Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

給排水工事

2017-03-24 20:43:13 | よもやま話
最近は本職の給排水工事が忙しく自転車が触れていません一般住宅の改装工事や
保育園のトイレの改装などをやっています





最近は以前程仕事の量を増やしてないのですが 3月は土日や連休の仕事も有り
休みなしに動いていまいた 最近は個人情報の扱いも難しくあまり詳しくは
ご紹介出来ませんが許される程度で見て頂きます




これはマンションのユニットバスの入れ替えで
古いユニットバスの解体後の写真です この後、
新しい物を設置しますがそれまでに私がそれに
合せ配管を行います






配管の移設は給水、給湯、排水、追い炊き配管が主ですが
リモコン用のコードを入れたりもします 配管が終わった後は
テストポンプで水圧テストを行います




追い炊き用のペアチューブにもこの様にループ配管をし
水圧を掛けておきました 水漏れは設備屋の恥です
それを無くす為には手間を惜しんではいけません




ユニットバスの仕込み図面には排水管の位置も
明記して有ります ただその通りに固定してしまうと
ユニットバスを組立てる職人さんがやり難い場合も有るので
接着剤を塗らずにおいておく事も有ります それをこの様に
書く事でこの継手の状態を相手に伝えるのはとても大切な事です




洗面化粧台の排水位置の移設ですが床下の障害物で
思う所に持っていけません こんな事も改装工事では
絶えず有りますこれは洗面台を取付ける時に調整しましょう



 
洗濯機パンの排水の仕込みにはこの様なフレキシブルパイプを
使った方が綺麗に収まります 排水パイプをトーチランプで炙り
形を作るのも昔から有る一つの方法ですが、それに拘る必要も
有りません 良い材料が有れば使えば良いと思います






フレキシブルパイプを使いパン用トラップを取付け
洗濯機パンを設置します



そして



こちらはまた別の現場で和風トイレを洋風便器に
改装します 給水菅と排水管を移設しました
配管の為に掘った土は廃棄しそこにはバラスで
埋め戻しています これは見えない部分ですが
工務店さんの質の高さですね






コンクリートの斫り後は水打ちしてモルタルで補修します
バラスを使うのはこの補修を想定しての事です ここまでが
私の仕事で一旦現場を空けます




トイレの床と壁が出来上がりました 床を仕上げる前に
私の補修した後でもう一度モルタルで床のレベルを
出しそれから床の下地を作ったそうです 仕事を依頼
するならこんな工務店さんに頼みたいですね






ここから便器の取付けです 昔ながらの和風兼用便器から
使い勝手の良い洋風便器に変りました






日本には各戸ごとに水道メーターが設置されています
そのメーターには止水栓が付いています 直結止水と
呼びますがこれが効かなくなると大変困ります







この止水栓はおそらく40年以上経っているでしょう
本来パッキンが付いていますがそれが無くなっています
メーター廻りは各市町村の指定材料が使われており
直ぐに部品の手当が出来ません 今回はお客さんに代り
水道局に電話をして営繕に来てもらいました 見事な
手捌きで交換が済み助かりました





綺麗に枯れています こんな写真もちょっと落ち着いて良いですね

給排水衛生設備 設計施工と私の名刺には書いてあります その通りの仕事です(笑)
仕事が続くと頭の中は仕事モードのスイッチが入り他の事が出来なくなってしまいます
もう少しで落ち着くのでまた自転車も触りましょう

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

バイクショップの 開店準備

2017-03-06 18:07:14 | よもやま話
兵庫県西宮市に新しく自転車店がオープンする予定です 私がお店をする訳では有りませんが
お店の内装の一部をお手伝いする事になりました





私の本職は良く間違われますが自転車屋さんでは無く 給排水衛生設備の設計施工
馴染のある言い方をすれば水道屋さんです 今回の依頼は新店舗の商品棚を作って
下さいと・・・ これも本職では無いのですが出来る範囲の事をさせてもらう事になりました






事前に現場を実踏(じっとう=現地調査)し相手の希望を
聞き、使う材料や必要数を考えて材料を選びます






棚の天端にはコンパネを使いますが 品質に差が有るので
上から撥ねて行き出来るだけ状態の良い物を選びます
これは他の材料も同じです






コーススレッドは木工事用のビス 金折れも少し使います
この様な物は建築金物と呼んでいます






今回は先方の希望で蝶番を使い簡単な扉も付けましょう
扉の保持はマグネットキャッチを使います






ボンド類も沢山種類が有ります 木材同士の組立てには
木工ボンドが想像以上の強度を出します ただこの手の
接着剤は床に使っては駄目ですね 音鳴りの原因になります




出来るだけ事前に準備を済ませ工事の約束日に現地に来ました
今の処、兵庫県西宮市里中町とだけ書いておきます また時期が
くれば詳しくご紹介しましょう






私の車は水道工事用に仕立てていますので やはりこの様な材料は
積み難くて大変です 道具類も積み替えて来ました






すでに幾らかの自転車や荷物が入っていますが
作業場を確保する為にお店の奥に集めてもらいました
下の写真の窓際に棚を作ります 間口は 3m 弱です






朝から墨出しをし、簡単に用意して来た図面を見ながら
仕事を進めました 室内の矩(かね=直角)が出ていなかったり
壁の立ちが悪かったり(垂直に立っていない)で工作を始める迄に
結構時間が掛りました そして一日目はここまで、ほぼ予定通りです






