タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

あの頃の山メシ~6

2019年02月19日 | 山歩きから
北沢峠

天気予報通り雨になりました。

話題もないので、青春のころの山メシの話題です。

ソロキャンプで、標高的に一番高いところにテントを張ったのは南アルプスの北沢峠です。標高2000メートルくらいでしょうか。

今ではシャトルバスで行くことのできる北沢峠ですが、当時は戸台から歩いていました。テント装備一切を持って標高差1000メートルを登るのは、体力のないタカ長にはきついものでした。

    

その時の戸台川です。奥に見える山が鋸岳の稜線です。
到着した日は雨で、戸台川の様子を見ただけで戸台山荘にひき返して自炊した、とメモ書きしていました。しかし、雨の記憶はありません。

北沢峠に登る日は天気が回復しました。メモには沢に石を投げて足場を作り渡渉した、とあります。しかし、その記憶もありません。

戸台川ぞいを登って行くときに丸太橋を渡るところがあり、重いザックを担いで渡るのがとても怖かった記憶だけは残っています。

    

そのようなことをしながら登った北沢峠のテン場です。ここに写っているのが自分のテントなのか、他の登山者のものか、その記憶もありません。

とにかく、ここをベースにして甲斐駒ヶ岳や仙丈岳に登りました。

仙丈岳の山頂での記念写真です。山頂についたときはガスっていましたが、そのガスもやがて晴れ、雄大な展望が広がりました。その時の記憶は鮮明に残っています。

       

この登山の時に見た北岳の気品のある姿は今もって忘れることができません。そのような風景を見て、この日のタカ長は上機嫌だったのでしょう、我ながらいい顔をしています。

この時の登山は、その後は天気に恵まれ、予備日が余ったので、甲斐駒ヶ岳から北沢峠に下りた後あわただしくテントを撤収し、その足で戸台に下りました。余った時間を利用して戸隠高原のほうを歩きたかったからです。

弱い、弱いと言っても、今のタカ長からみたら別次元の行動力です。やはり、若いって素晴らしいことなのですね。

    

半世紀も昔のことなので忘れてしまったのでしょうが、本当にあの時の山メシはどのように準備したのでしょうか?一切を広島から持って行ったのか、途中の町で調達したのか、その記憶もありません。

山男、といわれる屈強の仲間たちから落ちこぼれた軟弱なタカ長でしたが、それでもテント装備一切を担いで北沢峠に登ったのです。

自慢にも何にもならない、ささやかな山歴ですが、それがタカ長の青春でした。

タカ長的には今も忘れられない北沢峠での生活です。
コメント (1)

カガラ山下見登山

2019年02月17日 | 山歩きから
yamakashiさんとカガラ山に行きました。

広島では有名な武田山のそばにある小さな山ですが、正直にいうと最近知った山です。

仲間たちと何度か登ったことがある武田山に登る別コースをチェックするのが目的でした。

    

山陽自動車道広島ICのそば、武田山トンネルの上にある山です。

高度図で三角形に見えるのは武田山で、その左の、ピークともいえないようなところがカガラ山です。

JR可部線大町駅から歩き始め、市街地を歩いて登山口に向かいました。

上の軌跡図で、歩いた軌跡と山陽自動車道を示す緑の線が接しているところがカガラ山です。

    

今回はYAMAPの軌跡を見ることが出来るので、迷うこともなく登山口に着きました。

ここから山道に入ります。

    

今回は最短コースをさけて、名水を賞味できるコースをとりました。

写真のチェックが出来ていないので、画像的にはパスです。そのあと、、、、

    

岩がゴロゴロしている尾根を登ると視界が開けてきて、左側に数字以上に立派な武田山が姿を現します。

今日は天気が良いので、山の景色や市街地を見ながらゆっくりと登ります。

    

初めての道は平凡な登りも非凡な道に見えます。

    

人工林が無かったので嬉しくなりました。

下から見ると山ともいえないような小さな高みですが、実際に歩いてみると味があります。

それを賞味しながら登って行くと、、、、、

    

はい、カガラ山の山頂に到着です。

ご覧のような晴れで、風はない山頂でした。

すぐそばを山陽自動車道が走っているはずですが、車の走行音は聞こえても自動車道は見えませんでした。

    

この山頂のウリはこの風景、三角形の武田山の風景でしょう。

カガラ山の倍の高さのある武田山が思った以上に立派に見えました。

    

