イズミル便り

IZMIR'DEN MERHABA

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AYVA TATLISI(アイヴァタトゥルス=花梨のデザート)

2007-01-31 22:30:41 | 料理


この美しい黄色い果物の写真を改めて見て、私はAyva(花梨)だと知っているのになぜか梶井基次郎「檸檬」を思い出してしまいました。今でも書店「丸善」のレジにレモンをそっと置いていく隠れ梶井基次郎ファンがいるという話を聞いたことがありますが、東京駅丸の内口にオープンした巨大丸善でもそんなことをする人はいるのかしらと、本好き、日本の本屋恋しい私です。



いつか「トルコ子育て生活」のmikiさんがAyvaのことを「どこが美味しいのかわからない」とおっしゃっていたような気がするのですが、mikiさん!なんて言ってたっけ?まさに私にとってもAyvaの感想はそれ!香りはとっても甘いのです、でも食べてみると口中の水分が全部吸い取られてしまうようなすっぱいような渋いような…そんな味。でも義妹夫婦はこれが大好きで二人でガシガシ食べています。見ているだけで口につばがわいてきます。上の花梨リンクによると「固いので生食には適さない」と書いてありますが、生で食べてる義妹夫婦って…。



夫も食べないくせに年に一度か二度「買おうか」と言うので買います。そして食べないでジャムへ変身するのが我が家のAyvaの運命でした。今年はTATLIを作ってみようかなと思い立ち、トルコ料理の本やインターネットを調べ、それぞれの一番簡単、一番いいところを拝借して作ってみたのがこのTATLIです。
またもやむっちゃ適当なレシピなので忘れないうちに書いておこうと思いました。



《作り方》
アイヴァ4個 
リンゴ1個
種無し干しぶどうチャイバルダク1杯
シナモン
砂糖、水

①アイヴァの皮をむいて二つに割り、芯の部分をきれいにする。
②鍋にアイヴァを並べひたひたの水をいれ、芯をくり抜いたところに砂糖を大匙一杯ずつ入れて柔らかくなるまで煮る。
③煮ている間にレンデ(おろし器)でリンゴをすりおろし、レーズンと一緒に炒める。砂糖大匙一杯とシナモンで味付けをする。 
④②のアイヴァを芯の部分を上にしてオーブン皿に並べその窪みへ③を詰め200度で15分程焼く。

私はこのままの甘さで充分でしたが、夫は「全然甘くない」とトルコ人らしい感想を言ってくれたのでクレムシャンティ(ホィップクリーム)をかけてみました。でも本当は生クリームかお菓子屋さんで売っているカイマクという乳脂肪で食べるとよいと思います。

アイヴァを煮た汁は美味しいのでそのまま飲めます。喉の痛みにいいそうです。


※トルコのレシピによるときれいなロゼワイン色を出す為に食紅を使ったりしています。でもアンネ(義母)はアイヴァを煮る時に芯の部分と一緒に煮ればきれいな色が出ると言うし、私も以前ジャムを作った時は何もしなくてもきれいなロゼ色になったのです。でも今回はこんな色になってしまいました。食紅を使わないできれいな色を出すコツをご存知の方、教えてください!





いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (34)

姪っ子誕生!

2007-01-27 07:53:15 | イズミル暮らし・イズミル案内

のんびり屋さん、Hos geldin(いらっしゃい)!

待望の姪っ子が1月26日(金)午後4時35分に生まれました。義妹の二女、つまり姪っ子ビルテンの妹になります。予定日は1月の16~18日と言われていたのですが一向に生まれる気配がなく、月曜日に診断に病院へ行った時に医者から「もし希望されるなら今すぐにでも手術(帝王切開)を」と言われて義妹は「いえ結構です。このままの方が楽です」と言って帰ってきました。

 

 

ビルテンアブラ(お姉さん)。心なしかビルテンの顔が強張っています。初めての抱っこで緊張気味。          

昨日もいつも通りだった義妹ですが、夜になってついに痛みが始まり、今日の午後3時過ぎに病院へ、4時35分には3900g52cmの女の子が生まれました。分娩室へ入って20分で生まれたそうです。はやっ!知らせを受けて待っていられないビルテンの「早く病院へ連れて行って~」コールを受け、一緒に病院へ行きました。

