イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

楽しかった一日

2007-07-31 00:19:46 | Weblog

小さめに大公開?!

この日曜日は、よく笑い、よくしゃべり、しかも日本語を久しぶりに話すことができた一日でした。夏休み中の「トルコ~スパイシーライフ♪日々の思うこと」のyokocan21さんが、お住まいのディヤルバクルからご主人のご実家のあるイズミルを訪問中の一日を我が家訪問に割いて下さったのです。ブログやメールを通じて夫がトルコ人でトルコ在住のジャポンゲリン(日本人嫁)仲間としてお付き合いをさせていただいていましたが、実際にお目にかかるのは初めて。ご主人も来て下さるということなので少し緊張しながら当日を迎えました。


豆ラー、yokocan21さんに敬意を表してyokocanさんレシピによるメルジメッキキョフテスィ、
シガラボレイ、ポテトケーキ、変わりおにぎりなどを作りました。


でもそんな緊張はもちろん全くの杞憂、ブログやメールの文章でなんとなく人となりがわかるものですが、yokocan21さんもやっぱり私の目に狂いはなく(?)穏やかで優しいとても素敵な方でした(yokocan21さん、猫かぶってた?)。
同じくイズミルに住むジャポンゲリンとして仲良くしていただいている「ともこさん」一家にも来ていただいて我が家がいつになくにぎわいました。お昼過ぎにいらっしゃったのでチャイを頂きながらのおしゃべりタイム。その後もキッチンでサロンで廊下で、夫たちを放ったらかしにして楽しい時間を過ごすことができました。


ともこさんの2人のお嬢さんM子ちゃんとE子ちゃん。マシャラ~。

トルコ人と一緒にキッチンに立つことは、私は色々一人で勝手に気を使って疲れるので苦手なのですが、日本人同士だとたとえ初対面でも気楽に阿吽の呼吸で過ごすことができるので、とても楽しみにしていました。今回もおしゃべりの種は尽きずあっという間にお別れの時間でした。

皆さんが帰られて一人寂しく後片付けをしながら「あ~本当に楽しかったなあ」としみじみとしてしまいました。今もまだ余韻に浸っています・・・。
yokocan21さん、ともこさん、どうもありがとう!また遊びに来てくださいね。




ついにうちの前の通りも天然ガスの工事が始まってしまいました。すごい騒音と埃。
       






☆現在のイズミル☆

コメント (27)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

投票率84.41%

2007-07-23 11:45:54 | Weblog

クリックするとHurriyet新聞の選挙結果ページへ。

この驚異的な投票率は、もちろん7月29日に予定されている日本の参院選の投票率ではありません。日本よりも一足早く7月22日にトルコで行われた総選挙の投票結果です。

トルコは夏休み真っ最中の為、休暇を過ごす人が多いこの時期の選挙に低投票率が懸念されましたが、数日前から居住地で投票をする為にトルコ中が選挙大移動となりました。日本は数年前から在外選挙が実施され私も最後に居住していた場所での投票権がありますが(日本の該当選管へ郵送もしくは在トルコ大使館・領事館での在外投票)、トルコではまだ在外選挙が制度化されていない為、ヨーロッパ各国に住むトルコ人は、都合さえつけば投票する為に帰国したいと熱く語っている人が多くいました。私が住むアパートの前の通りも両端に投票場所となっている学校がある為か、朝早くから投票終了時刻まで車と人の大渋滞でトルコ人の選挙に対する熱心さが伺えました。