山頂にいた地元の登山者にシャッターを押してもらった写真です。

彼が一番気に入っているアングルだそうです。

カガラ山で休憩したあと武田山に登り、下祗園駅に下りました。

武田山は人気の山で家族連れや若いカップルの姿もありました。

途中ではトレランしている若いグループにも遭遇、そう、今日は日曜日でした。

ウイークデイばかり歩いていると、日曜日のこのような風景は新鮮でした。

日曜日はJRの利用もしやすいので、たまには「日曜プラン」を考えないといけないなぁ、、、、

というようなことを話しながら下山しました。

    

早めに下山したので数字的にはこんなものです。歩数は1.3万くらいでした。

タカ長たちにはちょうど良い山歩きが出来るコースでした。

  
コメント

あの頃の山メシ~5

2019年02月16日 | 山歩きから
デイキャンプ

    

広島の市街地の近くにある呉娑々宇山は私たちのトレーニング場でした。車のマツダ本社、野球のマツダスタジアムに近い山です。

登山を始めたころこの呉娑々宇山や白木山などで経験を積まないと県北の山、芸北山群と言われている恐羅漢山などに連れて行ってもらえませんでした。それが登山を目指す人の暗黙の了解事項でした。

この呉娑々宇山の水分峡でキャンプ体験もしました。ここでキャンプ生活をしながら職場に通勤することをマジメに検討したこともあります。しかし、残念ですがこのプランは実現できませんでした。

    

職場の山仲間と山上のため池でデイキャンプみたいなこともしていました。もちろん、そのころはデイキャンプというようなしゃれた言い方はなかったように思います。飯盒炊爨をしに行く、と言った記憶はあります。

忘年会もこのため池のそばで行うのが通例でした。ブログで紹介したやみ鍋をしていたのもこのため池でした。

    

この画像は忘年会のものではないようです。飯盒炊さんをしたのでしょうが、詳細な記憶はまったくありません。

    

食事の終わったあとは皆で山の歌を歌っていました。これは通例になっていました。
最近の山は高齢者ばかりが目立つようになり、山で歌っているグループなど見たこともありません。この習慣を復活してほしいと言っても一人ではできません。チョットだけ淋しい気がします。

ボッカ訓練をしたのもこの山です。冬山シーズンが近づくと、何かしら重いものを担いで高尾山から山頂への尾根を歩いたものです。

    

思えばたくさんの想い出がある呉娑々宇山ですが、最近はご無沙汰が続いています。そのためでしょうか、今ではあのため池に行くルートさえ分からなくなりました。

独りで行く自信がないので誰かに案内してもらい、元気なうちにもう一度行って、デイキャンプは無理としても、せめてコーヒーくらい楽しみたいと思っています。

このようなことを書いていたら、記事の内容と画像が一致するのかどうか、それさえ自信がなくなりました。

あれから半世紀以上の時が流れているのですから仕方ないのでしょうが、いずれにしてもこのデイキャンプは、タカ長にとっては忘れられない山上での山メシです。

コメント (2)

案外いいかも

2019年02月15日 | 山歩きから
仲間たちとの裏山歩き、今日は15名集まりました。

本日は「月例」といって、弁当持参の裏山歩きですが、この時期は寒いので皆さん早めに下山されました。

ところで、本日のタイトルですが「案外いいかも」というのは何となく始めた「3軍制度」のことです。

プロ野球の選手も故障すると3軍で故障を治しながら調整するようです。

それを見習う感じで、私たちのグループも3軍制度を始めたようなことになっているのです。

その3軍に、病気で1年以上来なかった仲間を無理やり(?)誘いこみました。

その彼はいま透析を受けていますが、金曜日は時間が取れるようなので、誘いの電話をしたのです。

    

その仲間を加え、3軍選手の2名とコーチのタカ長は1軍のあとをゆっくりと登って行きました。

墓苑の先から、、、、

    

渓流コースに下りて、一歩一歩確かめるように登って行きます。

    

ここでタカ長コーチは今まで以上に足の運びに注意するように、、、、と有難い(?)指導。

というようなことは、本当は短時間で、何となく色々なことを話しながら50番鉄塔に向かいました。

       

50番鉄塔に着いたときは曇りで無風。

それなら稜線の切り株の上で、、、、、

    

コーヒーの準備をしてもらったら風が出てきました。

当然のことですが、風を避けるところに移動して、、、、、、

     

