応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

地底の森ミュージアム(1)

2014-09-30 18:17:44 | 旅関連

       

仙台に行く機会があったら、ぜひとも訪れたい場所がいくつかある。 

       

       

その一つが「地底の森ミュージアム」である。 個人的には、この種の博物館が大好きである。 アメリカにある「Natural History Museum」というカテゴリーが残念ながら、ここ日本にはない。 

       

       

       

       

ここには、
2万年前の森林の跡および旧石器人のキャンプ跡が保存されており、これは人類と自然の関係が遺跡となっている世界的にも貴重なものらしい。 

       

       

       

       

       

またたき火跡も確認されており、その周辺から100数点の石器などが見つかっている。 こんな場所で、じっと静かに佇んで、遠い昔に思いを馳せるのも悪くはない。 

       

       

ここで、たき火をしていたであろう旧石器人、2万年後、こんなコンクリートの博物館で、自分達のたき火の後が、多くの人に見られるようになっているなんて、想像もしていなかったであろう。

From Face Book: I had the chance to visit the museum called “Revival of the world of the glacial period” in Sendai. It exhibits remains of the forests way back to 20,000 years ago. You can also see the remains of the fire built by people in the Old Stone Age.

コメント

小さな足跡

2014-09-29 12:26:22 | 日々思うこと

       

これまでに、このブログでアップした写真の枚数が1万枚を越えた。 周囲からは、よくそんなに書くことがありますね? と聞かれることもあるが、考えてみると、日々、同じ日はないわけで、記録(記憶)に留めておきたいことは多い。 まあ、私にとっては、写真日記という位置づけだが、ネットさえ繋げれば、世界中、どこでもいつでも、持ち歩くこともなく読むことができる。 十数年前までは、想像もできなかったツールである。 そして、私がこの世を去った後も、多分相当期間残るであろう。 まさに、時空を越えた小さな小さな私の足跡である。

       

From Face Book: I have posted up ten thousand pictures in my blog. I consider this blog as my journal that can be read anywhere in the world anytime as long as it is connected by the Net and could survive even after my life.

コメント

ロンハーマンカフェ

2014-09-28 20:48:08 | グルメ

       

福岡市中央区警固に、今年4月にオープンしたロンハーマンカフェに夏の昼下がりに行ってみた。 

       

       

       

       

ロンハーマンは、1976年にメルローズにオープンしたカリフォルニアスタイルをベースにしたアメリカのライフスタイルショップである。 

       

       

ショップを覗いてみると、カルフォルニアの香りのする懐かしい物も多かったが、何と言っても、南カルフォルニアを彷彿とさせるカフェに寄ってみたかった。 

       

       

       

暑い日だったが、福岡にしては珍しく風もあり、オープンカフェで食べることができた。 期待を裏切らず、南カルフォルニアの風を感じることができた時間であった。 もう一度、住んでみたいものである。 いずれにせよここはお勧めである。

       

From Face Book: We dropped by the Ron Herman Café which was newly opened this April in Fukuoka. This shop was established in 1976 in LA. Having lunch at this open-air café I feel like being in the southern California.

コメント

高森殿の杉

2014-09-27 23:15:58 | 行事(大学関係)

       

今回の研究室旅行で、何でも話題のパワースポットらしい「高森殿の杉(たかもりどんのすぎ)」に行ってみた。 

       

       

       

       

この辺りは、高森城主が祀られているらしい。 そこには幹周りが10メートルを超える1対の杉の大木は樹齢400年を超えているということである。

       

       

       

確かに、この日本の杉だけが異常に大きく周りを圧倒しており異様な光景でもある。 残念ながら、私には、どんなパワーも、その場では感じなかった。

       

From Face Book: We have visited the place called "Takamoridon No Sugi" where a couple of big and old Japanese cedar trees rise. This place also is famous for the power spot.

