TABI天使日記

天使になったカナダのアジリティ犬と、ママ・パパの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

効率化と言えるのか

2020-07-07 04:37:03 | カナダ話題
引っ越し業者が、荷積みの見積もりに来る。

私達が転勤で引っ越しするときは、出発日の三日前にまず梱包専門が派遣されて家財道具を梱包。翌日、運送業者が来て輸送用トレーラーに梱包したものを積み込む。さらにその次の日、清掃業者が家の中を徹底的に掃除してくれる。もちろん、私達はその間も彼らの監督の役目があり、多少の手伝いはするが、荷造りは原則的に手を出してはいけない契約となっている。

非常に恵まれたシステムではあるが、もちろんまとまった費用がかかる。距離や荷積み量にもよるが、私達の過去の例では一回の引っ越しに日本円にして350万円を超えた。転勤による引っ越しであるから、自腹を切らなくて良いのが救いだ。

さて、これまでの経験では荷積みの見積もりというのは、専門家が来てすべての寝室、書斎、地下室、車庫、庭をざっと見て回り、何を置いてゆき何を引っ越し荷物として積むのかをメモする。時間的に、アメリカ時代の大きな家でも30分で終わった。その後、業者が出した見積もりがメールで送られてくる。

しかし今回は、全く違った。
担当の女性は、部屋をざっと見回るだけでなく、戸棚という戸棚をすべて開けて中身を記録、家具は実際に持ち上げてみて重さを判断し、非常に細かい記録をとっている。結局、彼女はなんと3時間もかけて記録をとった。コロナの影響でこういうシステムに変わったのか、と聞くと、「ううん、ここ2年くらいはこのやり方よ」

彼女はタブレットに、ものすごく詳細な記録を打ち込んでいく。
これはもちろん、今後こうした仕事がAI(人工知能)に置き換えられるための前段階であることを示している。超効率化へ向けてのステップとして、データを収集しているのだ。

最近はもう、スーパーのレジの仕事は絶滅に近い。無人レジばかりで、主婦のパートはいなくなった。AIによる自動運転が本格的に導入されれば、長距離トラックの運転手やタクシー運転手は絶滅する。ドローンによる宅配が一般的になれば、アマゾンの注文はドローンで配達される。カスタマーサービスは、もうすでに人間ではなく機械が応答している。看護や介護も、いずれはロボットで十分だし安い、ということになる。

AIにとって替われるのはブルーカラーの仕事だけではない。
むしろ、証券アナリストなどホワイトカラーの仕事こそAIが得意とする分野だ。医師や歯科医師など、高い教育や経験を必要とした仕事も、AIのほうが間違いがない。教育分野もしかり。今の子はもうオンラインで自習することに慣れているし、宿題だって自分で考えて文章を書く子なんか今どきいない。みんなネットで検索して誰かが書いたのをコピペして提出するのが当たり前の世の中だから、教師やってる友人は「採点してると、デジャヴュの連続」と苦笑する。先生という職業は、必要なくなる。

今の若い人にとって、十年後に自分の仕事がなくなると考えるのはつらいだろう。だが、AI時代はもう始まっているのだ。もっと言うと、この地球上では一部の支配層を除き、人間はほんの少ししか必要なくなる。それで今後、大幅な人工削減が必須となる。日本が憂いている少子高齢化なんか、問題でもなんでもない。いずれみんないなくなるのだから。今回のコロナ茶番劇も、そうしたプランの一部だ。ミツバチの巣でいえば、女王バチとオスのハチの冷凍精子が保存してあれば、働きバチなんかAIにやらせればいいってことだ。

だが、それが本当に効率的と結びつくのか?
人間のやる仕事には、人間しかできないこと、例えば「手加減をする」や、「例外に対処する」などの特典がある。

今日の荷物見積もりでも、担当女性はシステムにすでに打ち込まれているデータはすいすい進んだが、イレギュラーのものが出てくると頓挫していた。つまり、冷蔵庫やラップトップなど、誰でも持っている家具ならデータに入っているが、私が日本から持ってきたお雛様とかはデータにない。以前なら、担当者は書類の備考欄にちょちょっとペンで書き込み、会社に戻ってからデータを修正すればよかった。が、今はシステムがそれを許さない。そこで彼女は、イレギュラーな家具についてそれぞれ新たなページを作成し、そこへ大きさや材質など詳細データを打ち込む、というステップをとらなければならず、これにいちいち時間がかかったのである。

まあ、私の目が黒いうちに完全AI化が地球上に実現するとは思えない。が、これからの若い世代は本当に大変だよね。「便利な世の中に生まれて良かった」と喜んでいた時代は、もう終わったのである。

Plandemic (笑)出張編

2020-06-30 14:33:14 | カナダ話題
夫婦で国内出張から帰宅。

実は土曜日の夜に着いたんだけど、国内といえど時差があるのでボケボケで、これまでずっと寝てばかり。今日になってやっと体調が戻ったのだ。

ところでタイトルの Plandemic とは、Plan と Pandemic をもじった造語。このコロナ騒動は以前から計画されたニセ流行病茶番劇なので、このように呼ばれているのがおもしろい。

今回の空の旅は、当然いつもとは様子が違っていた。

まず、人が少ない!