はい、52番鉄塔のほうに向けて乾杯。

本当は稜線の上で乾杯して、風のため寒さがこたえてきたので風下に移動したわけです。

    

おしゃべりを楽しんだあとそろりそろりと下山。

膝に問題を抱えている人は下りが問題なのです。

そのため出来るだけ膝に負担をかけないようにゆっくり下りたら、、、、、

    

山上の古刹まで行ってきた1軍の連中に追いつかれ、追い越されてしまいました。

というような裏山歩きでしたが、3軍の選手も喜んでくれて、タカ長も嬉しくなって、、、、

この3軍制度は案外いいのでは、と手ごたえを感じました。

この歳になるといつ誰が体調をくずすか分かりません。

体調が悪いと言って家にこもっていても良いとは言えません。だから、、、、

ドクターストップがかかっていない人は少しでも歩きましょう、というのがタカ長の提案なのです。

この提案、皆さんに支持されるかどうか分かりませんが、、、、

案外いいのでは、というのがタカ長の実感です。

    

本日のデータです。

4時間ちかくかかったことになっていますが、50番鉄塔で80分以上おしゃべりしていました。

その他の数字はこれくらいで良さそうです。3軍は無理は禁物です。

コメント

あの頃の山メシ~4

2019年02月14日 | 山歩きから
ホエーブス

ホエーブスと聞いて何のことかすぐに分かる人は、昭和のころから登山をしていた人だと思います。というのはタカ長の独断ですが、平成になって登山を始められた人はおそらくホエーブスを使っておられないのでは、というような気がしています。

ホエーブスはオーストリア製のキャンプ用ストーブです。以下の画像はネット(元山岳部部長の登山講座)から借用させて頂いています。
タカ長も若いころ使っていましたが、タカ長のもは角型の箱に入っていました。その他はこの画像と同じです。

    

元山岳部部長によると、ホエーブスは大正期から平成3年まで製造されていたそうです。ということは、平成の初めころ登山を始められた人も使われたかも分かりません。

ホエーブスはヘッドを交換することで灯油でもガソリンでも使えますが、タカ長はガソリンを使っていました。何より火力を優先していたからです。

灯油を使うものは「マナスル」とか「ラジウス」とか言っていました。これらも懐かしい名前です。

これらのストーブにしても、ホエーブスにしても正常に燃えている時はゴーゴーというを出します。その音は心強くてソロキャンプの時などは強い味方のように思えました。

    

調理を終わり、ストーブを止めると、ストーブの音で押しのけられていた渓流の音や風の音などが一気に襲ってくるような気がしました。あの感覚は好きで、今でもその時の様子が頭の底に残っています。

ホエーブスは信頼のおけるストーブでした。特に冬山などでストーブが燃えなくて、調理が出来ないと大変なことになりかねません。そこで信頼性の高いものを使用していました。

先輩からは「ホエーブスは絶対だ。もし、誤作動を起こすとしたら、それはお前の扱いが悪いからだ」と言われていました。

    

余熱に失敗すると火炎放射器になりかねません。実際に火炎放射器になり、テントを燃やしてしまった事例が報告されたような記憶もあります。燃料がガソリンなので失敗すれば大変ですが、あの火力は魅力でした。

タカ長はこの画像程度のことは経験しましたが、幸い大きな事故は起こしていません。
当時はガスストーブが出始めたころで、火力はホエーブスのほうが圧倒的に強力だったように記憶しています。

山でのキャンプなどしなくなって長い時間が流れました。そのためホエーブスは物置の奥で眠っています。

パッキンなど交換すれば立派に現役復帰してくれるはずですが、何かとドジをすることが多くなったので、ガソリンを扱うことには腰が引けます。無理をしないほうが無難、ということでしょう。

多くの山行きを共にしてくれたホエーブスは捨てることができなくて、ピッケルとともに物置の奥で眠っています。

    

今ではガスストーブが主流で、先日の山メシでは2個のガスストーブが活躍しました。

そのようなわけでタカ長のホエーブスが現役復帰することは無いでしょうが、あの名前は昔の登山者には忘れられないものなのです。


コメント (4)

コショウの木

2019年02月13日 | 山歩きから
向山のコショウの木を見に行きたい、と相棒に誘われ、一緒に見に行きました。

天気は晴れで絶好の登山日和、そのほうは問題がありません。

    