コメント

秋の研究室大掃除

2014-09-26 12:38:49 | 行事(大学関係)

       

10月からの後期を前に研究室の大掃除である。 

       

       

       

       

       

       

以前は夏休み前に行っていたが、どうも最近、夏から9月にかけて行事が多く、なかなか時間がとれないようである。 

       

       

       

       

気づけば、今年も3ヶ月、季節も秋から一気に冬に向かう。 ほんとうに速いものである。

       

 
From Face Book: Today is a cleanup day in the lab before the second term will start. There are just three months left in this year.

コメント

農村バイキング

2014-09-25 12:17:19 | グルメ

       

研究室旅行二日目のランチは、「はな阿蘇美」という施設に併設されたレストランでの農村バイキングであった。 

       

       

       


ここでは、この近所で育てられた新鮮な野菜等を食することができる。 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

また、350種3000株のばらがあるイングリッシュローズガーデンや物産館も同じ敷地内にあり、いろいろと楽しめる場所である。

       

       

From Face Book: We had a buffet at Hanaasobi for lunch. In this premise there is also English rose garden and the gift shop.

コメント

温泉三昧

2014-09-24 12:35:37 | 行事(大学関係)

       

2日間の研究室旅行であったが、2ヶ所の温泉に入ることができた。 

       

       

       

       

       

       

初日は、阿蘇白水温泉瑠璃で、湯温56度の豊富な泉源のある白水郷にある温泉施設である。 

       

       

       

       

       

二日目は、大津温泉岩戸の里で白川沿いにあり、湯温57.5度のナトリウム・マグネシウム一硫酸塩泉の温泉である。 どちらも、露天風呂を楽しむことができた。 

       

       

昔なら、風呂上りの冷たいビールであったが、最近は、風呂上りのアイスクリームが美味しい。 なお、二人のインドからの留学生にとっては、人生初体験ということであった。

From Face Book: We have visited two hot springs in two days. That was also very first experience for two Indian students. One of my favorite things is ice cream after soaking in the open-air bath.

コメント

長陽山荘でBBQ

2014-09-23 16:10:40 | 行事(大学関係)

       

宿泊場所は南阿蘇にある本学の研修所である。 国道からは近いのだが、非常に静かな場所で落ち着ける。

        

       

夕食は、これまたいつものBBQである。 幸い、昼間降っていた雨も上がり、屋外で肉等を焼くことができた。 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

山間の澄んだ空気の下、学生諸君とビールを飲みながら過ごすのは楽しい。 

       

       

       

館内には、本学出身の宗像敏男氏の作品が数多く飾られている。

       

         

       

       

主に南フランスをモチーフに、油彩、水彩、版画、壁画等を描き続けて四十年になり、素晴らしい作品を世に送っておられる方である。

       

From Face Book: We enjoyed BBQ at night with lots of beer under very fresh air. In the facility belonging to our university many works by Toshio Munakata who is an alumnus are decorated.

コメント

そば打ち体験

2014-09-22 20:20:05 | 行事(大学関係)

       

この時期に、いつも1泊の研究室旅行を行っている。 まず、久木野そば道場に出かけた。 この地域は、古くより、緩やかな傾斜面と高冷地特有の気候、そして豊かな水資源のため、美味しい蕎麦作りに適している。 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

ここでは、石臼で丹念に挽いたそば粉を使ったそば打ち体験ができ、その後、自分で作ったそばをその場で食べる事ができる。 

       

       

現在、2名のインドからの留学生がいるのだが、彼らが特に楽しんでいたようである。 ただ、蕎麦作りを教えてくれるおばさんの説明を通訳するのは、結構、難しかった。

       

From Face Book: We have visited the facility in Aso where you can make buckwheat noodles by yourselves as the lab trip. We have two Indian students who especially enjoyed their first experiences.

コメント

スーパーケミスト

2014-09-21 08:12:48 | 日々思うこと

       

今回の有機合成化学セミナーで一番印象に残ったことは、何と言っても、アメリカScripps Research Institute のProf. Baranであった。 

       

       

これまで歴史に残る化学者と比較されるほど圧倒的な才能と実力の持ち主である。 

       

そんな彼ではあるが、日本の学生さんとも、気軽に話をしていた。 今後の活躍を多いに期待したい。

From Face Book: What most impressed me in this seminar on Synthetic Organic Chemistry was Prof. Baran at the Scripps Research Institute in the US. All of us is looking forward to whathe will do in the future.

