TABI天使日記

天使になったカナダのアジリティ犬と、ママ・パパの日常

五周年

2022-04-19 11:58:13 | TABIのいない日々
五年目。

月日がたつのが早すぎて、心が追いついていかない。
あの日のことは、いまだに昨日のことのように覚えているのに。

この五年で、世の中も私達の生活もガラリと変わってしまった。
もうここまで来ると、さすがに周囲の人々も「次の犬はどうするの?」と言わなくなった。TABIパパは、お隣の若夫婦が飼い始めたボストンテリア・ミックスの兄妹犬と庭で遊んで心の慰めにしている。

さて、今年は先日手術をしたこともありアルコール類を控えているので、ノン・アルコールのりんごとラズベリーの発泡酒。子供でも飲めるシャンパン、といったところか。



ディナーは、TABIの好きだったマグロのステーキ。
冷凍のマグロが手に入ったので、この日のためにとっておいた。マリネに漬けてから、グリルでミディアム・レアに焼き、ついでにピメントもグリル。ステーキは三枚焼いて、ちゃんと一枚はTABI用のお皿に盛り付け。あの子なら、3秒でペロリだな(笑)



今日は不思議なことがあった。

裏庭のメープル林に、何十羽というアメリカン・ゴールドフィンチが集まってきた。鳥用に出してある餌容器にとまっているやつだけじゃなく、まだ新芽の出ていないメープルの木々にわんさととまっている。



写真が上手じゃないのでよく見えないかもだけど、明るい黄色い点々はみなフィンチなのだ。

そして、空からふわふわと雪が。
真っ白い雪の中に、黄色いフィンチの群れ。なんだか幻想的なシーン。
今日の記念日に、特別に来てくれたのかな。どうもありがとう。

今年の抱負

2022-01-01 02:44:49 | その他
転んでもただでは起きない

Remembrance Day

2021-11-11 21:54:54 | カナダ話題


The Father

2021-09-26 05:40:06 | その他
Anthony Hopkinsが最高齢で二度目のオスカーを獲得した映画。

記憶が混沌となってゆく高齢の父親と、その世話をする中年の娘。
先進国の高齢化社会では、おそらく大半の人が共感できる話だろう。腕時計がない、誰かが盗んだ、なんてことはよくあることで、クスッと笑ってしまう。だけど、痴呆の家族の介護を経験したことのない人にとっては、「なんだこれ?つまんねえ」で終わってしまう。TABIパパも、その一人だ。

Anthony Hopkinsが父親、Olivia Colmanが長女、他にもそうそうたる名優が周りを固め、それだけでも見る価値のある一品。フランスの劇作がオリジナルとなっているそうで、プロデューサーは主演はAnthony Hopkinsしかいない!と決めて彼だけに脚本を送り、彼が承諾しなかったら映画にしないくらいの覚悟だったとか。物語はラストをのぞき父親の視点で描かれる心理ドラマとなっている。だから、単純な頭の人にはなんのこっちゃ理解できずに終わってしまうかもしれない。

いわゆる「まだらボケ」というのは、こういう状態なんだと思う。少しずつ、なにかが変わっていく。治ることのない、終着駅への長い旅路。主人公の心理を表すために、インテリア・デザインが凝った仕組みになっている。初頭の老父の自宅から娘の住む家、そして老人施設の部屋まで、全て同じ建物の同じ部屋を使用し、インテリアや色を変えることによって主人公の心の変化を表現したのだそうだ。

元はかかっていた壁の絵が、いつの間にか消えてる。椅子がない。たくさんあった本棚の本は、どこへ行ったのか。そして最終的には、何の個性もない病室のような冷たい空間に置かれて動揺する老父。

色の使い方も絶妙で、ティールとマスタードイエローが娘の服やインテリアに印象的に使われている。そういったディティールに注目しながら観ると、さらにおもしろいと思う。

最後のシーンで、介護士の女性を前に泣くAnthony Hopkinsの演技は他には誰にも真似できないもの。実際に、撮影中にスタッフ全員が涙を流したのだそうだ。

オスカーにノミネートされていたのに、Anthony Hopkinsは「どうせ駄目だろう」と思い込んで受賞式には出ず、ウェールズの家で早めに寝ちゃったんだそうだ。さすが大物!


秋の天使記念日ディナー

2021-09-19 11:08:38 | TABIのいない日々
今夜はTABIの天使記念日ということで、ちょっと特別メニューを用意。

まずTABIパパが選んだスパークリング。



フランスのメーカーで中辛って言われたのに、甘い!デザートとともに飲むならともかく、お食事と一緒ではちょっと。

そしてメインは、秋鮭のオーブン焼き、アスパラのロースト、キノワとレモンのサラダ。アスパラ、ちょっと火を通しすぎかな。鮭は、メープルと挽きたてカルダモンの風味が最高にマッチ。もちろん、鮭が大好きだったTABIちゃんにもお供え。



そしてデザートは、今年なぜか話題のGertie pie。




そのへんのお店には売ってないので、ちょっと遠出して高級食材店まで行ってきた。冷凍したものが売られているので、食べる前に自然解凍する。ピーナツをふんだんに使ったカナダの家庭の味とか聞いてたけど、TABIパパに聞くと「知らない」。カナダも広いからね。ちなみに箱のフタにプリントされているのは、このパイを作って販売しているシェフのお母さんが若いころだそう。



実際に見たら、ちっちゃい!
横に日本の一円玉を置いてみたけど、手のひらサイズ。パイって普通、こっちのはデカイよね?これで15ドルって… パパと二人、「二度目はないね」



切り口は、こんなかんじ。甘さがくどくなく、マスカルポーネチーズとピーナツバターが意外によく合う。美味しいことは美味しい。お店の人は、「甘くないから、朝ごはんにする人もいるのよ」って。でも、普通15ドル出したらもっと豪華な朝ごはんが食べられるんだけど。TABIちゃんのために、特別出費でした、ちゃんちゃん。