よく見えませんが夫が投票したチャムラルアルトゥ高校、1004番投票箱。

トルコでも日本の選挙当日と同様夕方からTV各局では選挙開票速報一色で、驚く間に開票結果が明らかになっていきました。


atv局の速報画面。

結果は予想されていた通りエルドアン首相率いる現与党AKP(公正発展党)が得票率46.54%議席数341と圧倒的な勝利、現最大野党のCHP(共和人民党)得票率20.79%議席数112、そして私が密かに議席を増やすと予告していた(夫にだけね、支持しているわけではありませんよ)MHP(民族主義者行動党)が得票率14.25%議席数70と大躍進、無所属得票率5.19%議席数27と言う結果に終わりました。トルコの国会は1院制で定員550、比例代表制ですが、トルコ全土での得票率が10%に満たない政党は議席を得ることができない為このような議席配分となったのです。


 トルコらしい(?)投票箱案内表示。

私も夫にくっついて投票所へ行きました。日本では投票葉書が事前に送られてきましたが、トルコは住民登録をしてある居住地のMUHTAR(ムフタル=地区長)へ投票場所等が記載された紙をもらいに行きます。


名前や身分証明番号のような個人情報と投票場所・投票箱番号などの書かれた紙。

投票場所は近所の学校だったのですが教室一つに投票箱が一つ、自分の投票箱番号が書いてある教室でT.C. KIMLIK NO(身分証明番号)と名簿を照会して投票用紙と封筒が渡されます。投票ボックスの中にはスタンプとスタンプ台がありそれを使って自分が投票したい政党名(県の候補者名連記)の下の丸の中にスタンプを押して封筒に入れた上で投票箱へ投函します。投票した印に左手の人差し指に青インクを塗られ、最後に投票名簿に署名をして終了です。


投票用紙。左側に政党名とイズミル県の各候補者名が、右側には無所属の候補者名が記載されています。

ある政党は、支持者に読み書きを知らない人が多いと言うことからこの投票用紙のサイズに合わせ、自政党の上にちょうど結び目が来る様に細工をした紐や自政党の丸の上にちょうど丸が来るようにくりぬいた紙を配布したそうです。苦労の甲斐がなかったようですが・・・。


選挙当日に買物に行ったマーケットの酒売り場にある「6時から24時までの間は酒類販売ができません」の表示。


そして面白いのは選挙当日にさまざまな禁止事項が定められていたのです。投票当日はアルコール飲料を販売すること提供すること飲むことが禁止、全ての娯楽施設は7月22日は休業とすること、食事とともに娯楽を提供する場所は食事のみとすること、警察・治安関係者以外は武器を携帯しないこと、投票当日18時まではラジオと全ての報道機関は選挙とその結果に関するニュース、予想、コメントをしないこと、 18時から21時の間はラジオだけが高等選挙委員会による選挙とその関連ニュースを放送することができる、そして21時以降は全ての報道機関の放送が自由になる、などです。でも恒例のようですが21時までのテレビでの放送禁止はいつも21時を待たずに解禁されこの日も18時50分には開票速報が放送され始めました。




余談ですが国民のほとんどがイスラム教徒であるトルコでこの酒類コーナーの充実ぶり!

さて大統領選出に向けて確固とした足場を固めたかのように見えるAKP、トルコの有権者の84.41%が選んだこの国会議員たちにトルコの明るい未来を期待することができるのでしょうか。

   
   
   ※文中の投票率、得票率、獲得議席数などはHurriyet新聞http://www.hurriyet.com.tr/
    「選挙結果」を参考にしました。
    「高等選挙委員会」による最終発表ではありません。





「投票済み」のインクを塗られた人差し指!
       




  



☆現在のイズミル☆


コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

KUZEN(クゼン=いとこ)

2007-07-18 00:11:59 | Weblog


トルコの1940年代を代表する作家の一人「Sait Faik Abasiyanik(1906-1954) サイト・ファイク」の「SEMAVER(セマヴェル=サモワール)」と言う小説に、やっとのことで仕事先を見つけた若い息子を毎朝起こそうとする母親がくすぐったりベッドの上でふざけあって若い女のような嬌声をあげるという一節があります。昔トルコ語のクラスで読んだのですが、息子と母親のそのような親密さ、しかも働いているいい年の(!)息子ですよ、にうへ~っと思った記憶があります。トルコ人のアンネ大好きは有名(?)ですし、うちのアンネの息子溺愛もそりゃあ相当なものです。イスタンブルにいる息子とメッセンジャーで話しながらパソコンの画面に思わずキスするアンネですから。それでもやっぱりこのサイト・ファイクの小説の描写はいくらなんでもなあと言う印象を持ち続けていました。