森を抜けて急登を登ります。

下から見るとすぐそこに山頂が見える小さな山ですが、実際に歩いてみると思いのほかしごかれます。

    

反射板の下の急登を過ぎ、そこからもうひと頑張りでコショウの木のところにつきます。

相棒の心づもりでは白い花が咲いている、ということになっていたようですが、、、、、、

    

ご覧のような状態でした。

これでは前回とほとんど変わりません。

    

今年の1月6日の状況です。

花芽はほとんど動いていないですね。花の時期を当てるのは易しいようで、案外難しいのですが、、、、

今日もその通りになったようです。

空振りで「ご苦労さん」と言うことになりました。

    

そのあとまだまだ続く急登を登って尾根に出ます。

写真では分かりにくい急登ですが、ここをおしゃべりしながら登れるのですから、まだまだ山歩きは出来そうです。

    

尾根に上がるとアップダウンの少ない道を山頂に向かいます。

その山頂は展望もなく、珍しくもないのでパスして、奥原の岩場まで足を伸ばしました。

ここでチョットだけ長い休憩をしました。

休憩をしていたら、窓ヶ山のほうからやって来たという若い女性登山者が独りで登ってきました。

誰とでも話が出来るようになったタカ長はここでハチクマの宣伝です。

ゴールデンウイーク明けにここに来ると、運が良ければハチクマがドカッと渡ってきますよ。

是非とも見に来てください。その時は差し入れもお忘れなく、、、、、、。

というような話です。どこまでも厚かましいタカ長です。

    

    

本日のデータです。

高度表示は左から右に歩いていますが、イメージ的には右から左に歩いたように感じました。

小さな山なので恐れることはありませんが、ピリッと辛い山なのかも分かりませんね。




   
コメント

3軍はのんびりと

2019年02月12日 | 山歩きから
    

仲間たちとの裏山歩き、今日はキレイに晴れました。

いつもの駐車場を出発したばかりなのに、遅れている人がいます。

実は、、、、彼はいま3軍で調整中なのです。

タカ長はその3軍の監督で、今日はもう一人助監督までついてくれました。

    

その3名で、仲間たちに遅れて、のんびりと自然歩道を歩きました。

ほかのメンバーたちは大杉集落を往復しましたが、3軍は途中でひき返して、46番鉄塔で仲間たちの帰りを待ちました。

    

その軌跡です。

軌跡の一番上が自然歩道のひき返し点で、途中で右に軌跡が伸びているところの先が46番鉄塔です。

46番鉄塔のまわりは電力会社の手によって切り払われており、広い展望を楽しむことが出来ます。

    

その展望を楽しみながらぜいたくな時間を過ごしました。

天気は晴れ、風はナシ、のんびりするには最高の時間でした。

    

調整中のメンバーはコーヒーとお菓子を準備しており、それらを頂くのですから、最高の時間です。

この味を知ったら3軍の監督は辞められない???

         

いつもの駐車場から見る裏山とは少しだけ角度が違うだけですが、視点を変えて見るとわが裏山もずいぶん山深く見えます。

それらの風景をのんびりと楽しむことが出来ました。

    

二郎杉の尾根と二郎杉。ここからでも二郎杉の先端が一段高く見えます。

そして、、、、

    

桜尾根と白樫尾根。白樫尾根は手前の木に隠れてよく見えませんが、少し移動すればハッキリと確認できます。

    

膝を故障している仲間の調整登山でしたが、それでも4㎞は歩いていました。

のんびり歩きの好きなタカ長は、3軍の監督をしてもストレスはゼロです。

このブログを仲間たちも見ていますが、、、、、

体調が万全でない人も裏山に来て下さい。ドクターストップがかかっていない人なら誰でも歓迎です。

この歳になるとどこかに何かがあるのが普通です。だから、体調が万全でないのが、ある面では正常なのかも分かりません。

そのようなわけですから、遠慮は無用です。

3軍の監督はいつでも引き受けますが、もし、タカ長の都合が悪いときは誰かが代わりを務めてくれます。

健康維持のためにはアスファルト道を歩くより、山道をのんびりと歩くほうが良いのではないでしょうか。

  
コメント

ついにここまで、、、

2019年02月11日 | 山歩きから
    

今朝は小さな雨が降っていました。

天気が良ければ、このような光る海を見ながら山歩きをするつもりでした。でも、雨模様の中を独りで山に向かう気になれなくて、このプランはキャンセルしました。

タカ長もずいぶん横着ものになったものです。

    