        

生後4時間にして既にカメラ目線。さすがビルテンの妹!  個室にある赤ちゃん用ベッド。

既にに赤ちゃんと義妹は一緒に個室に戻っていました。普通の赤ちゃん用のベッドと母親用のベッドがあります。訪問者はかわるがわる抱っこし放題。キスも遠慮がちにしていました。そして明日の朝にはもう親子揃って退院するのだそうです。日本だったら数日間は病院で過ごしますよね。義妹本人も「もう今日帰りたい」と言っているほど元気です。



ビルテン曰く「日本人みたいだね」。はい、この姪っ子ちょっと鼻が低いです…。

ALLAH UZUN OMURLER VERSIN, ANALI BABALI BUYUTSUN !!!





  




コメント (38)

KEREVIZ(ケレヴィズ=セロリ)

2007-01-24 16:46:50 | 料理

KEREVIZ1キロ分(1YTLでした)。

セロリはお好きですか?私は大好きです。日本にいた時は、サラダやスープに入れてポリポリ頂いていました。トルコではセロリの根っこを食べます。そのせいか日本で食される茎の部分はへなへなで食べるほどの太さがありません。最初にトルコでKEREVIZ(セロリ)を買った時、日本では茎の部分を食べると話したらびっくりされたことを覚えています。

 かわいいチビKEREVIZ。

トルコでもセロリの茎の部分は、大きなマーケットの高級野菜コーナーでもやし!やカット野菜と並んで売られています。

根の部分もやはり茎の部分と同じような香りがし、煮込むと甘くてほくほくとしていてトルコの冬の味、一時このKEREVIZにはまって週に一度は食べていましたが、最近は少し飽きてしまっていたところ、「トルコ子育て生活」のmikiさんが、トルコで初めて買ったKEREVIZのことを相変わらずユニークなメニューで紹介していらっしゃたのを見て、久しぶりに食べたくなってしまいました。私のKEREVIZは義妹から教えてもらった普通のトルコ料理です。


KEREVIZ以外の材料、玉ねぎとトマトは細かく、その他は食べやすい大きさに切ります。トマトが高いので1個だけ。

最近、オレンジの絞り汁を入れるようになったのですが、こうすると味が柔らかくなってセロリの香りも緩和され、より食べやすくなるような気がします。
作り方は「むっちゃ適当」「トルコ~スパイシーライフ」のyokocan21さん語)です。


皮をむいたKEREVIZ。

〈作り方〉
①野菜を切っておく。
②KEREVIZの葉っぱの柔らかそうなところをつんで洗う。
③玉ねぎを油で色が変わるまで炒めサルチャ〈トマトペースト)を加えて香りがたつまで炒める。
④そこへトマトと葉っぱ以外の野菜を加えて少し炒める。
⑤かぶるくらいの水、オレンジの汁、塩を加え、最後にトマトとKEREVIZの葉っぱを入れて柔らかくなるまで中火で煮込む。



 Afiyet olsun!





いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (39)

レンジャーバトンだって。

2007-01-20 23:14:36 | Weblog

テンプレートと同じような写真ですが、我が家から見える今日のイズミル湾です。


朝起きると道路が濡れていました。夜のうちに雨が降ったようです。ヨーロッパの悪天候の影響でしょうか。雨上がりのイズミルは、一転夏のような日差しでバルコン(ベランダ)に出ると暑いくらいです。こんな青空と青い海を見たらやっぱり窓拭きをしなくちゃね、と言うトルコ人化が進んでいる私にカッパドキア在住「トルコ子育て生活」のmikiさんから「レンジャーバトン」が回ってきました。よくわかりませんがmikiさんのご指名を拒否するわけにはいかないのでお応えしましょう。

1.始まりの合図は?

よいしょっ。
最近あまりにもこの言葉を使うせいか夫が覚えて自分も使っています。

2.身長は?