もっと自転車が有りましたが木材を切る時の木屑が自転車に
良く無いので他所へ持って行ってもらいました 特にチェーンに
木屑が付くのは良く有りません この Pawer MAX パワーマックス
ただの自転車屋さんで無いのが分りますね






二日目の開始です 木屑は絶えず掃除しながら作業を進めています
足元が汚いと自分の足でそれを他所へ運んでしまいます 時間は
掛りますが現場を汚さない為にはその方が良いですね ここで
お昼にします






そして夕方一杯に予定していた物が完成しました 相談を
受けた時に本職の大工さんにしてもらったら? と言ったの
ですが、私の自転車小屋の棚を見てこんな手作り感が
良かったらしいです 私が作れるのはこの辺が限界です





私が作業を進める中女子選手が室内トレーニングに来ていました 今回の店主、濱中君が
指導しています 仕事をしながら話を聞いていましが実に理論も良く勉強しています
そして多様な練習メニューを提案していました 自転車選手を実践的に指導出来る高い
能力を持っていますね 彼自身も自転車選手でスポーツマスターズのケイリンで 2 連覇
している選手です 彼女はこの後パワーマックスでハーハーゼーゼー言っていました(笑)





最近は色々な情報に触れる事が出来理論は幾らでも拾う事が出来ます しかしそれを自分自身が
実践し、高い次元で人を指導するのはやはりその能力が必要です 自転車競技場でも彼のそんな
姿を見ていますが良い物を持っています 今年から新たに実業団チームを発足させたそうですが
少し面白い存在になりそうです

お店の詳細は 【 CYCLE LAB FRONTIER サイクル ラボ フロンティア 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Sputnik スプートニクに乗って お出掛け

2017-02-01 20:02:26 | よもやま話
先日出掛けていて雪に遭遇した 愛車 Sputnik スプートニク キリル文字では
Спутник と書きますが 今日はこちらの自転車に乗ってお出掛けしました






石川県のカツリーズサイクル&デザインさんでお世話になった
マグネシウムで作られたフレームは バックもフロントセンターも
長くハンガーの深いフレームです 今の私にはこの様な大人しい
フレームが乗っていて楽です 
ジオメトリーで自転車の性格の違いが解る様になるのには
環境も大切ですが 何かを感じ様とする努力も必要ですね





そんな事を言いながら良く路面をコロコロと拾う
19mm 巾の快適とは言えないタイヤを使っています
これはお値段と相談しての事です(笑)




私が良く練習に利用する公園の横に自転車専用レーンが
出来ていました ここから伊丹市役所 伊丹警察署の前まで
続いています






多くの皆さんも感じていらっしゃると思いますが このレーンが
途切れる時の走行ライン取りの難しさ レーン上の駐車車両を
避ける時の難しさ 色々と馴染めない処が多く有りますね




伊丹警察署の前を通り、久し振りに自転車屋さんに
来ました 半年振りくらいです






自転車屋さんを後にしました
スニーカーでクルクルと回しても 130回転位しか回りません 
しばらく乗っていなかったので仕方が無いですね






公園の花壇を覗くと少し色付いた花も有りましたが
最近、カメラが上手く色を捕えてくれません ボチボチ
限界かな






自宅近くですベランダから見る事が出来る宅地の造成と
建築工事です 基礎の配筋と設備屋の配管逃げの状態です
可能であれば工法を見せてもらい勉強させて貰っています
設備屋さんが少し値の張る材料を使っていました






自転車小屋に帰って来ました 長く乗っていなかったので
短い距離でも充分練習になります 冷たい空気を吸って
心肺を強くし 軽いギアで関節を柔らかくしてやれば
良いですね






特に整備をする事が無い時は 保管している
古いパーツの掃除やオイルを塗ってやる様な
手入れをしてやっています 保管汚れを落して
もらったパーツは気持ち良さそうです





公園で見掛けた黒い種 どんな花が咲いていたのでしょう
もうしばらく身体を慣らし足首が柔らかく使える様にしてから レーサーシューズを履く事にします
グルメライドに出掛けても良いかな・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

National のロードで お散歩

2017-01-30 20:21:54 | よもやま話
今年になってから思い出した様に選手時代の自転車を降ろして触っています
今日はスニーカーでゆるりとお散歩程度に乗ってきました