どうでしょう・・・。

この小説を読んで早くもウン年、ついにこの小説を地でいく、いやそれ以上の親子を目撃しました。それは夫のKUZEN(従姉妹)チーデムさんとその息子でした。
いつもメッセージをくれたり話を聞くことはありましたが会ったことはなかったアンネの姪っ子チーデムさんが夏休み中の息子と一緒にイズミルへ遊びに来たのです。二度の週末しか会う機会が持てなかったにもかかわらず、その親子の密着ぶりにはさすがのサイト・ファイクもびっくりではなかろうかと、目のやり場に困ると言うか「ひぃ~っ」と叫びだしたくなるというか・・・。

しかも彼女は「孟母三遷」の故事を実践中。息子が高校へ入ると同時に高校の近くに家を借りたのです。大学へ入ったら、そして教員志望の息子の赴任先はもちろん、兵役に行くときも絶対ついて行くと鼻を膨らませて語っていました。

 
こんな気持ちのいい公園でマンガルをしました。

 
夜になるとマンガルをしに来る人で駐車場も混雑。

一緒にマンガル(バーベキュー)をしに行った時に、飲物が足りなくなったので夫がチーデムさんの息子に「ちょっとそこまで行って買ってきて」と言っても「だめだめ!迷子になるから」、デパートに行って息子がトイレへ行けば迷子にならないように入り口で出てくるのを待ちます。アンネが一度一緒に買物へ行った時も(しかも歩いて行けるすぐ近く)、うちで待ちながらすぐに心配になってアンネのケータイに「息子迷子になっていない?」コール、アンネがふざけて「それがはぐれちゃって今探しているのよ」と言おうものなら心臓麻痺を起こしそうに慌て出しすぐにも駆け出しそうになったそうです。


昨日の夜バスで帰って行ったチーデム親子。

兵役を終えるまで一緒についていくとして「結婚したらどうするの?」と聞くとその時は嫁に「私がここまで育ててきた、これからはあなたに預けます」と言って託すのだそうです。お嫁さん大変そうだなあと、今から同情しきりの私達でした。

  
うちの近所にあるバス会社の事務所まで見送りに行きました。ここからバスターミナルまでのサービスバスがあります。






父親の弟の結婚式でビルテン。
       






☆現在のイズミル☆

コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

T.C. Kimlik No(トルコ共和国身分証明番号)

2007-07-14 00:19:49 | Weblog

左は外国人用IKAMET(居住許可証)、右はT.C.Kimlik No.が記載されたNufus cuzdani(身分証明書・男性用)

以前ぷなるじゃんのブログ「おとぎの国☆の玉手箱」で、「トルコに在住する日本国籍を持っている日本人で『T.C. Kimlik No.』を持っている人はいますか?」と言う記事がありました。ぷなるじゃんは『T.C. Kimlik No.』がない為に銀行で振込みができなかったと言うのです。トルコにはこの番号のほかに『Verigi No.(税金番号)』と言うのもあって銀行口座を開く時などに必要でした。私も聞かれたのですが「ない」と言ったらそのまま口座が開けてしまい、でもその口座に付随するクレジットカードの解約をした時にVergi No.がないから処理ができないともめたことがありました。結局このVerigi No.は先日廃止され、これからはすべて『T.C. Kimlik No.』に一本化されるというニュースを見た記憶が最近よみがえってきました。そしてトルコ在住の外国人にも新たに番号が振り当てられると聞いたような気が・・・。『T.C. Kimlik No.』はトルコ国籍を持つ人が持っている身分証明番号でこの番号や出生地などが記載された男性は青色、女性は赤色の身分証明書を携帯しています。私のような外国人はIKAMET(居住許可証)やパスポートがそれに代わります。



