応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

折尾駅周辺立体交差事業(22)

2019-02-11 11:52:14 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

若松方面からの筑豊本線(若松線)の新トンネル部分を見ることができた。 

     

     

     

反対側からは確認できなかったのだが、既に、線路、架線柱、架線の工事も完了しているようである。 

     

     

     

     
鹿児島本線の下に造られた若松線トンネルと短絡線トンネル入り口

     

これに対し、短絡線側のトンネル部分の工事は、まだ始まっていないようで、もしかしたら、現鹿児島本線を移設した後に、本格的に開始されるのかもしれない。 

     
将来、短絡線が走る折尾駅西側高架部分 

     

     
昭和の国鉄時代の香りがする現折尾駅ホーム

From Face Book:The new track and overhead power lines have been completed near the tunnel.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(21)

2019-02-01 14:56:42 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

若松方面からの筑豊本線(若松線)は高架駅の折尾駅を過ぎると、トンネル部分になり、鹿児島本線の下を通って、直方方面へと向かう。 

     

     

その部分の工事も進んでおり、架線柱の構造からもトンネル部分へと下がっていくのが良くわかる。 

     

     

実は、短絡線からももう一つのトンネルを抜けて来るので、折尾駅の南側には2本のトンネル構造となる。

     

From Face Book: The new tunnel is being built under the track of the Kagoshima line.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(20)

2018-11-09 12:22:28 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

筑豊本線の新折尾駅の建設は順調に進んでいるようで、プラットホームも姿を現し、6番線の表示も見える。 

     

完成時には、筑豊本線は6番線、7番線を使うことになる。 ちなみに、短絡線が1,2番、鹿児島本線が3,4,5番線ホームということになるようである。 

     

     

     

また、筑豊本線の水巻側では、高架工事も終わり、線路の敷設工事も始まっている。 ただ、この部分はトンネル構造となり、鹿児島本線の下をくぐるはずである。 

     

     

     

     

さらに、現在の鹿児島本線の北側では、将来、鹿児島本線が移設される新しい高架橋も随分と建設が進んでいる。

     

From Face Book: The new track number 6 has appeared.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(19)

2018-10-02 12:31:52 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

筑豊本線からの列車用新ホームの工事も順調に進んでいるようである。 

     

     

     

     

     

     

また、現在の鹿児島本線の北側に新しい線路ができる予定だが、その部分の高架工事が急ピッチで行われている。

      

     

     

これが、現在使用されている折尾駅に北側に繋がり、将来はこの部分に鹿児島本線が移設されることになっている。 

     

From Face Book: New two track on the viaduct is under construction.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(18)

2018-07-23 12:35:57 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

高架工事が進む筑豊本線であるが、新折尾駅のホームが姿を見せ始めた。 

     

     

最終的には、ホーム4面7線となるが、その最も北側の部分である。 ただ、将来の鹿児島線ホームからはちょっと遠いような感じもしないではない。 

     

また、その新鹿児島本線の折尾駅側の高架橋工事も進んでいる。 

     

From Face Book: A new Orio station for Chikuho-line has just appeared.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(17)

2018-06-29 12:17:42 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

キャンパス内に面白いものが展示してある。すでに解体された折尾駅折尾立体交差橋りょうに使用されていたもので、100年以上前に製造されたレンガの一部ということである。 

     

ちなみに、筑豊本線の前身である筑豊興業鉄道を設立した中の1人が、本学の創設者「安川敬一郎」である。

     

From Face Book: A piece of brick used for the former Orio train station is displayed in our campus.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(16)

2018-06-21 12:30:33 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

折尾駅周辺事業であるが、現在、鹿児島本線が利用している折尾駅構内のホームと線路は、将来的には筑豊本線の短絡線となる予定である。 

     

     

     

そのため、現在の鹿児島本線の北側にようやく新高架橋(これが鹿児島本線となる)が必要だが、ようやくその工事が始まったようである。 

     

     

また、若松方面からの電車が利用するホーム部分の基礎工事も進んでいる。 

     

From Face Book: Some pillars for a new viaduct have been seen.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(15)

2018-05-21 12:39:13 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

折尾駅周辺の工事だが、若松方面からの高架橋も基礎工事がほぼ終わったようで、折尾駅まで伸びてきた。 

     

     

現在、地上を走っている筑豊本線がこの高架部へと移設される。 

     

     

     

この区間の電化は行われないようだが、代わりに、「架線走行モード」と「蓄電池走行モード」の2つの走行モードがある819系蓄電池電車が走る。 ちなみに、10分間の充電で約90キロの走行が可能である。

     

From Face Book:
The structure of viaduct of Chikuho-line has been almost completed.

コメント

折尾駅周辺立体交差事業(14)

2018-04-21 10:05:42 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

     

折尾駅周辺の工事は順調に進んでいるようである。 

     

     

     

筑豊本線の若松方面からの高架部分もほぼつながって、その全貌が見えてきた。 

     

     

     

     

     
下の線路が高架橋へ移設され

今後は、現在、鹿児島本線が使っている複線部分と筑豊本線との間に、新しく複線が作られ、そこに鹿児島本線が移設されるはずである。

     

From Face Book: Construction of the elevated railroad has been making significant progress.

