Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

萬屋は ビューラーの修理も致します

2016-09-21 20:15:09 | よもやま話
何の前触れもなくそれはやって来ました これ直して・・・
何か見た事は有りますが、私達男性が使う物ではないです 上手く行くのでしょうか




一般的にビューラーと言う物で女性がお化粧を
する時にまつ毛を整えるために使う道具です




これが壊れたので直して欲しいとの修理依頼です
まさに萬屋さんです(笑)




細いロッドとゴムを取付ける舟の接続部分が外れています
この道具もう何年も前にも修理をしています 記憶に残っています




金属の素材から考え、半田付けで修理を行いましょう
接着剤や金属パテではまず持ちません






ビューラーのゴムを外します






長く使われた道具なので化粧品などが付着しています
一度洗剤で洗います




有る程度は綺麗になりましたが 半田をする為には
もう少し磨きが必要です








必要な部分を先の小さな刃物やブラシ ヤスリを使い
下地処理を行いました 金属の表面を削り地肌を出す
作業です




ハンダ付の準備です






汚れていたコテ先を磨き コテを加熱しハンダをコテ先に
乗せハンダメッキをしておきます




磨きを掛けた修理ヶ所です ロッドの先が折れて
少し短くなっています、これを伸ばすのは難しいので
ハンダを上手く盛ってみます






今回の破損部分ともう片方にも手を加えておきました




一旦洗います




必要の無い所にも半田が乗ったのでルーターで切削し
表面を整えておきました






ゴムを取付ける前に少し磨いておきましょう 綺麗に
なりましたよ




ゴムの接着は難しいですね 接着出来ない接着剤も
沢山有ります 接着面はシンナーで拭きボンド G17を
使いました




修理は完了です






壊れていた部分は多目の半田を盛っておきました






逆側も少し不安を感じたのでハンダの特盛りです(笑)
でも使うのに邪魔な程、盛っていません






可動部には薄くオイルを塗っておきました 
ビニール袋に入れ お届けしておきましょう




 
もうこれを何年使っているのでしょう 大切に使うのはとても良い事だと思います
そうそう ビューラーと言うのは和製英語で海外では通じないらしいです 英語では eylasy culer
アイラッシュカーラーと言うそうです




修理したものを届けに行く時に 小さくて可愛い花がみどりに包まれる様に咲いていました
出来る事ならなんでもやりますよ(笑) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短い距離を走っています

2016-08-27 20:21:05 | よもやま話
猛暑の時期が過ぎ風に冷たさを感じる日も有りますね 夏の盛りには自転車に
乗るのを控えていましたが、最近短い距離から乗り始めています




選手時代とは違い回復力も全く無くなっており
暑い日に乗ると身体にかなり堪えるので控えて
いました でも最近は 少し涼しさも感じる様に
なって来たのでジャージとシューズを着用して
乗り始めました




夏の間でもスニーカーや運動靴では乗っていましたが
やはり正装して乗るのとは違います 身体や関節が固く
なっているので軽いギア 38×19t 辺りでクルクル回して
います






自分で設定した 1.5Km 程の周回コースの 200m だけ
頑張り、後は心拍数を見ながら適度に流しています






たまにコースから離れ自転車屋さんで油を売っている
事もあります オイルで有名なタクリーノの上阪さんが、
最近良く油を売りに来るそうです(こちらは売るのが仕事)
良く頑張っていますね 新製品は MAHOU 魔法でしたね






先程の倍数で最高速度とケイデンスをチェックして
その日の身体の動き具合をみています 乗り始めは
日に日に良くなって行きますね 前日より良い数字を
残す、それを目標にしています 双方最高心拍数が
同じですね これは偶然ですがこの辺を越えない様に
気は付けてます 最高速度なんて可愛いものです(笑)




San Marco ASPIDE サンマルコ アスピデ 
このサドルに全く不満は有りません前後が上手く使え
私にとってはとても良いサドルです





Спутник Союз スプートニクのソユーズは マグネシウム&カーボンハイブリッドのフレーム 
組んで 3年が過ぎましたが好調で今の私には丁度良い動き方をしてくれます

このフレームの取り扱いは石川県のセンスと腕の良い自転車屋さんカツリーズサイクル&デザイン
スプートニクにはフルオーダーが出来るクロモリの Луна(ルナ)も用意されています
【 Katsuris Cycle and Design 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

錫器 タンブラー

2016-08-22 20:04:08 | よもやま話
錫器 普段はあまり使う事が無い器(うつわ)ですが金や銀に並び
神仏具として日本に伝わって来たそうです その後に茶器や酒器として
一般に普及していったそうで そんな錫(すず)のタンブラーを購入しました



