イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もお世話になりました!

2009-12-25 11:40:01 | 日本里帰り


今日はクリスマス、皆さんどのようにお過ごしですか?私の実家がある湘南のとある街でも昨日はクリスマスケーキを買い求める人やホームパーティーの準備なのか駅ビルの地下は大賑わいでした。各地で大雪のニュースが聞かれますがこの辺は東京都心から湘南電車で1時間、駅に降り立つとふわっと空気がやわらかいような気がするのです。

 
                                  季節外れ?いえいえ「10月桜」という二度咲きの桜です。

今年もあと数日、そして私がトルコへ戻る日も迫ってきました。荷物も詰め終わり、あふれたものは別便で送ることに…。トルコへ帰るのが待ち遠しい、でも日本を離れるのも寂しい…とても複雑な心境です。



また願わくば来年、元気に日本へ帰って来たいなあと思っています。
このブログを通しておつきあい頂いた方々、また日本でお目にかかることのできた皆さん、今回は残念ながらお目にかかれなかった方々、今年1年間お世話になりました。





来る年が皆様にとってすばらしい年でありますように。またトルコからの「イズミル便り」をよろしくお願いいたします。


東京国際フォーラムのクリスマスマーケット。


今回の写真は9月にオープンした「丸の内ブリックスクエア」。ブリックスクエアは、東京駅と有楽町駅のちょうど中間にあり、ショップやレストラン、三菱一号館美術館や、緑豊かなイングリッシュガーデン風広場を備えたオフィスビルです。丸の内のオフィス街にあるせいか落ち着いた大人の雰囲気、とてもゆったりとした時間がすごせました。
※丸の内ブリックスクエア → http://www.marunouchi.com/brick/






ブリックスクエアで見かけたとってもかわいらしいクリスマスケーキ。
セロシアというケイトウでできています。

           人気ブログランキングへ



☆現在のイズミル☆

コメント (44)

羽子板市

2009-12-18 16:29:19 | 日本里帰り


里帰り生活も残り少なくなり、日本の年の瀬を楽しんだり荷造りをしてみたり、ちょっとばかり窓拭きなんかもしてみたり…の日々です。イズミルでは美術館巡りなんてしたくてもできないので新国立美術館の「THEハプスブルグ」や上野の森美術館の「聖地チベット展」などにも行ってきました。

トルコに住むようになって海外旅行をしたいと言う気持ちにはあまりならなかったのですが久しぶりに「チベットに行ってみたい!」と思いました。ポタラ宮殿を見てみたい。チベット仏教の仏像や儀式用具、幡など色やそのデザインに心惹かれます。トルコの生活では身の回りにイスラム教の信仰が流れていますが、私にはチベット仏教の心が、やはり自分に近いものに思えました。上野の山は12月も後半に入ろうとしているのにもみじや銀杏の紅葉が美しく楽しませてくれました。クリスマスも近づいて日本の街の夜景も本当に華やかできれいですね。





師走と言えば浅草・浅草寺の「羽子板市」を懐かしく思い出します。仕事帰りに地下鉄に乗って駆けつけたものです。毎年12月17日から19日の3日間浅草寺の境内で歌舞伎の役者絵柄の羽子板を初め、その年の話題をテーマにした変わり羽子板やキティちゃん羽子板なども並びます。今回も上野まで行ったついでに羽子板市初日の17日浅草寺まで足をのばしてみました。







初日というのに17日は金曜日だったせいかまだ時間が早かったせいか、暖かい日だったのに人出はいまいち。仲見世入り口の雷門前も人がまばらでなんだか拍子抜けでした。境内の出店数も以前に比べてずいぶん少なくなったような気がします。寂しいなあ…。





羽子板市の起源

毎月18日は浅草の観音さまの「ご縁日」。特に12月の「納めの観音」は一年の締めくくりとして、より多くの参拝者が訪れます。江戸時代、毎年12月17・18日に正月用品や縁起物を売る店が境内に集まり「歳の市」と呼ばれ、それらを毎年この市で求めることを吉例とした人々で賑わう江戸随一の市としてその名が知れ渡っていました。現在この「歳の市」は、「羽子板市」としてその形をとどめています。これは羽子板でつく「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ているため、悪い虫がつかないとか、またそのかたい「豆」(むくろじ)の部分から「魔滅(まめ)」にあてられ魔除けになる、あるいは「マメに暮らせる」などの縁起を担ぎ、江戸後期のころから女子の誕生した家に羽子板を贈る風習ができました。これによって羽子板を正月の縁起物として「歳の市」で扱う店が増えていったからだと伝えられています。現在では「納めの観音ご縁日」の前後も含め、12月17~19日に「羽子板市」として境内に数十軒の羽子板の露店が軒を連ねます。(あさくさかんのん浅草寺HPより http://www.senso-ji.jp/



