応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

山笠(やま)の季節

2015-06-30 10:16:22 | 博多祇園山笠

       

いよいよ7月1日から山笠が始まる。 1日は当番町のみのお汐井とりが行われるが、通常は、9日から15日早朝までの約1週間が、我々にとっての山笠期間と言える。 山笠と関わって約30年になるが、それまでは、早良区に住んでいたこともあり自分とは全く関係のない世界であったし、あの勇壮で、ちょっと荒々しい姿を見ると、とても参加できるものではないと感じていた。 ところが、結婚を機に縁があって、参加させて戴いた。 よくはまってしまった、という言葉があるが、まさにその通りで、書けば、いくらでも書けるが、とにかく居心地が良いのである。 睡眠時間も少なく大変なのだが、何故か、気持ちが爽やかなのである。 今、日本の大きな祭り行事が、参加者や見物客のことを考え、土日に行われることがほとんどである。 しかし、この博多の山笠だけは、9日から15日と決まっており、よって平日のことも多い。 さらに、11日の朝山、そして15日の追い山は、早朝の5時である。 以前、ある解説者が、初めて山笠を見て、何が驚いたかというと、「平日の昼間に5000人を越える男たちが仕事を休んで集まることです」と言っていたのを記憶している。 その仕事を休む気持ちは、よーく良くわかる。

From Face Book: The Yamakasa will start from July 1st in Fukuoka.

コメント

筑紫口横のスペインバル

2015-06-29 12:24:22 | グルメ

       

博多駅の筑紫口のすぐそばに、小さいが感じのようスペインバルがあり、何度か利用している。 

       

       

週末などは、いつも一杯である。 スペインビールのクルスカンポ、マオウシンコエストレージャス、そしてアルハンブラメスキータを飲むこともできる。 

       

       

       

       

       

もちろん、タパス類も充実しており、値段の手頃でいろいろと楽しめる。 もちろん居酒屋であるが、完全禁煙なのが嬉しい。 まあ、先進国では当たり前のことなのだが。

        

From Face Book:We dropped by a Spain bar called Tortilla Flat that serves Spanish beer and various kinds of tapas. This place is a smoke-free environment.

コメント

第52回化学関連支部合同九州大会

2015-06-28 10:52:42 | 行事(大学関係)

       

化学関連支部合同大会が北九州国際会議場で行われた。 

       

       

       

       

今年は52回目であるが、ちょうど日本化学会九州支部設立100周年ということもあり、いつもとは少し違った形で行われるはずであったが、韓国からの先生方の来日が中止になり、1日のみの開催となった。 

       

       

       

この合同大会はある意味ユニークで、化学関連八つの学会が、九州支部というキーワードで集まって行うものである。 

       

       

また九州支部の幹事会も併せて行われた。

       

今回は高分子学会九州支部のお世話で開催された。 支部長の菊池先生

       

       

       

実は、私も35年前の修士1年生の時に、初めて発表した学会も、本大会であった。 当時は、九州大学工学部の防音教室で、ブルースライドを用いての口頭発表であった。 確か、卒論で行ったポリマー型の二分子膜に関する研究だった。 遠い昔になってしまった。

       

From Face Book: The 52nd meeting for the Kyushu branches of some societies closely related to chemistry was held at Kitakyushu International Conference Center.

コメント

なおす

2015-06-27 08:23:42 | 日々思うこと

       

今も福岡市ではで広く使われている博多弁であるが、その中に、特に「方言」と認識されていないものも多い。 その中の一つが、「なおす」である。 使い方としては、「おもちゃで遊んだ後は、ちゃんとなおさんか!」という感じで、ここでの「なおす」は「しまう、片づける」という意味である。 うちの娘二人は、大学から東京に出たが、当たり前のように使った「なおす」が通じなかったと、二人とも嘆いていた。 その他、分かってもらえなかった言葉として、「ランドセルをからう」、「ペンがつく」などなどがあるとのことであった。

From Face Book: We use “naosu” as the meaning of putting back in Hakata, however, this term is recognized as the meaning of repairing in Tokyo.

