【全国有機農法連絡会 フォトニュース ブログ版】

有機野菜宅配の全国有機農法連絡会の農業、イベント、生産者のレポート、直営農場の様子など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春一番はキノコの植菌とアマドコロの収穫です

2020年04月20日 | ホーテロ村「山形山農場」
 冬の間に伐採しておいたキノコ用のホダギを1mくらいに切っておき、そこに能登てまり(大型椎茸)の菌を植え付けます。能登てまりは世界農業遺産「能登の里山 里海」奥能登育ちの能登115号の椎茸です。一昨年この椎茸に魅せられた米山がいくつか購入し山形山のコナラの木に植菌しました。翌年大きな椎茸が出ましたがまだ本物には及ばない、今度こその思いを込めて今年も挑戦します。 この日は鳥海さんと後藤さんが来て . . . 本文を読む

食の供給を止めない。一致団結して感染防止対策を

2020年04月13日 | その他
 4/12時点の新型コロナの感染者は世界で「177万人」、死亡者は「10万人」を越えました。感染者は米国52万人、スペイン16万人、イタリア15万人、ドイツ11万人、フランス9万人、中国は8万人。日本は7399人。各国は1カ月たらずで大パニックに。地域や金融など被害の限定はなく、世界中の人々が生活を一変させることとなり、世界中の歴史の教科書に載るような事態の渦中にいます。 全国有機農法連絡会の . . . 本文を読む

虹色クラブ揃い踏み 山形山の春

2020年04月06日 | ホーテロ村「山形山農場」
 コロナショックの恐怖は、ここ山形でも現実のものとなってきました。 これから数か月不安な日々が続くようです。皆さまもどうぞご注意下さい。 山形山では早く来た春を前に畑仕事の準備もスタートです。まだ十分乾いていない畑はあとにして水はけのよい栗林から耕うんを始めました。今年はワクワクすることが一つ、昨年仲間からプレゼントされたトラクターの新しい爪を試すのです。長く使った爪は刃こぼれもしてガタガタと . . . 本文を読む

家族経営で大農場を継ぐ 大潟村の屋敷さん夫妻来訪

2020年03月23日 | お米の生産者
 見渡す限り圃場が広がっています。ここは大潟村です。かつて戦後の米増産の悲願をかけて干拓された八郎潟、20年の歳月をかけて1万7203ヘクタールという大干拓地が誕生しました。日本の農業を担う若者たちが厳しい国の選抜を勝ち抜いて入植しました。高野さんはその一世世代でした。しかし時はすでにコメ余りの時代に差し掛かっていました。増産の願いとは逆に減反政策が始まり彼らははその政策に分断されます。 高野 . . . 本文を読む

今年の慰霊の日は中止に  3.11参加者のいない広場でキャンドルを点灯

2020年03月16日 | その他
 「東日本大震災追悼・復興の日」。あの日から9年を数える祈りの日は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止が決まりました。 山形県ではまだ感染者が出ていない状況でもあったので、この日のために準備を重ねてきた実行委員会では急遽、参加役員の書面会議を行い議決をもって中止が決まりました。これまで被災者を支援する活動を職責ではなく個人の意思でかかわってこられた方も多く、突然の中止要請には承認できないという . . . 本文を読む