コメント

折尾駅周辺連続立体交差事業(13)

2018-02-14 12:33:38 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

    

折尾駅周辺では、鹿児島本線を挟むように筑豊本線(若松線、福北ゆたか線)と短絡線が建設されるが、現在、駅北側からの若松線の延長工事が進んでいる。 

     

     

     

     

     

折尾駅西側では、トンネルになり住宅地の下を通って、これまでの福北ゆたか線に接続される。

     

From Face Book: The new railroad is approaching to Kagoshima line.

コメント

折尾駅周辺連続立体交差事業(12)

2017-12-21 12:20:12 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

    

旧折尾駅の駅舎を撤去した跡地部分に若松線から続く高架工事が順調に進んでいるようである。 

     

     

     

     

この高架橋が現鹿児島本線ホームの北側から回り込み、住宅地の下のトンネルへと繋がる予定である。 

     

     
この部分にもう1本線路が敷設される。

     

     

さらにこの工事中の高架橋部分に、再度、鹿児島本線が移り、その後に筑豊本線から分岐した短絡線が黒崎方面に向かう計画である。 

     
若松方面への高架橋

     

From Face Book: The new elevated rail tracks are being constructed next to the present Orio station.

コメント

折尾駅周辺連続立体交差事業(11)

2017-09-26 12:28:50 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

    

折尾駅の改築工事も順調に進んでいるようである。 

    

新駅部分のアンダーパスの筑豊本線・若松線の線路も見ることができるようになった。 

     

     

     

     

また、若松線からの高架工事も随分と新駅に近づいてきたようである。 

     

おそらく、最後の旧折尾駅の名残りかもしれない。 

From Face Book: You can see the tracks of Chikuo-line under the new Orio station.

コメント

折尾駅周辺連続立体交差事業(10)

2017-08-10 08:01:23 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

       

旧折尾駅解体も終了したようで、あの独特な構造の駅舎の姿も消えた。 

       

       

       

現在は、若松線(筑豊本線)の合流部分の高架工事が進捗中で、はっきりと高架橋の形が見えてきた。 この高架部分が現在の折尾駅の北側に続き、この部分にもホームが拡張される。 

       

       

       

将来的には、この新しい高架駅に鹿児島本線も移設される予定である。 

       

From FaceBook: The old Orio station has disappeared. A new elevated rail track is being constructed.

コメント

折尾駅周辺連続立体交差事業(9)

2017-04-17 12:22:48 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

       

今年1月に新駅に移動が終わっていた折尾駅であるが、ようやく水巻側、陣原側の旧線路の撤去工事も9割方進んだようである。 

       

       

       

       

       

       

       

レールが撤去され、バラスト軌道の痕跡はまだ認められるが、このバラストが除去され平坦化されると、ここに線路があったという事実もだんだんと忘れ去られる。

       

       

       

       

また、歴史を感じさせていた旧折尾駅の旧ホームもほぼ解体されつつある。 

       

       

       

       

       

若松側から、すでに高架橋の工事が迫っており、この部分の新駅の工事開始も近いと思われる。 

       

From Face Book: The old rail tracks have been removed at both sides of Orio station. Its old platforms have also been broken down.

コメント

折尾駅周辺連続立体交差事業(8)

2017-01-08 08:46:40 | 折尾駅周辺連続立体交差事業

       

折尾駅の新高架ホームへの切り替えが今年の1月2日に行われた。 

       

切り替えられた旧鹿児島本線 すでに旧駅舎等の解体が始まっている。

       

       

       

       

       

       

       

       

新ホームは3-5番線で、設備も、また長さも、これまでの老朽化した旧ホームから一新された。 運用形態は、従来とほぼ同じと思われる。 

       

       

       

真新しい高架橋を通過する電車の音は非常に軽やかであり、それはそれで良いのだが、旧折尾駅は、日本初の立体交差駅ということもあり、構造が複雑で、ホームへの階段のすぐそばに線路が敷設されていた。 

       

       

       

そのため、古い高架橋を通過する際の独特の鉄路の響きを間近に聞くことができる数少ない場所であった。 運行ダイヤに全く影響することなく線路と架線の切り替えが行われたが、こんなことを平気でできる国は日本だけであろう。  

       

       

       

今回の鹿児島本線新ホームは、実は、まだ仮ホームで、旧ホーム付近に新しく、さらに高架駅を建設し、そこに移って完成となり、現在の新ホームは、筑豊本線の短絡線が使用することになる。 

       

       

それと同時進行で、若松方面からの線路も高架化される。 

       

       

       

そして、新筑豊本線は、鹿児島本線と折尾駅西側まで並走し、その後、住宅街の下に新設されるトンネルに入り、旧線と繋がり、直方方面へと向かうことになるはずである。 

       

嬉しいことに、ホームでの駅弁売りは健在であったが、いつまで続くか心配ではある。

        

 

From Face Book: The new platforms of Orio station have just started their service.

 

コメント