流浪人の花鳥風月

Nature 写真とつぶやきで綴ります。



放浪の旅③ タウシュベツ川の橋梁「古代水道橋?」

2017-06-27 05:31:58 | 風景

「クマゲラ」に未練を残しつつも午後は寄り道をしつつ秩父別(女房滞在地)に移動

出発の前日たまたまSWを入れたTVで紹介していた番組に登場した場所に立ち寄りです。

 

場所は1987年に廃線になった旧国鉄士幌線の橋梁です。

古代ローマの水道橋に似るとして全国の廃線マニア?が訪れてるそうです。

ツアー予約なしで時間的にも近くに入れないとのこと展望所からの遠望です。

確かに平屋の水道橋?(笑)

夏には水位が上がり橋梁は水面下に没するということで「幻の橋」として人気の「タウシュベツ橋梁」です。

中央部あたりの2カ所で崩落寸前のところがあります。2003年(平成15年)の十勝沖地震で大きく壊れたらしい。

水没・全面凍結・積雪・水位変動で年々破壊が進み今年あたりが最後になるかもと地元では噂されてます。

拡大すると上部は鉄筋が露出、コンクリートが削られているのが判ります。

場所は大雪国立公園内で景観を配慮してきれいなアーチ橋として建設、石炭搬出に寄与した線です。

傍に行きたかったのですが、4㎞ほど細い山中の道(入り口は施錠)を通り抜ける必要があるとのこと

ヒグマの生息地を通るとのことで、ガイド付きのツアーでないと危険とのことで断念しました。

この日も数人の観光客の姿を認めました。土日は予約のツアー客でいっぱいだそうです。

 

かってここを走ったか?通りがかりのとある小さな公園に置かれていたSLを!

C58(シゴハチ)「客貨兼用蒸気機関車」 

D51(デゴイチ)「貨物輸送用蒸気機関車」

(先の大戦で軍事物資輸送用に一番多く生産された蒸気機関車)

途中休憩に立ち寄った公園でボロボロの姿をさらしてました。

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

放浪の旅 ② 「クマゲラ」

2017-06-26 06:39:27 | 野鳥

「クマゲラ」と言えば十数年前に旅した風連湖の春国岱で初めて目にした。

残念ながら当時のデジカメはAFも遅く、シャッターもタイムラグが大きく撮影は失敗した。

それ以来何度か北海道を訪れる機会はあったが出会いの無いまま幻の鳥の一つでした。

今回は営巣しているという情報をいただいて間違いなく記録は出来るとすぐに現場に近い女満別に飛んだ。

今日はその念願の記録です。

「クマゲラ」♂

  

「クマゲラ」♀ シンボルの赤いベレーが後頭部だけと小さいです。

巣を離れる前に雄と連絡を取り合っているようです。

雄雌共同して懸命に餌を運んでます。雛は4匹確認できました。

餌を運んできて、時々巣にもぐりこんでから飛び出してきます。

どうやら雛の糞を咥えてどこかに飛んでいきます。

巣内を清掃してるようです。鳥は綺麗好きなんですヨ!

外敵に巣を見つけられないように匂いを消す気配りでしょうか。

巣立ちの時まであと何日、もうしばらく懸命の子育てが続くようです。

尚この雛は先週無事巣立ちしたとのことです。


この日は早朝4時から頑張りました。

一番乗りと思いきや夜明け前から先客が数台カメラを並べてましたヨ。(笑)

そして取り巻いてた大砲、道外からの旅行者が2/3を占めているのも驚きでした。

皆さん車中泊で情報交換しながら1~2か月北海道で過ごしてるのですね。

 

 

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

放浪の旅 ①

2017-06-25 09:05:17 | 風景

 

頂いた鳥情報、昨年のリベンジと思い立って航空券をを手配、

幸い主目的地に近い女満別便に空席、シニア割活用で北海道に!

この日は空港近くの大空町の道の駅「メルヘンの丘」で車中泊することに!

ここは黒澤明監督の映画「夢」のロケ地だったとか、畑と空が広がる丘陵風景のビューポイントです。

最近の人気のスポットでしょうか?数人が撮影にスタンバイされてます。

天気が良すぎますね~。雲もなくあまりいい夕景にはなりそうもありませんでした。

それでも日没を待って数枚「パチリッ」してきました。

北海道は丘陵地が多い!典型的な光景かな?

 

こちらでの脚は北海道に逗留中の女房が、車を女満別空港まで200km強を走ってくれました。

これで明日からの脚も確保、明日は早朝に津別町方面に「クマゲラ」撮影に!