  


今回の話の始まりは食器屋さんんで食器を見ている時に 
錫のタンブラーでビールを飲むと美味しいですよね と言う
会話から錫器探しが始まりました



  


かと言って何処にでも置いて有ると言う物でも無く
ネットで色々と調べていると 大阪錫器(株)と言う
会社が目に付きました 伝統工芸士が在籍しその
人達が手作りで器を作っていらっしゃるそうです

※ 今回の掲載写真は大阪錫器(株)さんの
  Webサイトから拝借いたしております






その Web サイトにも数々の器の紹介や特徴が書かれて
いますがもう少し詳しい事が知りたくて、何度か問い合わせを
させて頂くと 初回から実に丁寧に対応して頂きとても好感が
持てる応対でした
この写真のタンブラーの内部の凹凸は ビールのきめ細やかな
泡を作るためのものらしいです





仔細に渡るアドバイスをもらい今回選んだのは 形の異なる二つのタンブラーです
ビールを飲む事を考え容量は 300ml と 330mlのものにしました 届け先から
思っていた以上に高級感が有りとても魅力的なものだと 写真が添えられ喜びの声が届きました

どの様なものでもどこかで購入する事になりますが大切なのはお店選び
今回お世話になった会社は 社員さんの応対の見事さに喜びを感じました
そんな会社の H.P はこちらです 【 大阪錫器(株) 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車の購入 イオンバイク AEON BIKE

2016-07-28 17:27:23 | よもやま話
自転車を買う為のお店選び これはその時の条件で様々ですが
今回はイオングループの AEON BIKE を訪ねてみました




私の自宅の近くに有る大型商業施設 イオンモールに
出店しているイオンバイクさん 今回初めてお邪魔
しました






他府県のイオンモールがどの様な規模なのか不案内ですが
ここイオンモール伊丹昆陽は充分な駐車場と敷地面積、多様な
店舗が入っています そんな施設で、ある意味一番良い場所
1階端に有る自転車屋さんが AEON BIKE です 店外にも
多くの展示車が丁寧にディスプレイされています




店内の写真撮影は少し遠慮しましたが 自転車の
展示の仕方や見る人に対する気遣いを色々な処で
感じる事が出来ます まず綺麗です




今日は Coco さんの自転車が小さくなって来たので
お誕生日に合せて買い換える為に来ています
店内の小径車を見ていましたが 普通のサイズが良い
のじゃない? とアドバイス




店外展示のブルーと同じタイプの白い奴が目に
止った様です 店員さんにお願いして跨らせて
貰っています 決断が速い、お店に入って 10分・・
決まりました(笑)






簡単な説明をしてもらいカウンターで書類の手続き
お支払も済ませました 担当して下さった店員さんが
良かったですね






納車点検をして下さる間に他の用事も済ませましょう




まず食事にします お昼が過ぎていますが
フードコーナーは人が多い 火曜日はイオンで
お買い物をする人が多いのだそうです






ここに来ると何時もこのお店にしています
関西で人気の有るラーメン屋さん神座 かむくら
確かに美味しいと思います






醤油のさっぱり系ですが 白菜の甘さを凄く
感じます ただ日によって味が多少違います
今日は当りでした






お昼と他の用事も済ませて 建物内から自転車屋さんに
入ります 確かに綺麗にしておかないと他のお店との
バランスも取れないですよね 凄く気は使っていると
思います 今迄の自転車屋さんとは違いますね






店員さんに店外まで見送ってもらい 自転車は車に
積んで帰りましょう




10 分程で到着です




現場では簡単に見ただけなので 細かな部分まで
見てみましょう






フロントブレーキはごく普通の鉄のキャリパー
ブレーキです






前照灯はダイナモ付のハブでLED ランプが昼夜問わず
点灯するタイプです






チェーンには全く汚れも無く綺麗な状態で合格です
ここは埃が溜まり易い部分なので チェックしてみると
良いですね ブレーキはサーボブレーキです






サドルはやや角が有るタイプで 荷台は専用設計
でしょうか 部品その物よりこの様なデザイン物に
お金が掛っていそうです






前カゴの形は悪くないですが鉄製です クランクも鉄で
整備の時に何時も色々と悩む BB 小物が使われています




タイヤの標準空気圧 これはJISで表示が義務付けられてます
その数値がタイヤに依り様々なのは タイヤによって特製が
違い タイヤの性能を発揮出来る空気圧がそれぞれ違うと
好意的に捕えたら良いのでしょうか






