イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BIRTEN(ビルテン)自慢

2010-05-31 18:56:45 | 家族


ある日義妹が「MUJDE(ミュジデ=吉報、よい知らせ)があるの!しかもyukacanのおかげで!!!」と弾んだ声で電話をしてきました。その知らせとは姪っ子ビルテンの通う学校で「HOBBY DAY(趣味の日)」と言うコンテストがあり全校生徒が自分が趣味としているものを持参し、その内容説明とともに発表をしたのだそうです(参加は自由、希望者のみ)。そのHOBBY DAYでビルテンはビーズのキーホルダーを出品、トルコにもビーズ手芸はありますがこういう形のものはないらしく先生や生徒達の羨望を集め見事学校中で1番となったのだそうです。皆からほしいほしいと希望が殺到したとか。



手先が器用で、小さい頃から母親の糸やスカーフを使って自分のドレスもどきを作ったり、ブレスレットやピアスも自分なりに加工して素敵なものを作っていることがありました。海へ行くと貝殻を拾ってはアクセサリーにしたり、飾りにしたり、学校のクラブ活動でも工作クラブの様なものに入ってEBRUというトルコの伝統的なマーブリングやお盆に装飾などをしては出来上がったものを見せてくれたものです。

 

前回の里帰り時に、日本のビーズキットをいくつか買ってお土産にしました。材料と作り方がセットになっているのですが、もちろん作り方は日本語、しかも私にもよくわからない日本語・・・。ビルテンにはビーズの色と見方程度しか説明できませんでした。
それでもさっそく作り始めたビルテン、物も言わずに夢中になって一気に作り上げてしまいました。もちろん難度の高いものは2時間とか3時間かかったものもありましたが完成図だけを見て見事に完成させたビルテン、大したものだと思います。

 

全校1番には金メダルと50リラ分の学校の売店用チェックだったそう。50リラの最初の使い道、なんだったと思いますか?全クラスメートにアイスをおごったそうです。太っ腹ビルテン、私なら独り占めしたと思います。







今年のユーロビジョン、トルコはロックグループmaNga(マンガ)が“We Could Be The Same”で
5月29日の決勝進出。
去年のHADISE(ハディセ)に比べて全然盛り上がっていなかった様な気がしましたが2位とは
なかなかの健闘でした。
下の写真をクリックするとTRT国営放送のビデオページが開きます。

             人気ブログランキングへ

☆現在のイズミル☆


コメント (18)

CESMEALTI(チェシュメアルトゥ)2010

2010-05-11 00:18:39 | 家族


イズミルの季節の移り変わりはあっという間、日本で春に着るような服を2・3日着るとすぐに冬から夏になってしまいます。気温もぐんぐん上がりここ数日の最高気温はもう30度を越しているのではないでしょうか。日曜日の「母の日」にはアンネ(義母)と義妹親子と一緒にアナアンネ(夫の祖母)のお墓参りに。アンネはお墓が太陽をさえぎるものがないところにあるので何か木陰になるような木を植えたいとかねがね言っていました。そこで夫がどこかからアカシヤの木を仕入れてきて植えました。木陰になるほど繁るといいのですが。



その後はÇESMEALTIにあるテイゼ(夫の叔母)の家へ。それほど暑くもなく寒くもなくテラスで座るのにちょうどよい季節です。KAHVALTI(朝食)にBEŞ ÇAYI(ベシチャイ=5時のお茶、日本人的にはお茶の時間と言えば3時なのですが、トルコではBEŞ CAYIと言っています)に夕飯、そしてその合間にちょっと散歩をしたり新聞を読んだりゲームをしたりの一日でした。





この日の主役はこちらのお二人。3歳になった姪っ子エリフとテイゼのお隣さんの孫でおばあちゃんの家に遊びに来ているEMRE(エムレ)くん。たぶん1歳半の頃からエリフはこの優しいエムレアービ(おにいちゃん)に夢中でした。おにいちゃんが来ると髪の毛を手でかきあげたりポーズをとったり、どこで覚えてきたんだとあきれるほどのかわいこぶりっこ(?)をして自分をアピールしていましたが今年はようやく舌足らずに話すようになってきたのでさらに積極的に急接近です。