 

それにしても格安航空券はじめ北海道への脚も安くなったものだ!

もちろん早割りで格安になるのですが、当日空席が販売されるシニア割料金は使えますね。

ちなみに名古屋~千歳間  普通料金42.210-がシニア割16.010-(注:難は当日空席がある時しか販売されません)

サンデー毎日の気儘なシルバー世代には使える航空券かな!?

 

 

 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

思い立って旅に出ます。

2017-06-13 05:20:03 | 旅行

急ですが、本日から道東にて1週間ほど徘徊してきます。

貴重な情報をエゾモモンガさんからいただきましたので秋の予定を繰り上げました。

 

「小矢部市の小ナイアガラ」

ブログは暫く休みます。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

「雷鳥」

2017-06-12 08:54:18 | 野鳥

雷鳥の姿は数年前、登山中に乗鞍岳で姿を見て以来です。

今回は出会いが多いと思われるこの時期を狙って立山室堂に!

みくりが池は若干水面も見え始まましたがまだ雪に覆われてます。

天候は最悪、強風雨の室堂平です。

観光客はホテルの土産物店に屯、あいにくの悪天候で足止めです。

こんな時こそ雷鳥との出会いが多いかと・・・・・・・鳥好きの数人で!。

この時期雌雄ペアリングしてます。雨風に耐えながらも岩の上で警戒している雄、近くの這松の中には雌もいる筈です。

少し離れた雪上でも姿が・・・・。こちらは雌も一緒です。

部分的に雪の消えた遊歩道上にも!

人気のない室堂平、小一時間ほどの間に数カ所で確認できました。

ただ天候が悪すぎました。雨と強風そして視界は雲の中で遠望は利きません。

傘はさせません。悪条件下での撮影は、納得のいく撮影は無理でした。

最近はすっかり雨男のminoj、水も滴るいい男?なんて粋がってたのは昔々

ポトポト雫滴るしょぼくれ美濃爺でした。

明日は山上の雨雲も晴れるだろう!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

里山の池にて

2017-06-11 12:54:05 | 山野草・樹木

小さな池には黄色い「コウホネ」が

 

「ヒツジグサ」も咲き出しました。

傍らの湿潤地には「トウカイコモウセンゴケ」の花が真っ盛りです。

このモウセンゴケ東海近畿に部分的に分布するようです。

(トウカイ)コモウセンゴケという名の通り、10㎝ほど伸びた花茎に7mm前後の花が咲いていました。

ビニルひいて這いつくばってマクロ撮影です。(笑)

 

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

最近出会いのあった蝶

2017-06-09 06:15:40 | 

最近は鳥から蝶へと関心が・・・・。

「ウラギンシジミ}

「アカシジミ」も舞い始めました。

「ベニシジミ」

「ゴマダラチョウ」 久しぶりの出会いです。

 

その他ジャノメチョウやシジミチョウですが、名前のが整理ついてませんので後日機会を見て・・。

REコメ翌日になります。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

里山にて!

2017-06-07 06:47:53 | 山野草・樹木

自然のいたずら?

何かに見えません?

美濃路は遠目に「ミミヅク」かと(笑)

 

里山初夏の模様です。

「ヤマボウシ」

「バイカツツジ」

「ユリノキ」に花がつきました。

 2~3日留守しますのでコメ蘭閉じさせていただきました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入り間近に!

2017-06-06 05:34:42 | 

紫陽花の季節ですね。

美濃路がそれを認識するのはこの紫陽花「コアジサイ」です。

満開になりました。決して派手な色合いではありません。

林間にひっそりと控えめに咲き、清楚で、しかも粋な花と思うのですが・・・・。

美濃路が好きな紫陽花なのですが何故か園芸店にはあまり並ばないです。

地味過ぎて売れないのかな?

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

鵜飼のシーズンイン

2017-06-05 05:59:40 | 生活

6月からは鮎漁の解禁、夏の風物詩鵜飼も始まりました。

3度目の正直と、鵜飼撮影にチャレンジです。

涼しい風の強い日、火の粉が舞います。

 

松明に照らし出される川面のきらめきを絵にしたいと・・・今年も懲りずにです。

松明は完全に白飛びしますね。おまけに縄の先の鵜が見えません。

船の動きや鵜匠の所作は意外に早いです。

 

今回の撮影はISO :6400 マニュアル設定 f;4.0 T:1/250にしてみました。

昨年は25~70mm、今年は70~200で少し距離をとってみました。

フラッシュをたくと顰蹙買いそうで使用してません。(笑)

今夏は何度かtryしてみたいと思ってます。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加