イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010 TURKIYE´DE JAPONYA YILI(トルコにおける日本年)

2010-02-21 01:02:40 | JIKAD・トルコにおける日本年

TURKIYE ILE JAPONYA,SIMDI DAHA DA YAKIN~トルコと日本は、もっと近くなれる~

私がトルコに住み始めた2003年は「日本におけるトルコ年」でした。そして今年は「トルコにおける日本年」です。2010年は日本とトルコの今日の友好関係の原点ともいえるオスマン帝国の「エルトゥールル号の日本訪問および遭難」から120年目の節目に当るのです。



1月4日にアンカラでオープニングセレモニーが開かれ、トルコ各地で様々な催物が行われています(日本年事業カレンダー)。こちらイズミルでも多少出遅れた感はありますが、2月23日のオープニングセレモニーを皮切りに色々と行事の予定が出来つつあります。イズミルでこの「日本年」を実質的に仕切っているのは「JIKAD(JAPONYA IZMIR KULTURLER ARASI DOSTLUK DERNEGI=日本イズミル文化交流協会)」と言うトルコ人の有志によって設立された新しい団体です。先日このグループの初会合をのぞいてみましたが、縁あって日本や日本の文化に興味を持っている熱いトルコ人がイズミルにもこんなにたくさんいたんだと嬉しい驚きでした。


JIKADのロゴ。イズミルのシンボル時計塔と桜の花があしらわれています。 

2月3月にイズミルで予定されている行事をご紹介します。詳しくは上記JIKADの文字をクリックしてみてください(トルコ語)。

 

 

2月23日(火):桜の記念植樹
2月23日(火):オープニングパーティ
2月23日(火)~3月12日(金):国際交流基金巡回展「武道の精神」
2月27日(土)28日(日):日本映画祭
3月1日(月):亀垣一監督アニメセミナー
3月3日(水)4日(木):スーパーカゲエ「竹取物語」
3月8日(月):ネオジャポネスクコンサート
3月12日(金)13日(土):囲碁トーナメント



招待状やパンフレットなども続々と出来上がってきています。参加した行事について追々ご紹介させていただきますのでお楽しみに!





JIKADの面々。
             人気ブログランキングへ


☆現在のイズミル☆


コメント (20)

YAGMUR、YAGMUR、YAGMUR(雨、雨、雨)・・・。

2010-02-12 23:28:35 | 

この日はイズミルの中心部も洪水状態でした。

イズミルはこの冬は雨ばかり降っています。去年のこの時期の約2倍の降水量だそうです。イズミルの天気は本当に予想がつかず、青空が見えたと思ってもまたすぐに次の雨雲がやってきて洗濯物を外に干したり取り込んだり忙しいのです。


雨の中どこへ行くのでしょう。

先日の日曜日も朝から土砂降りの雨、さすがにこんな日は家の中でおとなしくしていようと思っていると夫が「出かけようか?」と聞いてきました。行き先も決めず車に乗り込むと市内の道路はいたるところで冠水して川の様。イズミル市内を抜けお隣のマニサ県へ、マニサ市を抜けても戻る気配もなく車は走ります。イズミルからイスタンブルへ通じる国道を100キロも走ったでしょうか、AKHISAR(アクヒサル)と言う街にはいってしばらくすると急に車をUターンさせました。入ったところは国道沿いのガソリンスタンドに併設のキョフテ(肉団子)屋さん。



行く先を決めていないと思ったのは私だけで、夫は前からこのAKHISAR名物のキョフテを食べに来ようと思っていたのだそうです。
国道沿いにAKHISARキョフテ屋の看板はたくさんあるけれど、一番駐車してある車の多い店を選んだそうです。そしてこれが大正解。KOFTECI RAMIZ(キョフテ屋ラミズ)は、この雨の中でも大はやりでした。


キョフテを焼くところを写していたらポーズをとってくれました。

マケドニアに住んでいたラミズ兄弟は幼い頃に両親を亡くし、おばあちゃんと一緒にアクヒサルに住んでいたおじさんを頼ってトルコへ来ました。イスタンブルで兵役をする傍らレストランで修行をします。そのうちにアクヒサルに戻り、マケドニアの街角で売られていたキョフテをもう少し洗練させたものにし、街の中心部に小さなキョフテ屋を開いたのが1928年のことでした。そのうち今回私達が訪れたイズミル-イスタンブル国道沿いにもお店を開くと、お客さんの数も増えアクヒサルキョフテの名前がトルコ中に知られるようになったのです。


これが名物アクヒサルキョフテ。ぷりぷりしていてジューシーです。

お客さんが途切れることがありません。定番のアクヒサルキョフテとサラダ、デザートを選んでサービスのチャイやコーヒーを飲んだらおしまい、ずいぶん回転のよいレストランです。サラダはサラダバースタイルで新鮮な野菜や前菜が食べ放題、自家製のドライトマトやピクルス類、デザートも種類豊富で目移りします。デザートには大好きなトゥルンバをチョイス。激甘でしたが美味しくて何日たってもその味が思い出されます。


これで一人分、特大トゥルンバ。

アクヒサルは農業が盛んで、中でも煙草の葉やオリーブ、ぶどうはトルコ有数の産地として知られています。まだまだ寒い日が続いていますが、確実に春の訪れを感じさせてくれる畑の緑を眺めながらのドライブでした。


お天気は悪いですが、アクヒサル平野に広がる畑の緑が美しい。


日本から戻って早くも1ケ月半が過ぎようとしています。すっかりさぼり癖がついてしまってやっとブログの更新をすることができました。いつもこのブログの様子を見に来てくださったり、心配してメールを下さった方々、どうもありがとうございました。そろそろ冬眠から目覚める頃ですね。これからもよろしくお願いいたします。






イズミルの救急救命チームはトルコ代表として参加した
国際冬季救急ラリー・ポーランド大会で見事優勝!

             人気ブログランキングへ


☆現在のイズミル☆


コメント (44)