応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

ようこそ構造有機化学研究室へ

2020-12-31 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

          

ようこそ構造有機化学研究室へ





このホームページについて

研究内容

メンバー(2020年度(令和2年度)版更新しました)

連絡先


卒業生近況(2020年版更新しました)!! (Just updated!)

大学ホームページ


応用化学科ホームページ

その他のリンク

Last update: April 08
2020

コメント (5)

お知らせ

2020-12-30 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

    
               

平成31年度(令和元年)


4月2日(火)応用化学科 安全講習会

4月3日(水)新1年生

4月4日(木)入学式

4月8日(月)前期、第一Q スタート

4月12日(金)1~3年生 オリエンテーション

6月14日(金)修士論文中間発表会

7月13日(土)第56回化学関連支部合同九州大会

8月2日(金)-3日(土)工学部オープンキャンパス

9月12日(木)-13日(金)研究室研修(長陽山荘)

9月25日(水)-27日(金)第30回基礎有機化学討論会(大阪)

11月15日(金)-16日(土)第13回有機π電子系シンポジウム(宮﨑)(実施担当)

12月14日(土)-15日(日)大学院入試(2回目)

12月25日(水)研究室4年生中間発表会

12月25日(水)研究室忘年会

2月19日(水)修論発表練習(研究室)

2月19日(水)研究室紹介

2月21日(金)修士論文発表会

2月25日(水)一般入試前期日程

2月25日(水)卒論発表練習(研究室)

2月28日(金)ー29日(土)卒業論文発表会

3月22日(日)-25日(水)日本化学会春季年会(東京理科大 野田キャンパス)(中止)

3月25日(水)卒業式 (中止)


    




コメント

研究テーマ説明

2020-04-08 12:52:53 | 行事(大学関係)

     

今年度の先行きは見えないが、とにかく4年生にテーマの説明を行った。 我々の研究は、有機合成を基本としているので、まずは、簡単な合成に慣れてもらいながら、少しづつテーマについても詳細を説明していくのだが、どうも、今年はできそうにもない。

     

     

有機合成は、ある意味、料理みたいなもので、いくら説明書を詳しく読んでも、実際に手を動かさないと、絶対に修得できない。 その意味でも、4年生の卒論期間は重要な1年なのだが。

From Face Book: The research projects for newcomers in my group.

コメント

福岡にも緊急事態宣言

2020-04-07 12:17:07 | 日々の出来事

     

新型コロナ特措法に基づき、福岡県にも緊急事態宣言が出される。 現在、福岡市では103人の感染が確認されているが、人口比で見ると、かなり高い感染率となっている。 ただ、諸外国と比べると、非常事態とは思えないほど緩い規制で、こんなことで、感染が止まるのだろうか。 確かに、私権や移動の自由は大事であるが、それを尊重するあまり、拡大が続けば、日常が根底から覆る。 ちょっと心配である。 さらに、毎日のように情勢が変わっている中、大学の新学期の対応が全く見えない。 本学でも、当初、4月8日に講義スタートの予定だったが、現在は、4月20日開始だが、宣言が出された以上、再延期は必須である。 また、一番困っているのは、研究室の運営である。 一応、大学側からも案内が来てはいるが、どうも曖昧で、可能な限り自宅での研究活動と言われても、我々のような分野では現実的ではない。 場合によっては、連休明けまで閉鎖となるかもしれない。

From Face Book: Declaration of emergency toward Fukuoka.

コメント

犬の散歩と満開の桜

2020-04-06 13:51:06 | 日々の出来事

     

素晴らしい天気に恵まれた週末、犬の散歩のついでに満開の桜を楽しむことができた。 

     

     

     

     

散歩に使っている東平尾公園は広大な敷地内に多くの桜があり、かつ、人も少ないので絶好の花見コースとなっている。 

     

     

     

例年と変わらない青空と桜の花であるが、やはり今年はいつもと違う。 週末の好天の日、いつもは賑わっているテニスコートであるが、新型コロナウイルスの感染拡大により、使用が禁止されているようで、誰もいない。 異常な光景である。 

     

     

普段の生活に戻るのはいつだろうか。

      

From Face Book: Walking my dog in full bloom of cherry blossoms.