「エムレアービ、ゲル(エムレお兄ちゃん来て)」「エムレアービ、ネデンギッティ(どうして行っちゃったの)?」と一日中エムレ君の後をついて、というよりもエムレ君を従えて女王様ぶりを発揮していました。エムレ君の8ケ月になる妹の名前もエリフ、すでに対抗意識を燃やすエリフ嬢です。



気性が激しく気まぐれなエリフに比べてお姉ちゃんのビルテンは小さい頃からいつもニコニコ笑っている優しい子です。見るたびに背が伸びてすっかり見違えるようですが、最近は友達の様に会話が出来て癒されることが多くなりました。







このポーズを見てください!ムチムチエリフです。
             人気ブログランキングへ

☆現在のイズミル☆


コメント (18)

BARIS(バルシュ)

2008-02-25 17:43:45 | 家族


もうずいぶん日が過ぎてしまいましたが、お正月にMilliyet(ミリイェット)新聞のエーゲ版を見ていたら「ん?」どこかで見た顔。「あれえええ、これバルシュじゃないの?」そこに写っていたのは間違いなく夫の従兄弟バルシュの写真でした。従兄弟と言ってもテイゼ(叔母)の旦那さんの息子なので血の繋がりはありませんが一応親戚です。

                 
外観はちょっと引きますが、よい歌をたくさん残したバルシュマンチョ。 力強いロックでスターになったばかりだったバルシュアカルス。

トルコでバルシュといえば…日本でも何度かコンサートを開いた今は亡きBARIS MANCO(バルシュマンチョ)とか、「AKADEMI TURKIYE(アカデミートゥルキイェ)」と言うスター誕生番組で優勝、ドラマで俳優としても活躍を始め、これからと言う時に交通事故で命を落としたBARIS AKARSU(バルシュアカルス)と言う名前をお聞きになったことがあるのではないでしょうか。我らがBARISも一応歌手の端くれ、ライブハウスやカフェバー、結婚式、パーティなどで歌を歌っています。



この新聞によると「イズミルの夜の若き成功した歌手であるバルシュトゥナズは伯父ファルクトゥナズの跡を追っている...2008年の中頃にはアルバムを出すことを目指して昼夜を問わず働いていると言う。その若さにもかかわらず既に14年をステージで過ごしていると言うバルシュ、『音楽一家に生まれたことに加えて専門的な教育を受けたと自負しています。アルバムは新しい年にその斬新さで大きな印を残すでしょう』と語った。」

うううん、そうなの~?一応親戚ですがノーコメントとしておきましょう。このバルシュにも一応マネージャーがいるそうでマネージャーがこういうインタビューもアレンジしているのだそうです。そしてこの伯父だと言うファルクトゥナズさんは往年の有名なトルコの芸術音楽の歌手、初めて伯父さんだなんて聞きましたよ。どうやら記事を書いた人の先走りらしいのです。いいんですか?大新聞Milliyet!記事が出た後でバルシュ当人も気になったらしくファルクトゥナズさんの電話番号を調べて「こんな記事が出てしまいました」とお詫びの電話をしたところ「かまいませんよ、誇りに思います」と言って頂いたそうで…。ちなみにバルシュのお父さん、つまり夫のテイゼ(叔母)の旦那さんはTRT、トルコの国営放送イズミルラジオ局コーラスの専属歌手です。何も幻のおじさんの名前を出さなくてもと思うのですが…。

 一度だけ見に行ったバルシュのステージでのパフォーマンス。

この新聞を見た姪っ子ビルテン、テイゼに「BOCEKアービ(虫兄さん=なぜかビルテンは小さい頃からバルシュを虫兄さんと呼んでいます。その理由は怖くて聞けません)が有名になったら皆も有名になるの?」と聞いたとか。今のうちにサインでももらっておいたほうがいいかもしれませんね。活躍を祈っています。




伯父さんになって頂いた(?)ファルクトゥナズ氏。
           






☆現在のイズミル☆

 




コメント (26)