【全国有機農法連絡会 フォトニュース ブログ版】

有機野菜宅配の全国有機農法連絡会の農業、イベント、生産者のレポート、直営農場の様子など

山の畑に春が来た 4/22 山形山農場

2018年04月23日 | ホーテロ村「山形山農場」
 いつもより早く春がやってきました。まだ雪の残る3月半ばから山の畑に通っている米山、仲間を頼んでホダギにキノコの植菌をしたり、豪雪でつぶれた古家の修理をしたりと忙しくしています。そうこうしているうちにハウスの幼苗も育ってきて、定植の準備もそろそろです。春の始めは忙しいです。 先週、泊りがけで古家の修理に来てくれた三人の仲間も帰って、またひとりで大工仕事に精を出します。雪の重みでつぶされた玄関は引き . . . 本文を読む

食を大切にして体を治す、ゴジカラ村で語り合う 3/31 パートⅡ

2018年04月16日 | イベント・活動
 初めて開いた「名古屋で会いましょう」は、名古屋市在住の方々と少人数ではありましたが、じっくりとお話をお聞きすることができました。 会場となった愛知県長久手市にある「ゴジカラ村」は、約1万坪の雑木林の中に幼稚園、託児所、ケアハウスや看護福祉専門学校があります。大きな古民家では幼い子どもやお年寄りがいっしょに遊ぶ、教育と福祉の理想郷です。 その中の小さな古民家をお借りして「食はいのち」を語り合いまし . . . 本文を読む

「名古屋で会いましょう」ゴジカラ村で語り合う 3/31

2018年04月09日 | イベント・活動
 春のランチ会は名古屋と決めて、まだ一度も開いていない名古屋を会場に「食はいのち」を語る会を催しました。名古屋には30年余も全有連の野菜と付き合ってくださった方々がいらして一度お会いしたい、が念願でした。「料理メモ」の田中さんも名古屋在住で、田中さんを中心にお料理とお話しを楽しむ企画が実現しました。 参加者は4名と少ないながら、だからこそ皆さんが歩んでこられた食と健康についてじっくりお話を伺うこと . . . 本文を読む

熊谷さん 健康長寿の米作りは肥料づくりから

2018年03月26日 | お米の生産者
 熊谷さん、今年86歳で米作り21年目です。発酵肥料づくりに精を出しています。 発酵肥料づくりは、発酵中に熱の上昇を抑えるため、温度をみながら定期的に切り替えし(攪拌)をします。熊谷さんはスコップ一つでこなします。 昨年はこれで手足をひどく傷めながらも今年も自作に励みます。その目的は、150歳まで生きること。そのための食べ物を作ること。ひたすら肥料作りを研究し、健康長寿を実現する米作りに邁進してい . . . 本文を読む

新型栄養失調って?食で変わる心と体 第二部講演会

2018年03月19日 | イベント・活動
 暖かな春日となった3/3日、第27回対話集会は大宮ソニックシティを会場に開かれました。 第一部は一年の活動報告から始まり、ご参加の皆さまからも多くの貴重なメッセージをいただきました。 第二部は健やかに生きるをテーマに、飽食の国で起きている栄養失調に焦点をあて、この問題に取り組んでいる国光美佳さんの講話から始まりました。 まず現代食はミネラル不足であること。カロリーは十分に足りているのに体や心に重 . . . 本文を読む