TABI天使日記

天使になったカナダのアジリティ犬と、ママ・パパの日常

いつも一緒だよ

2020-01-31 14:04:03 | TABIのいない日々
長年「TABI日記」を置いていたヤプログが、日本時間で1月31日に終了した。

こちらは時差の関係で日本より遅れているので、昨日リンクをクリックしたらもうブログは消えていた。なんだか、TABIとの思い出も消えてしまったみたいで、ちょっと寂しかった。

そのせいなのか、今朝は夢にあの子が出てきた。

私は、書斎の私の机の片付けモノをしている。なぜか、一度も使ったことのない私名義のクレジットカードが出てくる。横でTABIがニコニコしている。カードを持って立っている私に飛びついて、前足を私に預けてニコニコとご機嫌。私は、かがんでTABIを抱きしめる。TABIは、私の耳をペロペロ。

「ママ、ぼくはいつも一緒にいるよ」って言いたかったのかな?TABIは。

今年の抱負

2020-01-01 13:56:52 | その他
温故知新

TABIハタチ

2019-11-26 15:49:51 | TABIのいない日々
あの子が生きていたら、今日が二十歳の誕生日。

二十年前、雪の降る日に小さな命が産声を上げた。
私はちょうど日本に里帰り中で、TABIパパから国際電話で、知人の愛犬KIWIが子犬を産んだことを聞かされたのだった。

十年前、TABIの十歳の誕生日は私と犬と二人ぼっちで祝った。
TABIパパは、ちょうどカナダ首相のアジア歴訪にお相伴して一ヶ月以上の長期出張中だったからだ。夫の不在中、厳寒期に数時間にわたる停電があったりして大変だったが、TABIがいたからなんとかがんばれた。

あのときは、記念すべき十歳の誕生日ということで、私はミルフィーユを焼いてあげた。
雪の降る中、材料の乳製品を買いに出かけたのを覚えている。
積もった雪を踏みながら、TABIと散歩に行った。サクサク、というTABIのスノーブーツがたてる音を、昨日のことのように思い出す。もう十年もたってしまったのか。

今回は、チョコレートファッジ・プディングを焼いた。
トッピングは、アーモンドスライスとザクロ。
TABIはもう天使だから、チョコを食べても大丈夫だもんね。



この日は私達夫婦にとって、これからも大切な日としてお祝いすることに決めた。
だけど死んだ子の年を数えるのは、これで最後にしよう。
あの子は、永遠にハタチ。

今から十年後、私は空の上から地上に降り積もる雪を眺めることになる。


お知らせ

2019-10-24 14:58:53 | その他
ヤプログは来年の1月末でサービスを終了するとのことです。

永らくお世話になったヤプログですが、その後は引越し先でまたお会いしましょう。


母の日ブランチ

2018-05-13 13:59:34 | その他
待ってました♪

昨年はドレスがきつくてたくさん食べられなかったので、今年はゴム素材混紡のジェギンズを履き、思い切り食べてきた。足元は履き慣れたコンフォートシューズ、ビュッフェのステーションまで何往復しても疲れない。


一皿目


二皿目

ここまで食べたところで、ウェイターがカトラリーを下げてしまった。これだけ食えば満腹だろう、と思ったらしい(苦笑)。とんでもございません!まだ生ガキとキングクラブが私を呼んでますのよ!


三皿目


デザート