162cm(縮んだかも。)

3.身長に比べ体重は?
  
トルコではみんなの前で堂々と体重を量って発表していますが、日本ではasla asla!!!(決して!)

4.体型は?
 
昔から変わっていないと自分だけは思っている。
10年以上着ている服がたくさんあるので。

5.髪質は?髪型は?
 
髪質は硬い。そのくせ変な癖がある。短い。
一日でいいからさらさらロングヘアーになってみたい。
最近生まれて初めて染めました。
トルコで一番恋しいものは日本で行っていた美容院。トルコの美容院嫌い。
  
 
6.目について

普通かな。視力は会社に勤めてから悪くなりました。

7.顔について

トルコに来て紫外線が強いせいか年のせいか放置しているせいか
しみが増えて鏡を見るとびっくりします。

8.誰に似てる?

両親。昔はテレサテンに似ていると言われた。知らない?

9.好きなものをたくさんあげてください!

日本、トルコ、旅行、本、本屋、モンブラン、ほたて、うに、豆腐、海、新緑、
レンコンのきんぴら、犬、クムル、音楽を聴くこと、映画を観ること、笑顔、
雨が降り始めた時の土のにおい、落ち葉を踏むこと、新雪を踏んだ時の音・・・。


10.嫌いなものをたくさんあげてください!!

牡蠣、ぎんなん、いちじく、泥棒、非常識な人、人のことを考えない人、
トルコのシステム(がないところ)・・・・。
 
11.自分の心に響いた言葉は? 
 
アッラーは、持ち上げられない重荷を課すことはない。

12.1日の中で1番好きな時間は?

夫を送り出して掃除を済ませた頃。家の中にお日様の光がふりそそいで幸せになります。   
目が覚めて、まだ起きる時間じゃなかった時。  

   
13.自分ってどんな人に見えると思う?

どう見えますか?コメントを書いてくださる方、一言書いてください!   
 
    
14.次にお願いしたいレンジャーの皆さんは?

えーと、これを今読んでいらっしゃる貴方!え?私?とか思わないでください。これを読んでくださった全ての「レインボーレンジャーさん!」お答えください。改めて考えてみると結構楽しめますよ。おつきあいありがとうございました。そしてバトンを回してくださったmikiさんにもありがとう!!!






いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (25)

ひどい!

2007-01-17 07:22:07 | イズミル暮らし・イズミル案内

タイヤに注目!

先日の日曜日、たった一日の貴重なお休み、ゆっくりと朝食を済ませて車で買い物にでも行こうかと近くの駐車場へ。夫が車のアラームやらロックを解除して、さあ車に乗ろうとした時に「あ、タイヤの空気がぬけてる」と言いました。
見ると運転席の下のタイヤがぺっちゃんこ!あああぁ、パンクしちゃったの?と呆然としていると続けて「全部パンクしてる」と夫、車の中に常備している空気入れを出してきました。ほらあの自転車のタイヤ用のです…。「え、それで空気入れるわけ?」と心の中で思いました。ただタイヤの空気蓋(?)をはずして空気をぬいただけかもしれないと一縷の希望があったらしいのですが、空気を送り始めてすぐにタイヤにナイフのようなもので穴が開けられているのがわかりました。


4個ともぺしゃんこにつぶれていました。しかもどうしてうちの車だけ~?

この駐車場、以前はこの地区のムフタル(地区長みたいなもの)が管理して24時間管理人も常駐していたのですが、管理できないと放置、でもその土地の持ち主が住人の便宜のためにと、当面はそのまま使わせてくれているのです。だから鍵もかかっていて有志が使っていると言う感じ、最近ではだんだん知らない車が入ったりしているそうなのです。それにしても!4個全部あけることはないんでないの~?