先日イズミル県のHPを見ていると「TUIK(Turkiye Istatistik Kurumu=トルコ共和国統計局」)のこんなバナーが目に入りました。

「住所による住民登録システムに登録済みですか?確認するためにはクリックしてください」と書いてあるのでクリックしてみると『T.C. Kimlik No.』で検索できるようになっています。私の番号はないので当然夫の番号を入力すると、「あなたは登録済みです。現在住んでいる住所に2人で居住していることが登録済みです。」と表示されました。




画像をクリックするとこのページに行きます。黄色い枠内にトルコ人の身分証明番号を入力すれば住民登録してあるかどうかがチェックできます。
TC Kimlik Numaranızı bilmiyorsanız, öğrenmek için tıklayınız の文字をクリックすると身分証明番号の検索ページが表示されます。

ここでひらめいたのです!登録されていると言うことは私にも何らかの番号が付与されていると言うことじゃない?そこで「番号を知らない人は?」などをいじくっていると出てきました!


この画像をクリックすると外国人身分証明番号の検索ページが表示されます。


Yabancı Kimlik No nedir ?
Yabancı Kimlik No, onbir haneden oluşan, Nüfus ve Vatandaşlık İşleri Genel Müdürlüğü tarafından, Türkiye'de herhangi bir amaçla en az altı (6) ay süreli Yabancılara Ait İkamet Tezkeresi almış olan yabancılara verilmiş tek bir sayıdır.

外国人身分証明番号とは?11桁からなるNüfus ve Vatandaşlık İşleri Genel Müdürlüğü(なんと訳せばよいのでしょう)からトルコにおいて何らかの目的で最低6ヶ月間の外国人居住許可書を発行された外国人に与えられる番号。

上記のページでIKAMET(居住許可証)の番号、もしくは生年、IKAMET取得時に登録済みの両親の名前等で検索することができます。
これで私の11桁外国人番号を知ることができたのです。ただ話は元に戻り、「住所による住民登録システム」でこの番号で検索すると「該当する番号はありません」と表示されてしまいました。トルコ在住の日本人の皆様、一度試してくださいね。MUHTAR(ムフタル=地区長)では、私の名前も登録してあるのですがシステムとしてまだ運用されていないと言うことなのでしょうか。それとも新たに登録する必要があるのでしょうか。MUHTARに聞くのが一番ですね。そして今後は外国人にもこの外国人番号が記載された身分証明書が発行されるのかしら。ご存知の方、情報をお待ちしております。






サロンから眺めた海に沈む夕日。よくわかりませんね・・・。
       






☆現在のイズミル☆

コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

YALANCI KOFTE(ヤランジ キョフテ=嘘つき肉団子)

2007-07-09 00:11:54 | 料理


久しぶりにアンネと一緒に料理をしました。マントゥは作るのが面倒なわりに食べるのは一瞬、食べたいけれど作るのを躊躇する料理の一つです。でもこのヤランジキョフテは簡単でちょっとマントゥの気分も味わえるのです。
トルコ料理にはヤランジと名前のつくものが結構たくさんあります。日本語で言うと「もどき」のような感じでしょうか。
このヤランジキョフテも本来ひき肉を使って作る肉団子をブルグルと言う挽き割り小麦で作ります。



①まず挽き割り小麦をだいたい同量の熱湯に30分ほど浸けておきます。
②そこへ卵、KIMYON(クミン)、塩、胡椒、小麦粉を入れてよく練ります。
 (団子に丸まるくらいの硬さになるまで小麦粉の量を調節します)