コメント

エープリルフールとアベノマスク

2020-04-05 11:31:08 | 日々の出来事

     

例の「マスク二枚」、やはり数日前のアメリカFOX Newsでも報道されてしまった。 もちろん切り取り感があったかもしれないが、結局、事実として世界中に伝えられてしまった。 
本文は、Prime Minister Shinzo Abe announced late Wednesday that the Japanese government would deliver two old-fashioned gauze masks per household in the nation of about 126.5 million to tackle the rising number of COVID-19 infections.
訳すと、「水曜日遅く、安倍首相は日本政府は増え続ける新型コロナウイルス感染拡大に対処するために、人口1億2千6百5十万人の国内すべての家庭に、旧式ガーゼマスク二枚を配布すると発表した。」 Coronavirus measure in Japan of 2 masks per home taken as April Fool's joke, mocked as 'Abenomask'
訳すと、「日本で新型コロナウイルス対策として1家庭に2枚のマスクはエープリルフールと思われ、‘アベノマスク’とあざ笑われた。」

From Face Book: Taken as April Fool's joke, mocked as 'Abenomask'

コメント

新入生ガイダンス(2020)

2020-04-04 12:23:38 | 行事(大学関係)

     

本学では、予定どおり新入生向けのガイダンスが行われた。 

     

     

入学式も中止になり、また今後の展開が全く見えないので、学生諸君も不安であろう。 それにしても、出席者全員がマスクを着用している光景は異常であり、ちょっと怖い気さえする。 

     

     

右往左往している人間など無視するかのような満開近い桜である。

     

       

From Face Book: The guidance for the freshmen in 2020.

コメント

天神コア閉店とラバーソウル

2020-04-03 12:21:37 | 日々思うこと

     

先月の3月31日をもって天神地区の商業施設である「天神コア」が閉店した。 これは「天神ビッグバン」計画のため、老朽化したビルの建て替えによるものである。 この「天神コア」がオープンしたのは、大学1年生の時(1976年)で、先日閉店した「天神ビブレ」も同じ年の開業である。 何か青春時代のものが次々と賞味期限切れになってきているような気がしないでもない。 確か大型書店とレコード店があったので、そこにはよく通った。 LPレコードなんて、もう死語になってしまったが、ジャケットのデザインを見るのも楽しみの一つであった。 ちなみに、中学1年時に最初に購入したレコードは、ビートルズの「Rubber Soul」だった。 A面1曲目の「Drive My Car」と4曲目の「Nowhere Man」を聴いた時の衝撃は、今でも覚えている。 とにかく、カッコよかった。

From Face Book: The closure of Tenjin Core and Rubber Soul.

コメント

平和ボケ

2020-04-02 12:15:58 | 日々思うこと

     
昨日から今日にかけて、いろいろなSNSで拡散しているのが、政府が打ち出した「マスク二枚」である。 いつも言われていることだが、「日本の常識は世界の非常識」を実践したようなものである。 欧米各国は明らかに「戦争状態」に突入している。 ところがである、平和ボケしている日本人には、「戦争」というものはないことになっているようである。 その結果、政府も、和牛券や魚券、そして「マスク二枚」を郵送費60億円かけて配布するような愚案しか出さず、一方、国民も、「自粛疲れ」などと言っている。 諸外国では、外出禁止に逆らった場合、罰則を科したり、極端な場合は射殺するとさえ宣言している。 これが「戦争状態」で、個人の私権が制約されるのは当然である。 「戦争」に負ければ、私権など吹っ飛んでしまう。 政府が繰り返す「何とか踏み止まっている」を聞くと、太平洋戦争末期、占領していた南の島が次から次へと玉砕しているのに、その事実に目を向けなかった姿を思い出す。 そして、今回の「マスク二枚」。 陥落したサイパン、テニアンから飛び立った大編隊のB29爆撃機から激しい空襲を受けているのに、各家庭に竹槍2本を配っているようなものである。

     

From Face Book: Too little, too late



コメント

時代の流れ

2020-04-01 12:12:13 | 日々の出来事

     

改正健康増進法が全面施行され、それに伴い、大きな駅に数か所残っていた喫煙場所が、完全に廃止される。 また、レストランの多くも完全禁煙となる、これまで先進国の中で唯一、喫煙に甘かった日本なので、当然の措置であろう。 過去数十年で、一番変わったのは、この喫煙環境ではないだろうか。 私が、学生の頃は、とにかくどこでも吸えた。 私は吸わなかったが、国鉄(当時)の列車も、全車、喫煙可で、必ず、灰皿が備え付けてあった。 そのうち禁煙協力区間(通勤時の小倉-博多間)が始まり、確か大学院の頃、16両ある新幹線の中のたった1両が禁煙車になり、話題になった。 それから禁煙化の波は止まらず、今では99%禁煙になっている。 時代は変わっていく。

From Face Book: Smoking is almost completely prohibited at any places.

