雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

日本晴れの秋の日に

2018-11-17 20:00:12 | つれづれ

澄み切った秋空はあまり目にしなくなったが、 11 月 15 日は「これぞ秋空」といった好天気に恵まれた。

近くの寺の屋根に乗った金属の珠が光っている。

 

 

民家の欅の大木の宿り木がくっきりとみえる。

 

 

寺の門前の三面六臂の青面金剛像をしっかり眺めた。富士山が噴火した次の年に作られた石仏だ。

 

 

近隣センターの図書館で本を借り、戻ってくると米屋さんに大型トラックが止まっていた。

 

 

こんなトラックを間近にみて感動した。

 

 

「岩手県から運んできたのですか」と思わず聞くと、昨夜出発し、今朝着いたのだと運転手さんが言われた。

 

 

これから、宇都宮に行って荷を積んで戻るのだそうだ。

素晴らしい!それにしてもお体ご自愛下さい!!

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 菊の力 ② 新宿御苑菊花壇展 | トップ | 龍ヶ崎市(茨城県)に過ぎた... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くっきり、しっくり、びっくり (谷氏)
2018-11-23 22:31:59
雨曇子さま。
秋空にくっきり宝塔を見て、
三面六臂の青面金剛像をしっかり眺め、
巨大トラックの積載力にビックリ。
刺激的な秋の日でしたね。
出かければ、何かに出会う。
そうなんですよ (雨曇子)
2018-11-24 10:04:58
一歩外に踏み出せば何かに出会うのです。
この巨大なトラックを 60歳を過ぎたやせぎすの、あまり力のなさそうな方が、一人で岩手県から運転してきて、しかも車中泊で、平然と荷物の積み下ろしもしておられることに感動したのですが、それはこのブログで十分表現できませんでした。

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事