コメント

今年の就職活動状況

2015-06-26 12:56:11 | 大学のこと

       
  
今年の就職活動について「経団連などは企業説明会の解禁を3月に、採用試験や面接の開始を8月に、それぞれ4カ月程度繰り下げることを申し合わせている。」ということだが、感覚的には、例年より少し遅れて動いている程度で、「赤信号、皆で渡れば怖くない」状態である。 このままだと、8月前には、ほとんど決まってしまうことも考えられ、また同時に就活期間が4カ月延長されてしまう可能性が高い。 まあ、企業側は早く良い学生が欲しい。 学生も早く良い企業に決めたい。 違反しても、特に罰則があるわけでもない。 早く決まったからと言って、他の誰にも迷惑をかけるものでもない。 これじゃ、申し合わせを守れというほうが無理なのかもしれない。

From Face Book: Job hunting has already been overheated before it officially starts.

コメント

45年の歳月

2015-06-25 12:34:19 | 福岡ローカル

       

福岡市営地下鉄七隈線の延伸工事が本格化してきた。 天神南と博多駅間を結ぶ1.4キロの新路線で、5年後の平成32年の開通予定である。 博多駅は、現空港線よりさらに深い場所にホームが作られるらしい。 祇園付近の開削区間、その他はほとんどシールド工法なので、地上からはわからない。 西鉄市内電車の貫線が、地下鉄工事のために廃止されたのが、私が高校3年生だった1975年、あれから45年で、ほぼ福岡の地下鉄システムと置き換わることになる。 長い月日である。

       

From Face Bok: The extension of Nanakuma line of Fukuoka subway system will be completed in 5 years.

コメント

ほぼ開店休業状態

2015-06-24 12:22:16 | 大学のこと

       

研究室が、例年以上にほぼ開店休業である。 もう2ヶ月以上、こんな状態である。 今年から大学院入試が1ヶ月早まったことと、入学定員の厳正化により異常な競争試験になり、研究室に配属されてからずっと4年生は受験勉強である。 また、修士2年生は、就活で誰もいない。 現状を見ていると、協定により就職選考開始とされる8月には、皆、就職先が決まっているだろう。 やはり、何かが変である。 そもそも、修士であれば、大学6年間みっちりと学んだ後に、どのような価値を身に着けたのかが重要であるはずなのに、全く、違う力学で就職活動が動いている。 よく「元気が良いから採用しました」とか「コミュニケーション能力がありますから採用しました」などと聞くが、化学を教えている立場からすると一抹の寂しさと同時に違和感を感じるのは私だけだろうか。

From Face Book: Most students in my lab are very busy for job hunting and preparation toward the graduate school.

コメント

シュラスコ

2015-06-23 12:14:58 | グルメ

       

ここも人気店でいつも混んでいるのだが、今回は予約して行った。 

       

       

ブラジリアンバーベキュー・シュラスコ専門店の「銀座バッカーナジョイア」で、博多駅横の交通センターの8階にある。 

       

       

       

       

       

       

       

焼きたての牛6種類(イチボ、フィレ、ランプ、サーロイン、牛バラ、カイノミ)、豚2種類(肩ロース、ソーセージ)、鶏2種類(ハツ、ももローストチキン) の全10種類が食べ放題である。 

       

       

そして、これまた美味しかったのが、焼きバナナと焼きパイナップルである。 ビール片手についつい食べ過ぎてしまった。 

       

       

ちなみに、赤札にしておくと、これ以上は食べないという意味である。

       

From Face Book: We visited a churrasco, or Brazilian barbecue restaurant called “Ginza Bacana Joia”. We enjoyed an all-you-can eat Brazilian churrasco.

コメント

グローバル? ローカル?

2015-06-22 22:33:12 | アメリカのこと

       

最近、いろいろな学内会議で俄かに話題になっていることがある。 「地元密着型」とか「地域貢献型」である。 これは、大学の役割を大きく三つに分けようとする動きに対応したものであるが、そんな中、本学の卒業生は地元企業への就職が少ないから、何とかしなくてはならないという意見が出された。 ちょっと待って欲しい。 数年前から、グローバルエンジニア、グローバルコンピテンシー、グローバルマインド等、グローバル三昧で、国境を越えてグローバルな環境で働ける人材の育成に力を入れていたのではなかったのだろうか。 それが、今度は、「関門海峡を越えるな」という議論が始まるのだろうか。 もう支離滅裂である。

From Face Book: Global or local? Which is which?