自宅でのんびりしていたら富士山で遭難があったという情報に接しました。

昨日、6名で富士山に登り始めた登山者のうち、ペースの落ちた人が6号目と8号目から下りて行き、残った4名が登頂したけど、先に下り始めた二人は下山していなかった、というような遭難事故です。

幸いにして、その二人は今朝無事に保護されたようですが、、、死亡しなかったと言って許される行動ではありません。

一緒に登山していた人の体調が悪くなったので、独りで山を下りてもらい、自分たちは無事登頂してから帰宅、、、、

夜になって先に下山した人の家族からまだ帰宅していないと電話が入り、慌てて探したら下山途中で急死していた、というような例はこれまで何度も報道されています。

無責任極まりない登山者ですが、タカ長がこれまで耳にしているのはいずれも無雪期の登山です。

それが今回の遭難騒ぎは冬富士です。

この時期の富士登山はヒマラヤの高峰を目指すような、ごくごく限られた登山者だけが出来ることです。

今回騒ぎを起こした登山者がどのような人なのかまったく知らないので、無責任なことは言えませんが、どんなに卓越した登山技術を持っていたグループとしても、このような行動が許されるわけではありません。

高齢登山者の非常識な行動が云々されだしてずいぶん長い時間が流れたようですが、、、、

この報道に接し「ついにここまで来たか」と、暗然たる気持ちになった人はタカ長だけではないはずです。

    

タカ長のような落ちこぼれ登山者は偉そうなことは言えませんが、でも、一緒にパーティーを組んで山に登った以上同じ行動して、一緒に下山するのが当たり前、というくらいのことは分かります。

常識以前の常識だと思うのですが、それが行動に移せない以上、冬富士を登るだけの卓越した登山力を持っていたとしても、そのような人を登山者として認めることは出来ません。

もし登山が車のように免許制だったら、その人の登山免許は永久はく奪だと思うのですが、、、

タカ長のこの考えは間違っていますか?





    
コメント

サクラが咲いた

2019年02月10日 | 日々雑感
    

今朝の天気予報でも広島地方は曇りになっていました。

しかし、実際の天気は晴れ、海が光っていました。

こんなに晴れるのなら山に行ったのに、、、、というのは後から言えることかも分かりません。

しかし、そろそろ歩かないと体重増が気になります。

    

今日のタイトルを「サクラが咲いた」としましたが、この河津桜は何日か前から咲いています。

団地のメイン通りのそばに植えられて河津桜です。

わが町のシンボル的な鈴が峰をバックに1枚、そして何枚か撮りました。

その写真をズラリとならべます。

  

    

    

    

    

    

北国は寒くて大変みたいですが、私たちの町は依然として暖冬傾向です。

そろそろ花の季節で、花見の計画などが話題になっています。

その花見は例年より少し早く行うよう予定を組んでいます。

その他にも花目的の山歩きを予定していますが、どのプランも例年より少し早めに実施したほうが良さそうです。

暖冬は、高齢者には有難いのかも分かりませんが、この流れで猛暑、酷暑の夏にならないよう願うばかりです。



コメント

今日は休養日

2019年02月09日 | 山歩きから
今週は4回の山歩きをしました。

そのことはブログで紹介していますが、、、、、

    

木曜日はご覧のような蓮華山への往復登山でした。

    

そのコースは前回歩いた時より荒れていた感じです。

ここに至るまでの林道はぬかるんでいましたが、それは問題ないとしても、、、、

    

荒れた沢すじのルートを登り下りすることは数字以上に足腰にこたえるのかも分かりません。

そのような山歩きをこなした次の日が、昨日の経小屋山です。

    

ご覧のような登降です。

    

急登を登ったあとは林道歩き、そして、、、、

    

海を見ながらの長い下り道です。

それらをこなして、膝がガクガクになったとは言いませんが、、、

正直をいうと昨日は少し疲れました。

お蔭さまで昨夜は爆睡。

この山歩きで膝や腰がおかしくなったわけではありませんが、まぁ、あまり追いこむのは良くないように感じて、今日は完全休養日としたわけです。

ということで、ブログのほうもこれでオ・シ・マ・イです。

何しろ今日は「完全休養日」ですから、、、、、、。

コメント