最近ではほとんどが定価販売のようですが値切り交渉をしたり、目当てのものと予算をにらみながら商談がまとまるとお店の方の「それでは皆様お手を拝借」と言う掛け声でその辺にいるみんなが「よぉ~ぉっ!」としゃんしゃん手拍子をして商談成立を喜び合う(?)のもほほえましい光景です。手拍子をしてもらう側にいつかなりたいものですね。まったく勝手な個人の感傷ではあるけれど、こういう伝統行事、季節や下町の人情を感じさせてくれる風物詩、何とかいつまでもにぎやかに続いてほしいものです。







思ったよりも少なかった変わり羽子板、「ガンダム羽子板」と「政権交代羽子板」。
           人気ブログランキングへ



☆現在のイズミル☆


コメント (24)

YOKOHAMA

2009-12-13 00:29:51 | 日本里帰り

横浜駅からシーバスで山下公園へ。お気に入りのコースです。

つい横文字で書きたくなるようなそんな「横浜」を今日はご紹介。横浜といえばやっぱり「異国情緒漂う」とくるのですが、実際に素敵な西洋館が並ぶ散歩道があるのをご存知ですか?中華街や元町の雑踏を抜け外人墓地、港の見える丘公園から横浜みなとみらい地区を眺めるとそこからこの散歩道は始まります。

 

あ、でもその前に「山手十番館」で一休み…。







大正末期から昭和初期にかけて建てられた領事館や外国人実業家のお屋敷、外国人向けに作られた民間のアパートなど当時の横浜はどんなにハイカラな場所であったかが想像できます。どの西洋館も無料で内部を見学することができます。







ちょうど12月は「世界のクリスマス」というテーマで各西洋館がテーマ国にふさわしいクリスマス装飾で華やかに彩られていました。クリスマスアレンジメント、ピアノ演奏などを見ることができましたが、これから25日まで色々な催し物が続くようです。



今日のこの楽しいお散歩の道連れは、ブログお友達「無題・休題-ハバネロ風味-」のcakeさん と 「来た道 行く道」のともさん。お二人とも山形県在住なのですがわざわざこの日の為に飛んで来てくださったのです。ブログを始めて4年、またブログを通して知り合い、実際にお目にかかることができたお友達が増えました。皆さん長いお付き合いになるのでブログやコメントで想像するお人柄とそれ程違うことはないけれど、やっぱり実際にお顔を見てお声を聞くと距離もぐっと縮まります。これも今回の里帰りの大きな収穫。cakeさん、ともさん、どうもありがとうございました!今度はトルコで待っています。






メロンパンもサンタバージョン!
           人気ブログランキングへ



☆現在のイズミル☆




free counters
コメント (18)

NEREDEYIM(どこかな)?

2009-12-04 21:50:50 | 日本里帰り




お久しぶりです!日本に戻ってあっという間に1ヶ月が過ぎ一足先に夫はイズミルへ帰って行きました。日本での日々が楽しくて楽しくて、ブログをおろそかにしていたわけではないのですが、どうもPCの調子が悪くて書くことができませんでした。こんなブログでも何回も見に来てくださった皆様、ご無沙汰してごめんなさい。日本滞在中はこんな調子だと思いますがこれからもよろしくお願いいたします。









日本へ帰るたびに自分の外人度が高くなっているような気がします。トルコでもモロ外人に違いはなくこのままどこへ行っても外人なのかなあと少し寂しいのです。あんなに大好きだった本屋通いも帰国後、今日初めて行きました。2年ぶりに行くとあまりの活字の洪水にどぎまぎして何から、どこから見ていいのか迷ってしまい結局2冊の文庫本を買っただけでした。







食べ物は何を食べてもおいしい!夫が帰ったので豚肉も解禁!母はその翌日マーケットへ豚肉を買いに走ってくれました。トルコにいるときよりも確実に食べる量は少ないはずなのに順調に成長中です。日本の秋を紅葉で楽しみ、冬はイルミネーションにうっとりしてしまいます。







友達一家と初めての一泊旅行、ちびっ子連れで世の中のお父さんお母さんは大変だーと実感、でもその分楽しさも倍増だったよねー。両親との旅では何年ぶりかで母の実家をも訪れこれまた何年ぶりかで従兄弟にも会えました。



学生時代や会社時代の友達との再会では笑顔が満開、トルコでは飲み会なんて機会はないのでこれまた懐かしかった。忘れずに会いに来てくれる友達を持つ幸せを感じています。まだまだこれから何が待っていることか、風邪もひかずに元気に成長中(どこが?)です!

 
  ※私のデジカメが故障中につき今回の写真は全て夫が撮影したものを使いました。






五感のすべてが美味しいと喜んでいます。
 

 


             人気ブログランキングへ



☆現在のイズミル☆


コメント (28)