コメント

懇親会と二次会

2014-09-20 07:26:29 | 行事(大学関係)

       

この有機合成化学という分野は、ノーベル化学賞の例を挙げるまでもなく、世界に誇れる日本のお家芸的分野である。 また、今回のセミナーへの出席者の母体は、工学部、理学部、薬学部、農学部、そして企業と多岐に渡っており、このような例は他の学会ではあまり見られない。 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

恒例の懇親会も行われた。 泊りがけの良い点は、そのまま二次会に突入できるということである。

       

       

       

       

       

ちなみに、化学者は酒好きという伝統は全く変わっていないようである。

From Face Book: The banquet was held followed by the second party with a lot of alcohol. They say chemists tend to drink too much. In the field of organic syntheses lots of people from various origins are involved.

コメント

ポスターセッションとランチ

2014-09-19 15:52:31 | 行事(大学関係)

       

有機合成化学セミナー1日目の夜は学生によるポスターセッションも行われた。 

       

       

       

       

研究を頑張っている学生の発表を聞くのも楽しみである。 また、会場にはアルコールも準備されており、活発な議論の助けにもなる。 

       

2日目のよるには、優秀なポスター8件が選ばれ、ポスター賞が与えられた。 

       

       

       

       

ランチは弁当で、しばし海を眺めながらの休息である。 遠くににはプサン行のフェリーも見えた。

       

       

From Face Book: We had the poster session by the students with a lot of alcohol. I also enjoyed the lunch seeing a good view of the sea.


コメント

志賀島で有機合成化学セミナー

2014-09-18 15:15:48 | 行事(大学関係)

       

第31回有機合成化学セミナーに参加するために、志賀島の国民休暇村に来ている。

       

       

最寄りの西戸崎駅

       

       

       

       

       

       

       

今年は、有機合成化学教会九州支部の担当で、九大のT先生のお世話ということとで、ここ福岡の地で行われている。 参加者全員が同じ場所に泊まり込んでのセミナーで、講演以外にも、いろいろと交流を持つことができる。 志賀島は、福岡の中心部からも近く、また眺めも素晴らしい場所でもある。 

       

       

今回の目玉は、何と言っても、アメリカScripps Research Institute のProf. Baranの講演である。 とにかく、稀にみる秀才で、24歳で学位を取り、31歳で教授に昇任している。 研究内容も群を抜いて量、質とも素晴らしい。 こんな人材を自由に伸ばすシステムが整っているのもさすがアメリカである。

       

From Face Book: The 31st Seminar on Synthetic Organic Chemistry is being held in Shikanoshima,Fukuoka. All participants are staying at the same hotel in three days. We can enjoy the marvelously talk by Prof. Baran at the Scripps Research Institute very much.

コメント

Chen教授夕食会

2014-09-17 09:58:32 | 行事(大学関係)

       

Chen教授の講演終了後、有機化学系の先生方と一緒に夕食会を行った。 

       

       

       

       

このような場で、他国の大学の事情などについて情報交換を行うのは有意義である。 いろいろ日本の大学の問題点もわかってくる。 また、個人的に親交を深める非常に良い機会でもある。たまたま、さきほどの講演会にも参加していた私の研究室の学生がバイトしている店であった。

       

From face Book: We had dinner with Prof. Chen enjoying fresh squid and sake. We could spend a wonderful time. My student is doing part-time job here.

コメント (1)

Prof.Chen 講演会

2014-09-16 23:45:28 | 行事(大学関係)

       

某学会で来日中の台湾National Tsing Hua大学のChen教授を本学にお呼びして講演をお願いした。 

       

       

       

       

       

       

博多駅前のホテルに滞在されているので、まず、博多駅で昼食をご一緒して、その後、本学にお連れした。 

       

       

講演は、光によってヘリセン分子が造るらせん構造やバンドル構造等を制御するもので非常に面白かった。

From Face Book: We have invited Prof. Chen as the special speaker from Taiwan. The lecture he gave was very interesting in terms of supramolecular chemistry.

コメント