その後夫は交番へ行って事情聴取(?)、再びおまわりさんと現場へ戻って証明書などを書いてもらって3時間くらい走り回っていました。結局タイヤは保険で全とっかえできるそうで、翌日ルノーのサービス工場へ運ばれていきました。タイヤの寿命がどのくらいかよく知りませんが交換してから2年以上過ぎているのでこの際保険で全とっかえ出来ることは不幸中の幸い。被害がタイヤだけでよかったけれど、何か恨みでもかっているのか?とちょっと気持ち悪くなりました。
保険に入っててよかった・・・。





いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (30)

1YTL分下さい。

2007-01-13 21:19:48 | 料理


トルコで食品を買う時は何でもキロ単位、パザルでは1キロ、半キロで買わざるを得ませんが、マーケットでは自分で欲しいだけ1個からでも買うことができます。欲しいだけの野菜類をナイロン袋に詰めて売り場の真ん中に設けられた計量所で計って値札をつけてもらったり、秤とレジが一体化しているところでは袋詰めしたものをそのままレジに乗せれば自動的に値段がわかる仕組みのところもあります。

トルコの朝食に欠かせないオリーブや白チーズ、我が家ではそれ程減らないので「200g下さい」と言うことも。夫にはこれが恥ずかしいらしいのです。少量を買う時は必ず私に買わせます。たまにお店の人も「そんなに少しでいいの?」と言ったり「え?」と聞きなおしたりする人もいますが大量に買って悪くなるよりは、少しずつ頻繁に買ったほうが飽きないし、色々な味を試すこともできます。

 LORチーズ。

いつも近所のチーズ屋さんでLOR(ロル)と言う種類の柔らかい白チーズがとても美味しいので時々「1YTL分下さい」と言って買います。夫も大好きなチーズなのですがすぐに味が変わるので我が家には1度で1YTLも買えば充分。でもこれが夫にはできない、先日近くへ行くというので買うのを頼んだのですが結局仕事場の近くの知り合いのバッカル(雑貨屋、何でも屋)で買って来てくれました。

で、このバッカルで買ったLORが臭いのです!腐った匂いではないのですが動物臭くて口にできませんでした。仕方がないので私のトルコ料理のバイブル「TULAYのトルコ料理」で白チーズを使ったメニューを探して「BEYAZ PEYNIR BISKUVI(ベヤズ ペイニル ビスキュヴィ)」と言うものを作ってみました。なかなか濃厚な味ですが、匂いも気にならなくなりチャイと一緒におやつに美味しく頂きました。

(作り方)
・白チーズ 150g
・ヨーグルト1カップ
・オリーブ油1/2カップ
・溶かしバター1/2カップ
・卵2個
・ベーキングパウダー小さじ1
・小麦粉400g
・塩
・チョレキオトゥ


黒ゴマのようなチョレキオトゥ、クミンと書いてあります。トルコでは黒ゴマを見たことがありません。

①ボールにチーズ、ヨーグルト、オリーブオイル、溶かしたバター、卵、ペーキングパウダー、塩を入れて混ぜます。
②小麦粉を少しずつず入れて柔らかい生地にします。
③型に入れてチョレキオトゥで飾り、170度のオーブンで約30分焼いて出来あがり。


こんな型に入れてみました。




いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    









コメント (32)

FORUM BORNOVA(フォーラムボルノヴァ)

2007-01-09 17:30:07 | イズミル暮らし・イズミル案内


イズミルのボルノヴァ地区に昨年4月にIKEA IZMIRがオープンしたことを以前書きましたが、同じくEGE大学の敷地内に広大なショッピングセンターが建設中でした。ドイツの銀行が資本を提供し、オランダとトルコの会社による共同事業だというエーゲ地方で最大のALISVERISMERKEZI(アルシュベリシュメルケズィ=ショッピングセンター)が10月ついにオープンしました。巨大ハイパーマーケットKIPAや映画館、約120軒の店舗からなり、将来は文化センターや図書館などの設備も併設するとか。







  


街並みは2階建て。今のところゴミもなく清潔。


年末のある土曜日、起きるとすぐに車に乗って出かけました、FORUM BORNOVAへ。まずは朝9時半からオープンしているIKEAのカフェテリアでゆっくりと朝食を食べてから街並みをぶらぶらと散策。