コメント

運動不足の日々

2020-03-31 12:19:47 | 日々の出来事

     

週に1-2度、必ず利用していたアクシオン福岡のジムであるが、2月28日から始まった閉鎖が延長され、4月20日までとなった。 スポーツジムが感染源になったこともあり、このままだと、いつオープンされるのか全くわからない。 しかたがないので、当面はウォーキングか軽いジョギングでしのぐしかない。 ちなみに、福岡市の高島宗一郎市長は31日の定例記者会見で、市民に関東、関西、海外への不要不急の移動を自粛するよう要請したそうである。 私も60年以上生きているが、こんなことは初めてである。 何か、今後、大変な事態に移行しそうな気がしないでもない。

     

From Face Book: I cannot work out for a while.

コメント

国際線ゼロ 福岡

2020-03-30 13:54:14 | 鉄道と航空機

     

昨日まで、福岡空港国際線で最後まで頑張って就航していたエバー航空105便(福岡初台北桃園国際空港行)、106便(台北発福岡行)も、本日は欠航のようで、これですべての国際線がなくなった。 

     
     空っぽの国際線ターミナルとがらがらの滑走路

先週あたりまでは、シンガポール航空SQ655(福岡発シンガーポールチャンギ国際空港行)、SQ656(シンガポール発福岡行)、ハワイアン航空HA828便(福岡発ホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)行)、827便(ホノルル発福岡行)も何とか就航していたが、随時、欠航となってしまった。 異常な事態である。 1日でも早く、また自由にこの大空を飛べる日が戻ることを切望している。

From Face Book: No international flights from and to Fukuoka.

コメント

感染者増加 福岡

2020-03-29 13:21:58 | 福岡ローカル

     

新型コロナウイルス感染拡大について、ここ数日、その様相が随分と変わってきた。 3月28日に福岡県内で新たに6人が感染していることが確認され、これは24日3人、26日3人、27日は4人に続くものである。 明らかな増加傾向がわかる。 さらに気になるのは、28日の6人の内訳であるが、福岡市内に住む、30代の自営業の男性、30代の男性、60代の会社員の男性、70代の自営業の男性の4人と、北九州市に住む50代の自営業の女性、筑後市に住む20代の女子大学生となっていることである。 性別も、年齢も、住んでいる場所もばらばらで、この事実を踏まえると、福岡県内で、この数十倍の感染者がいる可能性が十分にある。

From Face Book: The coronavirus epidemic in Fukuoka.

コメント

今年の山笠?

2020-03-28 17:00:37 | 博多祇園山笠

     

新型コロナウイルスの感染拡大の先行きが見えない中、福岡市では、ゴールデンウイークの風物詩となっている「博多どんたく」が中止となった。 さて、気掛かりは7月の「博多祇園山笠」である。 私は、一般の参加者なので6月から本格的な準備ということになるのだが、関係者の間では、既にいろいろと準備が始まっているはずである。 もちろん、ほとんどは屋外行事で、「直会」についても多くの場合、風通しのよいテント等が多いと思われるので、何とかなるかもしれない。 ただ、問題は、一番大事な山笠(やま)を動かす時である。 約26人が6本の舁き棒に付き、さらに、どんどんと入れ替わるわけなので、その場所での密集度は非常に高い。 さらに、声を出さずに舁くことは、まず不可能であるので、この点が、特に気になるところである。 

     

From Face Book: I’m just worried about Yamakasa of this year.

コメント

新4年生(2020)

2020-03-27 13:03:07 | 行事(大学関係)

     

4月から当研究室に配属される新4年生が決まった。 すでに、配属が決まっているGEコースの学生を含めて4名である。 この4年生が、修士まで指導できる最後の学生になる。 残りの年数を考え、ここ数年研究室の人数も減らしてきたこともあり、ほんとうに小さなグループになってしまった。 一時は、狭苦しかった実験室も随分と余裕がでてきた。 

     

ところで、ある方が今回の新型コロナウイルスの感染拡大は「地球という生き物をこれまで破壊し尽くしてきた人類に対する浄化作用」とも言っていた。 確かに、今回の件で工場が止まり、観光がなくなったことで、大気や海の水の汚染が減少したようである。 

From Face Book: Welcome aboard!

コメント