③最初に生地を棒状にとり、2センチ大位にちぎってから手のひらで丸めます。



④全部丸める前に試しに2・3個を小さな鍋で沸騰させた湯で茹でてみます。ここで崩れなかったらOK。(これがアンネの匠の技ですね)



⑤大きな鍋で沸騰した湯でキョフテを茹で、皿に盛ってからすりおろしたにんにく入りのヨーグルトをかけ、その上から唐辛子のバターソースをかけて頂きます。



フォトジェニックなデリンちゃん。
      






☆現在のイズミル☆



コメント (31)
この記事をはてなブックマークに追加

DOGAL GAZ(ドアル ガズ=天然ガス)

2007-07-04 07:39:41 | イズミル暮らし・イズミル案内

キッチンの棚に納まっているプロパンガス。

トルコへ来て生まれて初めてプロパンガスを使いました。今まで日本のどこに住んでも都市ガスは当たり前だったので家の中にプロパンガスを設置すること自体になじめず何だか爆発しそうで怖かったものです。以前住んでいた家ではキッチン用とお風呂用に2個使っていました。今の家はお風呂は電気の給湯器にしたのでガスは料理をするコンロにのみ使用しており、だいたい1個で4ヶ月もちます。1個の値段は前回購入した時点で36.5YTL(約3,450円)でした。結構高いのでガスがなくなると悲しくなります。


この日は日曜日で工事はおやすみ。このように放置状態です。

トルコもアンカラを始めイスタンブルなど大きな都市はだいぶ以前から天然ガスが敷かれていましたがイズミルはようやく敷設工事が始まったところです。新しい住宅地はまあまあちゃんとした都市計画に基づいて造成されたせいか敷設工事も早くから始まっていましたが、私が住んでいるところはイズミルでも古い居住地域のため道路も細く曲がりくねっていることに加えて駐車場が決定的に不足しているため路面駐車の車が両車線にびっしりとあり工事が始まったらどんなことになるのかと天然ガスを待ち焦がれる反面、恐怖も大きかったのです。


多分太いのが本管、細いのが建物へつながる管。こんなちゃちなものなの?

そしてその工事がいよいよ始まりました。うちのアパートの前の通りはまだ始まっていないのですが、一つ坂を上った通りは掘り返しが始まっておりそこを歩くだけで黒い靴は真っ白、ふだん海からの風が気持ちよく通り抜けるおかげで今は砂埃が舞い上がり熱波に加えてまさに砂漠の様相を呈しています。日本だったら(といつも比べてしまうのはいけないと思うのですが、でも書きます)あらかじめいつどこを工事をするか、どこが通行禁止になるかが周知されてから掘り返しが始まり、管を埋めてその上からコールタールをかけて舗装完了、たぶん一晩のうちにできるところのみ掘り返してできるだけ車や歩行者に迷惑がかからないようにすると思うのですが、こちらはもちろんそんなことお構いなし。一番優先されるのは工事です。一気に削岩機で掘ります。事前連絡はもちろんありません。通行禁止になるのもその直前に手前の道の入り口をゴミ箱か何かでふさぐだけなので、入り口まで来て初めて通れないことがわかり、迷路のようにあちこち行ったり来たりすることはしょっちゅう。だから工事の進捗は速い速い!


ほんの30センチくらいの深さのところに埋まっています。大丈夫?

そしてこのように掘った後は土をかぶせてそのまま放置されるのです。ガス管敷設はガス会社の仕事でコールタールで道路を舗装するのは市の仕事らしく今この辺はそこらじゅうの道路が掘り返されたまま乾いた土がのっかているだけ。外を歩くのがいやになります。

道路へのガス管敷設が済むと今度はアパート内への配管が始まるのでしょう。これもまたうちは天然ガスを使わないから工事費用は払わないだの揉め事が起こるような予感がします。




我が家のアイドルお隣さんの娘デリンちゃんも満2歳に。
       






☆現在のイズミル☆




コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加