IKEAの朝食プレート、一人3.5YTL(約290円)。パン、オムレツ、飲み物別。


子供達のお楽しみも。顔にペイントしてもらってお絵描き中。

従来の屋根つきショッピングセンターではなく67.000㎡と言う広大な敷地の中に一つの街が出現、遊歩道の間を川が流れ、橋が架かり、花壇にはラヴェンダーが植えられ、カフェはテーブルを外に並べてのんびりとした休日を過ごす人がコーヒーを飲んだりアイスクリームを食べたり。行ったことはないけれど南欧のどこかの街角みたい?お店はトルコのブランドショップが多く私達にはなんだかねーと言う感じでしたが、ささやかに小さなクリスマスリースを買いました。KIPAはあまりにもハイパー過ぎて息苦しくなり早々に退散、最後にスターバックスコーヒーでクリスマス限定(トルコではYilbas=New year限定かな?)のジンジャーブレッドラテを飲んで(美味しいー!)ほんわかして帰ってきました。






FORUM BORNOVAのHP ⇒ http://www.forumbornova.com/default.php




いつもありがとうございます。よかったらクリックお願い致します!→    
コメント (24)

YENI YIL(イェニ ユル=新年)

2007-01-03 08:44:02 | イズミル暮らし・イズミル案内

花屋の店頭、一気に春が訪れたよう。

新年明けましておめでとうございます。お正月気分も今日で終わり、またいつもの日々が戻ってきますね。トルコでは例年、お正月は1日がお休みになるだけなのですが、今年は12月31日から1月3日までがクルバンバイラム(犠牲祭)の祝日となった為、学校や多くの職場では12月30日から1月3日までが連休となったようです。

12月31日の朝はアンネの家へイズミル在住のテイゼ(叔母さん)一家と義妹一家と私達が集合してバイラムの挨拶、朝食と恒例のバイラム行事でした。
トルコでは大晦日の年越しをホテルやレストランでのパーティーや繁華街でのカウントダウンなどで過ごす人も増えてきているようですが、我が家は相変わらず地味に家でちょっとご馳走、そして滅多に飲まないワインを買ってきて祝杯をあげました。


スープはアンネ特製のバイラムスープ。フォークとナイフの並べ方が・・・by夫です。


ブロッコリーと人参、チェリートマトでクリスマスツリーを作りました。


メインはチキンを蜂蜜とにんにく、塩コショウで味付けしてオーブンで焼きました。蜂蜜が効いて美味。

12時になるとイズミル湾のあちらこちらで花火が上がり新しい年の幕開けです。我が家は朝まで飲むぞーと張り切っていたわりには2時頃には敢え無く沈没、朝まで爆睡でした。


左側にちょろっと見えるのがカルシュヤカ(対岸)で上がっている花火。屋上からの眺めです。

一夜あけて今度は新年のお祝いをしに、またまたアンネの家へ。クルバンのお肉で最初に料理するカブルマ(シンプルに炒めて香辛料で味付け)をご馳走になりました。さすがに新しいお肉、羊ですが臭みもなく美味しい!全ての食べ物に感謝です。

日頃お客さんの少ない我が家にもこのバイラムにはお客様も来て下さいました。


友達親子と新婚ホヤホヤでラブラブなお兄さん御夫婦(右の二人)。

 
アパートのお隣さん。フォトジェニックなデリンちゃんも1歳半になりました。


義妹一家とアンネ(義母)。義妹はこの18日頃に出産予定です。


2日にフェリーに乗って出かけたカルシュヤカの街です。国旗がはためいてちょっと日本の新年の光景を思い出しました。





いつもクルバンバイラム2日目は雨が降ってクルバン(犠牲になってくれた動物達)の血を流すと言われているそうです。今年は3日目に雨が降り出しました。下の写真の家並み、坂に沿って5~7階建てのアパートが密集しています。ちょうど写真の真ん中あたりに我が家はあります。玄関のドアはいつでも皆さんの為にオープンです。







今年も皆様のお越しをお待ちしております。 
コメント (34)