量販店で有りがちなブレーキゴムの位置調整の不備
これはしっかりとベストな状態でした この様な部品
構成で 20800円(税別)のお値段は決して安く有りません
でもそんな事は一般の人には解らないですよね もう
私も価格に見合った自転車を勧めるより 本人が気に
入ったらそれで良いのかとも思います






Cocoさんが試乗します 違和感も無く乗れる様です




ママにも乗らせて! と言って乗っていました




自分で好きな形と色を選んだ Cocoさん これは我々
自転車愛好家と違い現物を見るのが一番 多くの種類が
展示してある量販店に人が集まるのが良く解ります





オシロイバナが咲いている季節です
店舗の展示車に跨って品定めをしていたので、それは店員さんに声を掛けなきゃ駄目だよと注意しましたが
しかし他のお店で有れば店内に有る服は、自ら棚から出し品定めをするのが普通です 自転車屋さんが少し
特殊なのかも分らないですね でも自転車屋さんでは展示車に触る時は、店員さんに断るのが普通です
そして AEON BIKE イオンバイクさん 在庫量の豊富さに加え、店舗内の綺麗さと店外も含めた展示の
見事さ 店員さんの接客姿勢 とても良いお店だと思います

量販店では嫌でも比べられるお店 あさひさんはこんな所
過去記事 【 サイクルベースあさひ で買った自転車 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

床下収納庫 整理 棚作り

2016-07-22 20:15:03 | よもやま話
木造住宅には良く有る床下収納庫 これも色々なタイプが有りますが
今回ご紹介するのはかなり大きな収納庫です そこに棚を作り整理しましょう




或る日のお昼の食事時 床下を整理したいけど
棚って作れるかな・・・ と言う何気ない相談から
始まりました






食事をご馳走になった経緯から床下を見てみる事に
します リビングの化粧蓋から下へ降りると・・
まあ下へ降りると言う事がすでにおかしいじゃないか(笑)
床下の高さが 1m40cm 位有ります






広さもそこそこ有り 21㎡=13畳ほど有ります
ただ面積が広くても家庭の荷物はそれ程、積み重ねが
出来ないので もう少し高さを稼ぎ収納容積を増やしたい
ですね






と言う事でやる事になりました 棚を作りましょう
人に相談する時は食事をご馳走すれば良い様です(笑)
レーザーレベルで縦横の基本墨を出しています 現場合せで
作って行くのでそれ程シビアには考えていません






材料は全てホームセンターで用意しました 近くに
本職も利用する材料が豊富な店が出来て大変助かります








こちらは布団収納場所 重ねると崩れ易いのがネックですね
貼ったコンパネに通気口を何ヵ所か開けておきます






一日目が終わり二日目です 今日はここに棚を作ります




昨日の棚はこの右手側 二段の棚を作り 3層に使える様に
しました 取りあえず足元に有った荷物を並べています
次の棚を作る為には床に有る物を片付けないと仕事に
なりません




棚の大きさは材料の無駄が出ない様に考えながら進めて
います これで巾は 1.8m 奥行 45cm 底はコンパネで
骨組は縦地に寸五の角材(45mm角) 横引き材は寸三(35mm角)
の材料を使っています






まだここだけでは無いので床に有る荷物を仮に
入れています 私は見た目が整う様に大きさや
形を選びながら棚に収めて行きます 
しかしご家庭の主婦は使用目的に依って整理を
して行く様です その代り姿が揃わず見た目は
良く有りません そんな事より使用勝手を優先
するのが正解なんでしょうね




布団置き場 下段の床には前後 2つのスノコを置き
底にキャスターを取付けスノコを引き出せる様にして
有ります




その後、既設のボックスに合せ材料の端材で
小さな棚を作りました




まだ続きます 一番奥に小さなスペースが有ります
90cm×90cm 程ですが 上手く使える様にしてやりましょう




置いて有った物を一旦動かしました






ここには置きたい物が決まっている様でそれに合せ
高さを決めています






元々有ったスノコを2つ合せて底にキャスターを付けました






ここに置きたいガラスケースに入ったお雛様
これをメインに考え作業を進めていました






奥行が有るのとガラスケースなので底板を引き出せる
ほうが使い易いですよね




軽い物が多かったので 使わずに置いて有った
突っ張り棒の様な棚を使い 上手く 3層に使える
様になりました





広ければ広いなりに使うので整理と言うのは難しいですよね でも子供達には
楽しそうなスペースです キッズスペースは確保したのでまたここで遊んで下さい
コンセントの増設や電灯のスイッチを新たに設けましたが それがやけに嬉しそうでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加