コメント

九州支部100周年記念シンポジウム延期

2015-06-21 10:44:16 | 行事(大学関係)

       

来週の6月28日(日)に予定されていた「日本化学会九州支部設立100周年記念国際シンポジウム」が延期となった。 今回、韓国化学会釜山支部からも研究者をお呼びしての記念シンポジウムであったが、中東呼吸器症候群(MERS)が韓国で予想以上に広がり、学会へ参加予定の方が隔離対象者になったらしくキャンセルとなった。 親しい友人の講演の座長予定でもあり残念ではあるが、賢明な判断だと思う。

The joint symposium to commemorate the 100th anniversary of Kyushu branch of Chemical Society of Japan has been canceled because of Middle Eastern Respiratory Syndrome (MERS) spread in Korea.

コメント

極上豚足

2015-06-20 22:48:39 | グルメ

       

山笠では同じ西流に属する店屋町にある豚足専門店「釘本食堂」に行ってみた。 
焼鳥や居酒屋では、当たり前に提供されている豚足であるが、ほとんどが塩焼きしているものである。 

       

       

       

しかし、ここの豚足は豚骨・醤油等から7時間以上かけてスープを作り、そこに豚足を投入し、さらに4時間近く煮込んだものということである。 

       

       

       

何でも、店主の方が、「台湾旅行の際に出会った豚足のおいしさに衝撃を受け、作り方を教わった」ということである。

       

From Face Book: There is the small restaurant that serves a very soft leg of a hog stewed for a long time.

 

コメント

修士論文中間発表

2015-06-19 18:27:47 | 行事(大学関係)

       

大学院修士の学生の中間発表会が行われた。 

       

最初に英語による2分半の概要説明、その後ポスター発表である。 

       

       

       

この英語でのプレゼンテーションは、始めてから10年近くになるが、まだまだ、改善の余地がある学生が多い。 

       

また、この機会を利用して、優秀な学生に送られる学生奨励賞の授与を行った。

From Face Book: The mid-term presentations in English by graduate students have been done.

コメント

2040年問題

2015-06-18 12:27:13 | 日々思うこと

       

政治にしても経済にしても、まして自然現象など、明日は何が起こるか誰も予想できない。 しかし、そんな遠くない未来に、日本で間違いなく起こることがある。 それは人口減少と高齢化である。 この本には、細かい数字のデータが並んではいるが、端的に言うと、表紙にあるように、2040年には、今と較べ、就業人口が1500万人減るということである。 これは、現在の製造業に就業している人口に匹敵する。 さらに高齢化に伴い医療、介護従事者が増え続け、今のサービスを維持するなら、総労働者の4分の1を占めるそうであるが、そんな社会が成り立つわけがない。 気が重くなるようなことばかりであるが、技術革新も含め解決方法はあるはずである。 大事なことは、問題を先送りしないのと同時に、我々の世代が我慢することも必要であろう。 政治家も、人気取りのために、刹那的で美味しいことばかりを言うべきではない。

Japan is supposed to face the aging society in the near future.

コメント

チーズダイニング

2015-06-17 14:21:50 | グルメ

       

中央区大名の路地裏に「アンジェロ&ミカエル」というチーズ料理の店がある。 以前寄った時は満席だったが、今回は入ることができた。 

       

       

       

       

ただ、女子会のおばちゃん達もおり非常に混み合っていた。 店員の方の対応も良く気持ちよくチーズ料理を楽しめた。 

       

       

       

       

       

特に、パルメザンチーズの中で仕上げる石焼リゾットは美味しかった。 

       

       

       


また、店員の方から、「写真をどうぞ」なんて言われたのも初めてである。 この辺りは、面白いショップがたくさんある注目の場所である。

       

From Face Book: We enjoyed a cheese dinning at the restaurant called “Angelo & Michael”.

コメント

30年の月日

2015-06-16 12:31:21 | 日々思うこと

       

高分子学会に正会員として30年在籍したということで、何にも貢献はしていない(ただ会費を払っているだけ)のだが表彰状が届いた。 ちょうど助手になってから30年ということである。 学生時代は、よく高分子学会に出席していた。 特に、当時の秋の討論会では、手書きの数ページの予稿集だけで、スライド等を使わずに発表していた。 質問時間も長く、また厳しい質問も多かった。 また、大学院学生の頃、高分子夏季大学が九州支部のお世話で行われたので、いろいろとお手伝いをした記憶もある。 当時の支部長は、確か九大の斎藤省吾先生だった。 ただ、助手以降は研究テーマが大きく変わり、高分子学会にはあまり参加していない。 また、会長の高原先生は2学年上の先輩であった。 時の流れを感じてしまう。

From Face Book: I have been a membership of the society of polymer science, Japan in 30 years.

コメント