさなくなりますね この状態を作る為の鉛の錘です




私もロードレーサーの練習用ホイールには自作した物を
長く使っていました 50年程前の事です






これは使い古したトゥストラップを加工した物で耐久性は抜群です
何故か捨てずに置いて有ります余程思い出深いのかも分かりません




ハブ毛が付いた自転車で散歩に出かけました






なるべく地味な自転車に仕上げている私のピストバイクに
派手な色が混ざっています 綺麗と言えば綺麗ですが・・(笑)





この様にハブ毛を付けたり ウエスを細く切った物を付けていたのは 
一般車のハブは鉄で出来ていたり 競技用のハブも胴が鉄でフランジがアルミで出来た継ぎハブが有り 
カンパニョーロのアルミハブでもアルマイト加工がされていませんでした だから錆や腐食を防ぐ為に
この様な物が重宝しました 

今回これを付けてみて感じる事は、アルマイトなどで表面加工がされた物は ハブ毛に使われている
針金でかえって傷を付けてしまいそうです 雨ざらしにされる一般車ならこの価値も有りますが
もう競技用自転車には必要の無い用品かと思います





この公園に可愛いピンクの花が咲いていました 明るい色です

今回のハブ毛はハブに傷が付きそうなので取り外し、誰かの普段乗りの一般車で
活かしてやる事にします

コメント