これが、この国の首都オタワの国際空港である。まあ朝が早かったんだけど、ゲートに人っ子一人いない。チェックインの人に聞いたら、空港利用者数がいつもより95%減少なんだという。こんなガラ空きの空港なんて滅多に見られないので、写真撮っておく。

店は開いてないし自販機は撤去しちゃってるから、フライトの待ち時間になんか食べようとしても駄目。私達はあらかじめ食べ物を用意してきたので、ひもじい思いはしないで済んだ。

エアカナダからはマスク着用の注意をもらっていたが、実際には空港でマスクしてる人はまずいない。が、セキュリティチェックのときにはマスクしろと係員から言われて、みな渋々ポケットから取り出す。でもなぜか子供と、子供連れの大人は免除みたいで何も言われず、マスクなしで通っていく。笑っちゃうよね、やっぱ科学的根拠なんてないんだよ、マスクに。

さて、私はセキュリティを抜けたらうっとおしいマスクは脱ぎ捨てる。
搭乗の際には、マスクしてる人は一度脱いで身分証明書の顔と同じってことを係員に証明しないといけない。私は素顔のままで通ったが、係員の女性は「マスクはお持ちですか?」

私は「ええ、もちろん持ってます」とニッコリ笑ってそのまま機内へ。マスク持ってるか聞かれただけで、「着けろ」と言われてないんだから、それでいいのだ。別に警備員が追っかけてきて捕まえるわけじゃないし。結局、なんだかんだ言って強制はできないってことだ。

機内に入ると、乗務員が乗客一人ひとりにコロナセットみたいのを配っていた。
使い捨てマスク、消毒薬、使い捨て手袋、ミネラルウォーターだ。これは自宅でも使えるので、ありがたく頂戴。



機内では、ソーシャル・ディスタンスなんてぜーんぜん守れっこない。みんな、いつもどおりに数珠つなぎになってゾロゾロ。そりゃそうだ。

ここで、マスクの上にご丁寧にフェイス・シールドまでかぶった白人老婆が「アンタ達は私に近づきすぎ!もっと離れてよ!」と周囲を罵倒する騒ぎが。私は、吹き出したいのをこらえるのに必死。

機内の座席は、子供連れの人は別として、他は一席ずつ開けないといけない。夫婦でも、一緒には座れない。だからガラガラ。隣にデブ親爺が座って暑苦しいこともないし、スッキリして快適だ。いつもこんなだといいのに。

ただし、機内食はおろか飲み物のサービス等が一切ないので、あらかじめ食べ物は用意して持参しておくべきだ。ま、どうせエアカナダなんかろくな食い物出さないしな。国内といっても、カナダで東の端から西の端へ移動するとなると、乗り継ぎを入れて全行程に10時間くらいかかるから、その間を飲まず食わずというのは体に超悪い。乗客は、なにか携帯できる食べ物を機内持ち込みにするべきだと思う。

往路も復路も、いつも遅れやキャンセルが出るエアカナダにしてはほぼ時刻表どおり。びっくりだ。

宿泊したホテルもこの時期にしては空いていて、スイートにアップグレードしてくれた。問題はエレベーター。神経質な客だと、相乗りを拒否したりするので、次を待たないといけない。でもほとんどの人は常識があると見え、相乗りOKだった。

以上、いろいろ不便はあったものの、どこへ行っても人が少ないことが幸いして意外と快適な旅だった。しょっちゅう掃除や消毒してるので、トイレがキレイだったしね。いつもこんなだといいのに。

冷夏

2020-06-15 14:41:35 | カナダ話題
6月の半ばというのに、氷雨が降り続いて寒い。

今日も、リビングの暖炉に火を入れる。
これだけ雨が降れば、例年のように給水制限は必要ないだろう。
だけど、外気温は上がらず、道行く人がダウンジャケットを着ている初夏というのは異様だ。