普段は自転車小屋に吊っている National のロードレーサー 年明けから埃を
払ったり軽く触ってやっています 制作後もう直ぐ43年を迎えるフレームです




先日作った木製スタンドは結構役に立ちます
バックエンドを挟むディスプレイスタンドより
使い易いくらいです






変速機をトップ位置にする必要が有りますが 
私は自転車の保管時にはディレーラーのスプリングと
ワイヤーを休ませる意味で ギアはインナー×トップに
入れているので これは苦にはなりません






乗らなくてもチェーンのオイルは枯れてきます 
薄くオイルを追加塗布します このシマノの PTFE LUBE は
容器の先端から出るオイルの量が使い易いですね 今回は
各ローラーリンクにごくわずか滴下しておきます






今日は久し振りに兵庫県の宝塚市にあるショップ
輪心(わごころ)さんに寄ってみました




お店に入ると随分自転車の展示台数が増えていました
ロードバイクだけでは無くクロスバイクも選びやすく
なっています
店長とは最近の自転車やホイールのソルダリング談義






私が店長にアドバイスするなんておこがましいですが
ソルダリングの方法ではこの様な話で盛り上ります
普通の針金にはフラックス(ヤニ)入りの半田を使い
ステンレスにはヤニ無しの半田と液体フラックスを
使います 針金の太さや巻き方は考え方に依って
人それぞれなので、何が正しいと言う物は有りません






ソルダリングをあまり強固なものにするとリムに負担が
掛るので 私は 0.3mm程度の鉄の針金を二つ折りにして
二回巻いています ホイールの剛性と寿命のバランスを
考えての事です






半田コテの容量は私はやや大きめの 80W を使い
短時間で半田を済ます様にしています 半田は
温度管理が大切でスポークの結線には 60W位の
物が使い易いでしょう、これならブレーキやシフト
ワイヤーの先端処理にも使えます 
容量があまり小さいと加熱が上手く出来ずに半田が
溶けた時に起る毛細管現象が上手く使えません 
そしてコテ先は何時も綺麗にしておく事も大事です




コテで結線部を加熱し適温になった処で半田を差します
液状になった半田が針金に浸透します 一瞬の作業です




輪心の木村店長は MTB の選手もしており その経験が
自転車整備の至る所に生かされ知識も豊富な人です
これから自転車を始める方、自転車の整備をしてくれる
お店を探している方などは一度相談されると良いと思います
とても人柄の良い方できっと丁寧に対応して下さるでしょう




お店では CO2 ボンベを別けてもらって来ました






たまに選手時代の自転車に乗ると凄く新鮮に感じます
ああ こんな動き方をする自転車に乗っていたんだなと
身体が昔を思い出します でもそんな試合で勝つ為の
動き方をする自転車にはもう身体が付いて行かないです






学生でお金の無い頃ですが 試合で安心して使える
正確に動き壊れない部品 それを求めると Campagnolo に
なった時代です この時代のカンパは今、オールドカンパと
呼ばれる様になりました





たまたまなんですが輪心さんの直ぐ近くに昔から良く行っている喫茶店が有ります
今日は走っているよりお茶を飲んでる時間の方が長かったです 少しづつ乗る回数と
時間を増やし春先には気持ち良く乗れる身体に戻したいですね

輪心(わごころ)さんはこんなお店です 【 輪心 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪が降る

2017-01-25 20:14:29 | よもやま話
この数日は寒い日が続いていますでもしばらく自転車に乗っていないし
少し近くを走りに行きましょう




久し振りに自転車に乗ろうとロードを用意しました
かなり空気が冷たいですがこれを我慢しておくと 
春先が楽です 出掛けましょう






空模様が怪しくなって来たと思ったら 雪が降って来ました
天気予報もそんな事は言っていないし予想外です 
そこそこの防寒対策しかしていないので寒いです




向かい風の中我慢をして帰って来ました






自転車も濡れました




この自転車で今迄 雨の中を走った事が有りません
今日、ホイールが濡れると全くブレーキが効きませんでした
何か 50年程前のワインマンのサイドプルブレーキを使って
いる感覚です この ADX-1と言うリムでは仕方が無いのかな




それはさておき 濡れた自転車が気になります






せめて水分だけでも拭ってやります ブロワ―も
使いましょう






何処でも使えば良いと言う訳ではないですが
悪い影響を与えない所はエアーで吹き飛ばします






後はタオルで優しく拭いておきます
自分の身体より自転車が先です(笑)






自分の衣服も着替え落ち着いたので 先日作った
木製スタンドに色を塗り艶消しのニスを塗りました
どの程度使うか解りませんが表面保護です





綺麗な自転車は気持ちが良いですね 最近は塗装に色々なコーティングの方法が
有る様ですが 汚れが付き難くて汚れても落ち易い、この様なものは良いですね 
私はその様な処理はしていませんが、車用の液体ワックスを適時使っています
丁寧に手入れをしてやるととても素敵な表情を見せてくれます

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加