窓辺に二箇所設置したハチドリ用の蜜飲み場に、朝からいろんなハチドリが集まっている。たくさん飲んでってね。

Here Comes the Sun

2020-06-10 14:48:59 | TABIのいない日々
3月から続いた夫の自宅勤務が終わり、月曜から出勤。

といってもオフィスに入れる人数が限られるので、週に二日ほどの出勤だ。
しかも出勤は強制ではないので、月曜に夫が出勤してみたら、だーれも来てなかったらしい。そりゃそうだ、行かなくたってお給料も手当も通常どおり振り込まれるし、朝寝の習慣がついちゃった人には支度して出かけるのなんて面倒くさい。くそマジメに出勤するのは、TABIパパくらいなもの。

まあそれでも、私は彼が週に二日でも家を空けてくれるとうれしい。ずーっと一緒だと、さすがにうっとおしいのだ。

さて、今日も鬼のいぬ間に断捨離。
地下室を整理してたら、TABIが晩年使っていた滑り止めソックスが出てきた。



フローリングの床が滑りやすいので、一年くらい毎日履かせていた。洗い替えのソックスがいっぱいあったので、TABIが天使になってから慈善団体にみな寄付したと思っていたが、なぜか四足ほど残っていた。

まだまだ状態が良く、使える。前にもバザーに出したらすごい人気で、あっという間に消えた。フローリングの床で滑って痛い思いをして、それ以来うまく歩けなくなってしまった老犬というのは、意外に多い。そうした老犬の飼い主さんは、こういう老犬グッズの良さをよく知っていて、中古でも状態が良ければ欲しがるのだ。

今回出てきたソックスも、きちんと整理してそれぞれ袋に入れ、犬の慈善団体へ寄付する。

ソックスを見たとき、これを履いていた生前のTABIの姿が目に浮かんでちょっとホロリ。でも、なぜか頭の中にジョージ・ハリソンの歌が流れてきた。またTABIちゃんからのメッセージかな?

Here comes the sun
Here comes the sun, and I say It's all right

Little darling, it's been a long cold lonely winter 
Little darling, it feels like years since it's been here 
Here comes the sun 
Here comes the sun, and I say It's all right

Little darling, the smiles returning to the faces 
Little darling, it seems like years since it's been here 
Here comes the sun 
Here comes the sun, and I say It's all right

コピーキャットなおばさん

2020-06-05 16:26:15 | カナダ話題
こういう人はどこでもいるんだけども。

昨年の今頃、お隣さんが家を売って引っ越してゆき、新しい住人が入居した。定年退職した夫婦で、隣の州からうつってきたそう。若い頃は石油関連のビジネスで大儲けをした、裕福な人々だ。

元のお隣さんが引っ越す前に、我が家へランチに招待してお別れをしたのだが、その時に「なんかねえ、うちを買った夫婦ってちょっと変わってるのよね」と、いろんなエピソードを聞かせてくれた。確かにちょっとビックリな行動ばかりで、「こりゃ気をつけないとイカンな」と思ったものだ。

それから一年近く。
いろいろあったが、その中でも笑ったのが、奥さんのほうのマネッこぶりである。

とにかく、私達の暮らしぶりをなんでも真似たいらしい。
我が家のつるバラがキレイに咲き出すと、同じバラを買ってきて植える。ブルーベリーがたわわに実るのを見ては、ブルーベリーの苗木を買ってくる。玄関先に寄植えを置けば、同じような寄植えを買ってくる。といった具合に、次から次へと同じものを買う。彼らの庭はうちとはデザインが違うし、彼女は園芸などやったことがないので手入れができず、いっつも枯らしてしまう。それでもめげず、買い続けるのだ。

さらに最近は、うちのパティオにあるテーブルと椅子のセットが気に入って「どうせお宅はすぐ引っ越しでしょ?うちに譲って!」としつこかった。でもうちは家が売れるまではステージングのためテーブルセットを置いておく必要があったので、断った。

おまけに、車まで欲しがる。
「お宅は車二台あるでしょ?ステーションワゴンのほうをうちにちょうだいよ」と、これもしつこい。うっかり外に停めておいたら彼女に盗まれそうなので、今では用心して必ず車庫に納めるようにしている。

しかも!
我が家の売却が完了したと知った彼女は、「うちもこの家を売って引っ越そうと思うの」と言う。だって、去年ここに引っ越してきたばかりじゃない!と言うと、「このうちは大きすぎて、メンテナンスが大変。それに、二階にある寝室に上るのが億劫でヤダ」だって。

なんか病的なものを感じるので、引越し先の住所は彼女に絶対バレないように厳重に注意しようと思う。また隣に引っ越してきたらヤダもの!